Windy day  - TV日記 -2007

1/4

  「トクメイ希望」

芸能人が特殊メイクで別人になり、自分自身では出来ないことを体験するというもの。

最初は和田アキ子さんで、なんと、なぜか黒人男性に変身。
デパートで試食をしたことがないとのことで、これは以前にも何かの番組でそう言ってるのを聞いたことがあります。驚きましたが、そんなものなのかも。でも、どちらかというと和田さんって、日常生活が想像できないタイプの、神秘的なイメージの芸能人じゃないんだから、気さくに行けばいいんじゃないのかなーという気もするのですが、それは素人の考えで、そういうわけにはいかないんでしょうね。試食そのものがどうというより、人混みに出かけて行けないんでしょうし。
最初は試食品をもらうタイミングが分からず、なかなか受け取れなくて、私からすると、
「えっ何で? 『はいっ』 って出されたらもらえばいいんじゃん」
と面喰らってしまうのですが、初めてだとそういうものなのかもしれません。
今や幼稚園くらいの子でも普通に試食してるだろうに、50代 (かな?) の和田さんが初体験だと考えると、芸能人って、やっぱり一般人とはかけ離れた生活をしてるんだなあ、と感じます。
でもついに受け取ることができて、それからはどんどん試食して、お買い上げもしてました。ハタ目にはカタコトしかしゃべれない外国人の男性が買い物してるように見えるので、なんかすごくカワイかった (笑)
CDショップに行ったり、プリクラを撮ったり電車に乗ったり、全てが初めてなのでぎこちなかったけど、一つ一つ 「やりたかったこと」 をこなしていく和田さん (黒人男性だけど) を見てると、微笑ましかったです。
和田さんくらいのトップ芸能人となると、芸能界に疎い私でも、見かけたら気付くだろうし、もう街を普通に歩くなんてことは不可能なんでしょうね。それだけ知名度があるということから、ありがたいことではあるんでしょうが、常に人目にさらされるというのはものすごいスレトスでしょうね。

次はハウンドドッグの大友康平さん。和田さんに比べて正直しょぼいなー (失礼) と思いつつ観てました。
大友さんは外国のミュージシャンに変身。自分だということを知らせずに、バンドメンバーのオーディションをしたいとのこと。全員のあまりの練習不足にオーディションは中止し、特殊メイクを取って大友康平として再び登場。
って、何だそりゃ? 番組の趣旨と違うんじゃないの?
ナレーションで必死で取り繕ってたけど、一気にシラけてしまい、チャンネル替えちゃった。





 「押切もえ&エビちゃんのハワイ二人旅!」

2年前に自分も行ったので、ハワイを紹介するロケ番組みたいのは大好き。ワクワクしたり、懐かしいな〜と思ったり。
押切もえさんおススメの 「世界一おいしいパンケーキのお店」 は、世界中のパンケーキを食べたことあるんかい、と突っ込みつつ (笑) 、押切さんの注文したパンケーキにはビックリ! 生クリームが、まるでタワーのようにもりもりもりいッとそびえ立っていて、すんげー甘そう。私も生クリームは好きだけど、とてもこんなには食べれません。 (好きだけど少ししか食べられないのって、好きなうちには入らないのかなあ)

押切もえさんがデザインしたウエディングドレスで結婚式を挙げるカップルに、エビちゃんからのサプライズプレゼントとして、押切もえさんが登場! というのをやってたんだけど、エビちゃん、アナタが先に会っちゃダメだったんじゃないの? (笑)  2人が同時に登場した方が、インパクトあって良かったと思うんだけど。別にいいけど。
カップルの男性が、
「押切もえさん、どうですか?」
とエビちゃんに聞かれて、
「いやビックリしました」
とだけ言って、「カワイイですね」 とか 「キレイですねー」 とかは一言も言わなかったのが、いいなーと思いました。ドレスアップして、最高にキレイでいる (と自信があるだろう) 彼女の前で(それも愛を誓い合った直後に)、モデルとはいえ別の女性を 「キレイですねー」 なんて言っちゃったら、ちょっと、だもんねえ (^^

この後、国内に移って、エビちゃんが最初にスカウトされたモデル事務所とか、通ってた美容室とか、お世話になった先輩モデルさんなどと再会していたのですが、皆さん口を揃えて、
「全然変わってないねー」
と言ってました。
「こんなに売れちゃったから、もっとツンッとしちゃったのかと思ったけど、全然変わってない」
とのことで、やっぱりいいコだなあ、エビちゃん。


 
1/5



 「花より男子2」 第1話

道明寺どうしちゃったのー?
当然何か理由があるんだろうけど、つくしに冷たい態度を取る道明寺なんて、見たくないよおぉ。

椿は相変わらずカッチョいいですね。つくしが襲われそうになった時に颯爽と現れた時は、惚れそうになってしまいました。着いて行きますッ。
でも最初につくしと再会した時、「よもぎちゃん」 って呼ばなかった? (笑)

婚約者として指名されるのは、つくしであるはずはないと思いましたが (そうだったら話終わっちゃうもんね) 、指名された滋が、「こんなヤツいねーよ!」 といういかにもなキャラすぎて、まだちょっと受け入れられない…それを言ったら道明寺もそうなんだけどさ。
でも滋って、確かに家は名門なのかもしれないけど、行動はつくしとそんなに変わらないような。楓さん、いいの? (笑) 


 
1/7



 「おしゃれイズム日本の美女SP」

香里奈さんのプライベート映像はワクワクしてたのに、ほとんど飼ってる犬のことだけ。他にも誰か犬の映像で、「犬の特集だっけ?」 と思ってしまったんだけど、違いました。
はっきりいって、犬なんかどーでもいいんですけど。そりゃ飼ってる本人は可愛くて、うちのコが世界一! と思うんだろうけど、他人から見りゃどれも同じだ。

荒川静香さんが、スケート靴は一足15万円すると説明して、
「一足ガマンしたら、バッグ1個買えるなと思うと…」
という話をしてて、みんなスケート靴がそんなに高いことに驚いてたけど、私は、
「ってことは荒川さんはいつも、1個15万のバッグを買ってるわけ!?」
ということに驚いた。ちょっと 「ふーん…」 と思ってしまいましたよ。金メダル獲って、CMもバンバン出てりゃそれが普通なのかもしれないけどさ。ふーん。


 
1/8



 「東京タワー」 第1話

ああ、お母さんの目線で見てしまってる自分がいます。
んもう冒頭の、朝起こしても、
「うるさいなあ。今日はいいんだよー」
と追っ払われたのに、
「うわー、何で起こしてくれんね!」
と責められることに、
「何、勝手なことばっか言ってんだよ!」
とムッとしちゃった (笑)

友達を家に呼んだ時、みんなに喜んでくれるようにいろいろな料理を出してくれたことにジーンとしたり、うるさがったり、邪険にされるたびにムカッとしたりズキンとしたり。
自分も親をうざったく思ったことはあったし、それが正常な成長過程だってことは分かってます。分かってますけど、
「一生懸命育ててもこんな言われ方されるんじゃ、やっぱり子供なんていらないや」
と思ってしまう。
子供になら、何の見返りも求めない無償の愛情が持てるものだ、と親である周囲の人達にいくら言われてたとしても。

雅也が初めて、夜の街に輝く東京タワーを見たシーンでは、私も自分のことを思い出しました。19歳か20歳の時、1人で車で東京へ行って、運転しながらふと横を見た時、遠くに小さくだけど東京タワーの灯りが見えて、「うわあー」 と声を上げて感動したっけ。本当にキレイでした。


 
1/9



 「笑っていいとも!」 ゲストは誰?

録画したのを観てました。
男性ゲストが誰かを当てるコーナー。観客が 「キャーーーッ!!」 とすごい歓声だったので、これはカッチョいい系の人だな。そういえば今日から要潤さんの出るドラマが始まるし、どうせ要潤さんでしょ、と 「番宣ばっかなんだよなー、ったく」 という感じでした。

レギュラーの人達がいろんな質問をしてる間も、
「どーせ要潤さんだってば。っていうか、私ですら番宣のパターンにいい加減気付いたのに、みんなピンと来ないの?」
と思ってたら、
「じゃあ答えを言って下さい!」
となった時、
「まあ、今日はね、朝からずっと (あちこちの番組に) 出てるし」
「まあねー」
とみんな言い合ってて、なんだ、今夜のドラマ主演者だろうって気付いてたんじゃん。じゃあ今まで知らないフリして、えー誰だろうーって言ってたわけ? なんかシラケるなあ。

でも、みんなが 「速水もこみち!」 と言ったので、へっ!? ぱんぱかぱーんと登場したのは速水もこみちさんでした。
そういえばこれ、昨日放送のやつだった…
番宣ってことは変わりなかったけど、なんかちょっと恥ずかしかったです。





 「踊るさんま御殿スペシャル」  お年寄りを笑い者に

所ジョージさんがゲストで、「笑ってコラえて」 スペシャルで、耳の遠いおじいちゃんと中継を繋いだ時、モニターでなくスピーカーに向かって話してたとか、マイクを耳に当ててたという話をして、スタジオ中を笑わせてました。さんまがわざと大きな声を出したら、慌ててマイクを耳から遠ざけてた、と言ったらみんなゲラゲラ笑ってたけど、何がおかしいのか全く分からなかった。
年配の方が、テレビカメラやマイクをよく理解出来ないのは当然でしょう。もし自分が90歳くらいになって、全く新しい通信機器を目の前に出されても、どういう仕組みなのかさっぱり分からずに、それまで自分が使ったことのある携帯電話やテレビ電話と同じように操作しようとするでしょうが。
思いがけず面白いことをしてくれたという比喩で、「掘ったら石油が湧いた」 と何度も言ってて、失礼にもほどがあると思った。

さんまが低劣なのは分かってたから別に驚かないけど、所さんまでそういう風に言ってたのがショックでした。自分達だって、いつかは必ず年を取るってのに。


 
 「ヒミツの花園」 第1話

男性の少女マンガ家って実際にいるんだろうけど、かなり少ないよね?
男性の絵ってやっぱり男っぽいし、何より、乙女チックな心理を表現できるのでしょうか(山崎トオルさんみたいな人なら納得できるかも)

内容としては悪くなかったと思うんだけど、ひとつひとつのエピソードを引っ張りすぎて、全体的に長すぎた気がする。拡大版にしないで、通常の時間内でカチッと収めてくれた方が、サクサク進んで良かったのでは。
初回と最終回の拡大版って、本当いい加減やめて欲しいっす。次回からは通常の時間だから、まだましに観れるかな?




 
1/10

 「ハケンの品格」 第1話

大泉洋が出てるのが気に喰わないとか、げー小泉孝太郎まで出てるよとか、美雪の年収81万って東京って家賃高いのにやっていけるのだろうかとか、いろいろ思うことはあったんですが、何よりも。

春子がそれほど優秀には見えないんですけど!? (汗)

パソコンの打ち込みもそれほど早くないし。現役OLさんの、パソコン名人を決める全国大会の様子をTVで観たことがあるけど、その人達の手の動きといったら全然あんなもんじゃなくて、「バチャバチャバチャバチャ!」 と凄まじかったですよ。

面談で 「前は何してたの?」 と聞かれても無視。派遣だからどうのという以前に、社会人として、いや人として、ダメダメな気がするんですが。

こんな奴絶対いねーよ、と思いつつ、まあ春子はこういうキャラだからということでいいとして。けど、仕事に必要なこと以外は一切しゃべらないのかと思いきや、結構しゃべってたよね (笑)
お茶くみも素直にやってたし…春子のキャラなら、「私はお茶くみで雇われたわけではありません」 ってピシャリと断りそうなもんだけど。っていうか、派遣社員にお茶くみをさせること自体、ありえないと思うんだけど (汗)

私も半年だけだけど派遣社員してたことがあって、派遣ってのは、処理出来ないほどの仕事があるから呼ばれるわけで、出向先の会社では、社の人達になじむなんて一切考えずに (というかそんな必要はないし、会社側も求めてない) 、ひたすら目の前の仕事を片付けるので必死だったけどなー。
一定のスキルを求められて依頼されて来たわけだから、「ミスなく、早く出来て当たり前」 なわけで、プレッシャーは大きいし、余計なことを考えてるヒマはなかったです。

美雪のドジっぷりというか無責任ぶりもスゴイけど、美雪を降ろした直後、追突されて廃車になったって。ありえねー (笑) 
それにタクシー会社を片っ端から当たることになって、電話するのかと思ったら、直接出向いてるって効率悪すぎ! しかも何人もでゾロゾロと。
いきなりスクラップ工場で、重機機械に乗って春子が現れた時は、「何だこりゃ」 とアホらしくなってしまいました…
いくら資格を持ってたって、勝手によその会社の機械を動かすのって罪になるんじゃないの? なんで工場の人が誰もいないんだ、今日事故者を引き上げて来たってのに。それによく鍵がついたままになってたな。
あとタクシー、廃車にするほど追突されたらしいけど、どこも全然潰れてませんけど?

時間外は一切仕事しない、とクールに突き通すのかと思ったら、いきなりお昼休み中に助けてあげちゃうし。
その後、定食屋さんでノンビリ昼食摂ってたけど、とても1時間内では無理だと思う。ゴハンをあんなふうに少ーーしずつお上品に食べてたんじゃ、余計に。

なんかラストは最終回みたいだった。別にこれで最終回でもいいよ、という心境ではありましたが


 
1/11



 「エラいところに嫁いでしまった!」 第1話

実家のしきたりがどうというより、磯次郎にムカつくんですけど。
君子があそこまでいろいろやるように言われたのも、磯次郎が 「出来る」 ってペラペラ調子いいことばっか言ったからでしょ? 本気でウザイわ、このダンナ…

句を水びたしにしちゃった後に、
「早く書き直してよ、君ちゃーん」
と責めるような口調で言い出した時は、殴ってやりたくなっちゃった (笑)
さすがの君子もワナワナし出して、そうだキレろ! ざけんじゃねえ って言え! そりゃ 『ごくせん』 か。
挙げ句の果てに、
「僕は親を選べないんだあ〜」
と泣き出すし。何なんだコイツ…

でも別に、志摩子はイヤなお姑さんじゃないよね? 山本家の嫁として近所から後ろ指刺されないよう、「良かれと思って」 いろいろやらせてたわけだし。
君子が料理でヘンなことしちゃっても、「私の言い方が悪かったかしら」 と言ってくれたし、お皿を割った (と勘違いした) 時も、「いいのよ」 と責めなかったしね。

確かに二言目には 「しきたり、しきたり」 って言われるのはウザイけど、同居じゃないんだし、しょせん数日いる間だけと割り切れば、それほど苦痛でもないような。
色んなことを 「出来る」 と勘違いされてるから追い込まれて行くだけで、正直に、
「料理も生け花も句も日本舞踊も出来ません」
と言えれば、何てことないんだろうけど。そしたら話が終わっちゃうから、君子は 「断れない性格」 という設定なんですよね (^^

てんで頼りにならない磯次郎だけど、披露宴の席で、君子がフリーターだと勘違いされた時、
「フリーターではなくフリーライターです。彼女は素晴らしいんですッ!」
てなことをキッパリと言ってくれて、おお、いいとこもあるじゃん。
ふーん。君子が困ってるのは構わないけど、バカにされるのは許せないのね。

調子のいい磯次郎と、何も言えない君子に、イライラしちゃいそう…リタイアしない程度にお願いしたいもんです。




 
 「きらきら研修医」 第1話

うわあ…ダメだこりゃ。
期待はしてなかったけどやっぱりダメです。いろんなことが 「ありえないだろ」 と思えてしまって、全く面白いと思えません。
よりによって、2〜3日前に 『研修医なな子』 を全巻読み返してしまっていたのですよ。 『〜なな子』 がリアリティーがあった分 (といっても実際の研修医なんて知らないんだけど) 、余計に 「くだらねー」 と思ってしまったのでした。 (でも 『〜なな子』 もドラマ版のはダメだったけど)




 
1/12

 タントのCM

「寒いねー」 と言いつつ、彼 (速水もこみち) のセーターの中に入る彼女。
なんかもう、「ええ加減にせいよ」 的になってきました (笑)

確か2つ前だと思うけど、手編みのベストの背中にハートがあったやつも結構さぶくて、「これ、アリなのか?」 と複雑な思いだったんだけど、今回のはいよいよさぶいです…




 
1/13

 「演歌の女王」 第1幕

コミカルな役が似合います、天海さん。
あの部屋のインテリアも、お弁当屋さんでバイトしてるのも、なんだかやけに似合ってる。

同居人 (?) の幸子は、
「えっ子供がいたの? バツイチ? 未婚の母?」
と思ったんだけど、どうやら13歳のひまわり本人らしい。どういうスタンスのドラマにしたいのか、謎なんですが…幸子の存在は必要なんでしょーか? 視聴者の突っ込みを代弁してくれてるのかな。

お見合い相手の温水さんって、名前もそのまんま温水さんだし (笑)
実は刑事さんで、ひまわりを誘拐犯と間違えて、逮捕、取り調べされることに。
ひまわりは 「刑事さんだったんですか?」 と驚いてたけど、お見合い相手の職業も知らなかったの? (笑) 
でも厳しく取り調べして、「刑事」 の顔になってた温水さん、カッチョ良く見えませんでした? まあ、留置場に入れられてるんだから、そんなこと思う余裕なんてないか。

ヒトシはとことんダメ男で、これは 「だめんず ・ うぉ〜か〜」 ですかと思ってしまった。私ならあんなことされた男のことなんて、もう一言だって口利きたくないけどな。それでも許しちゃうひまわりって、人が良すぎて憎めないよなあ。 (友達だったらイリイリしっ放しだろうけど)

雪の上に、反物がコロコロコローッと転がっていってしまって…白い雪の上に、赤じゅうたんのように真っ直ぐに伸びているそれを見て、「よーく頑張ろう!」 となるのかなと思ったけど、私なら巻き取らなきゃいけないことを考えて、「トホホ…」 と泣きたくなっちゃいそう。
でもそれより、通りかかった男の子が、ヒトシの写真を 「お父さん」 と言い…?
これってどういうこと? 過去にも子供がいたってこと? っていうか、ヒトシはまだ登場するのね。っていうか、親が子供の写真を持ってるなら分かるけど、子供はあまり持ってないと思うけど (笑)


 
1/14



 「鉄腕DASH!!」

ダメ犬をしつけし直し、というのをやっていて、たった2週間で、見違えるように言うこと聞くようになっててビックリ!
でも、バカ犬とかデブ犬って言われるけど、悪いのは犬じゃなくて飼い主なんですよね。たった2週間でこれほどになるのに、今まで何してたんだって思っちゃう。
これに出て来た飼い主なんて、子犬の頃、可愛いからってんで自分達と同じテーブルでゴハン食べさせてたっていうんだもん。全ッ然ダメです、そんなことしちゃあ。

コーギーとかミニチュアダックスって流行ってるけど、たまに太ったコを見かけると、
「この犬って猟犬で、いーーっぱい走らせなきゃいけないんですけど、そういうの分かってて飼ったんですか?」
と聞きたくなる。


 
 「華麗なる一族」 第1回

多すぎる登場人物のせいなのか、話が難しいせいなのか、大河ドラマのような (観たことないけど) ナレーションのせいなのか 分からないけど、全然しっくり来なくて、全く続きが気にならないんですが…
これから見続けるかどうかはかなり微妙です。


 
1/15



 「東京タワー」 第2回

方言をバカにされるのってイヤですよねえ。
うちの地方の方言も、結構インパクトがある (言葉もそうだし、イントネーションが特殊らしい) ので、東京でそれをからかわれたら、無口になっちゃうだろうな。
昔、県外から来てる大学生の男の子と同じバイト先で働いてた時、私の方言を笑われたことがあるんだけど、
「お前だって私からすればヘンだよ。つか、ここでは私の言葉が普通なんだよ!」
とムッとしたっけ。方言をバカにするのはやめましょう。

先物取引きにまんまと引っかかってしまった雅也、チョロすぎ!
お金にコーヒーをこぼされて、てっきり、
「やっぱりやめます」
と我に返ってやめるのかと思ったら、全ー部渡して来ちゃいました。
「オカンは田舎者やから分からんやろうけど、東京では一発ドカンと稼げる仕事があるんよ」
と偉そうに言ってた時、
「田舎者の世間知らずはオマエだーーーっ!」
と思い切り突っ込みました (笑)

やっぱりお母さんからの目線で観ちゃってて、雅也が今月分の仕送りを、「おお、来た来た」 と無造作にポイッと投げたり、「大学辞めようかなー」 と簡単に口にするのを、なんちゅうか胸が痛くなりました。大学の入学金、いくらかかったと思ってるんだよ! 知らないけど。
私も雅也と同じ立場なら、ひょっとしたら似たようなことを言ったりしたりしちゃってたのかもしれないけど、見てて胸が痛くなりました。

お母さんがケガしても帰らなかったのに、雅也が病気になったら、お母さんはすぐに駆けつけてくれた、というのもまた泣ける。親ってホントありがたいですね。

それより雅也、仕送りだまし取られちゃったのに、今月生活できるの?


 
1/16



 「今週、妻が浮気します」 第1回

とりあえず、「ホテルで待ち合わせ」 のメールを見ちゃったら、その前のメールも全部見ると思うけど (笑)
本当に浮気のメールをやり取りしてたんなら、ハジメが携帯を持って来た時、もっとアセると思うけど。その前に自分の方が先に気付くよね、携帯気にしてるはずだし。

送別会も本当に送別会だったみたいだし、ハジメと話してる陶子の態度は、今のところやましいことはないみたいなんだけど。
あと天体望遠鏡って、あんなに近くも見えるもんなの?

結婚式のビデオを夜中に観返したり、ネットに書き込んだりしてるヒマがあったら、妻と直接話し合おうよ、と思うんですが。まあ、それをしちゃったらドラマにならないか。

果たして、陶子は本当に浮気してるのでしょーか?


 
 「ヒミツの花園」 第2回

花を飾るのはいいけど、机の上はイカンでしょう。しかも完成原稿が置いてある。
確かに編集者として失格だ…

原稿が水びたしになったと知ったら、
「オレの原稿に何してんだよ? 何考えてんだよ?」
と怒鳴る前に、どれだけダメになったのかを早く確認しようよ。
そんで早く描き直さなきゃ、スネて部屋に閉じこもってる場合か?
と、私が編集者でもないのにハラハラしちゃった。

花園ゆり子の本を読みに、本屋へ行くのかと思ったら、マンガ喫茶かい! 買えよ! (笑)
女子高生が泣きながら読んでたけど、そこまで感動してるなら、君達も買えよ… (笑) 

とりあえず、なーんも考えずに観られる気楽なドラマで、いい感じです。クビにならなくて良かったね。


 
1/17



 「ザ ベストハウス123」 ウユニ塩湖

「あいのり」 でこれまで旅した中でのビックリ風景ベスト3というのをやってて、「あれは絶対入ってるだろう!」 と慌てて録画セットして観てたら、第1位でした、ボリビアのウユニ塩湖!
ボリビアの高山に一定の機期間のみ現れる湖。広さは秋田県とほぼ同じ、深さはわずか数センチなので、車を走らせたり、立ったりもできる。見渡す限りに広がる湖面が、鏡のように上空の空と雲を写すその光景は夢のようで、当時のあいのりメンバーが 「天国」 と言ったのもよく分かります。

TVで観るだけでもこんなにきれいなんだから、実際に見てみたら、もっともっと素晴らしいんでしょう。
私は南の島以外は興味がなくてあまり行きたいと思わないんだけど、ここは 「行ってみたい」 と思い、ネットで旅行記を読んだりもしました。
旅費が結構高かったので、今のところは諦めてるんだけど、いつか絶対行ってみたい。


 
 「ハケンの品格」 第2回

ホチキス勝負って、くだらん…

1話目が、ブックマークしてるレビュー書いてる方達に軒並み結構好評で、
「くだらんと思った私って、冷めてる? ひねくれてる?」
と反省して (単純) 、今回はかなり好意的に観れた、つもりなのですよ。
でもやっぱりくだらん…

つか、書類を揃えて 「はいっ」 と目の前に差し出す助手がいて、東海林も春子も、それをバチンバチン留めるだけ。これって、書類を差し出す方の人の勝負になんじゃないかい?
しかも東海林も春子も、大して早くないし (汗)

第一、美雪が使い走にされてたのもそうだけど、派遣ってそんなにヒマじゃないでしょ。前回も書いたけど、正社員がこなせない仕事があって呼ばれてるわけだから、それを処理するだけで手一杯なはずなんじゃないのかなー。
私は数日〜1週間の派遣だったんだけど、春子達は3か月で、それだけの期間となるとまた違うのでしょうか。
いやでも、やっぱり、タバコやらコーヒーやらを買いに行ったり、ホチキスをバチンバチンとやる勝負をしてる場合じゃないと思うんだけど。 (仕事で使う書類ではあったようだけど)

で何ですか、春子は負けちゃったわけだけど、わざと?
しかもその理由が、
「私は派遣だからです。正社員を立てて、一緒に仕事しやすくしなければならないからです」
みたいなこと言ってたよね。はああ?
じゃあアンタ、今までの無礼は何だったワケ? んなこと言うなら、最初から勝負なんかしなきゃいいんだし、ツンケンして正社員にケンカ売るような態度しなきゃいいじゃんよ!?
フツーにあいさつして、フツーに返事して、大人しすぎず出しゃばりすぎず、目立たないように振る舞っていた方が、よっぽどスムーズに仕事こなせると思うよ。
言ってることとやってることがめちゃくちゃなんですが…

エレベーターで社員に会ったのに、挨拶も言われるまでしないってのも、派遣だの正社員だの言う前に社会人として失格だし。 (2回目)

春子がどうしてこんなサイボーグ派遣になったのかとか、美雪の今後の成長とか、全くもってどーでもいいわけで。リタイアいたします。


 
1/18



 「エラいところに嫁いでしまった!」 第2回

ずっとこのパターンで行くのでしょうか? 早くもちと飽きて来たんですが (^^ヾ 

ダンナ側のお葬式の手伝いって、イヤですよねえ。私はまだ行ったことないんだけど、料理したり掃除したりおもてなししたりなんて、想像するだけでオロオロしちゃう。わ、私、何も出来ませんから! (誰も期待してないっつの)  どうか皆さん長生きして下さい。

またも 「しきたり」 で、身内は料理はいいとのこと。
でも代わりに掃除、しかも家中全部って!
ニッコリしてそんなこと言われた日にゃ、完璧に嫁いびりって思うよね。
調子のいい磯次郎のおかげで、お葬式を取り仕切ることになって、それに対して、長男の嫁 ・ 理恵は文句タラタラ。
自分はやらなくて済んだんだから、素直に喜べばいいのに。どこまで自分勝手なんだよ。
おまけに、
「お赤飯なんて炊くわけないじゃない、おーっほっほ!」
とウソついて、さっさと帰っちゃうなんて。信じられない性格の悪さ。

あと、小姑 ・ 菜緒もヤなヤツだよね〜。ホント、こういう女がいるから、夫の妹が 『小姑』 なんて呼ばれるんだよ。自分が嫁さんの立場だったらって少しは考えろよ。根性悪いな。

磯次郎はというと、ペーパードライバーのくせにリムジン運転して、近道しようとして曲がり角で身動き取れなくなって、結局君子にSOS。まったく世話の焼ける…
つか、君子、あの状態リムジンを脱出させたってことよね? すごい運転技術。いや〜、こりゃ磯次郎じゃなくても頼りにしたくなります。

でもそんな陰の苦労も報われず、親戚からボロクソに言われてしまう君子。
ここでまた、磯次郎がぱんぱかぱーんと反論するんだけど、君子をかばってあげるというんじゃなくて、本当のことだからなあ。っていうか全部オマエのせいなんだよ! と頭どつきたくなるっす (笑)




 
1/19

 「花より男子2」 第3回

「うっせえ! ぶっ殺すぞ!」
とか、明白のことを、
「アカ白なんだよ!」
と間違えてたり、これぞ道明寺!
前回見逃したので、どうしてこういう (つくしが道明寺を誘った) 展開になったのかは分からないけど、嬉しいからどうでもいいっす。 ( ← おいおい)

滋って、ちょっと榎本加奈子ちゃんに似てるよね。顔の系統が同じなんだな。真正面から見ると全然違うけど、角度によってはふっと榎本っちゃんぽく見える時があって、結構ドキドキしちゃいました。 (でももちろん、「似てる」 ってだけで、榎本っちゃんは私の中で不動の1位だけど)

つくしと司のケンカすら、1話目からすればダントツ進歩で、というか以前のつくし&司って感じで、嬉しいっス。
「来た来た」
「何が来た来た、だ!」
という会話だけで、「いいぞいいぞー!」 とウキウキしちゃった。

「運命なんて結果論なのよ。運命は切り開く、いやこじ開けるものよッ!」
という女将さんの言葉は、同感!運命の相手なんかが決まってたら、誰も苦労しないっつーのよねえ。

つくしが道明寺に 「バイバイ」 を言った時も、ぜーんぜん平気だったわ。
はいはい、今はこうなっちゃうのね。まだ3話だもんね。最終話に向けていろいろゴタゴタがあるのはしゃーない。存分におやり。という感じ。 (誰だよ)
1話目の道明寺がかなりショックだったから、道明寺がつくしのことを好きなんだあーっという目で見てくれてるだけで、安心なのです。

でもやっぱり、司が滋に交際を申し込んだのにはショックだったな。つか、滋もすごーくいいコなんだよね。あんなに泣いて喜んで…失恋しちゃうと思うと、可哀想。 ( ← 決めつけ)

つくしが救急車で病院に運ばれたと聞いて、食事の席を後にして、病院に走る道明寺。おおお、やっぱりこうじゃなくちゃ!
行けー道明寺、大人の階段をかけ下りるのだあ! (下りてどうする)





 「報道ステーション 老老介護について」

老老介護についてやってました。
年老いて体が不自由になった夫または妻を、同じく年配の配偶者が介護すること。
紹介されていたご夫婦は、定年になって、老後は2人で旅行でもしながらのんびり暮らそうと思っていた矢先に、奥さんが体か不自由になってしまい、74歳のダンナさんがつきっきりで介護していました。ダンナさん自身、数年前に脳梗塞になり、昨年には肺の手術をしていて、ご自身もいつ介護が必要になるか分からない状態なのだそう。

こういう現状を見るたび、国は何してるんだろうと思う。
何10年も一生懸命働いて国に税金を納め、やっと定年になって のんびり好きなことをして暮らそうと思った時には、ろくに年金ももらえず、介護や医療も十分に請受けられない。働けるうちは税金を絞り取るだけ絞り取っておいて、働けなくなったらもう用済み、といわんばかりです。定年の引き上げとか少子化対策という政策は、「もっと税金を絞り取ってやろう」 という思案にしか思えない。

日本は、仕事をしている健常者以外には、冷たいというか生きにくい国だと思う。私は今のところ 「仕事をしている健常者」 であるけれど、いつかは年を取るのだし、いつ体が不自由になるかもしれない。そうなったら一体どれだけの補償を国はしてくれるのだろう、どういう生活になるのだろうと思うと、うすら寒くなります。

人は必ず老いるし、長生きすれば体のあちこちにガタが来るのは当たり前です。もっと安心して年を取れる、病気になれる世の中にして欲しい。




 
1/20

 「新美味しんぼ」

ほとんどが原作で読んだエピソードたったんですが、最後の鍋対決では、海原雄山の言ってることは 「なるほどお!」 とものすごく納得しました。その通りだーっ!

それにしても山岡さんが松岡くん、栗田ゆう子が優香さんって。イメージが違う〜。私はやっぱり原作派だな。




 
 「演歌の女王」 第2章

虐待って、今深刻な問題になってるのに、こんなふうに取り上げていいのかなあ…と思っちゃった。
ひまわりが、夫婦をなげ飛ばしたりケリ入れたのにはスカッとしたけど、妄想だったんですかい! 前回の披露宴の時は、妊娠してる新婦を蹴るなんてありえないし (というかあの吹っ飛び方がありえないし) 、妄想だなと分かったんだけど、今回のは本当かと思った…

ヒトシは本当〜〜にろくでなしで、ヘラヘラしながらしゃべってるひまわりにもイラついて来ました。
子供に対する突き放し方はひどすぎ。こんな男がまた避妊しないでセックスして、できちゃった結婚してるんだもんなあ。
おまけに若い女の子とホテルから出て来てるしさー。つか、あの子16歳って言ってたっけ? 思いっ切り犯罪なんですが。
次は 「この娘を頼む」 って、はあ? またこのバカ男の尻拭いですか? つか、演歌全然関係なくね?




 
1/21

 「華麗なる一族」 第2回

相子が憎たらしいったら!
しかし、本妻と愛人で3Pって…しかも愛人優勢。絶対イヤだ。
「10年前にもあったんです」 ってことは、今回のが10年ぶりってことはなく、10年 (もしくはそれ以上) 前からしょっちゅう行われていたのでは。

鉄平が自分でなく父親の子だ、と言いたげでしたね、お父さん。でもだからって、愛人を住まわせてベッドまで共有していい理由にはならないと思うけど。




 
1/22

 「東京タワー」 第3回

今回はちょっとダレ気味な回だったかな。

雅也がとにかくだらしなくって、高ーいお金払って大学まで行かせてもらっといて何してんの、という感じ。でも、こういう学生さんって多いんだろうなあ。

家賃も何か月も滞納してて、こういう学生 (には限らないけど) も多いんだろうな。大家さんも大変ですね。
でも私の感覚で言えば、家賃って 何よりも1番最初に払わなきゃいけない、最優先なお金なのに、それすら払えないってどうなのよ。まあ、優先順位が違くて、家賃よりも食費とか携帯代に回しちゃうんだろうけど。

正社員は難しいだろうけど、アルバイトくらいなら、その気になればいくらでも見つかるんじゃないの。ただただ、甘ったれてるとしか思えない。
また親の視点から見ちゃって、
「20歳過ぎてもこーんななら、やっぱり子供なんていらないわ」
と思っちゃった。





 「あいのり」 12/18放送分

しばらく観てなかった (この日の日記参照) けど、録画してあったのをチェックしていたら (あいのりニュースで過去のメンバーのことをやるかもしれないので) 、当時のメンバーはいなくなってたので、久し振りに観てみました。あ、ヤンクミはいたな。けどヤンクミならまあいいや。

ヤンクミと横みー以外は知らないメンバーばかりなので、結構流し見してました。なぎさがムカついたけど、どーでもいい感じ。
以前まで、私があいのりで怒ったりドキドキしたりして ダンナさん ・ Oくんに意見を求めると、
「あいのりでそんなに本気になるなよ〜バカバカしい」
と冷めて言われたんだけど、その気持ちが分かる気が。

メンバーは全員私より年下だし、言ってることもやってることも、「若いなあ」 って感じで、しっかりしたこと言ってるようでも私からすれば 「そんなもん当たり前じゃん」 ってなことだし。

ノルウェーの男女平等と育児休暇制度には感動!
8か月なら給与の100%、1年なら80%を補償。夫婦のどちらも取ることができる。そして素晴らしいのは、制度が充実してるだけでなく、男性側の意識の高さ。
「家のことを手伝えば、家族が一緒に過ごせる時間が増えるでしょう」
とお父さんがすごく自然にさらりと言っていて、素晴らしい! パチパチパチ!
男だからとか女だからとかいうよりも、人として、家族として、相手を助けるという思いやりが自然に持てているんですよね。
ノルウェーには、日本のような熟年離婚はほとんどないのではないでしょうか。ノルウェーの離婚率がどのくらいなのかも紹介して欲しかったな。




 
1/23

 「今週、妻が浮気します」 第2回

浮気 (かどうかはまだ分からんけど) 相手は、フミヤさんなのね! そりゃユースケ負けるわ、石田ゆり子さんも浮気するわー。と、役柄を離れて、つい俳優さんで見てしまいました。
「どんなヤツだった? 背丈は?」
って聞いてたけど、背の高さなんて関係あるのか? 外見を気にする思春期ならまだしも、この年になって、身長で異性は選ばないでしょ (笑)
それとも、あまり背が高くないフミヤさんへの皮肉? 脚本家がフミヤさん嫌いとか? と異常に深読みしてしまった。 ( ← しすぎ)

ハジメがチカンに間違われて警察に連れて行かれる、というのは、話を引き伸ばすためだな〜って感じで、はっきりいってどーでも良かった (^^ヾ

結婚記念日を忘れられてるのって、ショックだよね〜。ハジメも寸前まで忘れてたんだけどさ。
そういうのがイヤだから、うちはクリスマスイヴにしたのでした。結婚記念日忘れたの!? ってことでケンカになったりガッカリするのって、バカバカしいと思って。つか、私が忘れそうだからってのもありますが。

あ、紙婚式とかは知ってましたが、8年目はゴムなんですね。ゴムなんて、聞いた時は一瞬冗談かと思いましたが。
どんどん固い物になっていくのかあ。私はてっきり、「値段が高い物になっていく」 のかと思ってました。妻へのねぎらいの意味をこめて高い物プレゼントしなさい、ってことかと (笑)  (いらないけどさ)




 
 「ヒミツの花園」 第3回

相変わらず何も考えずに観られてラクちんなドラマです。

担当の編集さんって、ストーリーについてもかなりアドバイスしたり、口出し (っていうと言い方良くないけど) するらしいですね。ストーリーは漫画家さん本人の好きに考えてるんだろうなって当然のように思ってたので、それを知った時はかなり驚きました。
でも、そうすると編集者さんの責任って、すごい重いですよね。自分の言葉が作品の今後を決めちゃうかもしれないなんて…私には無理だあ。

陽と、それから智も、 夏世に惹かれていくみたい?
大事な思い出をあんな風に茶化されたら、そりゃハラ立つよね。いい年した男が4人揃いも揃って、女心の分からんヤツらばっかだなあ…航は少しは分かるのかな?




 
1/24


 特定失踪者に奇妙な共通点、同じ中学、大学出身率多し

北朝鮮による拉致の疑いが濃厚とされる特定失踪者の人達が、かなりの割合で同じ学校を在学または 卒業していることが判明。特に大学では、5年ごとに特定失踪者がおり、4年経てば学生がそっくり 入れ替わるために話題になりにくくするためではないか、と推測される。
このことから、学校関係者に拉致に関わった人物がいたのではないかとのこと。

この新たな疑いには驚きました。ただ、こういう調査や もちろん必要だし、どういう内容であれ拉致事件の報道がされることはいいことだと思う のですが、何よりも、被害者の方を取り戻すことが第一だと思うのです。
この報道で、例として 「田中実さん 76年失踪」 と紹介されていたのですが、76年というと、30年前。 被害者の方が拉致された年を耳にすると、いつも逆算して年数を計算し、その方がいま何歳になって いるのかを計算します。そのたびに、「こんなに長い間…」 という気持ちになります。

拉致の実行犯の身柄引き渡し要求や国際指名手配なども、もちろん重要で必要なことなのでしょうが、最優先ですべきなのは被害者の方達 の救出であることを忘れてはならないと思います。




 
1/25

 「エラいところに嫁いでしまった!」 第3回

いくら上げ膳据え膳でラクできるとしても、ダンナの実家なんてやっぱり気は遣うだろうし、行きたくないよね〜。
お舅さんに荷物持ちなんて、してもらう方が申し訳なくって、自分で運んだ方がよっぽど気楽だ。

やっぱりそんなうまくはいかなくて、温泉にはなかなか行けないし、やっと着いたと思ったら親戚一同と一緒。
そこで 「早く子供を作らなきゃ!」 攻撃。温泉も、子宝の湯なのでした。
イヤだな〜こういうの。
嫁は子供を産むもの、産まなくちゃ、とそれが当然のように言われたら、君子の言うように、
「私ゃ子作りマシーンか?」
と思っちゃうよね。

確かに、今の自分がいるのはご先祖さまのおかげなんだし、結婚したからには子孫を残すのが筋だし、ひょっとしたら義務であるのかもしれないけど。でもやっぱり、時代が変わって、仕事のこととか社会の状況とかを考えて、「産まない」 権利もあると思う。

いつもイヤと言えない君子だけど、今回はきっぱりと、
「私は磯次郎さんと結婚したのであって、山本家と結婚したわけではありません! 跡継ぎなんか知ったこっちゃありません!!」
とキッパリと言ったね〜。スッキリした!

お母さんが辛そうな顔で退席しちゃって、ちょっとイヤミくさくない? 例によって悪気はないんだろうけどさあ〜、と思ったんだけど、まさかお父さんのお雑煮のせいだったとは。どんな作り方したら、お雑煮でお腹こわすのだろうか (^^ヾ
お父さんになぐさめられて、良かった良かった…となった所で、原因はオヤジだったんかい! というのが面白かった。

しかしやっぱり磯次郎がムカつきます〜。
「楽できるよ」 とウソついて君子を実家に連れてったのも、母親に辛そうな顔させたからって君子を責めるのも、何てヤツだ! とプリプリしちゃった。
君子が面と向かってちゃんと不満をぶつけたから、まだ良かったけどさー。




 
1/26

 「花より男子」 第3回

いいぞいいぞ、これぞ道明寺、サイコーです!
ニューヨークに留学しても、「日本語が弱い」 の意味は理解していないようで。
「いいかげん名前覚えろ!」
と言っといて、つくしの弟のことは 「弟」 と呼ぶのもナイス。
一番のヒットは、
「カレーに見せかけたウンコかもしれねーだろ!」
ですが。

滋が明るく振る舞ってるのは切なかった。
道明寺を 「コチョコチョコチョ!」 とくすぐって、うわなんかいい感じじゃん、道明寺も 「うわわははは、やめろ!」 と笑い出して、いい雰囲気になっちゃうんじゃないの? と心配したんだけど、そうならなくて良かった。でも、めちゃめちゃ冷たくされて、デートしてても上の空、という態度を取られて、それでもぜーんぜん気にしてないように振る舞って。もう切なすぎ!
滋がいいコなだけに可哀想だよねえ。ヤな女なら、なーんとも思わないのに。




 
1/28

 柳沢大臣が 「女性は産む機械」 発言

ポロッと出た一言を目くじら立てて責め立てる気はないけど、結局普段からこういう考え方をしてるってことでしょ。謝罪の態度も、言葉も、全然気持ちが入ってなかったし。
こんな男が少子化問題を請け負う立場で、また大臣としてたっぷり給料持ち帰ってるのかと思うと、本当やってられない。きっと一生考えても、何で女性が子供を産まなくなってるのかは分からないでしょう。




 
1/29

 「東京タワー」 第4回

お母さんがあ〜。
でも、当のお母さんがガンだってことを隠してるのに、妹が勝手に話してしまうってのはどうよ? と思った。
黙ってるお母さんの気持ち、分かるんだよね。だって、話したって病気が良くなるわけじゃないんだし、心配かけるだけだしね。うちの母親もそういうタイプだし、私も、腎炎のことは親には話してないし。

声帯は取らないで下さい、と頼んだお母さんの気持ちも、分かるような気がする。そんなこと軽々しく言っちゃいけないのかもしれないけど、風邪で数日間声が出なくなっただけでもすごくストレス溜まって辛かったことを思うと、私も悩むかも。悩んだ末、どの選択をするのかはその時になってみないと分からないけど。





 
1/30

 「カスペ!」 タカアンドトシはマザコン & 見栄っ張り

タカアンドトシのどっちがどっちだか忘れたけど、毎月、母親にプレゼントをしてるんだそう。健康器具や美容器具など、何万円も買い物をしてました。お母さんは結構オシャレそうな人で、でも気の強そうな顔をしてて、「うわー、こんなお姑さん、絶対イヤだ」 と思いました。 (失礼)
「彼女よりもお母さんが大事。だってお母さんがいなかったら、自分は生まれてないんですよ」
と力説してて、確かにその通りだし、親を大事にするのは悪いことではないけど、目の前できっぱりと、
「お前より母親の方が大事だから」
なんて言われた日にゃ立つ瀬がないというか、
「じゃあお母さんと結婚すれば?」
と言いたくなるよね。

あと、同じ人だったのかもう1人だったのかは分からないけど、合コンで会計の時、自分の連れて来た後輩には 「いいよ、オレが出すから」 とおごってあげたのに、女のコには 「じゃあ3千円ずつでいいよ」 と割りカンにしていて、たまげました。「3千円でいいよ」 じゃないだろ!
合コンで女性にお金を出させるかどうかというのは意見の別れる所だろうけど、私は、基本的に女性には払わせない方がマナーというか、スマートだと思う。 (2次会以降なら別だけど)
少なくとも、女性に払わせるなら後輩にも払わせろというか、後輩におごるなら女性の分もおごれよ、と思いません? 後輩にはカッコつけていい顔しといて、女性に払わせるのって、なんかすっごいヤな感じなんですけど。しかも、女性の中で好みのコがいたらおごってやりそうな気がする所が、さらにイヤだ。

タカアンドトシは別にもともと好きではなかったけど、今回のこれで、「げー、やだやだ」 と思っちゃった。




 
 「今週、妻が浮気します」 第3回

やっぱり浮気なのかなあ。
今のところどちらとも取れるよね。見せ方がうまいと思う。

「パーティー三昧だな」
とハジメに言われて、
「パパは接待三昧…」
と陶子が呟いたのに、「それをもっと大きな声で言わなきゃ!」 と思っちゃった。話し合わなきゃ〜、2人とも!

ホテルのロビーで待ち伏せするハジメと一郎、かなり怪しい。普通あんな人がいたら、従業員か警備員が、
「ちょっとすみません、お客様」
って声かけられてるよね (^^;

チェックインしたかどうかなんて、誰か分からない人間が尋ねても、あんなふうにスンナリ教えてくれるもんなんですか?
さすがに部屋番号は教えてくれなかったけど。 (当たり前か)

チェックインもキャンセルもしてないって確認したんだから、ずっとフロントで張り込んでればいいのに、レストランをウロウロと見に行っちゃって、「この間に来てたらどうすんのさ!」 とハラハラしちゃった。

陶子と浮気相手 (?) がやって来て、エレベーターに乗り込もうとするのを見て、
「どうしよう!?」
と焦ってたけど、いや普通エレベーターでしょ。階段でカッカッとは行かないでしょー。2階だとしても、エレベーター使うよね。
エレベーターが止まったのを見て階数は分かるとしても、どうやって部屋を見つけるんだろう、と思ってたら、考えてなかっただけなのね (^^ヾ

さあどうする、と思ってたら、女性のグループがどかどか乗り込んで行って、天使に見えてたのが面白かった。
でも、いくら紛れて乗ったとしても、バレるでしょ! (笑)  フードかぶってて怪しいし。
先の階で女性グループが降りちゃって、再び 「どうする!?」 の葛藤。それよりもこれ、絶対バレるってば! (笑)  ハジメの着てる服って自分のだよね? だったら、後ろ姿でも、ダンナだって分かるでしょー。
そのまま乗ってて、自分はまだ上に行くふりして2人を降ろして、扉が閉まる直前にそっと 「開」 ボタンを押して、そうっと顔を出して部屋を確認すればいいんだよね…と思ってたら、「もうダメだ、えーい!」 とフードを下ろして、振り返っちゃった! えー、何で!?
驚く陶子。 (当たり前だけど)  この時点では浮気だという確信はないわけで、結局浮気だったのかどうかは曖昧なまま、話は進んで行くのかな? 最終話まで、浮気かどうかは分からないのでしょうか。




 
 「ヒミツの花園」 第4回

常磐ハワイアンセンターって行ったことないけど、どんな所なんだろう。修のあの喜びようからすると、かなり楽しいらしいです (笑)

生活費の口座の中に2億って! そんな額の入ってるキャッシュカードを渡して、横領されたらどーすんのっ。
つか私、あのケタの多さに、いくらだか分かりませんでした…

今回は、智がちょっと大人気なかったですね。「何もしてない!」 と言ってしまった夏世も言いすぎだけど。
怒った要潤さん、コワイよう。楽しい雰囲気でお願いします〜。





 「ハケンの品格」 の予告CM

「その辺を飛んでるハエがたまたま唇にとまったからって、ハエに腹を立てる人間がいますか」
いや腹立つだろ、普通。

という突っ込みをしたくて取り上げてしまいました (笑) 
ドラマはリタイアしてもう観てないんだけど、全く未練ナシ。どうやら東海林がキスして、春子のことを意識してるらしいですが、大泉洋に全く興味はないのでどうでもいい。というか予告CMを観ても全く面白そうじゃないので、とっととリタイアして良かったです。




 
1/31

 「世界仰天ニュース」  血液の病気

血液による難病で、寒がりの女の子や、脚が熱くてたまらなくなる女の子が紹介されてました。
脚が熱くなる子は、氷水を入れたバケツに1日中脚をつけていなくてはならず、凍傷になってしまい、皮膚はガサガサで真っ黒になってしまう。病院に行っても原因不明だったのですが、2年後、脚先の毛細血管が何らかの原因により広がり、多量に血液が流れることによって熱く感じる病気だと診断されました。
現在その女の子は、同じ病気の子供さんを持つ親ごさんから送られて来たという漢方薬を飲むことによって症状が劇的に改善し、脚もかなりキレイになっていて、普通に生活出来てるようでした。漢方薬、凄すぎ。

世の中には本当にいろいろな病気があるんだなあ。人間の体って、ほんのちょっと何かが狂うだけでもダメなんですね。つくづく、何不自由なく普通に生活できる自分の体に感謝しなくてはいけないなと思いました。




    2/1

 「エラいところに嫁いでしまった!」 第4回

お寿司に釣られる君子って。共働きなのに、お寿司くらいいつでも食べれるでしょ? (笑)

今回は、磯次郎にそれほどイライラせずに済んで良かった。「帰っていいよ、約束だもんね」 とちゃんと君子を帰してあげようとしたし。
お母さんも、「あなたは私の思ってた以上にいいお嫁さんだわ!」 とか言って感激してたし。この嫁姑、なんだかんだいって、うまくいってるんだよね (笑) 




 卵子バンク業者を名乗る男

インターネットで卵子バンクを開設したという男を取材した映像が流れてたのですが、顔つきといい、話し方といい、完璧にラリッてて気持ち悪かった。何なんだコイツ。部屋もすげー汚いし。
言ってることは、専門家から見ると完全に素人。金儲けすることしか考えておらず、卵子や子供を欲しがってる女性のことなど真剣に考えていないのは一目瞭然。こうやってニュースに取り上げると、宣伝になってしまって良くないのではとハラハラしました。まあ、まともな人なら、こんな奴に依頼なんかしないだろうけど。

それにしても情けないのが、「法律がないので取り締まれない」 という厚生労働省の言い分。ないなら作れよ! 国民の安全と平和な生活を守るために、法律ってあるんでしょう。誰のための、何のための法律なんだか。




  2/2

 「花より男子2」 第4回

「ラブレター書いてみろ、チェックしてやるから」
って弟よ、相談する相手を間違えてるぞぉ〜! (笑) 

でも道明寺は真剣にアドバイスしてあげてたし、ちょっと感動したけどね。いい兄貴って感じで良かった。
受験は合格だったけど、告白は失敗だったみたい…「彼女は?」 道明寺に聞かれた時の弟くんの表情は、うまかった。
手紙を持って帰って来たってことは、読んでももらえなかったってことだよね。人の気持ちはどうしようもないけど、可哀想だったなー。

弟くんのおかげで、つくしへの思いを新たにした道明寺。つくしも今は 「何言ってんのよ!」 とはねのけてるけど、本心では絶対道明寺をまだ好きなはずだしね。いくら2人がモメたって、類と滋が健気に頑張ったって、私はぜーんぜん心配してないよ。せいぜいジャレ合いなさい、おーほっほ、という感じ。滋はやっぱりちょっと可哀想だけどね…誰か他にいい人とくっついてくれればいいな。




  2/5

 「東京タワー」 第5回

あれほど雅也の生活の心配をしてたのに、ハワイ旅行をおねだりするのには、「?」 でしたが。
東京は物価も家賃も高いんだし、1人暮らしだし、イラストレーターつったってまだ駆け出しだし、そんな貯金あるわきゃないじゃんね。

ハワイアンセンターって、『ヒミツの花園』 でも出て来てたし、宣伝? (笑) 私も行きたくなって来ました。
それより何より! 雅也と話してた、右側の赤いビキニのおネエちゃん、体は細いのに胸はすんごいボリュームでしたよね。目が釘付けになっちゃいましたよ。すげー。

「東京で一緒に暮らそう」
「いいね? 行っても」
っていうやり取り、いいシーンなんだけど、「そんな思いつきみたいに言っちゃって、いいの?」 とドキドキしちゃった。もっとよく考えた方がいいのでは、2人とも (^^ヾ




 「あいのり」 ヒデ & かよ

ヒデとかよ、良かったね〜。
ヒデは1人で帰って来たから、かよに会いに行っちゃダメなの? とずっと思ってたのでした。けどヒデは別の女性を好きになって、告白して帰って来たわけだし、フラレたからもう1度かよに、なんて都合のいいことは考えないだろうな〜、やっぱりこのまま終わりかな、と諦めてましたよ。
フリーマーケットで偶然に再会だなんてスゴイね。 (本当に偶然? という気はするけど)

でもヒデ、5回もデートしてるのに、まだ何も言ってないって!
当然告白するんでしょと思いきや、まだグダグダ言ってやがる! 1度ならず2度までもチャンスを手離す気? かよほどの人が2年 (3年?) もフリーのままでいたなんて、もはや奇跡なんだよ! 分かってる?
失恋したらどうのこうの、と言ってたけど、まだ手に入れてもないうちから、失った時の心配してどうするよ! 全くもう。
ちょっとはたくましくなったと思ってたのに、相変わらずのヒデのヘタレぶりに、後ろからケリ入れてやりたくなりました。グジャグジャ考えてないで、好きなら好きって言やいいんだよっ!

ようやく告白したけど、
「私が途中で言いたかった  byかよ」
私も同感っす!!
カップルになって本当に良かったけど、これからも心配だなあ…お泊まりデートへのお誘いとか、プロポーズとか、ヒデちゃんと言えんのかなあ? 別にかよから言ったっていいんだけど、やっぱり男性にリードして欲しいよね。
ともあれおめでとう! ヒデ、もっとしっかりしなよ!

ちなみに沼っちの応援シーンは余計だったような…店のオヤジまでしっかりピンマイクつけてて、完璧ヤラセだし。




  2/6

 「今週、妻が浮気します」 第4回

うわあ、やっぱり浮気してたんだ!
「ひょっとして違うかも」 という思いがやっぱりあったみたいで、陶子が浮気を肯定した時は、ショックでした。

2人ともあんなふうに冷静だと、1人キリキリしてる自分がバカみたいに思えて来るよね。
「もう離婚だ!」
と怒鳴って出て行ってしまったハジメの行動も無理もない。

更に帰って来た陶子の、
「とりあえず、彼とは会わないことにしました」
というセリフも、「とりあえず」 って何だあ! とそりゃ思うよね。
「話し合えないなら出て行きます」
と息子の所に戻ろうとするんだけど、あの態度も何だよー、と思った。
確かに、ハジメの 「話し合ってやってるだろ!」 という言い方はちょっと良くなかったけど、浮気直前の現場を抑えちゃったんだから、仕方ないという気もするし。
「怒鳴らないでよ」
と言ってたけど、怒鳴るだろそりゃ! いや、怒鳴らないでって言う気持ちも分かるんだけどね。

「 (浮気した) 理由は聞かないの!?」
とホテルで言ってたけど、
「あなたのせいで私はこんなことしちゃってるのよ!」
というようなことを言うつもりだったようで、それもちょっと違うんじゃない? 確かに浮気される側にも原因がある場合はあるだろうけど、じゃあ気に喰わなかったら浮気してもいいのか? そうなる前に、何度も何度もハジメと話し合おうとした?
2人のやり取りを見てて、私でもハジメみたいな態度になるな〜と思って、今のところハジメの味方です。陶子には陶子の言い分があるだろうので、今のところは、ですが。

あ、プリンさんは玉子だったようで…相談者がハジメだとは気付いてなくて、見も知らない誰かのためにあんなに親身になってアドバイスしてあげるなんて、いい人だよね。




   「ヒミツの花園」 第5回

人の家に上がり込んで鍋をバクバク食べる女、イヤだ…
しゃぶしゃぶのお肉、まだ赤かったけど、あんなんでいいんですか? 松阪牛は火を通さなくてもいいの? ( ← そんなバカな)

修の子供役の子、髪型もしゃべり方も今の修そっくりで、かわいいーー!
あ、今の修がカワイイってことじゃありません。あと子役の子は、多分内心イヤだと思います (笑)

夏世の背中にきっと何か貼ったんだなとは思ったけど、あの絵だったのね。でも頭を下げたくらいじゃ、背中は見えないと思うんだけど
あと夏世、部屋に入ってお茶入れるんなら、マフラーとコートは脱ごうよ。「背中に何かついてるよ」 って言われて見えないんなら、だから脱ごうよ。




  2/8

 「エラいところに嫁いでしまった!」 第5回

磯次郎、最悪ッ!! (笑) 
冒頭の君子のケガもそうだし、相談もなしに、互いの両親を泊めさせることをさっさと決めちゃうなんて。
単に家に泊めるってことだけじゃなく、君子の仕事の都合もあるのに。締め切りが立て込んでたり、取材で出かけるかもしれない、ってことは全然考えてないわけ?
部屋が片付いてたのも、「クロゼットにめちゃめちゃに詰め込んだだけ」 → 「君子が開けて、ドドッと崩れ落ちて来る」 → 「君子が責められる」 ってバレバレだったし。

実の両親なら、「そうじゃないのよ」 とか 「もう、放っといてよ!」 とか、遠慮せずに言いたいことを言えるからまだいいかも、と思ってたけど、…そうだった。実の親って、自分の子供より配偶者の味方をするんだよね〜。 (明らかに子供が悪いのに配偶者ばっか責めるバカ親もいるけど)
また志摩子が君子をかばってくれるもんだから、君子の両親は更に、「とんでもない、うちのバカ娘が!」 と恐縮しちゃうんだろうな。
だから両方の親を一緒に泊めるなんて、無理があるんだよッ。

と、ムカムカーッとしてきたところで、
「僕っていつもこうなんだよね。君ちゃんの前でだけ自然でいられるの」
という磯次郎のセリフに、キュンとして、「仕方ないなあ」 と許しちゃいました。なんだかんだいって磯次郎を愛してるんだよね。私ゃ愛してないので、ムカムカしたままですが (笑)

「親孝行を手伝うわ!」 って、志摩子も、親切のつもりなんだろうけど大きなお世話だよねえ。君子の両親が、朝食をあまり摂らない人達だったらどうすんだ。
東京案内してる途中、アクビしたり携帯に出たりする君子に、父親は顔をしかめてたけど、「仕事を頑張ってるんだな」 とは思ってあげられないのかなあ。フリーで仕事するのってきっとすごく大変で、連絡つかなかったら、「じゃあ他の人に」 ってとっととよそに回されちゃうこともあるんじゃないの。
父親に限らず、君子の仕事って、軽く見られがちですよね。これがもし磯次郎だったら、父親も、「大変なお仕事ですねえ」 と言ってると思うもん。

でも志摩子の仲介もあって、君子も両親と仲直り。いいお姑さんじゃーん。オチはあったけど、全然、「エラいところ」 じゃないよねっ。




  2/9

 「花より男子2」 第6回

道明寺かわいいっ (笑) 
楓の持って来た箱からつくしが出て来た時、
「牧野! やっ」
と照れてあいさつしたり、つくしが家に住むことになったと聞いて、ベットに飛び乗って喜んだり。うーん、いいぞいいぞ (笑)
滋は相変わらずあっけらかんとして (るように見え) て、いいコだなあ…けどゴメンねー、司はやっぱりつくしなのよ。

かと思ったら、つくしにけん制して、つくしは道明寺からもらったペンダントを返してしまう。うわー。
だからー、人のことなんて気にしなくていいんだって。ここで道明寺を諦めたとして、もし将来 滋が道明寺に冷めたら、どうすんの? って思うんだよね。 (それはありえそうにないけど)
翌朝、すぐにメイド姿で登場してくれて良かったわー。いやメイド姿はどうでもいいんだけど。




  2/11

 「華麗なる一族」 第6回

2回ほど感想書くの忘れてましたが、毎週ちゃんと観てます。

相子がもうムカつく〜〜。 (単純な感想ですみません)
鉄平が追い出しにかかっても、父親は相子の味方をしちゃうんだから、立つ瀬がないよね。相子の身体はそんなにいいのか、父よ? (おいおい)

でも今週は、相子が子供連れの親子をじっと眺めてたり、「妻」 という座について考えさせられてたり、愛人の立場の切なさを感じてたみたいですね。 「お妾」 って言葉にあれほど怒ったのも、気にしてるからこそだろうし。ふっふ、ざまあみろ。




  2/12

 「東京タワー」 第6回

新しいアパートは結構広くて、電車の音はうるさいけど、お母さんの言う通り駅が近いってことだし、東京タワーもあんな近くに見えるし、一体家賃いくら!? と気になって仕方なかった。けど下がボーリング場ってことで、安くなってるんでしょうか。ボーリング場、うるさいよなあ…夜遅くまでやってるだろうし、日祝日もだし。

いちいち干渉されるのは、確かにうざったくなるかも。
「誰のお金だ!」 「ここは俺は部屋だ!」 と言う雅也の気持ちも、少しは分かるなあ。
でも、「もう帰ったら」 というのは、言っちゃいけない一言だよね。もう帰る家はないんだから。

それに、仕事をいい加減にするって態度が気に入らーん。まだ若いから仕方ないのかもしれないけど。 (年齢を言い訳にして欲しくないけどな)
仕事を持って行くのを忘れてデートに出かけて、編集者に取りに来させるなんて、もっての他だわ。コイツの責任感はどこにあるんだ?
その後も締め切り過ぎちゃって。相手が友達だからってんで、甘えてたんだろうな。仕事にはそんなの関係ないってのに。
「友達がいがないねー」 なんて言われた日にゃあ、「あぁ!?」 と私でも怒るな。あっさり切られたけど、いい気味です。ちょっとは仕事の厳しさを思い知れってんだ。




   「ニュースZERO」 格差社会についての星野監督の発言

国会で議論して欲しいことについてのランキングで、収入格差というのが入ってたことについて、コメンテーターとして出演していた星野監督が、
「格差社会っていうけど、日本は格差はない方ですよー。外国はもっともっとあるんだから。みんなもっと外国に目を向けなさいって」
と発言してて、格差の上の方に位置してるアンタが言うな! とムッとしました。リストラされたり、ボーナスカットされたりしてるサラリーマンのお父さんや、少ない年金でギリギリの生活してるお年寄りの人などもいるのに。そういう立場になってから、今の言葉をもう一度言ってみろ。
大体、外国なんかどうでもいいんだよ、今は日本の話をしてるんだろうが。




  2/13

 「本当は怖い家庭の医学」 榎本ちゃん夫婦

DVDが勝手に自動録画してて、なんでこんなもん録ってんだと思ってたら、私の好きな榎本加奈子ちゃんが出てたのでした。でかした! (キーワードを登録しておくと、その単語が含まれていると番組を自動的に録画しておいてくれる)

結婚2年だそうですが、ダンナさんの佐々木さんにずっと寄り添うようにもたれかかっていて、すごく仲良さそうでした。いいなー、佐々木さん。
あ、同じくゲスト出演してた野々村夫妻とは、夫婦ともども親しくしてるそうです。いいなー、野々村さんになりたい。 ( ← もう見境なし)

番組自体も興味深くて、ストレスはやっぱり、ものすこーく身体に良くないんですね。相手がムッとしたりグサッとするようなことは、言ってはいけないんだなあ。相手がどう受け止めるタイプなのかということも大きく左右し、その時だけムッとしても、引きずらないですぐ忘れちゃう人ならあまり心配いらないけど、いつまでもクヨクヨとするタイプの人は要注意だそう。私もダンナさん ・ Oくんへの言葉には気をつけよう。

いろいろテストをしてたんだけど、他にも4組の夫婦がいたので、榎本ちゃんのは発表されないこともあり、他の人なんてどうでもいいから榎本ちゃんのを見せてくれえ〜と内心叫んでおりました。

けど北斗さん夫婦のは面白くて、夫の服のポケットからキャバクラのお姉ちゃんの名刺が出て来たら何と言うか、というテストに対して、
夫の健介さんの希望 「誰かが勝手に入れたんだね」
北斗さんが言うこと 「おめ〜、楽しそうだな」
というのには笑ってしまいました。でも健介さんは (顔と身体に似合わず) クヨクヨと考えてしまうタイプだそうなので、こんなふうに 「希望」 と 「実際に妻から言われる言葉」 が違うのは、それだけストレスになってるということで良くないんだそう。
それについて、
「だからマジメすぎるんだよ、オメエは!」
と北斗さんは笑いながら言ってて、私も 「あ〜仲がいいなあ」 と微笑ましく思ったんですが、きっとこの時も健介さんは 「そんなこと言ったってえ」 と思ってるだろうと思うと、笑い事じゃないのかもしれません。

妻がうつ状態にる危険度のチェックでは、榎本ちゃんのテストがオンエアされてて、嬉しかったです〜。チェックの内容は、
・ 妻を名前で呼べるか
・ 妻に 「ありがとう」 と言えるか
・ 妻の変化に気が付くか
・ 記念日を覚えているか
・ 妻にかかって来た電話の相手を気にするか
でした。佐々木さんはなんと全部○。素晴らしい! いつまでもそのまま仲良しでいて欲しいです。
ちなみにこれ、ダンナさん ・ Oくんは、…と考えると、多分記念日以外は全部オッケー。記念日は、自分の誕生日すら時々怪しい人なので、覚えてなくても仕方ないです (笑)




   「今週、妻が浮気します」 第5回

何も知らないのに、アンタが悪いッと決めつけて説教してくるハジメの母親、ハジメにとってはウザイよねえ。
嫁が泣きながら帰って来たら、そりゃ夫のが悪者に見えるもんね。陶子にそんなつもりはなかったのかもしれないけど、ズルイぞ、と感じてしまった。

春木の奥さんにも浮気のことを話せ、と詰め寄ったハジメの気持ちもよく分かる。奥さんは確かに関係ないのかもしれないけど、かといって、こっちの家庭はグチャグチャになってるのに、なんでそっちは何もなかったかのように平和に暮らしてられるんだ、と思うと腹立つよね。

それに対して陶子は怒ったけど、…夫を裏切ったのはアンタでしょー?
陶子も春木も、ハジメより偉そうな態度 (に見える) なのがムカつくわ。自分のしたことを棚に上げて相手を責める…いかん、だんだんムカついてきました。こういうタイプの人間に、今ほんっとウンザリさせられてるので。




   「ヒミツの花園」 第6回

サイン会やめます! って。
そんな生はんかな気持ちで、身代わりを承諾したわけ? と呆れちゃいました。
「あの女の子が可哀想」
って、サイン会なんだから、自分を花園ゆり子だと信じてる読者ばかりが集まって来るのは当たり前じゃん。それなのに、こんなこともシュミレーションしてなかったんでしょーか。そんな想像力のなさじゃ、とても少女マンガの担当として、作家にあれこれアドバイスするなんて無理だと思うのですが。

今回はそのことに 「はあっ?」 と思って、他のことは飛んじゃいました。あと、マンガ家だからって似顔絵も描けるとは限らないと思うんですが。よく描けたなー。




 魔裟斗結婚

6年間も付き合ってたんですね〜。交際は公にしてたらしいけど、私は全然知りませんでした。今回の結婚報道で本当びっくりした。
それにしても魔裟斗って、あくまでも私のイメージだけど、すっごい美人のモデルみたいな女の人が好きで、そういう人と結婚するのかと思ってた。なので矢沢心さんというのはかなり意外でした。いや矢沢心さんも美人なんだけど、結構気さくなねーちゃん、という印象があるので。もっとツンと澄ました、プライドの高そうな女の人を選ぶのかと思ってた。
でも、魔裟斗はおそらくというか100%、浮気 (身体だけのね) するだろう、いや既に何度もしてるだろうから、自分がいい女だって思っててプライド高い女性だと絶対許さないだろうので、ああいう 「しゃーないなあ、もう」 と言ってくれそうな (あくまでも私のイメージ) 、矢沢心さんみたいな人が合ってると思います。ツンッとした女性を選ぶより、魔裟斗の印象も良くなりましたしね。




 あおり運転された車の3人が死傷

逮捕された容疑者の男は、無免許だったそうです。むちゃくちゃだ。
私も、明らかに車の流れを妨げる速度で走ってたり、何もないのにパカパカとしょっちゅうブレーキを踏む車には、パッシングしたり、時にはクラクションを鳴らすこともありますが、それは 「あなたの運転は、後続車に迷惑ですよ」 ということを分からせるためであって、決してその車に怖い思いをさせたいがためではありません。ですから車間距離は取った上でやりますし、それで後続車の存在に気付いて少しでも改まってくれればいいですし、変わらなければ、速やかに追い抜けばいいだけの話です。
今回の事件は、容疑者が無理な追い越しをかけてクラクションを鳴らされたためだそうです。仮にどんな運転をしてたとしても、執ようなパッシングやあおり運転をするのは明らかに 「異常」 です。

今回亡くなった娘さんは本当にお気の毒です。加害者の男がどれだけの罪になるかは分かりませんが、重くても危険運転致死傷罪とやらで、刑務所 (それも交通刑務所) に入るのもほんの数年でしょう。個人的には、殺人の罪でもいいくらいだと思うのですが。




 
2/14

 「NANA」  40話

しばらく感想書かなかったけど、毎週観てます。セリフの言い方や言い回しなどが相変わらずしっくり来なくて、満足度は低いですが。

それにしても、すごい勢いでアニメが原作を追い上げてますね。毎週放送されてるから当たり前だけど。もう10巻目が終わってしまいました。
原作を追い越してオリジナルのストーリーになることはありえないだろうので、原作が先にか、遅くてもアニメと同時に終了するんでしょうね。寂しいなあ。




  2/16

 「花より男子2」 第7回

西門と優紀のことははっきりいってどーでもいいんだけど (笑) 、滋の出番がなかったので、切ない気分にならずに済んだのが良かったです。最後にちょろっと出て来たけど、つくしが道明寺への気持ちを思い出してくれたから、百人力だぜ。




  2/17

 「金曜日のスマたちへ」

ゲストはジャガー横田さん、木下さん夫妻。
実は私は、この夫婦があまり好きじゃないのです。入籍直後の様子をたまたま当時の夕方のニュース番組で観たのですが、姓が変わってしまったことがたまらなく寂しくなったらしいジャガー横田さんが、
「お前に私の気持ちなんて分からないんだよ!」
と、なぐさめようとする木下さんを殴りつけたり突き飛ばしたりしていて、
「寂しいって気持ちは分からないでもないけど、全国放送されるテレビカメラの前で、夫をこんな風にしなくてもいいのに。何も無理やり政略結婚させられたとかじゃないのにさ」
と、木下さんを気の毒に思っていたのでした。
しかしその後、木下さんが 「男が家事をやるなんて、格好悪い」 という考え方で、一切家のことを手伝わないという話を聞いて、「うわーヤダ」 と、木下さんのこともあまり好きじゃなくなってしまったのです。

2人でテレビに出てる様子を見ても、「この2人、本当に愛し合ってるのかなあ」 なんて思っていて、なのでジャガー横田さんが妊娠したことを聞いた時には、失礼ながら驚いたりもしてました。
でも今回、体外受精が失敗した時のメールのやり取りや、自然妊娠が分かった時の様子を観ていて、ああ、やっぱりお互い愛し合ってるんだなあ…と、少し好意的に見れるようになりました。 (少しかい)

ただ、最初結婚に反対していた木下さんのお母さんが、家を訪れて孫と初対面した時、
「最初は反対してましたけど、今はいいお嫁さんだと思ってます。こんな可愛い子も産んでくれたし…」
と言っていたのですが、その時ふと、
「子供 (それも跡継ぎになる男の子) が産まれたからこう言ってるけど、もしずっと子供が出来なかったら、『だから反対したのに』 と思ってたんじゃないのかなあ」
と勘ぐってしまいました。まあ、現実には無事に男の子が産まれたのだから、わざわざそんな仮定をして、ひねくれた想像をする必要はないんですが。
ただ、とある議員の 「産む機械」 発言がものすごく槍玉に上がってますが、嫁のことを同じように考えてるお姑さんはわんさといるだろうになあと思うのです。 (うちじゃないっすよ)





  2/18

 「人間! これでいいのだ」

再犯を減らすため、刑務所の囚人服を可愛いピンクにしたり、子供の好き嫌いをなくすために 「当たりニンジン」 を作るなど、 「そんなことで効果があるのか!」 と驚いてしまう事例が多々あり、すごく面白かったです。

中でも感動したのは、壁やドアを全部取り払い、オープンスペースにしている小学校です。開放感があるので子供達のストレスも軽減され、教室の区切りがないので、他の教室への行き来もしやすくて友達が増え、いじめもなくなったそうです。
壁やドアがない学校というのを初めて見たんですが、ものすごく開放感があって、 「おおう、明日から全ての小学校はこうしろしろ!」 とめちゃくちゃ感動しました。掃除もラクだし、すごくいいと思います。





 「スタ☆メン」 男性のトイレの仕方

洋式トイレでは、小でも座ってする男の人が増えている、というのをやってました。
実はダンナさん ・ Oくんも、家のトイレではそうだそうです。私はそんなこと全然知らなくて、
「よく男の人はトイレ汚すっていうけど、うちは全然そんなことないよねえ。さすがキレイ好きのOくん、しっかり真ん中を狙って、こぼさないようにしてるんだな」
と思っていたのですが、ある日何気なくそういう話になった時、
「だってオレ、座ってやってるもん」
とOくんが言うのを聞いて、驚いたもんです。
ちょこんと座って用を足してるOくんの姿を想像すると笑っちゃいそうになるものの、そのおかげでトイレが汚れないでいてくれることを思えば、ありがたいです。

太田さんとか他の男の人は、
「トイレくらい、立って男らしくやらせてくれ!」
と力説してましたが、だから掃除をちゃんとやれば奥さんも文句言わないんじゃない?
現実的な後始末は奥さんに押し付けて、「男だから」 と、男のプライド (?) とか男らしさ (??) だけいっちょ前に吠えるのは、はっきりいってタチが悪い。

私は女だから分からないのかもしれないけど、たかがトイレで座らされるだけでぎゃあぎゃあ騒ぐこと自体が、「男らしくない」 気がするんですが。




  2/19

 東京マラソンに3万人が参加

うちの県内のマラソンによる交通規制でも、「不便だなあ」 と感じるのだから、東京はさぞかし大変だったろうなと思います。でも批判的な意見はあまりなかったのか、報道されていないだけなのかは分からないけどあまり聞きませんね。今のところどうやら第2回以降も開催されることになりそうです。
しかし寒いし、雨降ってたのに、よくやるなあ〜。病院に運ばれたり亡くなった方もいたみたいですし。

それにしてもスタートの映像は、ものすごい人でしたね。よくもまあ、誰か転んで将棋倒しにならなかったものです。
でもそうなる危険はあるのだから、来年からは、横何列ずつかを紙テープで区切って、数秒差でスタートさせるとか、何か対策を取った方がいいのでは。





  2/20

 「笑っていいとも!」 面白くないコーナー

ゲストが思い出の場所を紹介するんだけど一つはウソで、どちらが本当かを当てるコーナーがあるんですが、これがはっきりいってあまり面白くない。話してることのどちらかがまったくのデタラメだと思うと、真剣に聞いてるのがアホらしくなりません?
ただでさえそうなのに、今日のゲストは神田うので、「婚約者と初めて会った場所」 という、クソほどにどうでもいい、0.1%も興味ねえーーーことだったので、観るのやめました。




   「今週、妻が浮気します」 第6回

なんでみんな陶子の味方なわけ!?
春木の奥さんはちゃんとした人ですね。「ご迷惑かけてすみません」 ってきちんと頭を下げて…本来なら、春木がそう詫びるべきじゃないのか、ええ? いや詫びてたけど、態度が偉そうだったから、ちゃんと謝ったって印象がないんだよな。
しかも奥さんは子供が出来ない体らしく、一生懸命尽くしてたのが却って居心地悪かったのかも、みたいなこと言ってたけど、妊娠できないって女としてすごくコンプレックスだと思うし、それを埋めるために必死で尽くしてたのに、やりすぎだったのかも…と自分を責めちゃうなんて、切なすぎます〜 (涙)

奥さんに話したことを、陶子は、
「傷つけなくていい人まで傷つけた」
と批判してたけど、そもそもの元凶はお前らだろうがっ!

ハジメのお母さんも、実は私が浮気したんですと話しても、
「あの子に欠けてる物があったからなのかも」
てなことを言ってたけどさあ。世の中、完璧な人間なんていないんだから、そんなこと言ったら誰もが浮気していいってことになるんじゃないの。

挙げ句の果てには陶子が離婚届用意してたけどさ。あのー、おたく、訴えられたらボロ負けして慰謝料取られるんだってこと分かってます? 慰謝料払う気あんの? 子供も親権もらえなくなるかもしれないのにそれでもいいの?
何考えてんだか…




   「ヒミツの花園」 第7回

マンガのドラマ化って、確かに今、多いですもんねー。
ドラマや映画化された中には、 「ストーリーが全然違うじゃん!」 とサギにあった気分になる作品もあるけど、ああいうのって、原作者である作家さんはどう思ってるのかなあってつい考えてしまう。反対できなかったのか、全く別モノと割り切って好きにさせたのか、下世話な話だけど、お金なのか。
ということばかり考えちゃって、本編は、結構どーでも良かったりして。




  2/21

 「徹子の部屋」

「浜崎あゆみ」 でキーワード登録してあるので、出演してる番組は自動的に録画されるため、 『徹子の部屋』 を初めて観ました。
黒柳徹子という人はもちろん知ってましたが、今回じっくり話すのを聞いて、うわあ…と思いました。
自分の話ばかりガーッとして、相手が引いてたり、興味なさそうにしてても気付かない。また風邪気味なのか、何かを言った後、必ず 「ズーッ、ズーッ」 と鼻水をすすっていて、ずっと観てたら胸が悪くなって来た。大先輩なため、「はい、はい」 と必死に話を合わせてる浜崎あゆみさんが気の毒になっちゃった。
面白かったらCDにダビングするんだけど、これは速攻削除しました。




  2/23

 「花より男子2」 第8回

私ならつくしより滋を選ぶかも…と思ってしまった回でした。
「絶対別れない。私にも作戦がある」
と食事会の前に言い出した時は、さすがに 「もー、いい加減にしなよ。そんな無理やり結婚したとしても、嬉しいわけ?」 と思ったのですが、
「結婚はやめさせて下さい。私のわがままなので、合併の話は進めて下さい」
と自分が悪者になって、でも道明寺家のことは考えてあげて。くー、いい女だあ、滋!
月並みな言葉だけど、アナタならきっともっといい男が見つかるよ!




  2/25

 安倍総理、拉致被害者5人と面会

総理就任後初めての面会らしいです…遅!
それに面会するなら、まだ帰国されてない被害者のご家族の方とするべきなのでは? 今後の対策や 方針を報告したり、意見や要望を聞いて検討材料にしたり、話し合うことはいくらでもあるはずなのに。
あんなテレビカメラがたくさんいる前で、立派な部屋に通して…正直、ただのパフォーマンス にしか見えませんでした。

それにしても、久し振りに拝見する5人の方の表情が、ひどく疲れて見えたのが気になります。特に 蓮池薫さん。
「自分達だけ帰って来て!」 などの心ない中傷がまだ続いているのでしょうか…
地村さんは、
「政府の方々にはこれまで通り、全力で頑張って頂きたいです」
というようなことを言っていて、政府なんて全然何もやってないと言ってもいいくらいなのに、気を 遣ってそんな風に持ち上げた発言をしなければならない状況にあることがひしひしと伝わって来て、見ていて辛いです。




  2/26

 「笑っていいとも!」 奥田民生と井上陽水

テレフォンゲストの奥田民生さんについて、井上陽居んも突如ついて来て、会場は大盛り上がり。タモリさんも知らなかったらしくびっくりしてました。
でもおかげで話題は陽水さんに行ってしまい、奥田民生さんも元々あまりしゃべる人ではないのか、その後も陽水さんの方がよくしゃべって、カメラにもたくさん映ってました。私はそうじゃないから別にいいけど、奥田民生さんの大ファンで、今日を楽しみにしてた人なんかは、つまらなかったんじゃないかと気になってしまいました。
でも、民生さんが、
「2人とも芸能人オーラがあまりなくて、人に気付かれない。でも陽水さんはしゃべると、例えばコンビニで 『シャンプー』 って一言でも言うとバレる」
と話してたのが面白かった。




   「東京タワー」 第7回

このドラマの主人公は、雅也でなくお母さんであると確信しました。倍賞美津子さん、いいっ!
雅也がすぐ後ろに立ってれば、普通気配で気付きそうなもんですが (笑) 
手術しても声が出なくなると決まったわけではなかったのね。良かったです。




  2/27

 「笑っていいとも!」 洗濯は水が少なくていい?

テレフォンで加藤晴彦さんが、
「最近の洗濯機ってスゴイですよね。水はほんのちょっとでいいんですもん」
と話してるのを聞いて、ええ、そうなの? とかなりショックを受けました。うちの洗濯機にももちろん、洗濯物の重さを計って水の量を決めてくれる機能がついてるのですが、「明らかに少ないだろ!」 という水量で、あったま悪いんじゃないの〜もう、といつも自分で設定していたのです。でもひょっとして、あの水量でいいのでしょうか? なんか、キレイになる気がしないんですけど!
ただ加藤さん家のはドラム式で、うちのはタテ型なので、やっぱり水が少ないとダメなんじゃないか、と思うんですが。ドラム式の洗濯機が欲しくなって来ました。




   「今週、妻が浮気します」 第7回

ハジメも浮気したことあるのかよ!
はあ、バカバカしい。一気に、もう勝手にすれば〜? という感じになってしまいました。

それに、元浮気相手の女がかなりウザイ。あのキャンキャンした声、バカっぽい、というかバカそのものな言動。さすがに、小説書いてる時は別人みたくパキッとした口調だったけどね。
結局このウザイ女は結局あまり意味がなく、終わり頃には、また最初の展開に逆戻り。
陶子の言うことは分からないでもないけど、「それならそうと、こんなことになる前に話せば良かったじゃん」 とやっぱり思うんですが。言わなきゃ分かんないんだから。
ハジメだって、自分なりに陶子に協力してる、助けてあげてるって思ってやってたんだし。 (ゴミ捨てと子供の送り迎えだけだったらしいけど。それだけじゃ足りないよなー)
それに、陶子は自分のことばっか言ってるけど、ハジメだってひょっとしたら仕事の悩みとか大変なこととかあって、必死に頑張ってたかもしれないのに。

「そんなこと? これだけ話してもまだ分かんないの! だったらいい!」
と、その場でかんしゃく起こして話を終わらせてしまうのも、大人のくせに短絡的すぎ。ハジメは今までぜーんぜん気付いてなかったんだから、話してすぐに、 「ああそうだったのか」 とサクッと理解するのは無理でしょうが。まあ、それだけ陶子も一杯一杯だってことなのかもしれないけど。

とにかく、もっと話し合おうよお〜2人とも、と、それだけっす。




   「ヒミツの花園」 第8回

核心に迫って来ましたね〜。
陽は、兄弟がバラバラになることを予感してるかのような言動を取るし、「15年前のこと」 というキーワードも出て来たし。
どうやら陽は、他の兄弟たちと血が繋がってないみたい? そしてそれを知ってるのは、航と陽本人だけらしい…修は知らないんですね。そういうキャラだもんなあ (笑) 




  2/28

 「ザ ・ ベストハウス123」 太ったネコは動物虐待じゃないのか

世界の太ったネコベスト3を紹介していて、何キロなのかは忘れたけど、とにかく異常な太っていた。みんな、「可愛いーッ!」 などと歓声を上げていたけど、どこが可愛いんだ。ここまで太ってると当然体にも悪いだろうし、ここまでいくと動物虐待と言ってもいいんじゃないの? 獣医さんやムツゴロウさんの意見を聞いてみたいもんです。




  3/1

 「ダウンタウンDX」

出川哲郎とキャイ〜ンのウドちゃんがプライベートで車の中にいたら、チーマー達が車を揺らして来たので、ウドちゃんが出て行って、
「オレは先輩 (出川) を、命をかけて守らなきゃならんのじゃ! 謝らんかい!!」
と、チーマー20人に囲まれても一歩も引かなかった、という話をしたら、会場は 「カッコいいーーー!」 とウドちゃんを称えてたけど、これってカッコいいのか!?
チーマーって、要はガキのチンピラでしょ。ウドちゃんも出川さんも確かもう40歳くらいだったはずだけど、いい年して、そんなガキ達と同レベルで張り合うなんて、かなりみっともないと思うんですが。
1人イカレた奴がいて、ナイフでブスッと刺されることもあるかもしれないってのに、そういうことも考えないのは、芸能人としての責任と自覚も足りない気がする。




 国際線の機内持ち込み制限

先月サイパンに行った時、渡航先がアメリカの場合は既に規制されてて、一足先に、水とワセリンとライターを取り上げられて来ました。 (とほほ)
今日から全て対象ということで、かなり混雑してました。きっと中には、
「ただの水だっつってんだろ! 飲んでみろよ!」
とか、食い下がってイチャモンつける人もいるだろうから、職員の人達は大変でしょうね。実際に液体を使ったテロリスト未遂があったんだから、規制は仕方ないと思うんですが。

「何が液体か分からないんで〜」
と困ったような顔をした若い女性が映ってたけど、この人は日本から出ちゃいけないと思いました (汗)



 
3/2

 

楽しいデートの様子が、
「あー、これが最後の (?) デートになっちゃうんだなー」
というのが分かって、見てて切なかったよう。

相手のことを思って (いると勘違いして) 身を引く、っていう考え方は大ッ嫌いなんだけど、つくしの場合は無理ないかもなあ…と思っちゃいましたよ。親友のお父さんの会社まで影響を受けるって知っちゃったら、とても平然とはいられないよね。
ただ思ったのが、今さらつくしが身を引いても、道明寺財閥のピンチは変わらないんじゃない? 滋との結婚話がまだ生きてるならまだしも。まあ、つくしという邪魔者がいなくなったら、また新たな政略結婚を計画するつもりなのかもしれないけど。

自殺したはずの男の人が生きてたよ!
普通に考えると、道明寺を操るために自殺騒動を楓が仕組んだ…ってことですよね。
しかしだとしたら、死んだはすの男をのうのうと道明寺と同じ東京に住まわせてるなんて、楓、うかつすぎ (笑) 



 
3/3

 宇多田ヒカル離婚

離婚しちゃったことも驚いたしなんか寂しかったんですけど、発表のタイミングにおやっと思いました。宇多田ヒカルさんって、結婚の時も確か、金曜の午後だか土曜だか、とにかくワイドショーが休みの週末に発表したんですよ。もちろん週が明けて月曜になったら、ワイドショーは慌ててこぞって取り上げてたけど、「もうみんな知ってるよ」 という状態だし、完全に二番煎じのような雰囲気だったのです。宇多田さんクラスの芸能人としては、かなり静かに乗り切ったという印象でした。
今回もそうなのかなあ…となんかそれが一番気になっちゃった。そうだとしても、別にいいんですが。



 
3/4

 「東京タワー」 第8回

「母親を1人にはしておけない」 って、そんなこと子供は考えなくていいのに〜って思っちゃった。考えなくていいってことはないけど、親は子供に気を遣われるなんてことは望んでないんじゃないかなって。

それに雅也、バスに追いつけなかったからって、なんでそこで諦める? 実家の住所でもなんでも調べて、会いに行きゃいいじゃんか。もう。



 
3/5

 「今週、妻が浮気します」 第8回

やっと陶子が責められてちょっとスッとしました。実の父親は、さすがに浮気した娘を許しませんでしたね。
でも、仕事も育児も一杯一杯でこなしてる陶子は、同姓として同情しちゃいました。
同時に、力が可哀想だなとももちろん思ったし。 「子供には罪はない」 とよく言うけど、本当ですよねえ…大抵の子供は両親ともに大好きなんだろうし、親の都合で、どちらかと離れなきゃいけなくなるなんて、切ないなあ。



 
 「ヒミツの花園」 第9回

やっぱり陽は他の3人と血が繋がってなかったんですね。
でも航の、
「お前は本当の弟じゃないんだ」
という言い方は、これまで 「兄弟」 として一緒に暮らして来た事実も否定してるみたいで、もうちょっと考えろよーと思ってしまった。 「血は繋がってないけど、弟だ」 って風に言って欲しかったなあ。

それにしても、4兄弟の広いマンションのシーンの後に、夏世のアパートが映ると貧乏くさくって (笑)  あれがアパートとしては普通なんですが。



 
3/6

 「笑っていいとも!」  珍しいペット

珍しいペットの値段を当てるというコーナーをやっていたのですが、 「珍しいペット」 と聞いただけでイヤな気持ちになりました。生態や習性や病気の治療法もよく分かってない動物を飼うなんて、人間の自分勝手な見栄とエゴでしかない。
出て来た動物は、ゾウガメ、ナマケモノ、なんとかザル、ペンギン、でっかいオウム (インコだっけ?) 。
ゾウガメの平均寿命は150年だそうで、どうやって飼うんだよ! 親子3代に渡って面倒見る気か? 人間よりも寿命の長い動物を 「ペット」 などと扱うこと自体おかしいし、無責任極まりない。
ペンギンだって、クソ暑い夏がある日本で、こ狭い風呂場で一生過ごさなきゃならいなんて、ほとんど拷問だし。
動物達を見て、 「カワイーイ!」 とレギュラーも観客も無責任にキャーキャー歓声を上げてたけど、私は、狭いオリの中で一体何時間前から待機させられてたんだろう、こんな強いライトとうるさい歓声で、体ツラかったりビックリしてるんじゃないのかな、とそればっかり気になって仕方なかったです。



 
3/7

 ドリカム 「大阪LOVER」

なんて可愛い歌なんでしょう! 特にドリカムの大ファンってわけではないし、この歌も、すごい好きになったってわけではないんですが。でも初めて歌詞を聞いた時、ものすごく女心を表していて、可愛くてちょっと切なくて、めちゃくちゃ可愛い曲だと思いました。共感できる女性は多いんじゃないでしょうか。
んとにねー、プロポーズしてやれよ彼氏、と後ろからどつきたいです。




  3/9

 「花より男子」 第10回

ぐわー、ムカつく、あの女! 名前なんだっけ、うみ? 海だか膿だか知らねーが、しゃしゃり出て来てムカつくんだよッ!

ようやく再びうまくいきかけた所だったのに、なんと道明寺が記憶喪失 (障害) ! しかしベッタベタな展開ですなあ。さすが昔の少女マンガ (笑) 記憶喪失なんて、そうそうならねーっての。
そこへ現れたのが、一見気さくでいいコそうな膿、じゃなかった、海。コイツがクセ者ですわ。
花沢類が、初対面の時にあいさつもしないでプイッと行っちゃったのは、まさか一目で見破っていたのか?
「無理に思い出さなくったっていーよ!」
と言う海に対して、
「部外者は黙っててくれないかな」
とピシャリと言った時は、おー、もっと言え言え! と思ってしまった。
記憶喪失の人間に 「思い出せ」 とか 「頑張れ」 とか言っちゃいけないらしいけど、道明寺には私も言いたい! 思い出せ! ( ← おいおい)

クッキーが枕元にあって、道明寺が目を覚ました時に病室にいたのが海だった時、あーマズイ、と思ったんだよなあ。
思った通りの展開で、 クッキーは海からだと勘違いしちゃった道明寺。というか、海がそう思わせるように仕組んだんだけど。
ああ、ムカつくわ、コイツ!

…なーんてね。最終回はつくしのことを思い出してハッピーエンド、となるだろうので、実はぜーんぜん心配してないんですけど。ケッ今だけだよ、せいぜい勝手にやってろい、という感じです。ほーほっほ。 ( ← 楓かオマエは)



 
3/12

 「東京タワー」 第10回

抗がん剤を投与するかどうかの選択って、
「自分ならどうする?」
と聞かれたけど、どの程度の病状なのかにもよるし、何より、実際にその立場になってみないと分からないですよね。私なら、どうするかなあ…

お母さんは、雅也の言われた通り、抗がん剤を投与することにして、吐き気や抜け毛など、苦しそう…
見てる雅也も確かに辛いと思うけど、でもさー、病室まで行って引き返して、
「見舞いには行かない」
ってのはどうよ? アンタはそうやって病室からくるりと出て行けば済むけど、お母さんは逃げることもできず、ずーっと苦しみながら闘ってるんだよ? それも、アンタのためにだよ! と私も頭をハタきたかったわ〜。

「抗がん剤、やめよう」
って抱き合って背中をさすってあげた時は、さすがに切なかった。2人とも、どんな気持ちだったのかなあ。



 
3/13

 「今週、妻が浮気します」 第9回

結局、陶子もまだハジメのことが好きなのね。
じゃああんな簡単に離婚届出して来るなよ、とちょっと思うのですが。

「長い人生からしたら、浮気の事実なんてちょっとしたこと」
みたいなことを玉子が言ってたけど、そういう問題でもないんじゃない? (笑)
他の人に触られた、抱かれたってことは、男性なら余計に、その都度思い出しちゃうと思うもん。
許せはしても、忘れられないだろうな〜。

しかしベランダで大絶叫してましたが、他の部屋に丸聞こえなのでは?



 
 「ヒミツの花園」 第10回

まさか盗作疑惑が出て来るとは。
でも、作品を造ってる人っていうのは、常にそういう疑いをかけられる立場にいるのかもしれません。本当に盗作したのか偶然の一致なのかは、よく検証すれば分かると思うんだけど。

航は気難しくて、ちょっと自分の殻に入りすぎだし、私はダメかな〜。私の好みはどうでもいいですか。



 
3/14

 「今田ハウジング」

いつもリフォーム後の部屋は、「すんごくいい! 私も住みたい!」 と思うんだけど、今回のしずちゃんの部屋はイマイチでした。しずちゃん自身も微妙な顔してた (?) し、どうだったんでしょう。
しかし家賃18万円くらいだったと思うけど、それたけ払えるってことですよね。スゴイなあ、とそっちに感心しました。




 「グータンヌーボー」

ゲストは乙葉さんと長谷部優さん、そして優香ちゃん。
乙葉さんと優香ちゃんは以前ラジオのレギュラーを一緒やってたとかで、初対面の長谷部さんが来てからも、ほとんど2人でしゃべっていたのがすごく気になった。

以前、藤井隆さんが番組にスタジオゲストで来た時にやった心理テスト (オリの中に入ってる動物を想像して、習性を3つ挙げる。それが実は自分の本性だというもの) の話を持ち出して、
「私、おウチでやったの」
「何だった?」
「私はパンダ。普段寝てる、ずっと動かない、飼育員にしかなつかない、っていう」
「あ〜合ってる!」
「優香ちゃん何だったの?」
「私なんだっけなあ」
と、完全に2人だけで話していた。どんな心理テストだったのか、それが何を意味するかの説明も一切なくて、当然長谷部さんは何のことだかさっぱり分からず、ウンウンと無言でうなづきながら2人の顔を見比べているだけ。簡単な心理テストなんだから、
「あっちょっと待って、長谷部さん、オリの中に動物がいるとして、何だと思う?」
と話を振って、一緒に話を進めてあげればいいのに。

その後も、結婚生活の話とかしてたんだけど、2人とも長谷部さんの方をほとんど見ずに話してて、
「ちょっとちょっとお」
と思ってしまった。乙葉さんも優香ちゃんも、人当たりが良さそうで好きだったんだけど、
「何て気遣いの出来ない女なんだっ」
と、ちょっと印象悪くなってしまいました。

少し後になってからは長谷部さんにも話題を振り、それからはちゃんと3人でしゃべってましたが。




 「NANA」

前々回からだっけ、美雨が登場してますが、しゃべり方が幽霊みたい。不気味すぎ。今回は少しはマシでしたが…
でもそういえば、美雨ってブラストが初出演したTV番組をこっそり録画してたんですよね。ノブに 「美雨」 と本名で呼ぶと言われた時も嬉しそうだったし、この時はノブのことが好きだったんじゃないかな。年下でそんな風に見られない、とは言ってたけど…元カノ (奈々) が忘れらないのに、百合の誘惑に押されてたのに対してあれだけイラついてたのも、好きな感情があったからじゃないかと思うし。




 ナントカ還元水に年間500万円

これとにかくムカつくんですけど!
500万っていったら、普通の会社員の年収くらいですよ。それを4年間で2千万って! しかも、これはナントカ還元水って名目の分だけで、コイツは他にも絶対やってると思う。ふざけた答弁ばかりしてないで、いいからとっとと耳を揃えて全額返せよ! と言いたい。
それを養護する安倍総理も、「何なのこの人?…」 だし。
追求してた民主党でも不正が明るみになって、追求が弱腰になってるけど、はっきりいって政治家はほとんど全員同じようなことやってるでしょ。

もう、もうもう、一度国会議員全員クビにしようよ!
本気でこの国を良くしようって熱意のある真っ直ぐな人って、絶対にいると思うよ。その人達に任せようよ!
松岡たちのやってることって、はっきりいって犯罪でしょ。真面目に働いてる人 (国民) のお金を騙し取ってるんだから、オレオレ詐欺やってるヤツらと何ら変わらないじゃん。何で警察は捜査しない (できない) の?
ただでさえ高い給料やら手当てやらもらってて、住居も優遇されてて、その上サラリーマンの年収くらいの金額をバカスカかすめ取ってるなんて、マジやってらんねえ。ふざけんなっつーの!!!



 
 アメリカが北朝鮮への経済制裁を解除

せっかくだいぶダメージを与えた所だったのに、なぜ解除してしまうんだろうと残念でなりません。
あるラジオの解説を聞いていたら、「ブッシュ政権があと2年半 (だったかな) なので、何か外交 で成果を収めなくてはいけないため」 とのことでしたが、そうなのでしょうか。
日本の拉致問題について、横田さん夫妻がブッシュ大統領に面会したり、映画が製作されたりなどし て、関心が高まってきたと心強く感じていたのですが、やはりまだまだ 「核」 と同列に扱ってくれ るまでにはいってないことを思い知らされました。

北朝鮮は日本との二国間協議も、午前中だけ形だけ 「やった」 ことにして、午後は打ち切り。相変 わらず 「拉致問題は解決済み」 と同じことを言い続けているし、完全になめられています。
麻生外務大臣は、
「一定の成果はあった」
などと言っていますが、これのどこが!? と政府の対応にも相変わらず呆れるばかりです。
何年間も全く進んでない状態で、北朝鮮が同じことを言い続けているということは、変わらず日本 をナメている、全く相手にしていないという証拠です。それが分かったことのどこが 「成果がある」 のか。

拉致被害者の方もご家族の方も、ヨボヨボのおじいちゃんおばあちゃんまでに取り戻せばいいという ものではないのに、なぜそんなにのんびりしていられるのか全く理解に苦しみます。蓮池透さんが 『奪還 第二章』 の中で書いていたように、被害者やそのご家族が死に絶えるのを待ってるじゃな いだろうな、と思えてなりません。



 
3/15

 「天才! 志村どうぶつ園」  犬捕獲でキャーキャーいう女タレント

バリ島で、野良犬を捕獲して感染症の予防や栄養剤の注射を行っているボランテイア団体に、名前忘れたけど女性タレントが同行取材することに。
マラソンが得意だからということで選ばれたらしいのですが、何の説明もされないままいきなり犬を捕獲する現場を見せられ、
「エッ!? 何? 何?」
と、捕獲して注射する様子を半泣き状態で見つめていた。
事情を把握した後、自分も捕獲に参加することを申し出たのはいいけど、怖がってるのか遠慮してるのか、結局何匹も犬を逃がしてしまう。
「鳴き声を聞くと、強く網をかぶせられない」
とのことで、
「もう帰れよオマエ」
と思いました。

その後、ひどい感染症の犬が捕獲されて、
「ここまでひどいと治らない」
とのことで、他の犬にうつらないよう、この場で安楽死させることに。安楽死と聞いて 「エッ!」 とものすごく驚いて、ショックを受け、その後も、
「どうして殺しちゃうのかも分かんないし…かわいそう」
と泣いていた。だから他の犬にうつさないためだっつってるだろうが。
というか、治療が手遅れになってしまったこの犬は、アンタがさっき何匹も逃がした犬の将来の姿かもしれないってこと分かってる?

犬がキャンキャン鳴くから可哀想、網で強引に捕獲するのは可哀想、痛い注射するのは可哀想、といううわべだけのクソ甘い感情にはゲンナリです。
その後は腹を決めて頑張って捕獲してたけど、その前に何匹も逃がしてしまった犬はどうしてくれるんだ。
犬の命がかかっていて、ボランティア団体の人達が体を張って必死でにやっている中に、TV番組のためにあの女タレントを乱入させて邪魔させる必要がどれほどあったのでしょうか。



 
3/16

 「花より男子」 最終回

クッキーを食べて、忘れている恋人は海じゃないと気付く道明寺。よーしよし。

つくしが遭難したかもと聞いて、記憶より先に体が勝手につくしを探しに行くし、すごい本能。ほとんど動物。でも、いいぞいいぞ!
つくしのことも思い出して、翌朝にはすっかり道明寺節全開だし! (笑)  これでもう聞き納めだからとばかりに炸裂してましたな。満足です (笑)

あの自殺未遂のオジさんのおかげで、つくしが道明寺財閥の再建の力添えになり、楓も認めざるをえなくなったし!
現実には絶対ありえねー少女マンガならではの展開、いいぞいいぞう!

そしてラスト。遅刻したつくしを、みんな待っててくれて、みんなお祝いしてくれました。滋ちゃんもいましたね。
実は私、このシーンを最初に観ちゃいまして。他局でロードショーを見終わってチャンネル替えたら、ちょうどこのシーンで、ありゃーと思ったけど、どのみちハッピーエンドになることは分かってたし、そのまま観てたのでした。

「お父さん、結婚してください!」
とつくしのお父さんに言っちゃって、お父さんも、
「はい」
と答えちゃってるし。おいおい (笑) 

でもプロポーズしたなら、結婚式まで見せて欲しかったなあ。どうせ回想シーンでやったんだから、続けて収録しといてくれれば良かったのに。




 脇見運転で小学生死傷の運転手に懲役5年

遺族は危険運転致死傷罪の適用を求めていましたが、業務上過失致死傷罪の最高刑にとどまり、
「無罪にも等しい」
と話しておられました。
これは判決は難しいなあ、と思ってました。運転手は飲酒やものすごいスピード違反をしてたわけではないし、脇見となるとただの不注意になってしまう。でも結果として、4人もの子供が亡くなってしまうという惨事になっているわけだし。

でも、ある個人サイトの方が、
「園児達は道路を左側通行していた」
という事実を載せており、何か理由があって右側通行が出来なかったのかどうか分かりませんが、右側通行していたら事故に巻き込まれなかっただろうことを考えると、園児達 (保育士たち) にも過失があったことになるのかもしれません。

ただ、やはり脇見運転というあってはならない理由で4人もの子供の命を奪ったことを考えると、5年というのは軽すぎるように思います。

またこの運転手、
「刑期を終えたらまた自動車を運転したい」
というような発言をしたそうですが、遺族の前でこんなことを言うなんて、どういう神経なのでしょうか。
自分の横着な運転で幼い子供達を4人も殺してしまった事実を考えれば、遺族に対して、
「もう一生、2度と運転はしません」
と誓うのが当然だと思うのに。



 
3/17

 「華麗なる一族」 最終回

鉄平は大介の息子だった!
戦時中の血液検査では間違いがよくあった、というオチだなんて。
しかも鉄平の死後分かるなんて…

でも、これまで大介も寧子も祖父 (父親) の子だと思ってたってことは、関係はあったわけですよね? たまたま大介の子だったってだけで、それでいいのか?

相子はどうするんだ、コイツを何とかしろッと思ってたら、手を切りましたね〜、良かった。
精一杯強がってたけど、部屋を出たら泣き崩れてましたね。ざまあみろだわ。

ハッピーエンドが好きなので、後味はいまいちでした。



 
3/18

 「スタ☆メン」  ロリコンについて

最近、中学生や小学生のグラビアが出てるというのは聞いたことありますが、番組でボカシの入ったそれらの写真をいくつか映していて、胸がぺったんこの女の子のビキニ写真もありました。発育が良くでボインな子なら100歩譲ってまだ分かるとしても、こんなもんで欲情するのは完璧に変態ですな。

スクール水着で体育座りしてる写真や、縦笛を吹いてる口元の写真もあったけど、こういうのを見てうっとりしたり、興奮したりしてるんだと思うと本気で気持ち悪い。
47歳の男が、
「中学生くらいのコ、いいですねー。好きです」
と言ってたり、20代の男が、
「 (ロリコンは) 悪いことだとは思わない。年上好きな人がいるのと同じで、年下が好きな人もいて、それで平均になってるんじゃないですか」
と偉そうな口調で言っていた。 (オタクってこういう言い方する人多いよね。自分が正しくて、それを分からない周囲の人間の方がバカなんだ、みたいな)

ロリコンってのは、年上好みってのとは全く違うと思うんだけど。その年代じゃないとダメなわけだから、仮に付き合ったとしても、その子が成長しちゃったら冷めるわけですよね。その子自身じゃなく年齢が好きという時点で、それだけ見てもまともな恋愛ではないし。

外国でもロリコンは日本と同じくらいの割合でいるらしいけど、子供達を保護するため、こういうグラビアなどは一切ないそう。日本もそうすべきだと思います。コメンテーターの橋下徹さんも言ってたけど、ロリコンってのは異常なことなんだから、それがまかり通るような風潮にしてはいけないと思う。



 
3/19

 「笑っていいとも!」  利き手について

テレフォンゲストの紺野まひるさんが、左利きなのだけど、ボールを投げるのと洗い物をする時のスポンジだけは右なんです、というのを聞いたタモリさんが、
「えー! それって変だよ! おかしいよ!」
とすごく驚いていて、私はそれ以上に目的によって利き手が違うのですが、これってやっぱりヘンなんでしょうか!? (ちなみに私はボール投げは両利き、洗い物のスポンジは右です)



 
 「東京タワー」  最終回

言っていいですか? 速水もこみちの演技がヘタで、全ッ然感動しやしませんでした! (笑) 

お母さんが息を引き取って、雅也が泣いてすがりつくシーンも、演技のヘタさに呆然としてしまい、はっと我に返って、ダンナさん ・ Oくんと、
「ヘタだねえ〜」
「ねえ。全ッ然感動しないんだけど」
と言い合ってました。
やっぱり主人公はオカンだったなあ、と。賠償美津子さんはやっぱりスゴイ。

結局、彼女ともヨリを戻さずじまいだし、雅也は最後までシャンとしない奴だったなあ。




 「あいのり」 なぎさ告白

ここの所観てないんだけど (理由はこちら) 、予告がなんか面白そうだったので観てみました。
なぎさって、キツイこと言ったりワガママだったりしたコだよね? 予告で観ただけで、あーこりゃムカつくなーと思ったから本編は観てないんだけど。
だから告白がうまくいこうがいくまいがどーでも良かったんだけど、相手のISSYも同時に告白しようと決めた、というのが面白かったです。
こういうパターンって初めてですよね。サキとドボクンは、告白されたドボクンは大喜びしてたけど。
結果が分かってる告白ってのもいいもんですね (笑)
ナレーターの、「OKだったらキスして帰国、YESだったらキスして帰国」 ってのも笑えたし。

しかしISSYの返事の仕方、ドラマの見過ぎ! 冷静なこっちは恥ずかしいってば…
キスする過程が慣れてるって感じで、こういう人って女途切れなさそうだもんなーと思った。

あとなぎさ、まさかISSYも処女だとは思ってないだろうけど、「 (今までの人とは) 身体だけ」 っていうのはあまり何度も言わない方がいいと思います。リアルに想像しちまうだろーが! (しねーよ!)

このカップルが帰国後どれだけ長続きするのかは分かんないし、興味もないけど。 (なにせ途中を観てないもんだから愛着も沸かない)

地球2周目が終わって、これまでのシーンが紹介されてましたね。既に別れたカップルもいるだろうのに、いいのか? と思いながらキスシーン観てましたが (^^ヾ 
結婚したカップル7組、の後に、「離婚したカップル○組」 と言うんじゃないかと思ったけど言いませでしたね (汗)  関ちゃんと優香の他は、離婚した人がいるのかどうか知らないけど。みんなうまくやってて欲しいなあ。タカシとオグどうしてるだろー。
いきなり過去のシーン振り返るし、3月の終わりだし、一瞬番組終わるのかと思いました。けど、いつかは終わるわけで、その時のメンバーはどうするんでしょうね? 千ちゃんが合流する前みたいに、全員がリタイアやら告白やらして誰もいなくなった、ってな風になればいいけど、そんなうまくいくわけないし。

あいのり本9が出るんですね。今回ちょっと間が空いた気がするんだけど、そんなことない? 田上事件とかあったからかなあと思ってたんですが。
帰国後のインタビュー、田上はあるんでしょうか。見たくもないけど、番組側がどう取り扱うのか興味あります。
あいのり本はこれまで全部買ってるけど、今回は買わないつもりです。田上のこともあるし、MIEのスーザンへの気持ちは本物だと思うけど、芸能活動があからさまでいまいち何だかなあという感じだし。ヒデとかよの所だけ、立ち読みでじっくり読もうっと♪



 
3/20

 「今週、妻が浮気します」  第10回

結局離婚かよ!
つか、ハジメって自分も浮気したことあるくせに、妻の浮気は許さない (許せない) のかよ、とそればっか思ってしまった。
玉子が、
「女性が浮気したら男性は9割方許せなくて別れる」
と言ってたけど、男って本当に勝手だよなあ (-_-
よく男の人が、
「男の浮気は身体だけ。でも女の浮気は心も伴ってるだろー」
とか言いやがりますが、だから何なんだって感じです。セックスした事実は同じだろ。他の異性に触った、触られたってことが嫌なのは、男も女も同じなんだよっ。

ハジメの陶子への手紙は、内容は良かったけど、陶子のことを 「お前」 と何度も呼んでいたのがイヤだったわ。お前お前って慣れ慣れしいんだよ! 離婚してもう他人なんだから、ちゃんと名前で呼べ! つか夫婦でも名前で呼べっ。

花見のシーンはとにかく寒そうでした。
カイロもひざ掛けもないし、敷物も薄っぺらいペラペラのでお尻も冷たそうだし。飲み物は冷たいビールに、おつまみもおでんはなく、冷たい物ばかりって言ってたし…見てるだけで寒そうでしたよ。

今回が最終回かと思ってしまったけど違うんですね。
正直、もうどうでもいいんですが〜。




 
 「ヒミツの花園」  最終回

前半は結構どうても良くてながら見しちゃってました (^^ヾ

告白は、この2人 (というかこのドラマ) らしくて良かったな。でもウエディングドレスを着せた理由は結局何だったの?




 
3/21

 タミフルと異常行動の関連について否定を撤回、白紙に

なんかもう、人の命を何だと思ってるんだ! という一言に尽きます。薬害エイズやC型肝炎事件を思い出しました。
泣くのはいつも国民で、加害者である国や厚生労働省の人間はきちんとした処罰も受けず、役職についたままこれからも高給を取り続けるというのが納得できない。要は仕事をしてなかったんだから、即座に免職にして、今までの給料を返すべきでしょう。

毒と分かっててばらまき続けたんだから、やってることはオウムの麻原と変わらないと思う。なんでのうのうと偉そうな役職に居続けることが許されるのか、本当に分からないし、許せない。



 
3/22

 「カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW」

私の住んでいる県も、ある食べ物で取り上げられて嬉しかったです♪
みんなが 「えーっ!?」 と驚いていたのがビックリでした…そ、そんなに変わってる? って。
でも確かに、他の県のこと (何にでも砂糖を入れるとか、ラーメンとソフトクリームを同時に食べるとか) は 「ええ!?」 と思ったので、それと同じようにやっぱり他県の人から見ると変わってるのかなあ。
あ、でも、焼きそばにミートソース (トマトソースだっけ?) をかけて食べるのは、おいしいかもしれないと思いました! コンビニの定番メニューになってて、売り上げはNo.1だそうだし、県内だけとはいえそこまで食されてるんだからきっとおいしいんでしょうね。1度食べてみたいなあ。

でも思ったけど、スタジオの芸能人も、街中でインタビューした一般人も、自分の県のことを話してる時って、みんな嬉しそうなんですよね。やっぱりみんな自分の県が好きで、愛着があるんですね (^^ 



 
3/23

 横田滋さんが家族会代表を退任へ

家族会結成から丸10年となるのを機に、年内に代表を退任する意向を発表されました。

なんだか色々なことを考えてしまいました…まず、家族会が結成してもう10年にもなるのだ ということ。北朝鮮に拉致されたのだと知ってから、それだけ経ったのです。当時、家族会メンバーの中で若いからという ことで代表を引き受けた滋さんが、体力の限界を感じて退任しなければならない年齢になってしまったこと。
めぐみさんを取り戻すにはまだ時間が必要だと感じ、家族会の活動がまだ続くことを覚悟されて、後任に任せようと覚悟された 心情を察するとたまらないです。



 
3/24

 「カワズ君の検索生活」 家事ができれば嫁さんはいらない?

料理や裁縫など家のことは全部自分でできるという男性保育士の人に中尾彬さんが、
「そんなだったら嫁さんいらないだろう」
と言ったのを聞いて、
「家のことをやらせるために嫁さんもらうのかよ。嫁は家政婦じゃねえっつの」
と、ちっと思いました。

「子供は今のところいらない」
と私が言ったら、
「じゃあ結婚しなきゃ良かったじゃん!」
と言った知り合いの人と同じく、相手の人が好きだから結婚するって考えは彼らの頭の中にはないようです。家事をやらせるために 結婚する、子供を産まなきゃ結婚する意味がないってことですか。ああそうですか。



 
3/25

 夏川純、3歳の年齢詐称を認める

なんで詐称しといて自分からバラしたのかが分かんないんですが。年齢詐称については、
「別にいいじゃん。名前だって芸名の人もいるんだし、それと同じでしょ」
と言ってた人もいるけど、私はやっぱりあまり好きじゃない。ウソをついて人と接するのって、相手をバカにしてるような気がするんですよね。

でもまあ夏川純さんって言われてもどんな人だかピンと来ないし、どーでもいいやという感じだったんですが、今日、過去の 『グータンヌーボー』 を観てたら、夏川純さんがゲストの回があって、思わず会話を注意深く聞いてしまいました。
中学生の時はSMAP、高校生の時は坂口憲二さんが好きだったという話では、
「ウソの干支を覚えてるみたいに、 『この質問はこの答え』 と用意してるのかな。ウソつくって大変だよなー」
とか、
「いくつ?」
と聞かれて、
「23です」
と堂々と答えてるのを聞いて、心の中で 「ウソつけッ!」 と突っ込んじゃったり(笑)
でも番組を見返してみて、夏川純さんの会話の内容とかしゃべり方とか全て、23歳っぽくて、とても26歳には見えませんでした。わざと子供っぽく振舞ってたのかもしれないけど。本当、ウソつくって大変ですねえ。



 
3/26

 「笑っていいとも!」  坂下千里子のアドリブのなさ

あるキーワードについてヒントを出し、解答者がキーワードを当てるというコーナーで、解答者は森山未來くんと坂下千里子さん。
2問目の 「エイプリルフール」 というキーワードで、いくつかのヒントの後、2人とも分かった感じで、ガレッジセールのゴリさんが観念して、 「4月」 という自滅ヒントを出し、会場は大笑いでした。
2人はあっさりと正解してしまったんだけど、わざと外せば良かったのに。そしたらおそらく次のタモリさんは、 「1日」 って言っただろうから、もっと面白かったのに。 (久本雅美さんならやったろうな)
坂下千里子ってアドリブがきかないんだよなあ。芸人じゃないからそんなもんかもしれないけど。



 
3/27

 「今週、妻が浮気します」  最終回

何なんだ、こりゃ…

「現代公論」 廃刊の危機は、外で話してたオジさんが実は会長だった、という恐ろしくベタな展開であっさり解決。

部下の結婚パーティーでは、スピーチで語り出す。
あのー、私が新婦なら、こんなスピーチ、すっげえ迷惑なんですが。そんな話はパーティー終わってから2人でしろよ、と言いたい。
「やり直そう!」 とひしと抱き合う2人、会場からは拍手が。…っておいおい、誰が主役だと思ってんだ。
私がもしバイトでこの会場の担当だったら、このシーンも撮るのか? 撮っとかなきゃイカンのか!?

離婚するからと子供まで泣かせといて、あっさり復縁。だったらあんな簡単に離婚すんじゃねーよ。
別れて初めて気付くことってのもあるだろうけど、この2人の場合、簡単に離婚しすぎだもんなあ…
大体、陶子は浮気した理由 (ハジメへの不満) はもういいのか? ハジメは陶子を抱こうとすると浮気のことがフラッシュバックしてたのは治ったのか?

なんか、ドタバタするだけして、大した教訓もなく元通りって、視聴者ナメてんのか? とすら思った。
本当、面白かったのは最初だけだったわ。




 元モーニング娘の加護愛が喫煙でクビ引退

前にも喫煙が見つかっていて、謹慎中だったというのも初めて知りました。
しかし、喫煙ばかりが言われてますが、私的には 「18歳年上のプロデューサーと温泉一泊旅行」 というのがエロくて気になるんですが。
加護ちゃんって可愛らしい顔してるから、喫煙だの男性関係だのが似合わなくて、そのギャップが生々しいですよね。

未成年でのタバコやお酒って、好奇心からほとんどの人が程度の差こそあってもやってるだろうに、有名人だからってここまで叩かれるのは少し気の毒な気もするけど、やっぱり法律上ではいけないわけで。
2回目というと 「反省してない」 印象が強いし、クビ引退は仕方ないかなと思います。身から出たサビで自業自得だし、社会の厳しさを知ったってことで。
まあ、これで晴れて一般人になったわけだし、心おきなく気の済むまで喫煙して下さい。 (だからダメなんだっつーの)



 
3/28

 「笑っていいとも!」  叶美香に化けたハリセンボン箕輪

芸能人が特殊メイクで憧れの人に変身する、というオープニングコーナーでは、「憧れの人」 の叶美香さんが実際に登場。タモリさのドギマギっぷりが面白かったです。

変身したのはハリセンボンの箕輪はるかさんで、メイク中の写真では、
「これヤバイでしょ! 死神だよー」
とかさんざん言われてて、笑ってしまった。 (これで笑うのってヒドイ気がするけど、箕輪さん自身もネタにしてるし、笑っていいよね?)
でも本当、箕輪さんって 「惜しい」 んですよね。「小学生の時の写真見たことあるけど、すごいカワイかった!」 と爆笑問題の田中さんも言ってたけど、系統としては、榎本加奈子ちゃん系だと思うのだ。 …なんだけどなあ。なんでなのかなあ(笑)




 赤坂の新議員宿舎、批判恐れて3分の1が空室

日刊ゲンタイさんの、
「真っ先に入居して目立つのが嫌なだけ。いずれ満室になるのは目に見えている」
「国民は、最初に入る議員よりも、タイミングをズラして入るずるいヤツの方を監視すべき」
という記事には全く同感です!

政治家が優遇されているってことは今に始まったことじゃなくて、他の宿舎も、これと同じようなもんでしょ。なんで今回の赤坂だけが取りざたされるのが不思議なくらい。

しかし 「批判を恐れて入居尻込み」 って、これだけ優遇されてる分の仕事をしよう、それで国民に認めてもらおうって気骨のある政治家はいないんですかね。情けない。
本当に全力で、国民のために一生懸命身を削って働いてくれている議員なら、これくらいの優遇されても文句言う人はいないでしょ。

「家賃を相場にすべきだ」 という意見もあるけど、そうしたらどうせ不正してお金を引っ張って来るんだろうから、同じだと思いまーす。

余談ですがその後、能登半島地震で家が倒壊し、外にブルーシートの囲いを作って、寝たきりの妻を夫が介護して暮らしてる年配のご夫婦のことが報道されていて、ますます腹が立ちました。



 
3/29

 「笑っていいとも!」  EXILEのファンサービス

テレフォンゲストのEXILEが、客席アンケート (該当者が1人の質問をする) で、
「今回3パターン発売されたアルバムを、3枚とも持ってる人」
と質問。結果は2人で、残念ながら賞品のストラップは逃してしまいましたが、
「でも嬉しいです!」
とメンバーは喜んで、
「後でそのお2人に、ポスターにサインしてプレゼントします」
と言ったのを聞いて、「おおッ」 と思いました。
メンバー達にとっては、サインなんてちょっとしたことだろうけど、ファンにとってはきっとものすごーく嬉しいですよね。私の知る限り、今までこういうことをした人はいなかったので、ファンを大切にしてる気遣いにすごく好感が持てました。
けど、タモリさんも、
「じゃあ後でスタッフに申し出て下さい。今から増えちゃダメだからね!」
と言ってたけど、2人以上出て来なかったのでしょうか (笑)




 「ダウンタウンDXスペシャル」  哀川翔の行動

勝俣州和さんの話。哀川翔さんがエアガンを買い、勝俣さんに向かってふざけて撃って、ものすごく痛かったので 「痛い痛い!!」 と訴えたら、
「逃げればいいんだよ」
と言われたが、逃げ場がないのでそれからも何発も撃たれ、
「勝俣、ここが戦場だったら、お前死んでるぞ」
と言われたんだそう。
その後 居酒屋で飲んでたら、酔っ払いの男が置いてあったエアガンで、哀川さんを一発撃ったんだそう。哀川さんは静かに立ち上がり、
「すみません、腕相撲してもらえますか」
と男に勝負を申し込み、秒殺。それでは終わらず、倒した腕をそのまま机に何度も 「ガン! ガン! ガン!」 と叩きつけた、らしい。

話を聞いてスタジオ内では、哀川翔さんに対して、
「カッコイイ! さすが! でもやっぱり怖い〜〜!」
という感じの声が上がっていたんだけど、私は、自分はさんざん勝俣さんに撃って痛い思いをさせておいて、自分は一発撃たれただけでキレるなんて、なんて自分勝手な人だとしか思えなかった。
もちろん、顔見知りに撃たれるのと、一般人に酔っ払ってされるのとでは全然違うでしょうが。でも第一、エフガンは人に向けて撃ってはいけないなんて当然のことでしょう。哀川さんって確か、ご自身の本の中で、子供に対して 「床に落ちてるゴミをまたいだら半殺し」 とか 「トイレットペーパーが切れたのにそのままにしてたら半殺し」 とか書いてませんでしたっけ? (読んだことはないけど、本が発売された当時、よくTVで内容について話していたのを聞いたことがある)  ゴミだのトイレットペーパーだのより、エアガン人に向けて撃つ方が遥かに悪いんじゃないの。
立場が同等の人にやるのなら、その人達同士のことだから別にいいけど、芸能界の後輩で、絶対に逆らえない立場の勝俣さんに対してというのが多分引っかかるんだと思う。
人の痛がる姿を見て楽しむなんて、ものすごく悪趣味だし、人間的にもどうなのかなあ。




  4/2

 「HEY! HEY! HEY! 春のお台場生放送スペシャル」

いつも思うんだけど、ダウンタウンは生放送だとあまり面白くない、と思う。




4/3

 東国原知事の真面目な顔と失言

『行列の出来る法律相談所』 に、そのまんま東こと東国原知事が中継で出演してました。
「今ちょっとそのまんま東さん入ってましたよ! 真面目な顔して下さい、真面目な顔!」
と言われて、それまでニコニコしてた笑顔をやめて、すぐに真面目な顔になり、その変貌ぶりがスタジオでは爆笑。
私も初めて予告CMで観た時は笑ってしまったのですが、何回か観てるうちに、この人にとっての真面目な顔ってのはこの程度なのか。なんかこれから、いくら政治の場でこういう顔してても信用出来なくなりそうだなあ、と思いました。まあもともと信用してませんけど。

また後日、
「インフルエンザでタミフルを打ちまくられました。今日は異常行動に出るかもしれません」
という失言について、
「タミフルと異常行動の因果関係が実証されていないことへの高度な社会風刺のつもりだったが、伝わらなくて残念」
などと謝罪 (なのかこれ?) していましたが、それって、
「俺のこのレベルの高い冗談は、バカな国民には理解できなかったようですんません」
と言いたいわけですか。

社会風刺のつもりだか何だか知らないけど、タミフルによるかもしれない異常行動で子供さんを亡くされた方が何人もいること、そしてそれは厚生労働省、すなわち国による怠慢が原因なのだということが頭にあれば、とても言えることではないでしょう。
ブラックジョークだったとも言ってますが、そもそも政治の場に冗談など必要ないと思う。国会でも議員を笑わせてるようですが、冗談なんかよりもっと考えなきゃいけない大事なことがあるだろうに。




4/5

 「笑っていいとも!」  新山千春

テレフォンショッキングに新山千春さんが登場。
8か月の娘さんが可愛くてたまらないようで、幸せいっぱいオーラを出しまくってました。
良かったねえ、幸せそうな人を見てるとこっちまでホンワカして来るよと好意的には観ていたものの、お昼時に鼻くそ鼻くそと連呼するのはやめてくれ。 (娘の物は何でも取っておいてあると話し、「鼻くそもラッピングしてあるんですよー」 から始まり、連呼していた)  世の中の一般の人は12時から1時がお昼休みで、昼食を摂っていることが多いんですよ。分かります? 私は幸いもうお弁当を食べ終えていたものの、聞いててやっぱりいい気持ちはしなかった。タモリさんもさり気なく話題をそらせればいいのに…
けど 「いいとも」 って、案外汚い言葉も平気で言うんですよね。苦情は来ないのだろうか。




4/9

 「世界まる見え! テレビ特捜部! SP」

世界が認めた面白いCMというので、1位はコーラのCM。途中から観たんでうろ覚えですが、みんなでコーラを回し飲みしてて、エイリアンみたいのが飲んだ後の、唾液がねとーーーっと糸を引いてるコーラを渡され、ちゅうちょしながらも覚悟を決めて男性が飲み、「誰でもみんな友達になれる! コカコーラ!」 というもの。
2位は、朝の爽やかな風景、と思ったら突然 「ギャー!」 という叫び声と共にゾンビのアップ。「目が覚めましたか?」 というコーヒーのCM。ちなみに第2弾として、夕暮れのビーチで寄り添うカップル、と思ったら以下略、というのも。

これ、「いいCM」 なのか!? と激しく疑問なんですが (汗)  コーラのCMは、ねとーっと糸を引く唾液がついたコーラを飲む映像を見て、
「おいしそう!」
なんてとても思えないし、ゾンビのアップもビックリして、見終わった後には不快感しか残らないんですが。

いいCMとは何ぞや、と聞かれても難しいのですが、商品を印象づける第一目的の次に来るのは、「もう1度見たくなる」 ではないかなーと思います。というか私はそう。映像がキレイだったり、音楽や効果音が良かったり、可愛い (カッコいい) タレントさんが出ていたり、CGがスゴかったり。
少なくとも先記の2つのCMは2度と見たくありません…




 「笑っていいとも! 2007春の祭典スペシャル」

下らねーと思いつつも、いつもつい観ちゃいます。他に何もやってないからってのもありますが。
真剣には観てなくて、ダラダラとながら観。 
ゲームでボクシングやってる時の菅野美穂さんの胸は、私も 「あれ、こんなに胸の空いてる服だっけ?」 とドギマギしました。見そびれたダンナさん ・ Oくんは、「えー、もう1回見たい!!」 とうるさかった (笑)

大声を出して順位を決めるってのは、
「ぜーったい、みんな可愛コぶってそんなに声出さないよな」
と思っていたらやっぱりでした。特に観月ありさ。やる気あんのか。
その中でも菅野美穂さんは、多分思いっ切り叫ぶんじゃないかなーと思ってたらこれまたやっぱりでした。好感度上がりますね。

最後まで観ないで寝ちゃったので、エビちゃんの出番があったのかどうかはナゾ。いくらエビちゃんが出てても、鬼嫁日記は観る気しないしなー。




 石原都知事が圧勝3選

一瞬はあ? と思いましたが。まー私は東京都民ではないし、都民の方々が選んだんならいいですが。

しかし、「良識ある人々が多くて安心しました」 みたいなコメントを言ってましたが、偉っそうに…
一体何を勘違いしてるんでしょうか。私は政治家が偉いなんて全然思ってないし、国民のお金で給料と必要経費もらって働いてんだから、会社に例えるなら国民が 「社長」 であると思う。石原都知事だけに限らないけど、国民を敬って、もっと謙虚に一生懸命働けっての。




4/10

 「花嫁とパパ」 第1回

キャスティングがいいのでまだ何とか観れます。 (好きとかハマリ役とかじゃなくて、演技が上手い人が多い)

家訓 (?) の門限○時というのが、紙を貼って何度か改正したあとがあるのが細かくて良かった (笑)
けど7時ってのはいくらなんでも早すぎるよね〜。歓迎会とかだってあるだろうに。
私は就職したら親の干渉はなくなったし、門限なんてのもなかったから、門限があったり外泊ダメだったりする友達 (の親) が信じられなかった。何を求めてるんだ? どうしたいんだ? と不思議でしたー。まあ、そのお家なりの考え方があるんだろうけど。でも 「門限を過ぎるとものすごく怒られるから!」 と慌てて帰る方が危ないんじゃないかと思うんだけど。

会社に紅白まんじゅう配りに来るってのは、そうそうないでしょうが (笑)  お父さんなりに嬉しくて一生懸命なんですよね、きっと。かといってこんなことされたらイヤですが (笑)
会社の先輩たちが絵に描いたように意地悪で、観ててしんどいです…芝居とは分かっててもこういうのってイヤだなあ。

デザイナーの子供の服を汚しちゃって、必死で謝ってる中に、またも親父乱入。
「何でお前が謝るんだ!」
って。あのー、働いてたら、自分が悪くなかったり、悪いと思ってないことでも謝らなきゃいけないことはあると思うんですが。今パッと来たばかりの人間 (しかも部外者) が口出すなっつーに。
しかも、さんざん子育てについて説教垂れてましたが、
お前に言われたくない!!! (笑)
子離れしてない過保護バカ親のくせに!!!
「子供の幸せな顔が見れればいいじゃないですか!」
とか言ってたけど、はあ!? と思い切り聞き返したくなりましたよ。そのセリフ、そのままそっくり返します。

なんとかその場は収まって、デザイナーが立ち去ろうとした時、
「子供の頃の思い出って、悪くないですよ」
と愛子がわけの分からんことを言って蒸し返します。
またここでウダウダ始まるの? とゲンナリしかけたけど、デザイナーが黙って立ち去ってくれたので良かった。あのね別に、この人だって、息子を遊ばせてないわけじゃないでしょ。自分の服を着てる時はダメだよって言ってるだけでしょ。しかも今日はモデルをやるんだったんだから。 (まあ、だったらその服着せたまま遊ばせるなよとは思いますが)
つか愛子、キャッボールしたこと、ついさっきまで忘れてたろうが。何を偉そうに。

辞表出すのは明らかにやりすぎだし。信じらんねえこの親父。結局、自分の会社で働かせたいだけなんだよね。本っ当、子離れしてない親ってウザイわー。
二言目には 「嫁入り前は親の言うことを聞くもんだ!」 と言われてるからって、付き合ってる人もいないのに結婚してやるって発想はちと強引すぎるかな。一人暮らしにしとけばいいのに…
実家暮らしで貯金は出来るだろうから、100万くらいガッと貯めて、とっとと家出りゃいいのに。保証人は美奈子にでもなってもらって。まあ、田上淳之介くんにスポットに当てるために、結婚相手候補って展開にしたいんだろうけど。彼には興味ないので正直どうでもいいな〜。それより和久井映見さんもっと出ないかな〜。あと小泉孝太郎が偉そうな役やってんのがムカつく。




4/11

 ペットのフェレット虐待で30歳男を逮捕

ペットのフェレットの首を絞めたり頭を殴る動画をインターネットにアップしていたとして、会社員の30歳の男を逮捕。
フェレットが首を絞められる映像が少し流れていましたが、苦しそうで本当に可哀想でした。この男はこれまでにもハムスターやフェレットなどを何10匹も殺しており、そのことをインターネットの掲示板に書いていたそう。それを見た人達が、警察に捜査を要望して逮捕になったそうです。

逮捕前、コイツは 「初犯で実刑を食らったヤツはいない」 とか掲示板に書き込んでいて、ムカつくけどその通りなんでしょう。ペットも人間と同じひとつの大切な命です、責任持って最後まで飼いましょうとよく言われてるけど、それなら法律ももっと重くしたらどうだ。動物って 「物」 扱いで、殺しても確か器物破損とかなんですよね。
こんな奴は小動物に飽き足らず、どんどんエスカレートして、しまいには人間にも手をかけるようになる危険が高いと思う。感情論でなく、真剣にもっと重い罪にするべきだと思うのですが。

不幸にもこの男に買われた小動物たちは、どれほど苦しく、恐ろしかったことでしょうか。
でもこの男はインターネットで公開していたから公になっただけで、同じことをしてる人間はたくさんいるのだろうと気付き、ゾッとします。

ただ私が救いに感じたのは、掲示板を見て寄せられた男に対する捜査要望書が、1100件にも上ったということです。ニュースの映像では手紙がずらりと並べられており、1100件全てが手紙ではなかったのかもしれませんが、それでもかなりの数でした。手紙って、思い立ってから実際にペンを取って文字を書き、投函するまでには結構手間だと思うのですが、大勢の人がその手間をかけて小動物の危機を訴えたことについては、すごく暖かい気持ちになりました。




4/12

 「夫婦道」  第1回

チャツミがカワイイ。

夏萌のお見合いは断られることが分かりきってるのに、 「結婚式はどうしよう」 だの 「デンマーク転勤だって〜」 だの、余計な心配してるのが、幸せな人達だな〜という感じでうらやましかったっす(笑)
てっきりオープニング前の電話で断られたのかと思ったら、まだだったんですね。ずい分長く引っ張ったなあ。
しかしこれまで30連敗してるのに、よくあれだけ楽観的に喜べるなあ。やっぱりうらやましい(笑)

キッチンに夏萌と若葉がが並んでた時、若葉に比べて夏萌、というかしずちゃんの顔と体の大きさに正直驚きました。遠近感が狂ってるみたい。ううむ。

八夜子の結婚したい相手は60歳かあ…
康介にとっては自分と同じくらいの年だもんね。それは反対するのも分かる気がするなあ…どうなるんでしょうか。と言いつつ、かなりどうでもいいんですけど(笑)




 「孤独の賭け ・ 愛しき人よ」  第1回

梯二郎が 『あいのり』 の直也にしか見えないっ。
ダメです…全くリアテリティーのない展開。芝居がかってるため棒読み (に聞こえてしまう) セリフ。
百子が自分の体に2千万の価値があるかのような物言いも、真剣に気持ち悪いー。
あっさりリタイアいたします。




 「わたしたちの教科書」  第1話

志田未来ちゃんの舌ったらずなしゃべり方がど〜〜しても苦手です…

突然、
「箸の持ち方が違います」
ってキレるし。何なんだ…店の中で大声出すのは行儀悪くないのか。
それに結局定食は食べたのか? この間、
「食糧危機の国があるのに、平気で食べ物を捨てる人がいる」
と言ってたくせに、矛盾してるんですけど。

明日香と珠子の関係も、珠子の過去もどうでもいいです。事実、珠子が 「私は…」 と言いかけた所でチャンネル替えました。リタイアします。




4/13

 「太田光の私が総理大臣になったら…2007春SP」

えなりかずき君が、「70歳以上は医療費をタダにする」 を提案。
この番組ってすごくいいと思うんだけど、政治家やワケ分かんないヤツの反論がムカつくのであまり観ないようにしてるのですが、たまたまここだけは観てしまい、やっぱりムカつきました。

日本は他の先進国と比べて公共事業費が高すぎる、これを削ればいいのではないかというえなり君の提案に、
「じゃあ今、能登半島地震で被害を受けてる方に回さなくていいって言うんですか?」
と女性政治家。誰もそんなこと言ってないだろうが。たまにニュースで、ほとんど使われてない施設が取り上げられて問題になってるけど、そういう無駄があるだろうが。言うことが極端なんだっつの。

防衛費を回せないのかという意見には、
「テポドン飛んで来たらどうすんだよ!」
とコラムニストとかいうケビン ・ クローンという男。もし今テポドンが飛んで来たとしても日本に何が出きるわけ? 何年か前、実際に北朝鮮から日本海にミサイルが飛んで来た時、マスコミの記者会見で、
「ミサイルが着弾したことはいつ知りましたか?」
という質問に、扇大臣 (当時) が数秒間ポカンとして、
「今、あなたの言葉が始めてです」
と言ってたじゃんか。さぞかし防衛費は有効に使われてるようですね。 (皮肉)

このケビンという男は他に、
「医療費を無料にしたら、病院は不良老人の溜まり場になるよ! 今どんだけ不良老人がいると思ってんだ!」
とも言ってたけど、そりゃ一部にはそういう人間もいるだろうよ。タチの悪い人間ってのは、年齢関係なくいるもんなんだから。アンタみたいにね。だけど具合が悪くても病院に行けず、孤独死してる高齢者の方は確実にいるんですよ。そういう人のことを言ってるんだろうが。

「健康は自己責任だよ!」
と言った、秋野なんとかという年配の俳優。本気で頭おかしいんじゃないかと思った。誰も病気になりたくてなる人はいないでしょう。もちろん生活態度を改めたり ある程度の予防は出来るだろうけど、いくら気を付けててもなる場合はある。自分が今たまたま健康だからって、暴言すぎ。健康な時には何とでも言えるんだよ。

「過去に一度、医療費無料にしたことがあるが、そうしたら病院に年寄りが殺到して収集がつかなくなった」
という坂口大臣。
「そんなの分かりきってたことじゃないですか。それを他の予算から回して埋めないと、 『やった』 ことにはならないんじゃないの」
と言った太田さんの意見はその通りだと思うし、それだけ、これまで費用を負担できなくて我慢していた人がいる、ということなんじゃないの。

「地方によっては高齢者が多い地域もあるし、不公平になる」
みたいなことを言ってた女性。地方自治体に分けるから不公平だとなるんであって、国全体で考えりゃいいだけでしょ。逆に高齢者が少ない地域もあるんだから。

「どこからその予算を出すんだ」 ということをとにかく政治家が言ってて、あれこれ理由をつけて 「だから無理なんだよ」 と反論するけど、いつも思うけど、 「アンタ達の給料やら手当てやらをまず減らせよ!!」 と。アンタ達はそりゃ高額な給料もらってて、議員年金とやらもあるからいいだろうよ。自分が苦労知らずだから、しょせん他人事なんだよね。
この後 『金スマ』 で老老介護についてやっていて、こういうのを見るといつも 「国は何やってんだ!」 と本当に腹が立つ。




4/14

 「喰いタン2」  第1回

後半はながら見しちゃったけど、相変わらずまあまあ面白かったです。
前回も、毎回そこそこ充実した内容で、結構楽しく観れたので、2も期待しています。
毎回、特にこれといった感想はないんですが(笑)




 「ライアーゲーム」  第1回

始まりからテンポが良くて、あ、面白そうと思いました。

とにかくバカ正直者な直ちゃん。今どき落とし穴って(笑)  弟いないのに 「姉ちゃん!」 の振り込め詐欺に引っかかりそうになるって(笑)   (さすがに振り込む前に気付いたようで…)

藤沢先生がダマそうとしてるのは、すーぐ分かったわけで。北村総一朗さんがズルそうな顔してるから、ではなく。
「家に置いとけなくて」 と心配で1億円持ち歩くくせに、あっさり藤沢に預けちゃうし。ああこれで取られちゃうなってのは、火を見るより明らかで。
電話を聞いてだまされたと知り、あー、こうやって正直者だった直も汚れていっちゃうのね…と、少し残念な気もしたけど (^^ヾ

刑務所から出て来たばかりの深一に、まともに頭を下げて 「協力して下さいッ!」 と頼むのも、まっすぐな直ならではです。
「ここで待ってろ。家に荷物置いて来るから」
って、あーまたこれでだまされちゃうんだよな、ともう分かるわけで(笑)
けど深一、いいヤツです。さすがジャニーズです。 ( ← ってオイ)  ビジネスでとはいえ、協力してあげることに。
あれほど正直者だった直が、あっさり藤沢の1億を奪い取ることを承知するのは、変わり身早ッ! と思いましたが(笑)
でももし深一が、直をだまして2億全てを自分の物にしようと考えたら、きっとチョロイよね。信用してるよー、深一。




4/15

 「世界の果てまでイッテQ!」  死海

死海の水で漬物を作ってみたい、という小学生の男の子が、実際にイスラエルへ行ってました。
こんなバカバカしい企画のために、あんな危険な国にノコノコ行くってことが、平和ボケしてる日本人ならではという気がする。空港へは父親が見送りに来てましたが、よく許したな。
ひょっとしてもう治安は大丈夫なのか? と思ったんですが、現地の運転手さんは、
「ここでもいつテロが起こってもおかしくない」
と言っていたし、やっぱり危険なんですよね?

死海は、私が南の島以外で行ってみたい数少ない場所のひとつです。治安的に大丈夫なら行ってみたいんですが。まだ当分は無理だろうなあ…
死海の水が目に入ったら病院送りになるとか、20分以上入ってると肌がヒリヒリして来るとか、「ひええ」 な話も聞いたのですが、あの異様な浮力は生涯1度でいいから体験してみたいっす。





 「冗談じゃない!」 第1回

織田裕二さんももう40歳の役をやるようになっちゃったか〜。大竹しのぶさんと同級生ってのが、ちょっとビックリです。イメージとしては大竹さんが年上な感じなので。 (実際の年齢は2人とも知りません)

絵恋がちょっと苦手なタイプかも。仕事中なのに電話をかけて来たり、「かけ直す!」 と切ったのを怒ったり、冗談にしても 「間に合わなかったら殺す」 と言ったり、過去に結婚考えた人がいたら許さない、と言ったり。40歳なんだから結婚しようと思った人の2人や3人くらいいるのが普通だろうよ、自分が出会う前のことまでウダウダ言うなっつーの、と思ってしまった。でも20歳ならそんなもんなんでしょうか。

理衣が絵恋の母親として会う前に、圭太と会った意味は何だったんだ?
何も知らないフリして、圭太が結婚しようとしている女性 (娘) のことをどれだけ好きなのかを探り、真剣なようなので結婚を許す意味で、母親として再会することを決めた、というなら分かるけど。
自分だけ知ってて、何も言わないでいきなり娘の前で再会って。圭太が異様にうろたえてボロ出しちゃって、絵恋やダンナに変に思われたらどうすんだよ。

夜、圭太を介抱してる時も、
「いま絵恋が入って来たらどうするー?」
とか言って、何考えてんだろう。なんか、娘に対して優越感を持ってるみたいで、母親のくせにヤな女だなと思った。

しかしこの2人、付き合ってたっていっても何もなかったらしいですよ?
まーキスくらいはしてるんでしょうが、それにしたって最後まで行ってないなら、「付き合った」 うちにも入らないのでは?
もっとどっぷりがっぷり付き合ってて、真剣に結婚まで考えてて、それなのに理衣が突然留学して圭太の気持ちは不完全燃焼で終わってしまったという、 「下手したら焼けぼっくいもありうるかも」 という危険な状態なのかと思ってましたよ。
なんか、「なーんだ、その程度の関係か」 と思っちゃった。
そんなもんなら、その後20年間会ってなかったんだし、もうお互い40歳の大人なんだし、しばらくだけちょっと気まずいくらいで、全然普通に振る舞えるんじゃない?
それなのに、まるで圭太を困らせて楽しんでるかのような理衣の態度は、やっぱヤな女だー。

結婚式で家族で写真撮る時も、なんでわざわざ理衣が新郎新婦の後ろに行く? 狭い場所でもあるまいし、普通に隣りに並べばいいのに (笑)

あと、すげー細かい事なんですが、圭太のパソコンすぐに画面出たけど旅行中も点けっぱなしだったのかとか、お隣りに行くなら部屋の電気消してけよ絵恋、とか、気になっちゃいました (^^ヾ 




4/16

 「プロポーズ大作戦」  第1回

期待してなかったわりにはなかなか面白かったです。

てっきり、過去にさかのぼってらやり直すのかと思ったら、戻って来るんですね。写真とか思い出話が変わってるのは面白かった。こういうのがタイムスリップものの醍醐味ですよね。

テツ & トモは5年も前なのかあ…今ごろあの2人どうしてるんだろう。

別の写真になら行けると知り、どうやらこれから、いろんな写真の場面に行くらしい。
グダグダやってないで、とっとと告白して付き合えよ、と思わないでもないですが (笑) 、それだと話が終わってしまうしね。
次回への振り方もうまかったし、それに数年前の世界がちょこちょこ見れるのも面白そう。

あ、マラソン大会で優勝した黒人選手も、毎回ちょろっと出るみたいで楽しみです (笑)  この人、並走してた健に刺激されていいタイムを出せた部分もあるみたいだし、もしあの日、健が新郎だったらどうなるんでしょう。その辺もどう変わって来るのか楽しみです。まあ、新郎になったって寝坊すりゃいいんだけど。 (良くないけど (笑) )




 東国原知事、 「定例記者会見は必要か?」 と記者と言い争い

この人って前にも、取材陣に対して何か食ってかかった物の言い方してましたよね。長く芸能界にいたくせに、マスコミへの対応の仕方が下手だなあ、と思います。
「ああ!?」 みたいな顔でギラギラした目つきで、これがこの人の本性なんだろうな。

個人的には定例記者会見よりも、バラエティーに出てる方がよっぽど時間の無駄じゃないのかと思うのですが。




4/17

 「花嫁とパパ」  第2回

始まってすぐ、またオヤジにムカついて、もう観るのやめようかとすら思いましたよ…ダンナさん ・ Oくんが観てたからそのままにしてましたが。

室長を結婚相手と勘違いした賢太郎が、
「どこに出しても恥ずかしくない娘です!」
と言ってたけど、だったらもっと愛子を信用しなさいよ。門限もなくして、会社も娘が選んだ所ならと自由にさせてやりなよ。もし結婚するんだって、娘の選んだ相手なら間違いないッってどーんと構えてなよ。
相変わらず説得力がないんだよなあ…

でも最後に、ちょっと違う展開になってくれたので良かったです。
誠二がいきなり家に来て、
「娘さんとお付き合いさせて下さい!」
だなんて…おいおい愛子の気持ちは? (笑)
けど考えてみれば、愛子のこれまでの言葉や振る舞いを見てて、「いいコだな、いいお父さんに育てられたんだな」 と気に入ったんだろうし、男性なら嫌がるだろう父親へのあいさつから始めるなんて、礼儀にきっちりしてますよね。
賢太郎を認めて尊敬してるってことだろうし、父親ごと愛子を愛してくれる、理想の娘婿なんじゃない?
そうはいっても、賢太郎はとてもスンナリ認められないだろうけどね (笑)




4/18

 「バンビ〜ノ!」  第1回

面白かった! イタリア料理食べたくなった! (笑)

修行しに来た 「バッカナーレ」 は、ものすごくいい店なのか、とんでもない店なのかどっちだ? としばらく分からなかった。
だってさ〜…店員がお客さまの席に座ってくつろいでたりお菓子食べてるのってどうよ!? きちんとしたお店ならありえないと思うんですが。
どうやら 「いい店」 らしいけど、いくらコイツらが一流ぶって偉そうにしてても、この一件がある限り私ゃー認めませんッ。 ( ← 別にオマエに認めてもらわなくてもいい)
でもホールの接客の感じとかを見てると とても一流って感じじゃないし、 「親しみやすくて気軽に来れる」 系のお店なのかな。
(と思ったら、TV雑誌を見たら 「セレブも来る一流レストラン」 とあった…うっそーん)

しかし、いくら 「何でも出来ます!」 と伴が言ったからって、いきなりパスタ任せるなんてありえないと思うけど (汗)
仮に腕は確かだったとしても、厨房の使い勝手など お店によって違うんだし、いきなり手際良くは出来ないでしょうよ。
自分のパスタを嬉しそうにうなづきながら頬張ってた伴がめっちゃカワイかった! (笑)

ブイヨン作りを香取が2人でやるように言われたのに、
「後は1人で出来るよな?」
と挑発してわざと伴だけにやらせるなんて、プロらしからぬ行為だよね〜。
店として一番に考えなきゃいけないのは 「お客さんを満足させること」 であるはずで、店員内でくだらんいじめをやって、しわ寄せをお客んにかぶせるなんて言語道断。プロとしてのプライドはないのかね。

だから香取が殴られるのは当然、ざまーみろっと思ったんだけど、「殴られもしなかった」 ことに伴はショックを受けた様子。でも、見込みあるじゃーん。
しかし香取、ケンカしてるヒマなんてあるのか? さっさとブイヨン作り直さなきゃいけないんじゃ…
お客さんにツケかぶせようとしてたヤツに、
「仕事ってのはそんな甘いもんじゃねえんだよ!」
とか言われても、説得力ありましえん。

あとタバコはダメなんでしょーか。
舌がマヒして味覚が鈍感になるっていうから、料理人が喫煙するのはどうよ、とは私も思うんですが、有名な料理人でも吸ってる人たくさんいますよねえ。私的には味覚もそうだけど、タバコを持ってヤニのついた手で料理されるのも、何となくヤなんですが。

香取もそうだけど、あと伴にキツイことを言ってはニヤッと笑ってる若い男も、性格悪そうですね〜。料理人の世界って上下関係厳しそうだし、厨房という狭い世界なので、イジメとかいろいろあるんだろうな。
そんな中、紅一点で頑張ってるあすかはスゴイと思う。これからあすかが中心になる回もあるだろうので、楽しみ。

ちなみに美幸は苦手です。自分のことを美幸 「姫」 って呼んでる (呼ばせてる) ってのがもうダメ〜。




 折りたたみ式ベビーカーで子供の指切断

街ゆくお母さんへのインタビューで、
「怖いですよね。売られてる以上、安全だと思って使うんですから」
と言ってた女性がいましたが。
別に欠陥商品なわけでなく、折りたたみ式の構造上、どうしても指を挟んでしまう部分は出て来てしまうとのこと。これってドアの付け根やスライド式の窓に指を挟んだりツメたりするのと同じく、使う側が注意しなきゃいけないことなんじゃないでしょうか。

今回ケガをしてしまった赤ちゃんは本当に気の毒だと思うし、お母さん達が自分の子供のために 「安全な商品を」 と願うのは分かるけど、何でもかんでも商品のせいにするのはどうかと。「ああここは指挟まるな」 ってのは、見りゃ分かるんだから。




4/19

 「夫婦道」  第2回

最初の方で山ちゃんが出て来たらしいですが、観てませんでした。まあいいや。 (芸人としての山ちゃんは好きだけどねー)

「長女から結婚しなきゃ」 っていうのは、今どき古いですよねえ。まして夏萌は30連敗なんだし、順番なんて待ってられません(笑)
康介はいつの間にか、八夜子の結婚に協力するようになってますが? (笑)
いくら 「いい人ねえ」 と褒めてはいても、それはあくまでも娘の上司としてであって、結婚相手となったらぜーんぜん別ですよねえ。聡子の、というか高畑淳子さんの動揺ぶりが面白かった(笑)




 「ホテリアー」  第1回

一応観ましたが、どうでもいい感じですなあ…
杏子 (上戸彩) は、てっきりまたドジな役なのかな、もう飽きたよ〜と思ったんですが、そうじゃなかったのは良かった。最初に料理をぶっ倒したの、杏子かとヒヤリとしたもんね。
しかしCAの後はホテルウーマンかあ。制服好きな上戸彩さんファンの男性にはたまらんでしょうね。 (何言ってんだ)

ヨン様が出て来たのはビックリしました。
あかね (サエコ) の演技のド下手さにもビックリしました…




4/20

 ドラえもん好き芸能人たち

芸能人たちがドラえもんについて語ってる番組が面白かった。

好きな話で、よゐこの有野さんだったかな、が紹介した話。
「ドラえもんが未来へ帰ってしまい、最後に置いて行った 『これを飲んでから言ったことは全部ウソになる』 道具を使ってジャイアン達に仕返しをしたのび太。家に帰って、『もうドラえもんはいないんだ…』 と呟いて部屋のドアを開けると、『いない』 ことがウソになったため、ドラえもんが戻って来ていた。のび太は泣きながらドラえもんに抱きついて、『嬉しくない! これからもずっとドラえもんと暮らさない!』 と言う」

そうそうそう! 私も好きだあその話! と改めてウルウルしちゃいました。

あと、のび太の結婚前夜とか、タイムマシンで死んでしまったおばあちゃんに会いに行く話とか…本当にいいお話がいっぱいありますよね。

ドラえもんの道具で欲しい物はというコーナーでは、石ころ帽子とかマニアックな物が挙がってて面白かった。一般人 (って何?) は、どこでもドアとかタイムマシンしか出て来ないもんなー。いや、確かにそれも欲しいですが。
私が断然欲しい道具は、昔は空を飛びたいからタケコプターだったんだけど、今は 「物を入れると、現在の状態、プレミアなどのから算出した金額が出て来る機械 (名前忘れた) 」 がいいなあ。買ったけど使ってない物とかもういらない物がいっぱいあるんだもん。
あと時間貯金箱 (不要な時間を貯めておいて、好きな時に好きなだけおろして使うことができる) も捨てがたい。あと、海外旅行行く時は 「翻訳コンニャク」 もいいなあ。でもやっぱ究極なのは 「もしもボックス」 だよね。何でもアリだもんなー…と真剣に考えてしまいます。現実逃避です。

「このシーンは何の道具を出す時か」 というイントロクイズみたいなのでは、よゐこの有野さんがバシバシ答えて優勝してました。スゴすぎる…私ゃドラえもん全巻持ってるけど分からなかったよ。千秋さんも結構答えてたけど、小さい子供がいるからきっと子供とアニメを観てるんだな〜と思えるけど、有野さんは何で? (笑)  この人、アイドルの写真集もすごい数持ってるらしいし、アイドルとドラえもんおたくって、かなりヤなんですけど (笑)




 「生徒諸君!」  第1回

なぜに今ごろ 『生徒諸君!』…とこのドラマが始まることを知ってから思っていたのですが、始まってからもずっと思ってました…

原作は昔〜に少し読んだことがあると思うけど、ほとんど忘れてて、現代版にアレンジしてある部分もあると思うんだけど、先入観でどうしても古くさく見えちゃう。

けど、『ごくせん』 みたいに分かりやすい不良ではなく、どこか冷めていて何を考えているか分からない、という点は、現代っぽい問題児という気がします。しかし不気味だ。

その中でもカツアゲされたという生徒は、割と尚子にスンナリ素直に心を開いたようで、安堵してたんですが、クラス全員で 「制裁」 って。怖えーよ。
でもてっきり袋叩きにするのかと思ったら (さすがに校内でそれはないか) 、大人しく (?)ドッジボールに乗っとってやってるのはちょっと笑った。

あの男子生徒が、
「左手狙え!」
と言った時は、ケガした手を言ってるのかと思って、こんちくしょう、と思いました。反対の手だったんですね。つかケガしたのがどっちの手だったかなんて覚えてねーよ。

「死ね!」
と口々に言いながらボールをぶつけるのは、ゾッとしましたよ。マジでごくせんの久美子に出て来てもらって、ヤキ入れて欲しくなっちゃったわ。

これからどんどんクラスは良くなってくんだろうけど、今の時点での生徒や他の先生を観てるのはしんどい。
3TDが誰かってのも別に興味ないしなあ…




4/21

 「ライアーゲーム」  第2回

時計を早めといたのかな (いつの間に?) と思ったんですが、ハガキの方を細工したんですね。
でも、一番最初にビデオと一緒に送られて来たハガキには、終了時間までは書いてなかったんでしたっけ?

秋山は、ものすごい心理戦をやってのけたかのように仰々しく語ってたけど、案外単純でしたよね (笑)  なるほど〜とは思ったけど。

賞金の取り分 (5千万) を、藤沢を気の毒に思って返してしまうのは、直らしい。つかやると思いました。私なら絶対渡さないけど。 ( ← 断言)  だって、戻って来た直に藤沢が言った言葉が、
「まだ何か用か」
とかですよ。 「だまして悪かった」 って反省してるなら、まだ可愛い気もあるってもんですが。

そして第2回戦。棄権するには、1回戦の賞金1億円を返還すること。…ってこれって、結局なんやかやで返還させて、賞金なんてあげないつもりなんじゃ? (笑)
直は賞金をあげちゃったから、棄権するにも出来なくて。
顔見知りの警官の、「断るのについてってあげる」という言葉をまた鵜呑みにして、ノコノコ行っちゃうし。つかこの警官がレイプ魔じゃなくて、会場に連れて来られたってだけで良かったよ。 (そこまで言う)

今度は一気に人数が増えて、22人と対戦!
秋山も入って来ちゃったけど、そんなにあっさり参戦させてもらえるのか? (笑)  直とチームってことでなのか、秋山自身も1人の参加者となるのかは分かりませんが。

ゲームのルールは少数決。一体どんななのでしょう。 (私は原作も予告も観てません)  かなり面白そうで、楽しみです。




4/22

 「冗談じゃない!」  第2回

圭太はかなり自分の評価が高いみたい? (笑)
まあ40歳っていったら、一生懸命仕事して来た自信があるなら、プライドもあるだろうしなあ。けど再就職は年齢制限の時点でダメな所ばかり。私ももう今年で34歳、他人事じゃありません (汗)

けど会社を辞めたことを絵恋に言えないってのは、夫婦としてどうなの? と思うのですが。
リストラされても家族に言えず、朝いつも通りに家を出て行く、という男性の話はよく聞くけど…もちろんさまざまな理由があるから一概には言えないけど、話してもらえないのは、家族として寂しいなあと思うのですが。

理衣の方が先に、退職したことを知っちゃって。これまた絵恋が知ったらショックを受けそう。
しかし、新婚 (じゃなくても) 夫婦の寝室にズカズカ入って行くのも、留守中に圭太の部屋の掃除をするのも、ありえない!
ペアルックじゃなくて、それを言うならペアパジャマだし。 (間違ってはないけど)
お弁当だの、相変わらず 「昔付き合ってた」 ことをタテに、圭太をいじめてるように見えるし。性格悪いなあ。絵恋にバレたら自分だって困るだろうってのに。
(ちなみに、「でも最後までは行ってないんだって。キスくらいはしたかもしれないけど」 とダンナさん ・ Oくんに言ったら、やっぱり 「そんなの付き合ったうちに入らないじゃん」 と言ってました。そうだよね〜)

何かがバレたようで、絵恋から怒りの電話が。
何だろう。理衣とのことはこんな早くバレないだろうので、退職したことかな? 案外、くっっだらないことのような気がするけど。
しかし電話での絵恋のヒステリーっぷり、ウザイっすね…こりゃ理衣とのことがバレたら大変だろうなー。 (いずれはバレるんだろうなー)




 電車内トイレで女性暴行 乗客40人は制止や通報せず

この事件を聞いた時、頭の奥がカーッと熱くなるくらい怒りを覚えました。逮捕された男はその後も同様の事件を何度も起こしていたらしい。死刑にしちまえよ、こんな男は。再び社会に戻すなら、両腕とペニスをちょん切ってからにしろ。

犯人の男はもちろんなのですが、40人の乗客も何をしてたんだ? と腹が立ちます。もちろん自分はその場にいなかったのだし、偉そうなことは言えません。私だって、明らかに未成年がタバコを吸っていたり、身障者用の駐車スペースに健常者が車を停める場面などに遭遇しても、不快になるものの、 「うるせえな!」 「関係ねえだろ!」 等言われ、余計に不快な思いをするかもしれない…と考え、いつも結局何も言わない (言えない) のですから。

言うは易しで、実際にその場にいたら体がすくんでしまったかもしれません。ただ、私はレイプや痴漢は絶対に許せないし、それらの行為がどれほど女性に恐怖と屈辱を与え、その後も深い心の傷を負わせるかを、自分自身や知り合いの女性達の経験から知っているつもりです。レイプされようとしている女性がいることを知りながら、何もしないでいるということはやはり考えられません。直接制止することは無理でも、声を上げたり、車掌に知らせたりはしたのではないかと。

男性が3〜4人いれば、この男を取り押さえることは十分に出来たはずです。体を張って制止するのが無理なら、携帯で110番したり、車掌を呼ぶなどは出来たはずです。なぜ誰も動いてくれなかったのか。自分がその場にいたら最悪の事態は防げたかもしれない、…と考えても仕方のないことですが、どうしても考えてしまいます。
そしてこれを読んでいる方が、もし今後このような状況に居合わせることがあれば、何もしないでいるということのないよう、どうかお願いします。その時に出来る限りのことをしてあげて下さい。取り返しのつかない傷を負う被害者の方が、どうかこれ以上増えませんように。
犯人の男が、できる限り重い刑罰を科せられることを願います。




4/23

 「プロポーズ大作戦」  第2回

おお、面白くなってきました!
正直、前と同じパターンになってしまうんじゃないかな〜と思ってたんだけど、かなりドキドキしたし、面白かった。

コーヒー牛乳を買いに行くのはどうでも良かったけど (山口くんファンは銭湯での入浴シーンは嬉しかったのでしょうが) 、誕生日プレゼントに気付くシーンからは、もうドキドキ!
でも分かりにくいよ、あんなの。借りてたCDの歌詞カードの中に何も言わずにメモを挟んで、それも暗号みたいな内容だし。分かる方がスゴイと思うけど。

そして黒板のメッセージを、なんと未来の夫である多田が消してしまうとは! この皮肉な関係。うーん、面白くなって来ました。
新郎さんは教育実習で来た先生だったんですね。 (前に言ってたっけ?)

少なくともこの時点では、礼は健のことが好きなようだし、まだまだ逆転の可能性はありますよね。
けど健も、別れる時に泣いてしまったというほど 「いい人」 なんであろう多田さん。強敵かもしれません。 (かも、じゃなくてそうなんだよ。結婚しちゃってるんだから)




4/24

 「トクメイ」

和田アキ子さんが外国人男性に変装、というのは全開もやってたので、正直二番煎じな感じでした。
もんじゃ焼きのお店の女将さんが親切にしてくれて、亡くなったお母さんを思い出して泣いてしまう、というシーンは、番組側が過剰に 「いい話でしょ!」 と押し付けてるみたいで却ってシラけました。 (チャンネル替えたもんな)

つんくさんがたこ焼きの屋台をやるのも、目標数を売り上げて材料もなくなったので店じまい、となった時、小さい男の子が買いに来て、
「う〜ん、待ってれる? じゃあ待っててや!」
とタコを買いに行く展開になり、思いっ切りヤラセくさかった。つかヤラセだろ。タコ買いに行って焼き上がるまで、早くても3〜40分はかかるだろうし、そんなもん、普通はとっとと他の屋台に行って買うっちゅーの。ここでもシラけて、またチャンネル替えました。




 「花嫁とパパ」  第3回

相変わらず親父がムカついてムカついて、多分笑わそうとしてるんだろうなーというシーンでも全然笑えない。

どうやら毎回、賢太郎が父親として感動的なことをビシッと言うらしいですが、相変わらず説得力ありません。
今回は、
「結婚てのはな、一生相手と添い遂げる覚悟でするもんだ! その覚悟はあるのか!」
というセリフ。はい、ごもっともですが、アナタのはただの焼きモチを きれい事な言葉にすり替えてるだけにしか聞こえません。
って偉っそう〜に言ってたけど、相変わらず説得力ありません。
父親だ、お前のためだッと、誠二のことを知ろうともしないで頭ごなしに反対するばかりで。親は普通にいけば先に死んじゃうのに、このまま誰とも結婚させないで娘を1人で残してどーすんの?

でもようやく譲歩した、と思ったら、交際のための条件5つを出して来て、これがまた呆れる。清い交際、キスはダメって。そんなもん交際してることにならないだろ。 (キッパリ)
娘には結婚まで処女でいさせておきたいようです。つかキスさえも、式での誓いのキスが初めて、ってことにしたいんだろうな。今どきそんなカップルは西村知美さん夫妻くらいしかいません。 (キッパリ)

父親が娘に彼氏が出来るのが許せないっていう心理が、どーーーしても理解出来ないので、気持ち悪くさえ感じてしまいます。だってさ、娘とは結婚出来ないんですよ? 自分とは別の、人格と人生を持った1人の人間なんですよ? 大体、自分だってその 「娘」 を嫁にもらってセックスして、それで娘が生まれたんでしょうが。分からん…

ただ、誠二はともかく、愛子は誠二のことをどこまで好きなの? とは思いますが。結婚を前提に付き合いたいと言われて、自分の気持ちを言うことなく、あっさり父親を説得することにしてましたよね。あれ、いいの? 誠二のこと好きなの? とこっちが戸惑ってしまいましたがな。

 

誠二はちゃんと門限は守らせてくれるし、
「お父さんの言うことをきちんと守ってる宇崎さんだから好きになったんだ!」
とまで言ってくれるし (個人的にはこのセリフってどうなのよ、と思うが) 、やっぱり賢太郎にとっては理想の娘婿のようです。でも認めないだろうなー、チューしちゃったしなー。




4/25

 「バンビ〜ノ!」  第2回

冒頭の美幸と与那嶺の会話、くだらなすぎ。
「今日もキレイだねー」
「明日は?」
「明日はもっとキレイ」
「じゃあ来週になったら、とんでもないことになっちゃうね」
「なっちゃうなっちゃう」
…くっっだらねえ!!
ンなことくっちゃべってるヒマがあったら、床に落ちてるゴミでも拾え。

バンビのやることなすことに、みんないちいち動き止まりすぎ (笑)
サッとエビを手渡したり、包丁で手を切った時の時間の止まり方はスゴかったですね。でも時間は止まってないよ、フライパンがジュージューいってるよ、コゲるよー! と気が気じゃありませんでした (笑)

あすかからしてみれば、明らかに実力は自分の方があるのに、ポッと出の新人にパスタ場を取られたんじゃ、そりゃ納得出来ないよね。
「自分が女だからか」 とか思うんだろうなー。 (私も一応、男性の職場で働いてるので、ちょっと分かる気がする…)

腱鞘炎になるほど努力してるあすかのことを知って、バンビは、自分はまだまだだなーと思ったかな?
しかしこの医者、守秘義務があるはずなのに、よくもまーペラペラと他の患者のことを話しますね。

それにしても、私は料理人の世界は全然知らないのだけど、バンビの置かれてる状況って、それほどひどくなくない?
そりゃ、地元のお店では全部任されて、お客さんはベタ褒めしてくれてて、その頃からすれば雲泥の差だろうけど、超一流 (見えないけど) の店の、助手とはいえいきなりパスタ場させてもらえてるんだから。
かなり恵まれてると思うんですが…

あといくらお店を出たからって、年下だからって、先輩に向かってタメ口はどうかと。つか年なんて関係なくない? こういう所が、まだまだ大学生なのかなー (^^ヾ

「やめる」 「やめない」 に賭ける箱を見るたびに、すんごいイヤな気持ちになるのは私だけでしょうか。これってイジメじゃない?
こんなことするヤツらの料理とサービスが一流なわけねーよ、とすら思う。

休み明けはもっともっと忙しくなるってさ〜、頑張れバンビ! (笑)  (でもこれまでも十分満席だったような…)




4/27

 「生徒諸君!」  第2回

途中で夫婦ゲンカが始まっちゃったからあまり内容分からないんですが(笑) 、尚子 (ナッキー) が、3TDが誰かは最初から知ってた、と言ったのが良かった。ただの能天気女教師じゃなかったんだなーと分かって。

しかし2年3組の前の教師はひでーなー。教師としてというより、人間として失格だわ。「先生はいらない」 となってしまうのも無理ないけど、アイツが特殊すぎただけだから、あまり思いつめないで欲しいんですが (汗)




4/28

 「ライアーゲーム」  第3回

面白いってば!
「少数決」 の詳しいやり方が説明されて、リハーサルの問題は、「あなたは女ですか」 。なんちゅうバカバカしい質問、というのと同時に、この答えが一目瞭然の質問のおかげで、
「質問には正直に答えなければならないのだろうか?」
という素朴な疑問が明確になりました。ウソでもいいのね。頭脳戦なのね!
それにしたって投票に6時間というのは長すぎる気がするけど、それだけ複雑な駆け引きが必要になって来るのでしょうか。6時間もあったら、「裏をかくか。いや裏の裏をかくか。それじゃ表だッ」 とワケ分からんくなってしまいそう。

秋山は代理参加らしい。代理参加を勧めたのは事務局だそうだけど、事務局もどういうつもりなのかなあ。何か裏がありそう。
その秋山は、相変わらず頭いいです。頼りになります。もうついて行きますッ。顔は好みじゃないけど (失礼) カッチョいいです!
8人のチームを作る、という必勝法をなんなく考え付くんだけど、それの足かせとなるのが ”X” の存在。
15番の女性は、確かに最初からクセ者っぽかったけど、それじゃあまりにもひねりがないから、きっと ”X” ではないんだろうなー。
しかし仲間を作るってのは、いいの? 1人1人を隔離するわけでもなく、自由にさせてるんだから、事務局もこういうことは予測してるんじゃないかという気もするし。つーか部屋に盗聴器とか隠しカメラとかあるかもしれないし。

出題者になってしまったら、一体どんな質問すればいいのかめちゃくちゃ考えてしまいそう。バカバカしい質問したら、頭悪い奴と思われそうだし。 「今日勝負パンツの人ー!」 なあんて居酒屋のようなノリではダメなんだろうな。

1問目は計画通りうまくクリアしたけど、「おかしい」 と秋山が言い出しました。なぜなの? さっぱり分かりません! (笑)  来週が楽しみです!




4/29

 「冗談じゃない!」  第3回

「何のこと?」 って聞いてるのに、
「圭太が言うべきことでしょ!」
と相手に言わせようとするのって、圭太の立場だと困るよねえ。まあ他にも隠し事があるからなんですが (笑)

絵恋が飛び出して行った時、「うわ面倒くさ」 と思ってしまったた…追いかけて来いってことでしょ? こういう人を試すみたいな行為って、キライなんだよねえ。 「放っとけよ。どーせいつかは帰って来るんだから」 と思ってしまった私は、きっと男だったらとんでもなく冷たいヤツなのでしょう。
でも、なんで冷静に (は無理かもしれないけど) 話し合わない? とやっぱり思うんだよねえ。

けど絵恋がバイトしてたのはちょっと見直したな。
あのブルーのやつ、とんだセクハラ野郎だね! けどあれ…絵恋役のピンクの中の人は、吹き替えでやってたんでしょうか。お尻くらいはいいとしても、胸をわしづかみってのは、さすがにヤバイと思うんですが。

圭太の再就職先が決まりましたが、ファミレス店長の冴子は 圭太に妻がいたことにひどくショックを受けて、可愛さ余って憎さ100倍? 一気にイジメモードに (笑)  履歴書から顔を上げた時、メガネがキラーンッと反射してたのとか、絵恋の名前を 「えこい」 と読み間違えてたのが何気に面白かった。
けど、あの年のなら普通に考えれば結婚してるよねえ。まず最初にチェックすべき所だと思うんですが (笑)

理衣は相変わらずヤな女!
「昔の恋人に会ったのぉ〜」
と絵恋の前で言ったり、絵恋がフランスに向かったと知って、
「今夜は2人きりねん。ぐふふふ〜〜」
と笑ったり。気持ち悪いんだよ!!
圭太と2人になるたび 「昔の恋人」 って、鬼の首取ったみたいに振りかざすのもいい加減にして欲しい。あのねひとつ言わせてもらうけど、いくら過去に圭太が理衣のことを好きだったとしても、それは20年も昔の話で、当時の理衣のことで、今は20歳のピッチピチの絵恋と結婚したってのに、今さらその母親である立場の40女にわざわざ欲情なんかしないでしょうよ。
まあ理衣も、まさか本気で圭太を寝取ろうと思ってるわけじゃなくて、からかって楽しんでるだけ? なんだろうけどさ。カンに障るんだよねー。




4/30

 「プロポーズ大作戦」  第3回

席順表には、きっと1人1人の特徴とか性格が細かく書き込んであるんだろうなー、とは大体予想はつきましたが。
とっさにそれを隠して、多田は生徒たちと打ち溶けることがないまま、教育実習を終える…おお、このままいったら、結婚なくなるんじゃないの? 戻ったら披露宴会場じゃないのでは、と思ったんですが。結局、後で席順表をみんなに見せる形になって、単に打ち溶けるのを少し遅らせただけになってしまいましたね。

席替えでは、きっと礼は同じ席を選んだんだろうと分かりきってたのに、健は友達に誘われるまま別の席を選んじゃうし。何やってんだよ! くだらない意地張ってる場合か、今の状況本当に分かってんのか?
後で、元の席に戻ったからまだ良かったけど。でも、
「迷惑なんだよね。日誌も私が書かなきゃなんないし…」
と憎まれ口を叩いてた礼に、フォローの決めセリフを言って欲しかった、いや言わなきゃイカンだろとは思った。

消しゴムの思い出も、それを気付かせてくれたのが多田だった、というのも、告白を消されたのとは逆で、皮肉な感じで面白かった。

けど、このことがあったから座席表をこんなに見せる気になったのかな? 自分だけフェアじゃないと感じた?
しかしあのアンケート用紙、「裏を見て」 とも何も書かれてなかったのに、そろいもそろってなぜかみんな裏返して見てたよね。あと、見てから笑顔になるのがみんな早かったのがちょっと気になった。最初は驚いて、数秒間見て理解して、それから笑顔になる…って少し時間をかけて欲しかったんですが。細かいことですが。

それにしても、健のフヌケさにイラッとして来た!
別に座席表を見せたのはいいんですよ。 (お人良しだなあ、とは思ったけど)  花束を礼が渡したのも大した問題じゃないんですよ。まだこの時点では礼は健を好きなんだから。
なんでそこでがっちり礼をつかまない!?
花束を渡した後、「ああ〜」 と離れた所で落ち込んでる健の隣りに、礼は来たじゃん。そこでなんで話しかけて、がっちり隣りにいるようにしない?
なんか、お前なんか何度過去に戻ってやり直してもダメだよ、と思えて来ました。

多田はカタブツってくらい堅くて、冗談が通じなくて、けどその分誠実なんだと思う。礼もきっとそういう所に惹かれたんでしょう。なんかもう、多田と礼の仲を邪魔しないで欲しいって気になって来たぞ (笑)

ちなみに結婚式のシーンでかかってるパッフェルベルの 「カノン」 は、私が大好きなクラシックな曲なので、現在のシーンはちょっと嬉しいです。
あと、マラソン大会で優勝した黒人さん、あれ以来出て来ませんね。毎回出て来るのかと密かに楽しみにしてたのに、残念〜。




  5/1

 「花嫁とパパ」  第4回

チューしたのを見て、一体どれほど怒るのかと思いきや、なんか曖昧にごまかした感じで肩すかしでしたね。
けど愛子が、キスシーンを見られて恐怖でガタガタふるえたり、
「5年ぶりに障子が閉まってる!」
と慌てたりするのを見て、
「なんでそんなにビクビクするのさ」
とため息が出ましたよ。
なんでも前回障子が閉まったのは、同級生の男の子と一緒に帰ってる所を見られた時なんだそう…アホか。
何度も言うけどさー、一生娘を処女のまま置いとくつもりなわけ? いつかはチューしたりセックスしたりもするのは当たり前だってーの。全くもう。

熱がある誠二を、戸棚 (?) に押し込めたり、市販の薬で済まそうとしたり、「おいおい」 という感じでした。
見るからに具合いが悪くて寝てると分かる誠二を、
「何やってんだー! 出て行け!」
と追い出そうとする賢太郎も、「おいおいおい…」 だったし。人としてひどくないかい、それ? まあ 「愛子のベッドで寝てやがった」 という事実しか見えてないんだろうけどさ。

プレスルームでの件も、先方が、
「間違いもあるんだよ。臨機応変にやらなきゃ」
と堂々と言われたんじゃ、新人の愛子にはそれ以上言えないのは分かるけど、その場で鳴海に電話して確認すべきでしたよね。子供のお使いじゃないんだからー。

女子社員の愛子イジメは相変わらずだし、会社のシーンになると気分悪いです。誠二と付き合ってるのが知れたらどうなるんでしょうかね。おー怖。




5/2

 「バンビ〜ノ!」  第3回

そんな忙しいようには見えませんでしたが (笑)
またもバンビ、一歩ステップアップで頑張りました。でも、「食材はまとめて持って行く」 ことくらい、普通分かりそうなもんだけど (笑)
厨房の床で寝てたけど、ゴキブリに横切られまくりだったんじゃないか? と思ってしまった。
けどこの時、あすかは朝一番に来るんだなーとちょっとしたことに気付きました。やっぱり努力してるんだね。

このままバッカナーレに残りたい、と申し出たものの、シェフはピシャリと断りましたね。
うかつにも予告を観てしまい (いつも観ないようにしてるのに) 、来週はあーなってあーなるらしい。井の中の蛙でいい、と思わないのは男らしいじゃん、いいじゃーんとは思うものの、地元の彼女の立場としては悲しいよなあ。




5/5

 「ライアーゲーム」  第4回

なるほどお…と感心するばかりです!
ベラベラよくしゃべるし、出番が多いので、塚原が怪しいっと前回から思ってはいたのですが、まさかXもコイツだったとは。
女声が出せるっていうのはちょっとズルイ気がしたけど (笑) 、一億円が小切手ということを知っていたり、もし15番がXだとしたらサングラスをかけてるはずがない、という秋山の指摘は、なるほど〜でした。
全員、負けて出て行く時に落ち着いていたことも、気が付かなかった。そういやそうだよね。チームの中に裏切り者がいるんじゃないかとか、Xは誰だとかいうことばかりに気を取られてしまってた。

それにしても秋山さんはカッチョいい! 今回からさん付けにします、もう。
YESに入れたんだろうなーとは思っていたので、塚原 (じゃなかった。本名なんだっけ?) がハシャいでベラベラ種明かししてるのを聞いて、
「バカはてめえだ! 今回は引き分けなんだよっ」
と思ってました。
でもコイツも頭いいよね。自分が入れば、24人いることになって3つチームが組めて、自分は必ず少数派に入れる。この必勝法自体は秋山さんが考えたものだけど、それに乗っかって、自分だけの必勝法にしてしまう。本名じゃないから契約書も無効だし。う〜ん、大したもんだ。
でも残念ながら、秋山さんの方が一枚も二枚も上手だったんだもんね! やーいやーい!

そして次の問題では、秋山さんは 「No」 に入れると断言、本当に入れてしまった!
こ、これもどういうことなんだろう。秋山さんのことだから、自分が勝てると確信してるんだろうけど…相変わらずさっぱり分かりません。バカです私。もう、どこまでも秋山さんについて行きます! (笑)




5/6

 「冗談じゃない!」  第4回

うーん。正直、理衣とダンナのゴタゴタなんてどうでもいい (笑)
20年連れ添って来た割には、夫婦ゲンカの仕方が幼いし (でもそんなもんなのかも?) 、「離婚よ!」 と簡単に (しかも娘の前で) 口にするし。

で、ダンナは、やっぱり本当に浮気してたのね…途中からこのダンナが、羽賀研二にしか見えなかった (笑)
しかし、言ってることを聞いてると、男ってのは勝手だよなあ、とほとほと呆れてしまいます。

理衣も相変わらずウザくて、
「私が広瀬と仲直りしてもいいの?」と圭太に聞いてるし。だから圭太はもうアンタのことなんて何とも思ってないんですけど。娘と結婚してるんですけど。 ( ← しかもこれも、「私に似てるから?」 と抜かしやがるしな) どれだけ自惚れが強いんだか。

ダンナは、浮気相手をヘラヘラ迎えてるし。(やっぱり羽賀研二…)
理衣より先に、圭太が殴っちゃいました。って、何でだ? (笑)  理衣に殴らせないため?
ダンナが嫁の父親を殴るのって、この世で一番見ることが少ない光景な気がする (笑)




5/7

 「プロポーズ大作戦」  第4回

ちょっと飽きて来たかも。
というか、健のふがいなさにマジでイライラして来た!
第2ボタンなんかどうでもいいから、さっさと告白しろよ! ぐっと抱き寄せろよ! それで決まりだろうがよ!
と…まあ、それをしちゃったら話が終わっちゃうから、1時間延ばさなきゃいけないから、あと何回も続くから、ってのは分かってますが。
けどいい加減このパターンに飽きて来た。今回は正直、途中かなりダレてました。

学校に戻った 「やり残したこと」 ってのも、大したことじゃなくてくだらないことばっかだったし。写真もそれほど変わらなかったしね。

「こんなに変わんないもんなんですか」
と聞いてたけど、大したことしてねーだろうが。誕生日プレゼントを受け取ったり、お別れ会したりしただけで。そういえばあの寄せ書きはいつ書いたんだとか、いつ後輩部員を呼び出したんだろうか。

次回くらいから、ちょっと違った展開にしてくれないと、観続けるのはキツイかも。あーでも、いつ 「現在」 が変化するか分からないので、やっぱり観ちゃうかもな。それが狙いなのかな。くそう。




5/8

 「花嫁とパパ」  第5回

この会社、なんで愛子を雇ったんだろう。と思うほど意地悪がひどすぎ。 「ドラマだから」 って割り切って観ることが出来ない私には、しんどすぎる。
チームを組まされた先輩は、全く仕事を任せようとしないし。自分だって新入社員の時があったはずなのになあ。
張り切ってた割にはあまりにもお粗末なミスで失敗し、あろうことかそれを愛子の責任に。これじゃ、愛子でなくても辞めたくなるよなあ。
「帰れ」 って言われたからって本当に帰っちゃダメだろうとは思うけど。でも、「やってらんない」 気持ちになるのは分かるわ。
結局、愛子が足りない衣装を全部持って来た、というオチだったんだけど、ペーペーのくせによく回収できたな。

今回はお父さんの出番があまりなかったなあ。
「お父さんは口だけじゃないよ」
と賢太郎の仕事ぶりをかいま見るのも、そりゃあの年で役職ついてる人ならこれくらいやってるだろ、としか思わなかったし。




 「リンカーン」  まさかあのヒロシ!?

FUJIWARAの藤本さんが、
「サイパンでスカイダイビングした時、ロシア人のインストラクターがめちゃめちゃテンションが高くって、 『マイネームイズ、ヒロシでーす!!』 と言っていた」
という話をしてて、「あのヒロシことスティーブンことユーリじゃないのか?」 と興奮しちゃいました。
サイパンにスカイダイビングが出来る所が何か所あるのか分からないけど、「サイパン スカイダイビング」 で検索するとヒロシ (以下略) の所はトップでヒットするので結構有名な所だと思うし、何より 「テンションがめちゃ高い」 「マイネームイズ ヒロシでーす!」 の2点から、あのヒロシ (以下略) に違いないという気がする。ロシア人だったかどうかは分からないけど、本名の ”ユーリ ・ グラズノブ” というのはあまり聞いたことのない珍しい名前だし、ひょっとしたらロシア名なのかもしれない。

ヒロシ (以下略) なのかなあ。ひょんな所でヒロシ (以下略) に再会したような、楽しい気分になりました。元気かなー?♪




5/9

 「バンビ〜ノ!」  第4回

大学を辞めて恋人とも別れて、東京へ戻ることになりました。別に彼女と別れなくても、ダメ元で遠距離恋愛すりゃいいのに、とも思うけど。
恋人の立場なら、「自分より仕事 (夢?) を選んだ」 ということで悲しいだろうけど、ぬるま湯の中で満足しないで、壁に立ち向かってくってのは男としてはいいよね。

けど、てっきり元のパスタ助手に戻れるのかと思ってたら、ホール! 早速、現実は甘くなかった (笑)
だけどシェフ志望でも最初はホールから、ってのは、結構聞く話のように思うけど、そんなことないのかな? 『ハッスルで行こう』 の夏己もホールやってたしなー。

お客さんに接する現場を知るってのは、決して無駄ではないものね。逆にこんな機会は今しかないんだから、貴重な経験としてありがたく受けとめて欲しいな。
という風に長い目では、とても考えられないだろうけど (笑)




5/10

 ミラのCM

息子離れしたという母親は、「ちょっと出かけて来る」 とか 「約束あるから」 とはにかみながら車で出かけたり、1日中ドライブしてたはずなのに 「ガソリンがあまり減ってない」 し、愛人が出来たとしか思えない。 (なんつって)




5/11

 辻ちゃん妊娠、結婚

加護愛との区別がつかないので、一瞬加護ちゃんだと思いましたよ。クビになったはずなのになんでこんなに祝福されてんだよ!? と思っちゃいましたよ。そしたら違いましたよ。
しかしまあ、加護ちゃんといい辻ちゃんといい、やりまくってたんだなー。 ( ← おいおい)

同じ日に誰かもう1組、出来ちゃった婚を発表してましたね。
本当に最近、出来ちゃった婚って多いけど、みんな避妊してないのか? 膣外射精なのか? 血液検査してんのか? 危ないぞ〜。




5/12

 「喰いタン」  第5回

前回も前々回も観てたんだけど、それなりにいい話じゃないのと思ったんだけど、なぜだか感想書く気にならないんだよね、このドラマ (笑)  でも今回は書きます。

カレーの家ばかりが放火、って、んなアホな。うちは先週も今週もカレーでしたよ。ヤバイよ。 (レトルトだけど)

あのカレーの匂いのする植物って本当にあるんでしょうか。部屋の中では匂いがキツすぎるから外に出した、と言ってたけど、そんなに強烈に香るのか〜。
カレーっていい匂いだけど、芳香剤のように常に香ってると、確かに厳しいかも。

お母さんのフリをさせられた桃ちゃんの髪型がまるっきりサザエさんで、笑ってしまった。しかも今どき割ぽう着って! しかもスーパーに買い物行く時もって!
カゴに入れるのは大根とかだし、おいおい…
「カレーは作り置きのきく手抜き料理だ」
と遠藤ちゃんが言ったのを、
「それは違うぞ。作るの大変じゃないか!」
と否定するのも、それは桃ちゃんだからでは…と思ってしまった (笑)




 「ライアーゲーム」  第5回

すげードキドキしましたよ!
秋山さんが負けるわけはないと確信していても、心理戦がどうなるのか、15番がどんな行動を取るのかが分からなくてもうドッキドキ。
しかし、なるほどねえ。知ってしまえば案外単純なからくりだったんですけどね。

秋山さんの過去も明らかに。悲しいなー。だから直のことを放っておけずに、2回戦に乗り込んでまで助けに来たのか。

そして敗者復活戦!
しかし、直1人で勝てるのか!? (笑)




5/13

 「冗談じゃない!」  第5回

仕事から帰って来た夫を書斎で寝させる妻。おいおい…

あとこれは私自身も反省しなきゃいけないんだけど、自分側の家族に対しては、どうしても鈍感になりがちだよね。妹たちを早く帰すのは、圭太からは言い出せないんだから絵恋が気を回してあげなきゃいけないのに、自分の妹だからいいじゃん〜って感じだし。

理衣とのことを問い詰められてましたが、けど、もしバレたとしても、過去のことをギャーギャー言われる筋合いはないよね。もし私だったら、 「うぜ〜〜〜」 と思うことでしょう。出会う前のことまで何で責められにゃならんのだ。
理衣が現れて、うまくごまかしてくれたけど。本当、バレたらうるさそうだよね〜、絵恋て。ああウザイ。




 「堂本兄弟」  ディラン & キャサリン

なんだこれ…というくらい、全ッ然面白くなかったんですけど。でもみんな笑ってたし、私の感性の方が古くなってるのでしょーか。けどくだらんものはくだらん。




5/14

 「プロポーズ大作戦」  第5回

だからなんて告白しない!?

ふざけてキスしようとされたら、そりゃ怒るよなあ。
相手を真剣に好きならなおさら。「私はこんなに好きなのに、あなたはふざけてそんなことしちゃえるの!?」 って、ミジメにもなるよね。ほんっと、女心が分かってないわ、健ゾーってば。

せっかくの2人きりのチャンスなのに、おじいちゃんが亡くなってしまうことを知ってる健が、礼を連れておじいちゃんを追いかけるのは良かったな。未来がどうなるか知ってる健じゃなきゃ出来ないことだもんね。

キスも、まー頑張ったけど、キスしただけかよ! なんでそこで告白しない?
キスされて、その時は礼も嬉しくても、その後数日経っても 「好きだ」 だの 「付き合ってくれ」 だのアクションがなかったら、「あれは何だったの?」 って余計腹立つよな。

健の写ってる写真は終わってしまい、これからどうなるんだろう。つか、もうこれでいいんじゃない? こんなに何度もチャンスがあったのに決められないなんて、もうダメだよ、アンタ。多田との仲を、このまま一生指くわえて見守っていなさい。 (とはいかないんだろうけど〜)




5/15

 「花嫁とパパ」  第6回

室長が賢太郎にビシッと言ってくれたのはスカッとしたわー。
おかげで、「子離れする!」 と決めた賢太郎。
けどあれじゃシカトだよ (笑)  干渉はせず、困ってたり悩んでる時だけそっと力を貸す、というちょうどいい距離の取り方は、到底できないんだろうけど。
一生懸命無理してる賢太郎は、ちょっとカワイイというか可哀想だったな。

誠二の母親ってのがこれまたヤーな親で、賢太郎とはまた違った意味で、子供を所有物扱いしてやがる。
「1人で大きくなったような顔をして」 というのって、育ててやったんだから子供は親の言う通りにしろってわけ? この母親に比べると、賢太郎がいい親に思えて来る。 ( ← 大きな勘違い)

でもやっぱり、同じ 「子供を所有物にしてる」 んでも、賢太郎の方が愛情があると思う。そんな父親に育てられた愛子は、
「親なんてどうでもいい」
と言う誠二に、
「ダメです! そんなの幸せじゃないです!」
と否定するんだけど…この時の誠二が辛そうで見てられなかった。正論をぶつける愛子に、「やめてくれーっ」 と心の中で叫んじゃったよ。
愛子からすると、親をじゃけんにするなんて信じられなくて、そんな誠二が理解出来ないんだろうけど、家の事情ってそれぞれあると思う。中には親が憎くてたまらないとか、大っ嫌いな人だっていると思う。

20歳過ぎてるなら自分の意思で結婚できるんだから、親が反対してたって、それほど問題にしなくたっていいと思うんだけどね。
(もちろん、祝福されて結婚する方がいいに決まってるけど…説得する努力してダメなら、お互いが好き合ってるならもうそれでいいじゃんねー)

それにしても愛子、誠二には 「帰って下さい」 って言っただけなのに、あれでもう別れちゃったのか!? (笑)




5/16

 「1億人の大質問!? 笑ってコラえて!」  レスキュー隊員に感動

シリーズで、正式名称は忘れたけどレスキュー隊員の人達の密着取材をやってて、命がけで他人を救う姿に毎回感動します。
本来ならこういう人達が、赤坂議員宿舎みたいな待遇にされるべきなんですよね。本当にそう思う。




 「バンビ〜ノ!」  第5回

ホールの仕事にぜーんぜんヤル気がないバンビ君。
「目が死んでる! 近寄らないで!」
なんて言う客はいないと思うけど (笑) 、確かに心ここにあらずでの接客はマズイっしょ。ぼんやりして出来るほど甘い仕事ではないだろうし、ホールって。
料理がどんな風に運ばれて、お客さんがどんな所でどんな風に食事しているのかを知ることは、料理人として決して無駄な経験ではないと思うんだけど。生涯料理人をやってくつもりなら、最初の2〜3年なんてあっという間だろうに。何より、「最初はホールから」 というのがお店の方針なら、それに従うしかない。 「頑張って早くのし上がってやる!」 とヤル気に変えればいいんだけどね。
とは思うものの、気持ちはアセるよね〜。しゃーないか (笑)

ぶつかってグラスを割ってしまって、店内はシーン。これ、一番やっちゃダメなことだよね。お皿やグラスの割れる音って、本当、店内の空気が凍るんだよね〜。
でも照明落としていきなりバースディケーキってどうよ!? 普通バースディのケーキとかデザートって、そのお客さんが1人で食べきれる量でサービスするのでは? あんなバカでかいケーキ、年配のお客さまには拷問っすよ (汗)
それに他の関係ないお客さんには迷惑なのでは。佐々木倫子さんの 『ヘヴン』 で、オーナーがバースディサービスをしない理由について、
「関係ないお客にまで誕生日の雰囲気を押し付けるのがイヤ。誕生日の客ばかりではないのよ」
というようなことを言ってたけど、同感なのです。
そしていつの間にか片付けられてたグラス。バンビが目の前にいたのに、いつの間にだよ! この店には忍者がいるのか! (笑)

「みんな、何かしら満たされない思いを抱いて働いてるんだ」
っていう桑原のアドバイスは、いまいちズレてたような…じゃあアナタもですか? そんな思いで料理作ってるんですかァ? って聞きたくなる (^^ヾ 
「何のためにホールをやらされてるか考えろ」 とか言えば良かったのに。

けどバンビは、ヤル気になったみたいです。そうだよね、あすかも香取も全員、ホールを経験して来たってことだもんね。ガンバレ!




 ステーキ店の店長ら逮捕、食事中の女性客を拉致暴行

最初にこのニュースを聞いた時は耳を疑いました。店長と店員が? お客の女性を!? と。
店の店員が2人して、お客である女性を襲うなどと誰が考えるでしょうか。明るい照明のお店やコンビニなどは、深夜の道の避難所ともいえると思う。ましてやそこに客として入っている場合、金目当ての強盗でも入って来ない限り、誰しも 「安全である」 という当然の信頼の元、安心して買い物や食事を楽しんでいるでしょう。
今の世の中、教師や政治家が性犯罪を犯すことも珍しくないのだから、店員だって人間なのだから危険だ、という理屈になるのかもしれません。しかしやはり、明るいチェーン店の店内でまさか自分が襲われるなどと、危険予知のはんちゅうを完全に超えていると思わざるを得ない。

この店員の男達に対して、「何を考えてやがるんだ!」 とボッコボコにしてやりたいくらい腹が立つし、被害者女性の負った心と体の傷はどれほどのものであるか、察するとたまりません。催涙ガスなど、本当に肌身離さず持ってた方がいいのかもしれない。




5/17

 久本雅美が10歳年下の男性と熱愛

おおー、という感じ。久本さんは好きなので、 (別に結婚 = 幸せじゃないと思うけど) 「いい人が出来ればいいのにな」 と常々思ってたので、嬉しいです。
しかしこのスクープ、一緒に部屋から出て来ただの、その○日後には合い鍵で入って行っただの書かれてるけど、ずーっと張ってたのか? こう言っちゃ何だけど、久本さんってもう何年も男性の影はなかったのに、それなのに? まあ水面下で情報をつかんで、それで張り込みしてたんだろうけど。ようやるわ…ってそれが仕事なんだけど。
でもまだお付き合い始めたばかりだろうし、なるべく静かに見守ってあげて欲しいなーと思います。うまくいって欲しいな、とみんな願ってるだろうし。




5/18

 愛知の立てこもり、犯人の男が投降

素人考えなのですが、なんでこんなに時間がかかったんだろうとどうしても思わずにいられません。立てこもり事件が起こるといつも、催涙弾をダーンと打ち込んで突撃しちまえばいいのに、と思うのですが。
今回の場合、人質である妻は途中で脱出し、犯人だけの状態になってたんだから余計に。

29時間もダラダラと事件を長引かせ、付近の住民の方の恐怖もさることながら、出動した警官たちの経費はいくらかかってるんだろう。こんなことに税金が使われてるのも納得いかない。立てこもりに限らず、何か資源の犯人が逮捕された折は、逮捕に至るまでにかかった経費を犯人に払わせるようにすればいいのに。

立てこもりの理由が、妻に復縁を迫ったが断られたためだと聞いて、「くっっだらねえ!!!」 と胸クソ悪くなるくらいムカつきました。
殉職されたSAT隊員の男性が本当にお気の毒です。こんなヤツのために…




5/19

 「ライアーゲーム」  第6回

やっぱり直1人じゃ、勝ち残るのは無理かあ。
しかし、借金がないことを知った途端、フクナガよりも直を蹴落とすことに皆が一致団結してしまうのがコワイ。借金の額が1億円、と大きいから、そうなってしまうものなのかもしれないけど。

フクナガがまた裏切るだろう、というのは分かり切ってた。最初の投票結果発表で、フクナガに10票が入ってるのを見た瞬間、あーやっぱり、と思ったよ。直は一体何回だまされればフクナガを信用しなくなるのか。トリビアの種で実験してみたいもんです (笑)  3ケタくらいいきそうだな。

Mチケットを利用して、直に票を入れられなくしたし、フクナガは憎たらしいけどやっぱり頭いい!
しかし、こりゃどうすればいいのかなあ。私も頭悪ぃのでさっぱり分かりません。
多分事務局の女性から電話を受けた秋山さんは、敗者復活戦の会場へ向かった? 直を助けに行く?
会場には入れてくれるのか? そして、どうやって直を逆転させるのか?
やっぱりさっぱり分かりません。次回も楽しみ!




5/20

 「冗談じゃない!」  第6回

途中から私が帰宅拒否症になりそうだった。
絵恋 (とその姉妹) 、いい加減にしとかないと圭太に逃げられるぞ。
妹たちも、自分がベッドを占領して、家の主人を何日も書斎に寝させて、よく平気だなあ。まだ子供だからかもしれんけど。

理衣が店長をたきつけるのや、写メールで浮気と誤解されるのとかはどーでもいい感じだったけど、店長が圭太の家へ招待されてからは良かった。
フランス語でしゃべってたら、店長もフランス語分かってたとか。ナイス。実は隣りの山田さんも分かってる、とかだと面白かったのに (笑)

「私の理想は、妻から目移りしない男性ですから」
というセリフも感動だったな〜。役としてでなく、飯島直子さん本人としてのセリフのように聞こえましたよ。

しかし、あのクレーマーのババアはダメだろう…
「お客さまは神様」 って言葉があるけど、あんなババアなら来ない方がよっぽどいいし。
しかも 、髪の毛は自分が入れたって認めてるし! 最悪…




5/21

 「プロポーズ大作戦」  第6回

イライラするのは私だけですか?

まー今回は、健は精一杯行動してたけどね。
礼が同じタイミングで健に告白しようと、アパートへ。健がいればハッピーエンドだったのに!
で、礼は自分の気持ちに踏ん切りをつけてしまいました。って、なんで!? 留守電で合コン行ったと思ったから?
告白もしないで諦めちゃうなんて、私からすれば信じられないんですが。手を伸ばせばひょっとしたらつかめるかもしれない恋なのに、なんで諦めちゃうかなあ。変なの。プライド高すぎんじゃないの?

あと、エリが彼に会いに行くのにツルを付き合わせてたけど、何考えてんだ!?
自分に気があると分かってる男性に対して、この仕打ち。ナメすぎだろ…
もし自分の友達がこんなことしたら、友達やめると思います。




5/22

 「驚き映像ハンタードリームビジョン」

竜巻の中を撮影するというのが興味があって観てたんだけど、代表が内山信二だったのですよ。1分以内に機械をセットして避難しなければならず、予行練習をしたのだけど、太っている内山は車から降りただけで既に息切れ。当然セットは間に合うはずもない。
俊敏さが要求される作業なのに、なんでわざわざ太ってる内山にやらせるんだろう。わざとか。合間に内山の食事風景を映してたけど、そんなもん本気でどうでもいいっつの!
バラエティー番組 (?) だから、面白くするのは仕方ないのかもしれないけど、そもそもこういうテーマをバラエティー番組で扱うこと自体が不謹慎だと思う。日本ではあまり馴染みがないけど、世界では竜巻は甚大な被害をもたらしてる深刻な災害なんだから。
結局、撮影は出来なくて、観ただけムダでした。けど、 『ツイスター』 という映画では竜巻の中に入るシーンがあるんだけど、あれは想像での映像だったんでしょうか。




 「花嫁とパパ」  第7回

な、なんか疲れた。
ある方のドラマレビューで、「石原さとみの大げさな演技が見てて疲れる」 とあったけど、その通りだなーと。
翌朝、異様にテンション高くて 昨日の話をしたがらないのは、キスした翌日の賢太郎の反応と同じで、 「またコレかよ」 って感じだったし。

愛子が、「親は関係ないなんて言う人とは付き合えない」 だの 「仲直りして下さい」 だのしきりに言っていて、正論の押し付けにすっげえ気分悪くなった。
親子関係ってその家それぞれで、親が憎いとか嫌いだとかいうこともあると思うんですよ。産んで育ててもらった親に対してそんなこと言うのは良くない、親がいなきゃ自分は存在しないんだからそれだけで感謝すべきだ、という理屈は分かるし、誤解や理解不足や一方的な思い込みな場合もあるとは思うけど、本当にひどい親ってのもいると思う。その家の事情はその人にしか分からないし、何も知らない他人が正論だけで非難する権利はないと思う。
愛子が誠二を責めるたび、誠二がものすごく傷付いてると思うと、「やめろっつの、この無神経女が!」 と頭ハタきたくなりましたよ。
結局、ドラマならではのご都合主義で、仲直りしたっぽくはなったけど、現実は絶対ああはいかないよな。

もう別れなくてもいいんじゃないかと思ったけど、なぜか別れる (別れてる) 方向のまま話は進み、でも愛子が 「結婚を前提にお付き合いさせて下さい」 宣言。
なぜかみんな驚いてたけど、ふり出しに戻っただけだよね。
回り道して疲れただけだったよ…




 「ロンドンハーツ」  青田典子 結婚離婚について

青田典子さんが結婚、離婚してたのを聞いた時は、「何じゃそりゃ!」 とビックリしたなあ。国生さゆりさんは、「 (言い出すタイミングがなかったことは) よく分かる」 と共感しててたし、ちょうど 「負け犬キャラ」 でブレイクし出したことなどを考えると、まあ分からないでもないな〜、とは思うのだけど、やっぱり 「だまされた!」 という気持ちです。
「本当のことを言えなくて辛かった」
と涙目で記者会見してたけど、なんかもー、その涙も本当かよ? と思ってしまった。

今日のロンハーを観てて、あー青田典子さんへの熱はもう結構冷めてるな、と実感した。以前はすんごく好きだったんだけどなあ。
冷めた原因は多分、『芸恋リアル』 で青田さんが結婚相手を募集した際の対応を見てだと思う。残った2人のうち、最終的にお断りして ガックリ来てる男性に、
「でもまあ、いいじゃないですか。お友達ってことで、ねえ」
みたいに声をかけたのだ。真剣に結婚相手志望として応募して、最後の最後でフラレて、お互い30代のいい年にもなって、 「お友達」 になんかなれるわけないだろうがッ、とその無神経な言葉にちょっとムカッとしたのでした。
そういえばその番組では、応募して来た人の東京までの交通費、宿泊費は確か自腹だったと思う。その時はもう離婚はされていたのだろうけど、果たして真剣に再婚する気はあったのかどうか。バツイチってこともその時点では隠してるわけだしね。
企画、断れなかったのでしょうか。事務所のしがらみとか色んな事情もあったのかもしれないけど。
結婚離婚を言い出せなかったのは仕方ないとしても、あの時の応募者全員の交通費と宿泊費、返してあげろよ。




5/23

 「バンビ〜ノ!」  第6回

一生懸命やってるのに、失敗続きのバンビ。ホールに向いてないんだろうなあ (笑)  けどあれだけドジで気配りが出来ないなら、厨房でもそうなんじゃないかと思うんだけど。
美幸が注意するのも無理ないけど、バンビとしては精一杯やってるのに、どこがどうというのではなく、ただ 「ダメ」 と言われるのって、余計に萎縮してしまうんじゃないかと思うけど。

あすかと同僚クンの特訓で何とか形になったけど、またあのイヤな客に 「ロボットみたい。マズそう。担当替えて!」 とまた言われちゃった。明らかに失敗したわけでもないのに、あそこまで言われる筋合いはないと思うけど。

再び来店した時、おススメを聞かれて、 「おいしいです!」 を連呼…ってそりゃダメだろ〜。
しまいには、イチから作り方をイメージしながら説明。って、長いぞ! それにお店のレシピを暴露しちゃってもいいのか? お客は全員味をイメージしてたけど、想像だけでお腹一杯になりはしないか? (笑)  
第一、ひとつのテーブルにあんな時間をかけてたら、他の仕事がおろそかになると思うが (^^;

「おいしそうね、いただくわ!」
と結果オーライみたいにはなったけど、与那嶺からはダメ出し。確かにあれは、お客さんのことを思っての行動ではなかったかもね。
接客は難しいなあ。




5/24

 山口県光市の母子殺人、改めて死刑求める

『天国からのラブレター』 (殺された奥さんからの手紙をまとめた本) を持っていることもあり、この事件の判決の行方にはすごく関心があって見守っています。

加害者は現在26歳。犯行当時は未成年だったから、顔と名前を伏せるのは分かる (納得は出来んけど) けど、とっくに成人した今になっても顔も名前も伏せてあげなきゃならんのか? (ネットでは顔写真も名前もバンバン流出してるが)
犯行当時と同じく反省の様子はなかったらしい。
弁護団はこれまでと同じく、 「殺人ではなく傷害致死だ」 だの 「ままごと遊びだ」 だの 「母親に甘えるつもりで背後から抱きついた」 だの言ってるらしい…何が母親に甘えるつもりだ。ハナから性的暴行を目的に、本村さん家に行ったんだろうが。その後泣き叫ぶ赤ちゃんも、うるさいからと床に叩きつけて殺したんだろうが。
人を殺しといて「ままごと遊び」 って何なんだ? 弁護士もよく、こんなふざけたことをのうのうと言えるもんだ。本当、弁護士って腹立つわ。

事件から8年が経ち、夕夏ちゃんが生きてたらもう小学生なんだなあ、と考えてしまいます。あのまま幸せに暮らしていたら、下に弟妹も生まれていたかもしれない。

加害者が死刑になっても弥生さんと夕夏ちゃんは戻らないけれど、裁判の決着が宙ぶらりんのまま、ひょっとしたらまた無期懲役になるかもしれないという状態で毎日過ごすのは、精神的にすごくしんどいと思う。
私は1人でも人を殺したら死刑にするべきだと思うし、死刑執行には大賛成です。まして、全く反省してないこの男が死刑にならないなんて絶対におかしい。1日でも早く、死刑の判決が下されることを祈ってます。




5/25

 亀田興毅 8ラウンドTKO

試合の様子をTV番組で観たんですが。
私さー、亀田兄弟は結構好きだったんですよ。カッチョいいじゃんと思ってたんですよ。頑張って欲しいなーとも思ってたんですよ。
でも昨年末の、例の 「疑惑の判定」 の試合を観て、というかその後の亀田親父と興毅選手自身の対応を見て、さすがにちょっと何だかなあと思ったんですよ。

もう結構亀田兄弟はどうでもいいなーという感じになってて、今回の試合の様子の一部をたまたまTVで観て、…もうコイツはダメだと思いました。
観た人は分かると思うけど、試合中にわざとロープを背にして相手に責めるよう促したり、 お尻をプリッと向けてみせたり。相手選手を、というより、ボクシングそのものに対して失礼でしょうが。
私は別にボクシング好きでもないし、詳しくもないけどさ。スポーツってどれも、プレイする場は 「聖域」 で、試合は真剣勝負なんじゃないの?

TKOで勝ったかもしれないけど、今回は八百長でなくちゃんと勝負だったのかもしれないけど、何にしてもこの人はもうボクシングする資格はないと思った。
ガッツ石松さん達も怒ってんじゃないのかなー。もう呆れて何も言う気しないか。




5/26

 「ライアーゲーム」  第7回

もう、フクナガが仕掛けて来る勝負に乗っちゃダメだってば、直ちゃん! ヤツが勝ち目のない勝負を挑んで来るわけないんだからさ〜。
ゲームのルールを聞いて、そんなもん、表でも裏でも有効になるフクナガが有利に決まってるじゃん! って、今回のは私でも分かったわ。
フクナガにとっては直をだますことなんて、赤子の手をひねるくらいちょろいんだろうなあ (笑)

そこへ秋山さん登場! も、もう、カッチョ良すぎる!
(どうでもいいけど、フクナガとのゲームのルールを解説した時の直の似顔絵、似てなくないか? (笑) )

秋山さんのアドバイスのもと、再び挑んだ勝負では見事勝ち。どうやってイカサマしてるのか全然分からなかった。
9勝させるまで待つとか、印はフクナガのカードの方にするとかは、さすが! でした。う〜ん、やっぱり秋山さんはスゴイ。

Mチケットを使って、他人の票をもらうというのも、その手があったか、という感じ。投票は出来ないけど、既にある票をもらうことは出来るんだもんね。 (つか、何でもアリなんだなーと思ったけど)
勝ち残りたかったら高額で票を買え、とのこと。一気に直が全員の主導権を握りましたよ。す、すごい…

秋山さんは直の 「私物」 だなんて女性スタッフに言われてたけど (笑) 、私も秋山さんを私物にしたいっす! ( ← バカ)




5/27

 「冗談じゃない!」  第7回

結婚指輪ってそんなに大事かー?
いや、そりゃ、相手になくされたら確かにちとショックかもしれんけど。でもわざとじゃないなら仕方ないよねー、怒ったって。と思う私はやっぱり冷たいのでしょーか (汗)
ちなみに私もダンナさん ・ Oくんも結婚指輪はしてましえん。 (私は最初はしてたんだけど)

クリーニング店から指輪を渡された時、てっきり絵恋は怒ると思ってたんだけど、そうじゃなかったので意外だった。
けど、同じ指輪をしてたってことはショックだったようで、家を飛び出す…って、飛び出すの好きだなー。飛び出して何の解決になるのよ? とりあえず話し合わなくてどーするよ? と思うんですが。
代わりの指輪をしてたってのも、自分を悲しませないためなんだなって分からないもんかね。

で、男の部屋に泊まっちゃうし。そっちの方がよっぽど悪いっつの。
相手がいい人 (?) だったから良かったようなものの。悪いヤツならヤラレて、下手したら妊娠したり病気もらったりしてそれこそ家庭はメチャクチャだぞ。

まー仲直りはしたけど、今度は隣りの山田さんが理衣のことを思い出した?
けど、もう20年前のことなんだし、いいじゃん…わざわさ仕事先にまで言いに来るなよっ (笑)




5/28

 「プロポーズ大作戦」  第7回

だーー、もう、イライラするなあ!!
だから早く告白しろってば!

まあ今回は、「一発で倒したら、付き合うの決定な」 と言って、てっきり失敗するんだろとおもったら命中して、「おおっ!」 という展開はあったけど。
なんで礼ははぐらかしちゃったのかなあ。本当に健のことが好きなのか? まあ、これまでのチャランポランな健を見てて、とても本気とは思えなくて、わざと突き放して対応を見たのかもしれないけど。
でもこういう 「〜したら付き合ってくれ」 という告白 (?) の仕方って、個人的にはあまり好きじゃないんだけど。じゃあもし失敗したら付き合わないの? その程度の気持ちなの? それでもやっぱり付き合いたいってんなら、最初からストレートに言えよ! と言いたくなる。まどろっこしいというか、なーんかカッチョつけすぎな気がするんだよね。

で、健ですが…コイツも結局、カッチョつけすぎなんだよなー。タイミングとかシチュエーションに凝りすぎだと妖精にも言われてたけど。 (その割には大掃除の最中、頭にタオル巻いた姿で告白しようとしてたけどな。あのシチュエーションでもいいなら、他にいくらでもチャンスはあったじゃんか)

多田の告白に今度は間に合って、
「おお、止めた! やった!」
と思ったんだけど。その後も結局言いだすせずじまい。
もうダメだね、コイツ。何もしてないうちから (本人はいろいろやってたつもりだろうけど、相手に伝わってないんだからやってないのと同じだ) 、 「完敗だ」 と諦めちゃってるし、ハイその通り、もう諦めた方がいいよ、アンタ。
現在に戻って、ツルとエリが付き合ってるのを目の当たりにしても、「未来は変えられるんだ、やっぱり頑張ろう!」 と考えるでもなし。フヌケすぎ。
男がウジウジしてるのってイライラすんだよなあ…キ○タマついてんのかよ! ってどつきたくなる。

けどここで思ったのが、あの時、エリを引き止めたから今があるってことは、あの時もしあのままだったら、エリは元カレの所に行って、ヤラレちゃって、その後ズルズルとセフレ関係が続いたんだろうな。止めてもらって良かったね。

しかし、
「過去にタイムスリップしてたんだろ?」
とあっさり理解してしまう幹雄、スゴすぎ (笑)  常識ではありえないことなのに、そんなあっさり適応するなよ! トトロのお父さんかよ! (なんのこっちゃ)
「分かってたら協力してやったのにな〜」
と、いくら今言ってくれても、過去の幹雄は知らないんだもんね。
私は予告編を観ない主義だから、次回がどうなるのか知らないんだけど、ひょっとしたら次回からは幹雄がタイムスリップして2人の仲を取り持つんだったりして? (笑)




 ZARDの坂井泉水 転落死

ビックリしました。特にファンというわけではなかったけど、歌は好きだったし、ジャケット写真などを見てキレイな人だあーと憧れていたし。
ガンで闘病されていたというのも初めて知りました。
まだお若かったのに、残念です…




 松岡農水相大臣が自殺

はあ? 何やってくれてんの? と思いましたよ。死んだ人を悪く言うのはいけませんという人もいるけど、私はその人間がやったことはやったことで消えないと思う。自殺しなきゃいけないほどのことをやってたワケね、としか思わない。金返せよ! ちゃんと説明しろよ!
しかも首を吊ったのは例の赤坂議員宿舎。これでその部屋は閉鎖されるだろうし、もしかしたら上下左右の部屋にも誰も入居しなくなるかもしれない。そうしたら更に税金の無駄だ。死ぬ時まで税金を無駄遣いする男だな、全く。




5/29

 「カスペ!」

実際にあった呆れてしまうクレームや、それの対応作などが面白かった。警察24時みたいな番組と同じく、「こんな非常識でめちゃくちゃなこと言う人間がいるのか」 と、ちと気分が悪くもなるんだけど。
大手のチェーン店でのクレーム対策会議はスゴかった。
「クレームは宝だ」 ってのは聞いたことあるし、クレームを大切にする企業は大きくなるんだろうなと思うんだけど、中には悪質なものもあるわけで。
イチャモンつけてお金をせびり取る常習者についてもやってて、本ッ当、こういう人間がいるってことが胸クソ悪くなる。
対応する人達は本当にお疲れさまです〜。




 「花嫁とパパ」  第8回

なぜ駿一鳴海が愛子を連れてくのか、さっぱり分からないんですが。
それに誠二と別れろってのもなあ。今どき恋人がいたら仕事に身が入らないってのも、ナンセンスでしょ。

しかし誠二の上司の女、ホテルにまで誘って、ありゃ逆セクハラじゃないのか? (笑)
はっきりその場面を見たわけでもないのに、
「室長と宇崎、デキてたのよ!」
と無責任なこと言うわ、環は自分でなく愛子を引き抜く鳴海に可愛さ余って憎さ百倍で、チクリ電話入れてるし。女子社員、やることが精神年齢低すぎ…

なんか暗い雰囲気になって来ましたね。
愛子の常に引きつけ起こしてるようなしゃべり方も、観ててしんどかったわー。




5/30

 陣内智則、藤原紀香 結婚披露宴

観ました。
いやあホテルオークラは凄いね。あんなに広い会場があるんですね。他にどんな用途で使われてるんだろう、と余計なお世話で心配までしちった。やっぱり芸能人のパーティーとかかな。

紀香さんのウエディングドレスは、ヴェールをあんな前に出して顔を隠さなくても、というのが正直な第一印象。いやああいうデザインなのでしょうけど。個人的には、顔をスッキリ見せる方が好きなので。マーメイドのドレスは、紀香さんの長身に似合っててすごく良かったと思う。
赤ドレスは、正直それほど感動しなかったなあ。紀香さんのドレス姿って、これまでにもしょっちゅう見たことあるもんね。

乾杯は宇津井健さん。同じ事務所だとのことでしたが、きっと芸能人が何百人もいるんだから、後の祝辞も含めて人選は悩んだろうな〜。
館ひろしさんの祝辞は、 
「イギリスの言葉で、『男にとって結婚生活の中で最も幸福な日が2日ある。それは結婚の日と妻の葬式だ』 というものがあります。最近は大抵夫の方が先に亡くなりますので、最も幸せなのは今日しかありません。なのできょうこの一日を幸せに過ごして下さい」
というようなもの。ちょっとブラックジョークっぽくて笑えて面白かったけど、やっぱり、
「じゃあ結婚式が終わったら、後は妻の葬式が幸せだって思うほど冷めちゃうってこと?」
と、なんとも言えない物哀し〜〜い風が心の中を吹いていきましたよ。この言葉、どうなのよ…すごいいろいろ考えてしまったんですけど。まあ、話が短かかったのは良かったけど。

ヒロミゴーさんは元気でしたねえ (笑)  この人のテンション、大好き (笑)  お祝いの場向きだよね。
けど 『お嫁サンバ』 の歌詞の、
「花の咲くのはこれからなのに、蕾のままでいいのと言うの〜」
というのは、もう花を咲かせちゃった (過去にブレイクした) の紀香さんにはいまいち合ってなかったような (^^ヾ あれって若い新婦さん向けの歌なのね。

しかし郷ひろみさんも東国原知事も、離婚してる人なだけに、お祝いをもらってもちと複雑な気が (笑)  東国原知事には徳光さんが、「何かアドバイスを」
と言ってたけど、何のアドバイスだよ! と突っ込んでしまいましたよ。

ケーキのファーストバイトでは、紀香さんはわざと (芸人の陣内さんのために) ウケを狙って、陣内さんの鼻にケーキをつけようとしてたんだと思ったんだけど、違うのかな?

引出物は、バカラのグラス、2人の写真がプリントされたチョコレート、紀州の梅干し、松茸昆布、紀香さんの本でした。グラスはワイングラスとかでなく普通のやつだし、チョコレートも食べちゃえばなくなるし (笑) 、もらって困るというのは何もなく、どれも実用的ですごくいいと思った。さすが! ( ← 何が?)

ただ…ここまでしっかり観といて何ですが、この2人の結婚、大丈夫なのかなあという不安がどーしてもあるのですよ。そもそも結婚報道がされた時も、2人とも 「まだ何も決まってません」 と戸惑った様子だったので、
「ひょっとして単に付き合ってただけなのに、 『結婚!』 と突っ走った報道がされちゃっただけなのでは?」
と思っていて、でももう世間は結婚したかのような騒ぎだし どうするんだろう、と思ってたら、実際に式はいつどこでやります、と流れ始めて、
「後に引けなくなって、じゃあ本当に結婚しよう、となったのでは?」
といらん心配をしてて。オマケに数日前、陣内さんが、
「結婚をやめよう、となったこともあった」
と話していて、披露宴でも実は別れ話をしていたと暴露したし。その後話し合ってやっぱり結婚しようとなったらしいですが、果たして本当に心が戻ったのか? ズルズルと来てしまったのでは? という気がしてならないんだよーーー。 (特に陣内さん)
こんなふうに感じてるのって私だけ? いやもちろん、末永く幸せになって欲しいとは思いますよ。紀香さん好きだし。
でもなんか、披露宴を観てても、感動というよりはハラハラしてしまってました。いや、幸せになって下さい、本当。




 「バンビ〜ノ!」  第7回

接客ってマニュアルじゃないんですよね。お客さんを見て、臨機応変に、なんですよね〜。服装なんか覚えなくたっていいと思うけど (笑) 、まあ、それだけ他の人はよく見てるってことなのでしょう。

厨房はお客さんの顔が見えないんだから、それを伝えるのがホールの役目。その通りですよね。
例えば小さい子供さん連れのお客さんがパスタを注文したとして、普通はアルデンテなのだけど、厨房には 「小さい子供さんにも取り分けるかもしれないので、柔からめで」 と伝えたり。 (もちろん自分からお客さんにそう確認したり)
それを、
「いや、みんな十分急いで作ってるしな〜」
とちゅうちょしちゃうようじゃダメなのね。あくまでも 「お客さまのため」 に考えなきゃいけないんだから。

羽山とのパスタ勝負、相手はバンビ!
香取は、
「仕事を降りて何年も経ってるヤツと、今必死こいてやってるヤツ、どっちが旨いもん作るんだろうな」
と言ってたけどさ〜。いくらブランクがあるとはいえ、一度はプロとしてやってたんだから、やっぱりおいしい物作るんじゃないの? バンビは必死でやってるったってホールなんだし (笑)

でまあ、判定は負けで、そこまでうまくはいかなかったんだけど、
「どうせ勝てないと思ったので、食べる人達の身になって作った」
ってのは良かったな。
あすかの彼氏、すげーロクデナシのだめんずのはずが、なんかどんどんカッチョ良くなってしまったのはなぜ? (笑)

早く厨房に戻れるといいね。と思ったら今度はドルチェですか! (笑)  いや、これもいい経験じゃん、頑張れバンビ (笑)




 「グータンヌーボ」  山本モナ

山本モナって、例の不倫騒動での活動自粛が済んだら、なんかあちこちに顔出してますよね。この前観た番組では、肩書きが 「タレント」 になってたけど、アナウンサーはやめたの?
不倫ってのは不貞行為で、いわば悪いことなはずなのに、それを利用 (ではないけど、結果的にそうとしか思えん) してしゃしゃり出て来るなんて、なんか気に食わないなあ。

恋愛の話をしてても、あの議員のことのようにしか思えん。
「好きな人が出来たらリサーチするんですう。何時にあの辺で仕事が終わるって調べて、そこへ行って偶然会ったフリしたり〜」
というようなことを話してたけど、ふーん、じゃああの議員のことも調べて、既婚だってことも知った上で近付いたんですか。奪い取る自信があったんですか。それともセックスできりゃ良かったんですか。と思ってしまったわ。





5/31

 「世界! 仰天ニュース」

中国での、恋に落ちた未亡人と年下の男性の話。
恋仲になった2人を、村の人達は良く思わなくて、親からも反対。ある日2人は姿を消し、死んだのだと思われていたけど、誰も来ない山の山頂で50年後の今も暮らしていたのでした。
80歳近くになった女性は、
「生活は自給自足で苦しかったけど、毎日楽しくて、幸せでたまらなかった」
としわくちゃの顔でニコニコしていて、こんな笑顔が出来るのだから本当に幸せだった (今も) なのだろうなあと心底思いました。

そして驚くのが、男性が家族のために、山頂から街まで6千段もの階段を作ったこと。このおかげで病気の時は病院に行ったり、子ども達も学校に通ったり出来たそう。
6千段…これがどのくらい大変なのか、もはや想像を越えているのだけど、男性の愛情をデカさに、衝撃のように感動しました。純愛だあ。

それと同時に、純粋に愛し合っている2人を悪く言ったり、無責任な噂で傷付けて追い出すまでした、村の人間達の残酷さに少しゾッとしました。当時の考え方や風潮はそういうもので、ひょっとたら私だってその場にいたら同じように言ったのかもしれないけど、やっぱり 「人」 って怖いなあと思った。




  6/2

 「ライアーゲーム」  第8回

つか、直も結構頭いいじゃん!
確かに、誰かが賞金を総取りしても、後で敗者にあげればいいんだもんね。言われてみれば単純なこと。それを欲が出て、損得をする人が出て来るってだけで。
声をかけてくれたエトウを救済するため、あえてエトウを 「リストラ」 し、他の人にも1億円ずつ渡す直。もちろんフクナガにも。
んもー、お人好しなんだからあ。けど、それが直のいい所なんだよね。 (ここまでしてもフクナガはまた裏切りそうだけどな (笑) )

事務局は、「この結果がご不満ですか」 と秋山さんに聞いていて、事務局は満足そうでしたよね。
一体狙いは何なんだろうなあ…

秋山さんがどう思ってるのか分からなくて、直が 「3回戦に行きますから」 と向かい合った時、
「じゃあ3回戦では敵同士だな」
みたいな厳しいことを言われるんじゃないかとハラハラしたけど、
「帰ろう」
という拍子抜けする一言。良かった〜 (笑)
秋山さんもきっと、 「何てお人好しなんだ」 と思いつつ、お母さんの面影とダブらせて、直に対して、好意と 「ますます守ってやらなくちゃ」 という思いを強めたんじゃないかな。
最後は、 「放っとけないからオレがずっとついててやる」 みたいな感じでくっつくんじゃないかなー、と密かに期待しております。




6/3

 「冗談じゃない!」  第8回

隣りの男の子の片思い話はどうでも良かったな〜。
つか、「はぐれた時はそこから動かない」 のが鉄則なのに、誰か1人くらい待ち合わせ場所で待ってろ〜 (笑)
あと、理衣は悪くないと思います。 (仕事から疲れて帰って来て、いきなりワケ分かんないこと言われてキレられたら、たまったもんじゃないよなあ)

で、いきなり絵恋家族は帰国。まあ、このまま最終回までってのはさすがに無理があるので、この辺が潮時でしょうか。
しかしパパの浮気問題はどうなったんだ? いいのか?

入れ違いに、今度は圭太の母親が居座ることに?
絵恋はまだまだ家事はおぼつかないだろうし、さぞしぼられるんだろうな〜 (笑)
相手の親に居座られる窮屈さを、身を持って知りましょうね。




6/4

 「笑っていいとも!」  これって面白いのか?

人気のある順位を当てるというコーナー。
大抵は、何かのお店のメニューの順位なんだけど、チーム内で、
「○位はこれじゃないか」
「いや違うよ!」
「これじゃない?」
「えー!?」
と、とにかくうるさい。 (これに客席の 「えー!?」 も加わる)
ギャーギャー騒いでる割に、そのお店の人気のある順なんてはっきりいってどーでもいいし、順位だって、先月の売り上げとか、何人に聞いたのかも分からないようなアンケートの結果でしょ。更にどーでもいい。

なぜかこのコーナーは結構長く続いてて、そんなに人気あんのか? みんな面白いと思ってんのか? 私は密かに、紹介された店が謝礼を支払ってるのが大きいんじゃないかと思う。 (いいともで取り上げられりゃ、すごい宣伝効果だもんね。謝礼払ってるでしょ?)  いいともも昔よりCMが増えて、スポンサー集めに大変そうだもんなあ。

先週、松野明美さんがゲストで出てたこともあって、さすがに 「うるさい」 と苦情が来たのか、今日タモリさんが 「騒がしけりゃ面白いというわけではない」 と格言 (?) を言ってたしなめていた。
けど、やっぱり今日もうるさかったなー。つか面白くないんだって。おまけに月曜は、テレフォンの後はこのコーナーだけだし。




 「プロポーズ大作戦」  第8回

何しに戻ったんだよ? と、いつもにも増して言いたくなってしまった回。
グダグダグダグダと…
とうとう礼の方が先に、 「好きだったんだよ」 まで言ってしまってるし。
しかもそれに対して何も返事しねえ!
「オレもずっとずーっと好きだった! 今も好きだ!! 付き合ってくれ!!!」
って言えばいいじゃんよ? 何で言わないんだよ!?
これまで多田先生のことは何とも思ってなかったのに、告白されて、真っ直ぐに好意を示してくれれば、「付き合おうかな」 と思っちゃうくらい、人の気持ちってのはシンクロしやすいんだよ。 (もちろん例外はあるだろうけど)
要は自分が恥かきたくなくてカッチョつけてるだけでしょ?
そのくせ、ウッダウダ、ウッダウダと…ああ、マジイラつく。

アホらしくてもう観るのやめたいんだけど、なんかここまで観たのにって気もするしなー。
次回はタイムスリップラストチャンスらしいけど、この分じゃ、また同じような気がするな。
てっきり中盤くらいで、現在に戻ったら結婚式じゃなくなってて、礼と多田さんが付き合ってなくて、健と付き合うようになってて…というふうに、状況がだんだん変化していくのかと思ってたのよ。そんで最終回が健と礼の結婚式ってね。
でももう、今から引っくり返すのは無理でしょー? (その気になりゃまだ十分逆転可能だとは思うが、このヘナ○ン健の野郎じゃ無理だ)
最終回だけ2倍速くらいで観ようかな…

あのマラソン選手の黒人さんが久し振りに登場してくれたのは嬉しかったけど (笑)




6/5

 「花嫁とパパ」  第9回

美奈子の店で自分のお金で飲んでるのに、愛子から 「帰って下さい!」 なんて言われる筋合いはないよね〜。まあ、酔っ払って手に負えなくなって、愛子が呼び出されたんだけどさ。

あと、付き合ってるわけでもないのに、 「かぁ〜わいいん!」 とエンゲージリングをオネダリする誠二の上司、頭おかしいです (笑)   (本人は付き合ってるつもりなのか?)

婚約した誠二と愛子だけど、勝手にお見合いをセッティングされちゃったらしい。
今度は誠二のお父さんが登場ですよ。
正直、お母さんのエピソードで親ネタはお腹一杯だったので、 「また?」 って感じなんだけど (^^ヾ 




6/6

 「バンビ〜ノ!」  第9回

メレンゲ勝手に作っちゃダメでしょー、それは使ってもらえないでしょきっとー、とさすがに思った (^^ヾ
何度も何度もダメ出しされてたけど、卵もったいないじゃん! 鶏が卵産む時って、ポンッと簡単に出て来るんじゃなくて、海亀の産卵みたいに 「う〜〜〜〜〜ん」 って苦しんで苦しんで産むって聞いたことがあって、それを知ってから、バラエティー番組で生卵ぶつけたりするのに腹が立つようになったのだ。 (そうでなくても、食べ物を粗末にするってのは気分悪いけど) バンビは卵いくつダメにしたんだろう。むー。

自分の仕事をバンビなんかに任せられないって気持ちは分からないでもないけど、お客さんのことを第一に考えなきゃいけないわけで、ケガのせいでデザートを遅らせないこと、そのためにはバンビに手伝えることは手伝わせるってのがプロなんじゃないのと思った。
やっぱりこの店、私は一流だとは認められんっ (笑)

びっしりと書かれ、何度も手直しをされたレシピノート。そんな大事な物をお店に忘れてくなよって気もするけど (笑) 、スゴイですねー。
でも同時に、決まった分量を決まったレシピ通りに作ればいいなら、誰だって出来るんじゃん? とちょっと意地悪く思ってしまった。
い、いやでもきっと、職人さんならではの技術も必要なんだよね? 盛り付けも繊細だし。

卒業製作のティラミスは 「おおっ」 って感じだったけど、材料勝手に使っちゃって、いいのか? 「すみません」 で済むのか? 更にそれをお客さんに出して、しかもおススメメニューだなんて、いいのか?? (笑)
ついでに、メレンゲを泡立てる電動機はないのか? 閉店後にあんなに人が出入りできる店って一体? と他にもナゾはありますが。
でもおいしそうだったな〜、バンビーノ風ティラミス。この翌日には、きっとコンビニでティラミスがよく売れたんではないかと (笑)

こんなに認められちゃって、このままドルチェを命じられるんじゃないかと冗談で思ったけど、本当に打診されてたよ!
このままドルチェに…は行かないよね? (笑)




6/8

 ジョージアのCM

若い女性が、
「それ好きですねー」
と渡哲也さんの缶コーヒーを取り、一口飲んで、
「意外においしい、かも」
と返すCM。
上司と部下か何か知らないけど、目上 (年上) の人のコーヒーを勝手に取って勝手に飲んで、礼も言わず (軽く頭は下げるが) 、
「意外においしいかも」
とは何だ、失礼な!
なのに渡さんは、女が口をつけた缶コーヒーを、ちょっと照れながら嬉しそうに見つめてるんですよ。
こんな礼儀のない女なのに、若いってだけでそんなに嬉しいのか! と、見るたびに 「ケッ」 と思ってまう。
いい年して、たかが間接キスでそんなに嬉しがってるんじゃねーよっ! (笑)




6/9

 「勝者は誰だ!? 大予想!! (再) 」  単独スカイダイビング

4000m上空からの単独スカイダイビングで、誰が1番早く飛び降りるかのタイムを競う。メンバーは ますだおかだの岡田、ハリセンボンの春菜、バッドボーイズの佐田、長州小力 (敬称略) 。
まずタンデム (インストラクターがくっついて飛ぶ) で飛ばせる。4人とも絶望的な顔をしてて、サイパンでスカイダイビング体験をした私は、不思議な感じでした。でも、ダンナさん ・ Oくんも何度か誘ってみたんだけど、
「お金を払ってまでそんな怖い思いをしたくない」
と言われ、ああこう考える人もいるのか、と思って諦めたのでした。

その後に、実はこの後が本番で、単独でやってもらうと告げるんだけと、それを聞いた瞬間、佐田さんと春菜さんは、
「無理無理無理無理無理! 無理ですって!!」
と同じ反応をしてたのが面白かった。

私だったら、「えー!」 とは思うだろうけど、多分最初に言う言葉は、
「インストラクターの人が同時に飛んでくれるんですよね?」
なんじゃないかと思う。ベテランのインストラクターが同時に飛んでくれるなら、やってもいいかな、と思うかも。
でもやっぱり怖いだろうなー。なんといっても、自分で飛び降りるというのが怖いと思う。サイパンでやった時は、一応自分から足を出して手も離したんだけど、背中にくっついてるインストラクターが手を離すのが最終段階だったので、自分で 「えいっ!」 と飛び降りるとなると、なかなか踏ん切りがつかなかったかもしれない。
でも、ヒロシことスティーブンことユーリが一緒に飛んでくれるならやってもいいっ (笑)

単独で飛んだのは長州小力さんと佐田さんだけだったんだけど (他の2人はリタイア) 、長州小力さんはパラシュートを開いた後、そのままの体制で3回転して、佐田さんはパラシュートを開こうとしてバランスを崩して急降下、すぐ傍にいたインストラクターがパラシュートを開いてくれて、どちらも無事に着地したんだけど、
「やっぱりスカイダイビングって怖えぇぇ!」
と思いました。ヒロシと一緒じゃなきゃ飛ばない! ( ← もういいっつーの)




 「ライアーゲーム」  第9回

腎炎で通ってる病院の待合室で、雑誌で 「ライアーゲーム」 を読んだことがあるんだけど、この回でした。
「密輸ゲーム」 面白えぇ! (やりたくないけど)
団体戦だけど個人戦。なるほどー。

チーム分けでは、いきなり赤と青のライトでババッと分けられて、ゾクゾクッと鳥肌立っちゃった。
直ちゃん、秋山さんと同じチームで良かったね〜。

直のヘタくそすぎる演技に、秋山さんが笑ってたのが、 「行列のできる法律相談所」 で北村弁護士が笑うくらい貴重なことで、なんか嬉しくなっちゃった。張り詰めてるドラマだから、こういうギャグッぽいシーンは何となくホッとするんだよね。

しかし、今回は相変わらずさっぱり分かりません。
1回目から1億円を密輸して来たのも、きっとヨコヤって奴の入れ知恵だよね?
その後も、5001万円、続けて5002万円の密輸も見破ったし…
超能力者だってのはウソだと思うけど、かなり人の心理を見破る天才だってことだよね?

チビキノコ (名前忘れた) の言う必勝法ってのもさっぱり分かりません。
ちなみにダンナさん ・ Oくんの予想では、 「相手を買収してんじゃないのか」 とのこと。言われてみれば、ボタンを押すまでは各部屋に会話の内容が聞こえないんだし、チビキノコが検査室へ行ってからの時間が 「長いな…」 って言われてたし。これかなり有力な読みだと思う。

でも何といってもヨコヤですよね。秋山さんとの対決が早く見たいっす! 秋山さん、負けないよね?




6/10

 「冗談じゃない!」  第9回

お姑さんと絵恋の闘いになるのかと思ったけど、最初にちょろっとイヤミ言われただけで、後はむしろ仲良しになってましたね。良かった良かった。
お義母さんも何話か居座るのかと思ったら、意外やあっさり退散。再婚が決まって良かったけど、正直どーでもいいというか、仮に見逃しても何の支障もない回だったな (笑)

とうとう圭太が、自ら、
「お母さんの元カレは僕なんだ」
ってカミングアウトしちゃった!
って、何で言うかなー? 「他の人の口から聞くよりは」 ってことだけど、誰の口からバレるっての? 理衣は絶対しゃべらないって誓ったんだし、後は隣りの山田だけ (あとその息子もだけど) でしょ? コイツは口滑らしそうだけど、「協力する」 って一応言ってくれたんだし。
つか、余計なこと言わないで黙ってりゃいいだけでしょ。秘密にするのって、全然大変なことじゃないと思うんだけど。

知らない方が幸せなことって絶対あると思うのよ。秘密のないのか誠実なんじゃない。
こういう 「優しさ」 とか 「誠実さ」 を勘違いしてるヤツって、ヘドが出そうなほどイヤんなるわ〜。
あーあ、絵恋、可哀想に。




6/11

 「プロポーズ大作戦」  第9回

これが最後の1枚っていうから。
タイムスリップしてすぐ、「そこにいろ!」 と多少男らしく、礼に電話してヤル気満々だったから。
今回こそは告白しやがるかも、と思っていたのに、またですよ…
いや一応したのか。でも、「好き」 とは一言も言ってないよね?
大体、多田先生と1年半も付き合って来て、プロポーズまでされてるってのに、
「オレと結婚しろよ」
の一言で、礼があっさり 「うん!」 と言うわきゃねーだろが。
なんでもっと、
「ずっとずっと好きだった! お前を失いたくない、ずっと側にいて欲しい、多田先生に取られたくない、結婚なんかするな!」
と情熱的に言わないのさ! 腕をほどかれて、あっさり諦めてんじゃねーよ! 離すなよ! 抱きしめて絶対離さねーってくらいの気持ちを熱くぶつけなきゃ、健への気持ちに踏ん切りをつけて、1年半別の男性と付き合ってたこれまでの礼の思いは揺るがないってーの。
「そんなんで結婚するなんてバカだよ!」
なんて、10年以上ずーっと側にいたくせに告白のひとつも出来ないヘタレ男に言われる筋合いはないんだよっ。
指輪を買って、礼の指に入らないとイヤだから一番大きいサイズで作った…ってのは ちょっと良かったけど、あのね、ひとつ教えてあげるよ。いくら想ってたって、心のこもったプレゼントを用意したって、言わなきゃ、渡さなきゃ、相手にとっては全く想われてないのと同じことなんだよっっ。

そして、またもう1枚あるのー?
今回は、録画したのを後で2倍速で観ようと思ってたんだけど、ダンナさん ・ Oくんが観たがたので仕方なく観てたんだけど、次回は絶対2倍速で観てやる。時間がもったいないわ。




 横峰さくらの父親が参院選出馬を表明

はあぁぁぁ!? と思いましたよ…何考えてんだこのオヤジ。
この父親、プロでもないのに娘のプレイにあーだこーだとエラそうに説教したり、さくらさんが嫌がってるのについて歩いてるのを見て、不快感を覚えてました。その後、賞金目当てに娘たちをプロゴルファーにしたことを何かの番組で観て、完全に嫌いになったのでした。

娘に寄生するだけじゃ飽き足らず、今度は国民の税金にまでたかるつもりか。
まさか当選しないだろうな…




6/12

 「ドリームビジョン」  象の胎児の映像

が、スゴかった。小さいのにしっかり鼻も耳もあって、ちゃんと象なんですよう。カワイイ〜。
象の妊娠期間は1年以上で、生まれた小象の体重はなんと120kg。スタジオの芸能人さん達はすごく驚いてたけど、そもそも、人間が異常に早産すぎるんですよね。2本足で立って歩くようになった人間は、骨盤が狭くなり、そのため胎児はものすごい早産状態で生まれているのらしいし。確かに、あんなに何も出来ない状態で生まれて来るのは人間くらいですもんね〜。
(母親は生まれた子供の世話に何年もかかりっきりになるため、その間 経済的に援助してくれる父親が必要となり、男性を繋ぎ止めておくために、人間の女性は発情期がなく一年中セックスできる体になったのらしい)




 「週刊オリラジ経済白書」  高額アルバイト

結婚披露宴の代理出席のアルバイトがあるってのは聞いたことあるけど、バイト代はなんと1万円!
オプションで受付やると3千円、カラオケ歌うと5千円、スピーチ、2次会は1万円。やりますやります全部やります!
披露宴大好き、出席したいッと切望してる私には、最高のバイトですぅ。
風俗などのお仕事してて、それを隠したい新婦さんからの依頼が多いらしい。
ここで気になるのが、新郎さんは知っているのか? ということ。
新郎側の親戚などの目をごまかすだけってなら別にいいと思うけど (いいのか?) 、新郎にも職業を秘密にしてるとしたら、ちとマズイ気がするなあ… (大きなお世話か)

他にも高額バイトを紹介してて興味深かった。関係機関にはきっと 視聴者から問い合わせが殺到してて、当分バイト人員には困らないだろうな。




 「花嫁とパパ」  第10回

お父さん問題は、意外にさっくり片付きましたね。
なんかもうそんなことより、愛子のお母さんのことですよ。
てっきり、賢太郎と愛子は血が繋がってないというベッタベタな展開なのかと思ったら、そうではなく、体の弱かったお母さんは、愛子を産んだことで亡くなってしまったんだそう。
それでショックを受ける愛子。なんだけど…そりゃーショックだろうけど、
「私がお父さんの一番大事な人を奪った」
とか、
「私のせいで」
とかいう思い込みって、キライなんだよなあ…お母さんはそれでも愛子を産みたくて産んだんだから、感謝こそすれ、「私なんて生まれて来なきゃ良かった」 と考えるのは、そのお母さんの気持ちすら台無しにしてることになるのでは。
実際に同じ境遇にいるわけでもない私が、正論で偉そうに言う資格なんてないけどさ。
でも、 「私が殺したんだ」 って考え方は、やっぱりキライです。




6/13

 「バンビ〜ノ!」  第9回

ああ、「1つ辛さ控えめで」 って言うの忘れちゃったよー。
でもホールの人達が、バンビを責めないでなぐさめてあげてたのに驚き。お客さんに迷惑かかったんだから、そこは怒らなきゃダメなのでは?
ホールでバンビが足手まといだから、コンペを頑張ってもらって早く厨房に戻したいからかさては? とすんごい深読みまでしちゃったよ (笑)
こずえちゃんが厨房へ。良かったね〜。

春。バンビはすっかりスムーズにホールをこなせるようになってました。そしていよいよ厨房へ!
仕事中じゃなく終わってから呼び出して言えよ、と突っ込みましたが (笑)  仕事中に明日から厨房だなんて言われたら、その後浮き足立って仕事出来なかったんじゃないの? (笑)




6/14

 藤原紀香にCMオファーが殺到

結婚したことで、これまでのセクシー路線だけでなく主婦としての役どころも期待出来るようになったからとか。
藤原紀香さんと陣内智則さんの結婚がものすごく話題になって、陣内さんの方が 「やったな!」 とか 「玉の輿じゃんか!」 などと注目されていたけど、私は密かに、紀香さんにとってもある意味玉の輿だったよなーと思いました。こう言っちゃ何ですが、紀香さんの人気ってもう確実に下降気味だったけど、陣内さんという 「格差のある」 人と結婚するという意外性で、再びここまで注目されることになったのですから。
正直、結婚相手がかつて付き合っていた加藤雅也さんやバンドのボーカルさんだったなら、もちろんそこそこ話題にはなっただろうけど、ここまで強烈にスポットを浴びることはなかったのではないでしょうか。結婚披露宴がTV中継されたかどうかも怪しい。
一般的には、陣内さんの方が紀香さんによって押し上げられたみたいな見方ですが (私自身もそう書いてましたが) 、実は持ちつ持たれつなのかもしれません。ここまで話題になったこのチャンスをぜひ生かして、これからも頑張って欲しいですね。とりあえずは紀香さんの新しいCM、楽しみにしています。




6/15

 増税に抗議してナイフを振り回した男性逮捕

増税の説明に自宅に来た役員を、
「俺を殺す気か!」
とナイフを持って追い掛け回した、とのこと。
ナイフ持って追い掛け回すのはもちろん良くないことなんだけど、でも気持ちは分かるというか、
「やれやれー!」
と応援したくなりますよ。私なんかは、共働きだし何とか十分生活はして行けるからまだいいけど、ギリギリの生活してる人はすごく大勢いるだろうし。そういう人達にとっては、大げさでも何でもなく 「殺す気か」 と言いたくなると思う。
年金記録の問題やクールビズ広告の無駄遣いなど、ここ数日だけでもさまざまな問題が出てるってのに、責任の所在や無駄遣いを直そうともしないで増税って、ふざけんなっつうの。しかも 「事実上は変わりません。ただ低率減税の影響はありまーす」 なんて、分かりにくいだまし打ちみたいな説明 (説明になってないけど) だし。

本気で政治家ムカつくんですけど。これってクーデターって起こせないの? 全員辞めさせて (今のところいいと思える政治家は1人もいない) 、本当に国を良くしようと思ってる真っ直ぐな人達を厳選して、税金と必要経費を全て明らかにした上で、国民のために税金使おうよ。
「太田総理の私が総理大臣になったら」 も、いい番組だと思うけど、出てる政治家が本気でムカつくので観ていない。国民に食わせてもらってるくせに、何であんなに偉そうなんだ?




6/16

 「ライアーゲーム」  第10回

大野はヨコヤとグルだったのかー。
ヨコヤの正体を知った秋山さんが壊れちゃって、
「いや〜ん、秋山さん、早く復活して!」
と思ってたんだけど、ダンナさん ・ Oくんは、「これも演技だな」 とズバリ言い当ててました。真に迫ってたから、えー、それはないんじゃないの、と私は思ったんだけど。

けどさすがは秋山さん! 味方をも欺いて、密かに復活してましたよ! カッチョいい〜♪
ヨコヤとの一騎打ちで、見事にだましました。
「教えてやろうか、トランクは空だ」
と言って本当に空だったのも、ヨコヤが直をあざ笑った仕返しをして、直を、と同時に亡くなった母親を、人の言うことを信じるのは間違ってないんだと思い知らせたかに思えた。

けど正直今回、金額がどーなってるのか、いまいちよく分かりませんでしたよ。学生時代、授業について行けなくなった時のことを思い出しました (涙)




6/17

 「冗談じゃない!」  第10回

意外にも絵恋は冷静に圭太の告白を聞いてましたね。
「だましてたの? ひどい! 言い訳なんかもう何も聞きたくなーーいっ!」
と、まーた部屋を飛び出して行くのかなと思ってたら。
けどやっぱり圭太は大バカだよね。何で言うかなあ…
「ウソの上に幸せなんて成り立たないと思った」
と言ってて、絵恋も、
「ウソつかれた方が傷付く」
って言ってたけど、それは 「ウソつかれてたとバレた時の方が傷付く」 ってことなのよ。ウソも一生突き通せば真実になるってのに。

理衣は、えらいあっさり仲直りしたなあ。圭太に強引に東京タワーに連れてかれて、
「もう1度プロポーズさせてくれ」
という一言で許しちゃうなんて。その程度の気持ちで、子供4人もいるのに軽々しく 「離婚する」 なんて言うなっつーの。
相変わらず羽賀研二にしか見えないお父さんも、浮気してた事実があるので何を言っても説得力がないんだけど。口でなら何とでも言えるしねえ。
前半のイヤな女ふりはどこへやら、なんだか急にいい母親みたいになっちゃった理衣にも笑っちゃったけど、まあ、もうどうでもいいわ。

帰ってきた絵恋は、まだなんか変な顔してたので、あー何かヤバイ…と思ったら、結婚指輪と 「さよなら」 の置手紙をして出て行っちゃいました。って、どこへ? まさかまた隣りじゃあるまいな (笑)




6/18



 

 「笑っていいとも」  ミスタードーナツランキング

このコーナーつまらん、と先週書いたとこだけど、今日のミスタードーナツのは面白かった。 (録画しといたのをダンナさん ・ Oくんとワイワイ言いながら観たからだろうけど。1人だったらやっぱりつまんなかったと思う)

Oくんの1位予想は断然フレンチクルーラー (自分が大好きらしい) で、5位だったことに相当ショックを受けてました。別に落ち込まなくても。
1位はポン ・ デ ・ リングでした。おいしいもんねー。それに普通のドーナツより細くて食べやすいから、いくつか注文した後、
「あとこれなら入るかも」
って頼む人が多いんじゃないかな。
私の1番好きなエンゼルフレンチは2位。ベスト3には入ってると思ったわ。3位はエンゼルクリーム (丸いのに中にクリームたっぷり入ってるの) でした。これも好き。クリームが多すぎて、食べた後ちと気持ち悪くなるけど (笑)
ココナツチョコレート (黒いドーナツに白いツブツブがかかってるヤツ) も好きだ〜。7位でした。8位のダブルチョコレートってのは、チョコのコーティングと、ダブルってんだから中にもチョコが入ってるのかな。おいしそう。今度食べてみよう。

ああ、ミスタードーナツ食べたくなってきちゃった! きっと観客の人も、帰りに食べに行った人多かったんじゃないでしょーか。




 「プロポーズ大作戦」  第10回

先週の決意通り、2倍速 & 30秒早送りを駆使して観ました。なので比較的イリイリは少なくて済んだ、ハズ。

「奇跡の扉はどこにあるんだろー」
とか何とか言ってやがったけど、てめえが話を切り出せばいいだけのことだろうがよ、だからよ!
「はいどうぞ」 と誰かにチャンスを目の前に持って来てもらて、手取り足取り世話してやらなきゃ動けねーのか。何様だお前はッ。
と、それでもやっぱりイリイリしてしまいましたとさ。

次回最終回だっけ? ようやく、現在には戻らずに礼を連れ去って続く、となりました。さてどうなりますやら…全く期待はしてないけどさ。




6/19

 「花嫁とパパ」  第11回

はあ…なんか暗い雰囲気になって来ましたね。最初の明るいコメディぶりはどこへやら。
母親ネタは最後にガツンと持って来るんだろうな、とは分かってはいたけど。けど前回も書いたように、「私のせいで」 って悲劇のヒロインぶるのはやっぱり好きじゃない。
お父さんを1人には出来ないから、と誠二との結婚もやめるのですが…それでお父さんも、亡くなったお母さんも喜ぶって思ってるわけー?

誠二の本心を知りながら、両親は相変わらず見合いさせようとしてるし。ダメですね、この両親。
知らない土地で、こんな義父母の元で 経営が苦しい呉服店を営むより、お父さんと同居してくれる地元の別の男性を探した方がいいんじゃないの? と思えて来ました (笑)




6/20

   「バンビ〜ノ!」  第10回

「伴、ドルチェ! …冗談だ!」
は面白かった (笑)
そういえばドルチェのあの人はいなかった? ですよね。不動のポジションだから、配置換えも関係ないのかな (^^ 

あの先輩はヤなヤツですね〜。
でも、それで簡単にフラついてしまうバンビも情けなさすぎ!
自分のやりたい仕事をやってるんでしょ? ようやくホールから厨房に戻れたばかりで、しかもパスタアシスタント。それどころか、メニューをひとつ任せてもらえることにもなったんじゃん。こずえはホールを2年もやらされてたし、あすかは希望とは別のポジションでやらされてた。それと比べて、バンビはかなり恵まれてると思うよ。くだらない横ヤリにフラついてる場合じゃないでしょってーの。
それに、仕事が大好きで、完全燃焼して休日はグッタリ、というののどこが悪いの? それほど夢中になれる仕事を出来てるなんて、ものすごく恵まれていて幸せなことだと思う。逆に、
「へーえ、先輩気の毒に。仕事はお金のためってしか思えないんですね。僕は毎日仕事行くのが楽しくて仕方ないっすよ! 僕って幸せなんだなあ♪」
とか言ってやれば良かったのに (笑)




   ナイナイ矢部 「ひとみちゃん」 と破局

やっぱり、とうとう別れたかという感じ。かなり長く付き合ってて、同棲までしてるらしいのに、なかなか結婚しなかったから、今に別れちゃうんじゃないかなーとは思ってました。ここまで来たら、結婚か別れるしかないもんね。

翌朝のニュースで記者会見を見たけど、何だあれ。完全に番組の宣伝。矢部が 「別れました」 と言ったら、他メンバーが全員ズッコケて、何だこれ…と完璧にシラケました。つか全然面白くねーし。第一、「ひとみちゃん」 に失礼すぎだろ。
(他局では、最低限って感じでこのシーンたけ放送して、「番宣にマスコミを利用している、と報道陣から批判も」 と言っていたのに対し、その局ではたっぷり流し、「前日に (破局が) 報じられてしまっていたので、「別れた」 と言ってズッコケるのも何だか寂しかったですけど、番組内ではきっと面白くなってると思いますよ」 などと言ってやがった)
私ゃめちゃイケは面白いと思わないので、観ないけど。

知らなかったんだけど、矢部さんってかなり女遊びが激しいらしいですね。そりゃ彼女も愛想尽かすわな。というかよく15年も付き合ってたよ。
今31歳らしいから、単純計算すると16〜31歳まで付き合ってたってことになる。女性として一番キレイで楽しい時期を、こんな男に捧げて、あげく別れたなんて気の毒に。まあ、別に強要されてたわけじゃなく、彼女が自分で一緒にいたんだから仕方ないけど。




6/23

   「ライアーゲーム」  最終回

まず一言。3時間スペシャルにする意味ないじゃん!!!
ダイジェストが始まった時、
「2時間はコレだな」
とダンナさん ・ Oくんが言ってたけど、マジで2時間引っ張るとは思わなかったよ!
つか、予告でも一言もダイジェストって言ってなかったし、完全にだまされた感じ。ライアーゲームだけに。

直がフクナガにカードを取られちゃって、
「君は本当に学習しない人だよね〜」
とフクナガが言った時は、さすがに、「本当だよ…」 と思いましたよ。ハァ。

が、今までの直の言葉と行為がフラッシュバック。それで 「ダウト1億!」 って言っちゃったよ。はあ…?
今になって改心するんなら、最初からヨコヤと手なんか組まないんじゃないの?

なんか、こんな甘ったれた人間ドラマなんて見たくないんですけどー。
「世の中には心から悪い人なんていない」
って、いやいるよ、悪いけど…
今までみたいに頭脳戦バンバンで、
「うわあ、どうなってるのか分からん!」
「そういうことだったのかあ、すげー!」
っていう快感を味わいたかったのにー。
カードに傷をつけて再発行してもらったとか、「なんじゃそりゃ…」 って感じでしたよ。

結局 密輸ゲームは、直の人を信じる心がみんなを動かしたという結末で、これこそが事務局の 「あの人」 の目的そのものだったんだろうけど、やっぱり物足りなかったー。
だって、真面目な人ほど損をする世の中だもん。
心から悪いヤツなんていくらでもいるもん。悪いけどさ…

いくら最後に北大子欣也さんを出されても、別に私この俳優さん好きじゃないし (関係ないか) 、なーんとも思わないんですけど。
私的には、あの進行役の丸顔のコワイ顔の男の人の正体の方が気になるんですが (笑)

密かに期待してた、「ラストで秋山さんと直がイイ感じになる」 展開も、なーんかイマイチだったし。
秋山 「全く、馬鹿正直で危なっかしくて、放っておけないよ。だから一生ついててやる」
直 「え?」
秋山 「…何でもないよ」
とかいう会話をして欲しかったー。
まあ私のベタな発想はともかく。これまでがとっても良かっただけに、期待外れで尻すぼみなドラマだったなあ。残念〜。




6/24

   「冗談じゃない!」  最終回

絵恋がとにかくウザかった。というか、面倒くさい。確かに圭太も言葉が足りないと思ったけどさー。
あと再びやって来た姉妹もウザすぎ。圭太は快く迎え入れてあげてて、大人だねえ。しかし家族そろって日本とフランスを何度も行き来して、旅費をいくらくらい使ってるんだろうか。

まあでも、ハッピーエンドってことで、ハイハイ良かったね、という感じ。
「君のいない人生? 冗談じゃない!」
という終り方も良かった。
ハネムーンはどこに行ったんだっけ? いいなー。成田空港の映像を見てたら、また海外旅行行きたくなっちゃいました。




6/25

   「プロポーズ大作戦」  最終回

ヒールで小学校まで走らせといて、
「 (何でここへ連れて来たのか) 分かんない」
だと? お前に分からないんなら私ゃ全然分からないよ! と私が礼なら、健をどつきたくなるでしょう。
「子供の頃は簡単に出来たことが、どうして大人になるとこんなに難しくなってしまうのだろう」
とか何とかカッコつけて言ってたけど、てめーがカッチョつけてるだけだろうが。何気取ってんだ。
結局、指輪を渡したのもエリだし。自分じゃ結局何ーーーーーーもしてねーんじゃん。

そして、現在に戻ってからスピーチでの告白。「多田さんとの結婚がダメになればいいのにと思ったこともある」 だの 「今でも好きです」 だの、ありえないっつーの!
多田さんは、「はっきりさせて来れば?」 と提案。この時の 「裏か表か」 って賭けは好きじゃないんだけど、礼の気持ちを一番に考えてあげての行動というのは確か。優しいねえ。この人と一緒になっとけばいいのに…。まあ、「男なら、『例え忘れられない人がいてもオレが忘れさせてやる!』 ってくらいの気負いで行けよ」 とも思うんだけど。

で、最後は礼が追いかけて終わり? 後はご想像にお任せしますってか? 何なんだこのラスト!結局、この男は何ーーーにもしてないってことですね。自分から好きだの一言すら言わず、指輪を渡したのもエリ、最後に追いかけて来たのも礼、しかも妖精に背中を押されて。 
なんでここまでお膳立てしてやんなきゃいけないわけ?
指輪がどうだってんだよ。多田さんだって指輪くらい買ってあげてただろうよ。

今までダラダラと、フヌケ男の茶番劇に付き合わされて来たあげく、最後は二股女が走ってワケ分かんねえ終り方かよ。 (しかも延長版で)
くっっだらねえドラマ!! マジで時間の無駄だった。




6/26

   「ドリームビジョン」

変わった種の飛ばし方をする植物が紹介されてました。
周囲にライバルの植物がなくなって自分が成長しやすいように、山火事が起こるまで何年も待つというものや、すごく軽いフィルムみたいなのに種がついていて、風に乗って遠くへ飛ばすようになってるものや、種が噴き出すものなど。
「へー変わってるな、面白いな」 で終わるのではなく、種の存続への必死さから こんなふうに 「進化」 した植物の姿に、鳥肌が立つくらい感動しました。
人間のセックスに快楽が伴うようになってしまったため、セックスって 「いやらしくって秘密にしなければいけないこと」 になり、動物の交尾やおしべやめしべがどうのこうのという話も、グフフフというやーらし含み笑いをしてしまいがちだけど、本当はすごく厳粛で重い行為なんですよね。

あと目の錯覚も面白かった。回転してる女性のシルエットは、私は最初は左回りに見えて、途中で本当に右回転になったように見えて驚いた。何でー!?
小さい頃の私は、こういう目の錯覚にだまされることがイヤで、 「自分は真実を見極める目を持っているのだッ!」 ということにしたかっんだけど ( ← ただのバカ) 、今は 「何で〜?」 って言いながらだまされるのが楽しい。




   「花嫁とパパ」  最終回

なんかもうどうでもいい感じだったんだけど、まあ今日で終わりだし、せっかくここまで観て来たんだし、と観てました。

愛子が手紙を読むシーンで、途中で 「ひいぃっく!」 って感じで急に声がカン高くなったので、ギョッとして画面を見ましたよ。 (つか見てなかったのかよ)  どうやら、「泣くのをこらえてる」 のらしいですが…やっぱりこの大げさな演技は受け付けないわ〜。
多分感動するシーンなんだろうけど、何ーとも思いませんでした。てへ。

1年後、結婚式。式の様子は、サクッと軽くやってくれりゃー十分だったのに、意外にみっちりでしたね。
お父さんが歌うことになって、
「あーもういい、いい。お腹いっぱい」 とチャンネル替えちゃった…だって、どうせ今売り出し中のあの歌でしょ? ここで、
「♪門限は〜、もうない〜」
とか歌ってくれたなら面白いけどさ。 (んなアホな)

というわけで、最後の最後でリタイア? 裏番組で録画してあったロンドンハーツを追っかけ再生して観てました〜。




6/27

   「バンビ〜ノ!」  最終回

オーナーシェフ、上の3人にだけ話して 店員に一言もなくとっとと辞めちゃうっていうのは、さすがにちと無責任すぎるのでは (汗)
おまけに娘である美幸ですら 「どこに行っちゃったか分からない」 なんて、それって蒸発なのでは…(笑)  (いや笑いごっちゃないんだけど)

香取も店を辞めることに。なんか、 「みんなで楽しくバッカナーレ」 っていう雰囲気にようやくなったのに、寂しいなあ。
私はよく分からないけど、職人さんってやっぱり、みんな 「いつかは独立を」 って胸に抱いてるものなんでしょうか。スゴイなあ。

バンビもイタリア行きを決めたわけですが、…って思いつきで決めてないか? もっとよく考えなくていいのか? まあ時間の関係もあるんでしょうが (笑)
最後の晩さんは嬉しいけど、あんなに店員全員でじーっと見られてたら、めちゃ食べにくいっす! (笑)

受け入れ先のお店も、面接もなしでよく雇ってくれたなあ。しかし、イタリア語も分からないのによく行くなー。まあまだ若いし、きっとこれもいい経験になるでしょう。頑張れバンビ! …バンビより、お客が1人も来ないオーナーシェフの店のが心配 (笑) (だから笑いごとじゃない)




6/29

   「太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中」  少年法を廃止

「少年法を廃止する」 の賛成派に、未成年に息子を殺されたという母親がスタジオで証言してました。息子さんを、当時15歳と17歳 (だったと思う) の少年に殺されたが、少年法により1、2年で鑑別所を出て来たのだそう。
「幸せになって欲しいと育てて来た息子が殺され、でも加害者は少年法に守られて、たった1、2年ほどでまた世の中に出て来た。少年鑑別所っていうのは、罰を与えるのではなく保護する所なんです。中ではマンガもTVも見れるし、プールのある所だってあります。法律っていうのは、人を守るためにあるんじゃないんでしょうか」
というようなことを涙ながらに語っておられました。
本当にその通りだと思う。私も、少年法は廃止 (とまではいかなくても、年齢は引き下げるべき) だと思うし、死刑廃止もすべきではないと思う。人を殺したら、よほど情状酌量の余地がない限り、原則死刑にするべきです。
母親の方は、被害者の気持ちを伝えるべく、鑑別所で講演したりしてるそうです。息子を殺した加害者少年は死刑になることを願っている、でも鑑別所にいる他の加害者少年達には、二度と罪を犯さないよう立派に更正して欲しい。矛盾してるんですけど…とおっしゃってました。軽はずみに分かる、なんて言っちゃいけないのですが、でも、おっしゃってることは分かる気がします。

反対派の人が、
「じゃああなたはどうしたいんですか? 加害者の少年が死刑になればそれで満足なんですか」
みたいなことを問いかけていて (責めるような口調ではなかったけれど) 、なんでこんなひどいことを言うのだろうかと不快になりました。
加害者が死んだとしても息子さんは戻って来ない。そんなことはこのお母さんは十分に分かっているはずです。でも息子さんの未来を奪った人間が、ろくに刑罰も受けずにのうのうと社会に戻って暮らしていると考えたら、とても穏やかにはいられないでしょう。なんでそんな簡単なことが分からないのか。今の少年法はどう考えてもおかしいでしょうが。

相変わらず、加害者側にも家庭環境に恵まれなかっただの、同情すべき点があるだの言う人がいますが、だから何だってんだ。可哀想な育ち方したら何してもいいのか。




6/30

    「特捜! TVのチカラ」  リンゼイさん殺害犯人の居所

未解決事件を紹介し、情報提供を呼びかけるという番組。英会話講師だったリンゼイさん殺害の容疑者によく似た人物についての情報がオンエア中に寄せられて、かなり有力っぽかったんですが、
「○○県内での目撃情報が非常に多い」
とか
「とある○○ショップにひんぱんに姿を見せる」
など、ベラベラ公開していて、 「いいのか?」 と思いました。
もしこれを容疑者が観ていたら、ヤバイと思って居所変えちゃうんじゃないの? この場は伏せておいて、極秘で警察に情報を伝えて、任せるべきじゃないの? (私などのHPを見てるとはまず考えられませんが、それでも伏せます)
この事件は許せません、犯人を早く捕まえたいので力になりますッと正義感ヅラしておいて、結局視聴率のことしか考えてないのかなーと思いました。とにかく早く捕まりますように。




  7/1

 華原朋美 事務所解雇

レギュラー番組やCMにも出てたし、頑張ってるように見えたのですが、まだ睡眠薬などの薬物を使用してたんですね。確かについこの間も、 「例の彼が…」 と未だに小室さんについて話してて、まだ未練タラタラっぽかったですが。頑張って欲しいなあと何となく応援してる私も、彼女のいつまで未練たらしい言葉には、さすがに 「まだ言ってるの?」 と少々ウンザリしてしまいました。前にも書いたけど、もう小室さんは別の女性と結婚しているのだし、相手の女性 (keikoさん) もいい気分はしないでしょうから、仮に未練があったとしても、公共の場では大人の気遣いとして口を慎むべきだと思うんですが。まあ、それほど好きだったってことなんでしょうが…
朋ちゃんは事務所を辞めたくなかったようだし、きっとこれで更に精神的に不安定になってしまい、ますます薬物依存になってしまうのではないでしょうか。やっぱり気の毒です。
宮沢りえさんは何とか頑張っているのになあ。




 矢田亜希子 妊娠

この2人が次にニュースになるのって、離婚か押尾さんの浮気かどちらかだろうと思っていましたが、そういえば妊娠もありましたね。 (そういえばって)  ふーん、まだ仲良くやってたんだ、って感じですか。
これまでの押尾語録を見ていると、
「このオレ様の遺伝子を残さないと、世界の損失だ!」
とか押尾さんは本気で思ってそうだな。
まあこの2人にいたっては、「勝手にやってて下さい」 と思うだけです。




7/3

 「ドリームビジョン」  字がキレイになる方法

字がキレイになるトレーニング法をやってました。
お手本にする本などを逆に置いて、上下逆さの文字を見ながら、自分は正しくそれを書き移す。これを10分、1週間くらい続けるだけ。
試してみた全員が、1週間前より確実に上達していて (字そのものだけでなく、全体のバランスとか真っ直ぐに書けているとか) 、ううむ、これはすごい。
私もやってみようかなあ。字はそれほど下手ではないけど、上手いといえるレベルでもないので〜。




 変わった名前

変わった名前を紹介してて、何て読むかのクイズをやってました。
「風舞」 と書いて 「ふわり」 、「爽笑」 で 「さわら」 、漢字は忘れたけど 「まんた」 とか 「きんぎょ」 とか。
カワイイ名前、と言えるかもしれないけど、私は 「いじめられるんじゃない?」 という気がして、気の毒になってしまう。高校生くらいになると、周りの友達は 「カワイイ〜!」 って言ってくれるだろうけど、小中学生ではからかわれたり笑われたりするだろうから、どうしてもその間のことを考えてしまう。まあ、どんな名前つけようとその親の自由ですけどさ。私自身も中学生の時、名前でからかわれたもので。
ダンナさん ・ Oくんも、名前に 「介 (すけ) 」 がつくんだけど、
「岡 ○介べー、すけべー!」
と笑われたらしい。くだらん…
あと 「岡」 を逆さに読んで、
「かおー! かおー!」
とも言われたらしい。く、くだらん…小学生っでバカすぎ。

普通の名前でもからかわれるんだから、どんな名前つけたって同じかも、という気もしますが。
やっぱり変わった名前を聞いて最初に思うのは、
「うわいじめられないかな、この子」
です。




 「花ざかりの君たちへ」  第1回

男子校で寮住まいで出待ちって、お前はグリーンウッドの池田光流か!
女のくせに男と同室って、お前は如月瞬か!
おまけに足が速いって、お前は蓮川一也か!
それで保健医がゲイって、蓮川一弘かっ!
と、最近 『ここはグリーン ・ ウッド』 を読み返した所だったので、いちいち連想して突っ込んじゃいました (笑) (瞬は男だし、一弘もゲイではないけど)

しかし憧れの人がいるからって、女子が男子校に入学までするか! つかできるか! (笑)
それにしても、 「イケメンばかりの学校」 という設定なのですが、誰1人としてカッチョいいと感じない… (汗)
まあ33歳にもなって、16〜7歳 (役) の男の子を 「カワユイッ!」 とキャーキャー言ってたら、それはそれでヤバイ気もしますが。
しかし、校長が松田聖子さんだってのが何とも (笑)

保健医に女だってバレちゃったけど、どのみち健康診断は提出しなきゃならなかったんだし、この人に協力してもらわなきゃ正式編入は出来ないんだもんね。
どういう理由で納得させるのかナゾですが。つかどんな理由でも普通ムリですが。




 「牛に願いを」  第1回

うーん、面白くないというか、どうでもいいというか。
牛乳パーにして、
「実習生なんだから失敗するの当たり前じゃーん。そんなに怒らなくたっていいのにぃ」と言える神経が呆れる。
けど、和美は美帆子と違って、ヤル気満々で一生懸命だったのに、それでミスしちゃったってのは可哀想ではありますが。

高志も、せっかくの歓迎ムードでステージから登場、という盛り上がりだったのに、
「もう帰りません。オラこんな村イヤだ! ( ← こんな言い方じゃないが) 」
って、ちったあ空気読めよ。会場ドン引きだよ。

牛の出産も、別に感動しなかったなー。なんか何しても 「動物のお医者さん』 の二番せんじというか、あれには勝てないよと思ってしまう。
どーーでもいい感じなんだけど、他チャンネルも面白い番組がないので、チャンネルだけは合わせといて ながら見することになりそうです。




7/4

 「笑っていいとも!」  主夫はスゴイ?

テレフォンゲストは土田晃之さん。結構好き。
子供が多いことで有名 (4人目が10月に出産予定) ですが、奥さんは毎回つわりが重いらしく、今回も少し前に1か月半入院してたんだそう。
土田さんはその間、仕事を休んで専業主夫してて、土田さんいわく 「芸人より専業主夫の方が向いてる」 そうで、家事と子供の世話を完璧にしてたらしい。お弁当を作ってるとか幼稚園バスの送り迎えをしてるとか朝晩洗濯機を回すとか言うたびに、タモリさんからも客席からも 「へえーすごい!」 と歓声と拍手が上がってたけど、よく考えたら女の人はみんなやってることですよね?
主婦がやっても 「当たり前」 なのに、男の人がやるとここまで感心されるのって、何だかなあ。

結局、タモリさんが1日の生活を根掘り葉掘り聞いて終わってしまって、土田さんは話が面白いんだから、もっといろんな楽しい話が聞きたかったかったのにー。




7/5

 「地獄の沙汰もヨメ次第」  第1回

「ない」 と目がキラーンとした時は、「神棚と床の間だな」 とピーンと来ましたよ。年寄りの考えることなんて決まってるもんね。
でも、工事を中断させるだけならまだしも、勝手に変更しちゃうなんて明らかに行き過ぎですよね〜。
うちも全室フローリングで畳キライなので、こんなことされた日にゃあ 「キーッ!」 となっちまいます。
泣かれたってなーんとも思いません。イヤなものはイヤだもん。

ニューヨークで挙式、レストランでパーティー、いいじゃん。「日本人でしょお!」
なんて言われてもなあ…招待状の宛名だって、達筆の方がいいに決まってるじゃんね。
でもここまででなくても、式とか披露宴って、親は口出しして来るものらしいですけども。
あ〜、うちはホント自由にさせてくれてありがたかったなあ。

「そんなだから、日本は美しくなくなってしまったんですッ!」
って、オマエは安陪かあ! (笑)

そして披露宴は、神殿式だよ、三々九度だよ、今どき仲人までいるよ!
夜中に説教しに来たよ!
こりゃ相当ウザイわ…

最近では 『エラいところに嫁いでしまった!』 を連想させるけど、ダンナである三四郎の影が薄くって 「オマエが何とかせんかい!」 的なイライラは (今のところ) ないし、真琴が結構やり返してくれるので、 『エライところに〜』 よりは受け付けられるかなあ。
でもちょっとはイラッとしちゃったけど。つかウザイ (笑)
私なら即行、離れに住むのはやめて東京のマンションに戻りま〜す♪




 「山おんな壁おんな」  第1回

しかし失礼なドラマだなあ…伊東美咲さんってバスト何カップなのか知らないけど、服着た姿を見たら普通にあるじゃんね。あんなんで 「壁」 なんて言われちまうんですか。
それに深キョンって、そんなにおっぱい大きいことで有名でしたっけ? 何か詰めてるのかな? なぜ深キョンがこの役を、という気もしますが、ロリ顔で巨乳というのが男性にはたまらんのでしょうか。 (何言ってんだ私…)

紙袋の中身を確かめないで客に渡すなんて、ありえないだろ。テープで留めた隙間から見えるだろ。
うなぎ売り場では床にうなぎぶちまけてるし、そこつすぎです、このデパート。

しかし何でバッグ売り場にしたんでしょう? これだけおっぱいおっぱい言うなら、そのまんま下着売り場にすれば良かったのに。オシャレなブラをたくさん紹介すれば、よく売れるんじゃないかなあ。エアーブラ、欲しくなったもん (笑)  超巨乳にしたりして遊びたい。

しかし最後の、胸を見比べて
「山おんなと、壁おんなだ」
っていうのは失礼すぎるだろ…と、ふつふつと怒りが沸いて来ました。つか傷付くだろ。男性だって、下半身のサイズやら形やら早さやらを言われたらかなりグッサリ来るでしょ?
ギャグドラマなんだろうけど、なんだかな、こういうことでは笑えないんですけど。




 「肩ごしの恋人」  第1回

るり子がウザすぎ × 100。
「恋人取っちゃって、結婚しちゃって、おまけに結婚式にまで呼んじゃってゴメンね〜。私のこと怒ってるでしょ?」
だの、
「もう結婚やめるう!」
だの、何なんだコイツは…
何回結婚しようと勝手だけど、そのたびに結婚式して、同じ友人を呼ぶのって確かに非常識だよな。せめて会費制のパーティーとかにしろよ。

るり子の元恋人 (というかヤリ捨てした男) と、あっさり寝るのも理解できない。気持ち悪い。
しかしこの時の、
「やり方、忘れてないといいけど」
というのは何のやり方なんですか? 口でコンドームつけるとか、もっと難しいことでもするんでしょうか。意味分からん。

るり子が呼び出したのがこの男だったのを見て、気持ち悪さに限界が来てチャンネル替えました。




7/6

 「山田太郎ものがたり」  第1回

二宮和也くんも櫻井翔くんも、カッチョ良く見えないんですが (汗)   (ファンの方すみません)
でも山田太郎と御村託也のキャラはどっちもナイス! (笑)

隆子は、貧乏だけどセレブの学校に通ってるって、 『花より男子』 のつくしを思い出すなあ。
で、山田太郎も実は貧乏…って、設定かぶってるぞ。

でも山田太郎は、別に貧乏なのもバイトしてることも全然隠そうとはしてないんだよね。なのに周りが勝手にお金持ちだって誤解してるって所が笑える。

どうでもいいけど横綱コロッケ、昨日買って来て、お弁当箱に入れて持って来て、食べるのは夜…って、傷んでないのか? 大丈夫? (笑) (他のお弁当もしかり)




7/8

 「パパとムスメの7日間」 第2回

あら、先週から始まってたんですね。今週からなんだと思ってました。
タイトルは 「7日間」 なので、7日経ったら元に戻るのでしょうか? それを2人は知ってるのでしょうか? など、気になることもあるのですが。
新垣結衣さんの演技が今ひとつなのが残念かなあ。「お父さん」 になりきってないというか。しかしあんな態度取られたら、さすがに 「何だよっ」 と思っちゃいそうなのに (私なら思う) 、先輩、かなり小梅に惚れてる様子です。う、うらやましい。




7/9

 「ファースト ・ キス」 第1回

おー、面白い!
テンポもいいし、それぞれのキャラもいいし。劇団ひとりまで良く見える。うんうん。

美緒ちゃんはピルケース首から下げてますね。若いコらしく、派手だったけど。 (デコレーションしてあった?)
心臓病の設定というのは、本当に心臓病の人はどう思うんでしょうか。個人的には、最初に兄貴とルームメイトに病気の説明をした時、「うっ」 と発作のマネをしたのは好きじゃないです。

前半はすごーく面白かったんだけど、後半になったら一気にイマイチでした。ミオが先生に説教し出してからが。
あれはダメでしょう…どう考えても、スタジオに無断で入り込んで使用した方が悪いんだからさ。

そして兄貴の夢が、
「お前に恋人を見つけてやる!」
って。
違うだろ〜がよお、兄貴よお (笑)




 年金支給 「人柄、態度で判断」

領収書や家計簿、預金通帳などで年金保険料の支払い状況が確認できない場合、最後は人柄や態度で救済をするかどうかを決める、んだそう。
何だそりゃ… (苦笑)
でももう、そのくらいしないと収まりがつかないんでしょうね。

何十年も前の領収書なんかあるわけないだろ、という言い分は分かるし (私も領収書なんて取っておいてないし) 、悪いのは社会保険庁なんだから責任持って払うべきだとは思うんだけど、ただ絶ッッ対、未納なのに 「払った」 とウソついて年金せしめる奴は大勢いるよね。
そして、諸悪の根源である社会保険庁の歴代官僚達は、給料を返すでもなく、自分の年金はもちろんしっかりもらうと。 (ボーナス返還しないのが8人もいるし、返金した人間も、還付金などで最大で半額は戻って来るらしいですよ)
真面目に払ってるのが本当に馬鹿馬鹿しくなって来る…やってらんねえぇ。




7/10

 「花ざかりの君たちへ」 第2回

瑞稀に対して密かにドキドキしてる中津、オマエは藤掛かッ。と相変わらずグリーン ・ ウッド を連想して突っ込みを入れてしまってます。この場合中津は 「正常」 なんですが。 (瑞稀が女だと知って、ガッカリでなく喜ばなきゃハッキリそうとは言えないけど)

けどやっぱり、これといったイケメンはいないし (失礼) 、ストーリーもはっきり言ってつまんないなあ。
人の中にズカズカ踏み込んで、ハイジャンやれやれって押し付ける瑞稀にも共感できないし。多分このままリタイアです。




 「牛に願いを」 第2回

牛に名前つけるのは別にいいと思うけど、やっぱり 「ペット感覚」 が抜け切ってないように思う。
まあ、パッと来た研修生に、そこまで割りきれって方が無理だろうから、仕方ないとは思うけど。でも現場で日々働いてる人にとっては、こういう甘っちょろいおセンチな感情は、さぞ煩わしいだろうな。
牛の名前候補に 「マリリン」 ってあったけど、そういえばマリリンて名前の牛ってよくいますよね。何でなんだろう。ホルスタイン = 乳が大きいから? それでいいのか。乳が大きけりゃいいのか! (笑)

千葉ちゃんは、牛が心配で外で寝てましたよ。私、こういうのは感動するどころか、逆に腹立たしくなっちゃうのですよ。女性が外で寝てたら単純に危ないし、風邪引いたらどうすんの? そうなったら周囲に迷惑かけるってことをもっと考えるべき。

実家が酪農業の高志のことを 「恵まれてる」 と言ってたけど、これも何だかなあ。そりゃ千葉ちゃんからしたら 「恵まれてる」 と思えるんだろうけど、高志には高志の過去があって、考え方があるんだからさ。
まあ、千葉ちゃんは別に自分の考えを押し付けるつもりじゃなくて、素直に 「うらやましい」 って気持ちを言っただけなんだろうけど。

でも、高志は夏の間残ることにしました…ってことになっても、特に感動しないなー。大体、残ることになるだろうってのは最初から分かってたし。 (それを言っちゃミもフタもない)
この先が気になるわけでもないし、多分もう観ないと思います〜。




7/11

 「世界仰天ニュース」 父親の違う双子

外国の女性で、双子を産んだのだけどそれぞれのDNAが違う。なんと、離婚寸前の夫と恋人と立て続けにセックスした結果、それぞれが受精したからなのらしい。
24時間以内に2つの受精卵が着床すればそうなるらしいのですが、それは 「天文学的な確率」 なのだそうです。
そうだろうなあ、普通に考えてもスゴイことだもんなあ、と思ったのですが、通常1個ずつしか出ないはずの卵子が2つ排出された上に、24時間以内に別の男性と避妊しないでセックスしちゃう女性ってのは、そりゃそうそういないはずで。確かに確率としてはかなり低いのでしょうが、実質例がほとんど出ないんでしょうね。




 「ホタルノヒカリ」 第1回

職場ではビシッと、家ではダラーンと、のギャップが激しい女性とのことですが…
普通じゃん?
それどころかまだ小ギレイな方じゃん? もっともっと、だらしない女性はいると思うんだけど。

上司と同居する必要性は、この先出て来るのでしょうか。奥さんと別居する理由もよく分からんし。
「干物女」 なんて、本人を目の前にしてよく言えるよなあ。皮肉じゃなく、本心からそう思ってるみたいだけど。 (余計悪いっつーの)
蛍が女に見えるかどうかということを語るより、そんなひどいことを言えるあなた自身の人間性を振り返ってみた方がいいのでは、と思っちゃった (笑)




7/12

 「感動再会”会いたい”」

25年間思い続けた、同級生の片思いの女性に会いたい、という36歳の男性。小中学校が同じだったとかで、高校の時 (だったかな) で1度街中で偶然会ったきりだという。
「会いたい」 って気持ちは分かりますよ。私だって、中学の時の初恋の人と会いたい〜ってずっと思ってたもん。でもこの男性の場合、どう〜も彼女を勝手に理想の人に仕立て上げてるような気がするのでした。スタジオの芸能人からも、「幻想化している」 って言われてたし。
さて結果は、男性の方は 「彼女も自分に少なからず気があったようだ」 と言っていたのですが、彼女からのメッセージによると、
「いじめられた記憶しかなく、いい印象はない。街中で再会したというのも全く覚えてない。私のことは忘れて、未来に目を向けて下さい」
とバッサリ。
全く脈なしですな。家庭があるか恋人がいるか子供がいるか誰もいないかは分かりませんが、どんな状況だろうとこの男性には全ッッく興味がないようです。逆に気味悪がってるかもしれません。何で私がスタジオにまで行かなきゃなんないのよ冗談じゃないわよ、10万円くらいくれるんなら考えてもいいけど、って感じでしょうか。 ( ← そこまで行ってない)

最後は、小さい時に離婚してから会ってない母親に会いたい、という高校生の男の子。この子がもう、真面目で一生懸命でいじらしくて、スタジオ全員一致で 「 (会うことに) 賛成」 。だけど母親は来なくて、手紙によると、
「あなたのことを忘れたことはありません。私も会いたい。でも今、再婚して息子が2人いて、多感な年ごろなので、会うことは出来ません」
とのこと。
そりゃ、いろいろ事情があるんだろうけどさー。そっちの息子さんには分からないように、モザイク入れてもらうとか、TVカメラ抜きにして会うとか、いろいろやりようはあるんじゃないの?
どうしても、「冷たいよなあ」 と思ってしまいました。男の子、可哀想だったなあ。




 「地獄の沙汰もヨメ次第」 第2回

ながら見というか、ダンナさん ・ Oくんと世間話しながら観てたので、あんまり頭に入ってませんが。
んもう、お姑さんがウザすぎっ!
一緒にシャワー入るくらいいいじゃんか、新婚なんだし! その方が光熱費の節約にもなるんだし! つか、聞き耳立てるなよー。
犬のことも、
「小さい頃から飼わないと愛情が沸かないんじゃないの!?」
ってうるさいし。人んちの犬なんだから、放っとけよおぉ。

滝行ははっきりいってどうでも良かった。 (ほとんど観てない)
どなたかのレビューで、 「あとは最終回だけ観ればいい感じ〜」 とあったけど、同感かも (^^ヾ 




 「ダウンタウンDX」 新山千春に 「…」

乙葉さんと親友になった、という新山千春が、
「ノーブラでかがんだ時、胸元からオッパイ見えちゃったかもしれないって、それがずーーーっとすごーーーく気になってて! 本当の所はどうだった?」
と乙葉に質問。
「一緒にお風呂に入ったとかでオッパイ見られるのはいいけど、服着てる時にノーブラでって、だらしないコだなって思われて嫌われちゃうかもしれない〜それがイヤ〜」
とのこと。
ちなみに乙葉さんの答えは 「全然見てないし、思ってもみなかった」 と少々唖然としてました。
この新山千春の話がものすごくくだらなくって、
私 「…どうっっでもいいんですけど」
ダンナさん ・ Oくん 「オレもそう思う」
と、2人で完全に白けてました。
新山千春って、自分の子供の鼻クソをラップで包んで冷凍保存してるとか、もう勘弁して下さいという感じです。専業主婦になって欲しいもんです。




7/13

 「山田太郎ものがたり」 第2回

山田太郎の性格に癒されてます (笑)
「あ、オレの家、ここ!」 
ってあっさり言っちゃうし、ぜーんぜん隠そうとしてないんだよね。自然体なのがいいなあ。

御村の家に入ってく太郎を見て、隆子はここが太郎の家だとまた誤解してしまう…と思いきや、あっさりバレましたね。でもバイトしてるのは貧乏だから、とはやっぱり思わずに、自分の都合のいいように勘違いしちゃうわけで (笑)
このコ、太郎の正体を知ったらどうするのかなあ。あっさり止めちゃったら、あまりにも現実的すぎていやらしいから (笑) 、「それでもいい!」 となるんですかね。その頃にはもっともっと好きになっちゃってるだろうし。

御村くんとお祖父ちゃんの関係は結構どうでも良かったです。ただ山田太郎いいぞう、って感じで♪




 「女帝」 第1回

なんつーか。チョロすぎ。
「初めての友達だから信じますう!」
と、ママの忠告も無視して、知り合ったばかりの男のことを信じる彩香。お前はライアーゲームの直かッ。
同級生にレイプされそうになって、「男ってのは恐ろしい」 ってことを学ばなかったのでしょーか。

海で、
「私は女帝になる! 初めては一世一代の勝負で高く売ってやるの!」
という、これまたチャチな演説で、直人はあっさり 「応援する。体は抱かないが心は抱く」 というワケの分からんことを言って抱きしめる…って、んなバカなー! (笑)

気難しい金持ちの客に、
「いいホステスって何ですか?」
「どうやったら喜んでいただけるんですか?」
とズバリ質問するのも、ありえないだろ…そんなことをお客さんに聞く時点で、ホステス失格じゃないのかと思うのですが。
愛想笑いのひとつもせずに、
「試して下さい。3回チャンスを下さい」
と、なぜ上から言う? (汗)

とにかく何もかもがチャチすぎて、くだらなすぎ。リタイアします。




7/14

 「世界一受けたい授業」

脳の錯覚とか最新医学のこととか、どれもすごく面白かった。ワニハンターもすごい迫力でした。学校でもこういう人を招いて、生きた授業をしてもらえばいいのになあ。

ただいつも思うのですが、セリフの字幕に、やたらと四角で囲んで赤字にされてる言葉が出て来るのがちょっとウザイです。よくHPの日記で、単語という単語をリンクしてあるのがあるけど、あんな感じ。




 「受験の神様」 第1回

幼稚園とか小学校から受験があるっていうのは、私は反対なので、「また教育親の話か、あんま好きじゃないんだよなあ〜」 と思いつつ一応点けてたのですが、そういうお父さんじゃなかったのでホッとしました。
ちょっと子供扱いしすぎてて、広は不満に感じてるみたいだけど、でもいいお父さんですよね。

天才中学生の名前が 「菅原道子」 って (笑)
いくら天才だか知らないけど、偉っそうにあんな風に言われたんじゃ、勇だってカチンと来るよね。
次回も観るかどうかはちと微妙。道子がもうちょっと可愛げのあるキャラだったらなあ。




 小倉優子さんがもらうお守りの中身は

録画してあった 「週間オリラジ経済白書」 を観ていたら、小倉優子さんがファンからお守りをよくもらい、50個ほど部屋にあるという話をしてたのですが、
「盗聴器入ってんじゃないの?」
と他人事ながら心配になりました。
ぬいぐるみとかもらっても、絶対持って帰っちゃダメってよく聞くもんね。お守りなら開いて中を開けることはまずしないし、捨てられにくいし。

まあ、ゆうこりんの私生活や正体か暴露されちゃったとしても、別にどうでもいいのでいいですが。でも怖えーなー。




7/15

 「パパとムスメの7日間」 第2回

大杉先輩は、相当小梅にゾッコン (死語?) なのね〜。普通あんなつれない態度取られたら、 「もーダメ」 って諦めちゃうよね。10代の時なんて特に。
去年の試験問題が嬉しかったんだけど、ようやく小梅が先輩に笑顔を見せてくれて、こっちまでホッとしちゃった。

パパの方は、部下の西野が近付いて来てヤバイ感じ! 女性の敵ですな (笑)
中嶋にしつこくされてるってのも、そんなくらい社会人なら自分で解決しろよ〜。上司に相談するのも、あんな高い店に入らなくたって喫茶店で十分だろうよ〜。
家に行った時、寝室に入るなんてありえない! 背広のポケットにピアスを入れたり、奥さんに思わせぶりなことを言ったりして、ヤな女ですなあ。
でも思ったけど、川原と不倫したいなら、奥さんには気付かれないようにした方がいいのにね? なんでわざわざ疑いを持たれるようなことをするんだろう。浮気を匂わせて夫婦間をモメさせたいんだろうけど、それで離婚、なんてことにはそう簡単にならないだろうに。まあ、そこまで考えてないんたろうけど。




7/16

 榎本加奈子がアニメ吹き替え

ズームインSUPERを観てたら、榎本加奈子さんがアニメ映画の吹き替えをやった (?) とかで、水野真紀さんと出で来たのでビックリした。 (もちろんすぐに録画ボタン押しました。DVD点けてて良かったー)
これからちょこちょこお仕事再開されるんでしょうか。だとしたらものすごく嬉しいんだけど。

とちらかというと水野真紀さんがメインという感じで、
「水野真紀なんかどうでもいいから、榎本っちゃんを出せよ!」
と心の中で叫んでたんですが、子育てについての質問では榎本っちゃんもしゃべってて、ああ、やっぱり榎本っちゃんいいなあ〜としみじみ思いました。ちくしょう、佐々木主浩さんがうらやましいぜ。




 「ファースト ・ キス」 第2回

合コンって、家でやるのか!? (笑)
自宅でってので行く気なくすんですけど ( ← 別に私は呼ばれてない) 、たかが自己紹介やるだけであの盛り上がり、ついて行けん…疲れる。
その後に異様にテンション高すぎ。劇団ひとりのTMRは笑ったけど。

その後で、
「ここはオレの家なんだぞ!」
と突然キレられてもなあ。アンタが一番騒いで、ちらかしてたじゃん (笑)
美緒の態度は確かにムカつくものだったけど、だからって、兄妹そろってその場で出て行かせるのってどうよ。一応友達だったんでしょ?

そして行きついた先は、なぜかクリスマス仕様のラブホテル。こういうホテル、実際にあるんでしょうなあ。ただ 「変」 としか思わないけど (^^ヾ 

そういえば美緒がニトロを飲むシーンで、ピルケースを開けてそのままゴクッと飲んでたけど、ニトロは吸湿性が高いから、更に密封容器に入れるか 包装したままでおかなきゃならない、はず。まあいいんですけど…




 新潟中越沖地震での対策会議

安倍総理はその日のうちに現地視察をしてましたが、前回の新潟地震では、現地入りしたのは19日経ってからだったそうです。選挙前だとこうもフットワークいいかね。

「被災地の皆さんが早く元の生活に戻れるようにしなければなりません」
ということを、やたら固い言葉で考えながら話してたけど、そんなもん言うまでもなく当たり前のことなんだから、そのために早急にどういう対策をするのか具体的に言えっつの。

国土交通大臣とかいうのが、
「救援物資搬送のため、現地近くの高速道路を一部無料開放します」
とも言ってたけど、そんなこと、わざわざ仰々しく発表することか。当たり前のことなんじゃないの。

あとマスコミが、やたらわーわー集まりすぎな気もする。現地の様子を伝えることは重要だろうけど、家が全壊したお年寄りに向かって、「大事なお家でしたか?」 とマイクを突き付けてるのを見てアホかと思った。
先日の台風の被災地のことなんて、全く放送しなくなっちゃいましたもんね。




7/17

 「週刊オリラジ経済白書」

脱税を見破る方法を紹介していて、面白かったんだけど、同時に腹も立った。こいつら、一般人にはこんなふうにめちゃめちゃ厳しく取り立てるくせに、てめえら政治家らの不正はどうなんだよ。のらりくらりとごまかして、金を返すでもなくのうのうといやがって。

脱税はもちろんいけないことだけど、はっきり言ってやりたくなる気持ちは分かります。だって払いたくねーもん。ちゃんとしたことに使われるならいいけど、そうじゃないんだし、払うのアホらしくもなるっつの。ああ腹立つ。




 「花ざかりの君たちへ」 第3回

下着ドロ? それならカラスが犯人だ!(だからグリーンウッドじゃねえって)

そうか、佐野がハイジャンを辞めることになったケガは、瑞稀を助けようとして受けたものだったのね。だから瑞稀は責任感じて、なんとかまた佐野にハイジャンやって欲しいわけね。え、前から言ってるって? いや 「ながら見」 だったもので、今回初めて知りました。
でもさー、それって、瑞稀のわがままだよね。自分のことしか考えてないんじゃん。自分せいだって責任から逃れるために、自分が楽になるように佐野にハイジャンやって欲しいってわけでしょ。
それが佐野のためにもなるって瑞稀は信じてるんだろうけど、それも勝手な話だし。佐野がこれまで何を考えて、どういう思いでハイジャンを諦めたのかも知らないくせに。
やっぱり、無神経で自分勝手な女としか思えないんだよなあ…

瑞稀が女ということも含め、なぜ自分にハイジャンを進めるのかの理由も知って、もしかしたら態度が変わるかなと思ったけど、変わらなかったし。 (言われた言葉は反すうしてたけど)

あのウソ発見器、精度良すぎ。「笑っていいとも」 でウソ発見器を使ったコーナーやってるけど、見に覚えのないことでも、想像しちゃっただけで反応出ちゃってるもんね。

瑞稀はお兄さんが来るとなって慌ててブラを買ってたけど、いつもはノーブラなのでしょか?




7/18

 「余命一ヶ月の花嫁 乳がんと闘った24歳」

途中から観たんですが、素直に感動しました。結婚式がすごくステキで、キレイでした〜。指輪を出したシーンでウルッと来てしまった。

終わってから控え室で、
「彼女に一言」
と言われた彼氏が、
「お嫁さんになって」
「こんな所でプロポーズ? 順番がなんかおかしいような」
と彼女と笑い合っていたのが、なんかすごくステキなやり取りでした。何気ない一言だったかもしれないけど、彼はどういうつもりで言ったんだろう、本心だったんじゃないのかなあ、と考えると切なかったです。

彼女が亡くなってから、1人になってしまったお父さんの家へ、彼氏が時々訪ねて行ってるというのに驚いて、優しいなあ…と思いました。1人きりの家って、やっぱり寂しいでしょうしね。彼が来てくれるのはきっとすごく楽しみになってると思います。きっと彼の方も、無理してるのではなく、自分も彼女の家に行きたいんじゃないかなあ。

奥さんに続き、たった一人の娘さんまでガンで亡くされて、本当に世の中って不公平だなあと思います。世の中にはろくなもんじゃなくて、死んだ方がいい人間っていっぱいいると思う。そういう人間に限って、のうのうと健康で長生きしやがるものなんですよね。




7/19

 佐藤江梨子がアゴを火傷

佐藤江梨子さんがアゴにばんそうこうを貼って現れ、
「マカロニを味見したら中の熱湯がこほれて、ヤケドしちゃいました」
とのこと。痛そう〜。
それについて 「美人か台無しですね」 と言われつつ、
「市川海老蔵さんも、先日お風呂でケカされましたけど」
とまたもエビネタ (エビネタって) を振られ、スタッフ (マネージャー?) が即行で手を引いて退場させてました。
芸能人なので、プライベートの恋愛もネタにされてしまうのは仕方ないとは思うけど、失恋でボロボロにされた傷口を いつまでもこうやってほじくり返されるのって可哀想ですよねえ。別に佐藤江梨子さんは好きではないんだけど、さすがに気の毒になってしまいます。
あと、この時のニュースの見出しが、「佐藤江梨子、恋でヤケド」 とかだったんですよ。マカロニでヤケドしたっつってんのに、恋なんて関係ないだろうが? 何なんだよ、とちょっとムカついた。

先日の榎本加奈子さんと水野真紀さんのニュースも、
水野真紀 「ハンカチ王子が好きなので、子供にも野球やらせようかなって思ってるんです」
記者 「野球といえば (ご主人が元野球選手の榎本ちゃんにマイクを向けて) 、榎本さん」
榎本加奈子 「私はハニカミ王子派なので (笑) 」
という会話があったんですが、それのタイトルが、
「水野真紀と榎本加奈子、ハンカチ王子 vs ハニカミ王子で対立」
でした。何なんだ…。榎本っちゃんがケンカしたかのような、人聞きの悪いこと言うなってーの。
大げさ、誇張にもほどがある。ちょっと泣いたたけで 「号泣」 は当たり前だし、本当何なんでしょうか、最近の記事のタイトルは。




 日朝代表会議 「成果あった」 ?

日本と北朝鮮の二国間協議が行われ、
「拉致問題解決を訴えた。一定の成果はあったと思っている」
とのこと。
どこがだよ…口先だけで 「解決してくれ」 「努力します」 と言い合っただけで成果? 呆れます。

「今年中には解決を」 と横田さん夫妻が言ってらした昨年が過ぎ、そして今年も、全く進展のないまま7月を終えようとしています。 総理大臣が安倍 (もう呼び捨て) になって、きっと進展するだろうと期待していたのですが、全ッ然ダメですし。年金問題や各閣僚の 失言、事務所費問題など、自分達の不祥事のごまかしで手一杯だし。

増元照明さん (るみ子さんの弟) は、先日から署名活動を再開されたそうです。なぜまた今ごろそんなことをしなければならないのか。 道行く人の関心の高さは 署名活動を始められた頃とは比べものにならないでしょうが、政府の意識は変わっていないようです。もはや 完全に、北朝鮮よりも自分の国である日本との闘いになってしまっています。

文章を書くのは久し振りですが、拉致問題の解決を祈らない日はありません。日本国民の一人として、何かしたいけど出来ることがない もどかしさと申し訳なさと、政府に対しての苛立ちは募り続ける一方です。




7/20

 「山田太郎ものがたり」 第3回

あのお肉が98円って、ムチャ安!
でもあれだけの人数でバーベキューするには足りないような。つか、バーベキューにしちゃうのはもったいないような (笑)

隆子ママと御村が、野菜とバーベキューセットをそれぞれ買っておいてあげたのがジーンとしました。いい人達だー。
太郎はてっきり隆子との約束はコロッと忘れて、ワーイワーイとバーベキュー行っちゃうのかと思いきや、ちゃんと覚えてたしね。太郎もいいヤツだー。

でも家に招待しちゃうとは思わなかった!
だから隠そうとしてないんだよね〜、太郎は。ああ、ホントいいヤツ。
でも、真実を知ってしまった隆子はどうするんでしょう。まだ告白はしてないんだから、進もうが後退しようが、自分次第だしね。




7/21

 「受験の神様」 第2回

うわ、なんだこれ…菅原道子のやり方に、いっこも共感できないんですけど。

いきなり着払いで何万円もの商品を送り付けたり、部屋メチャクチャにしたり、食事もさせないで徹夜で勉強させて。
それなのに勇は、
「焦っちゃダメって分からせてくれたんだネッ!」
とむちゃちゃ前向き。よくそんな風に考えられるな…

でも、「はあ? 何言ってんの?」 という感じで、挙句の果てに、勇にお茶 (?) をぶっかけやがった。
何考えてんだこのアマ−−−−−−!!!
「ご両親に一度ごあいさつに」 ってセリフに反応したよう見えたので、両親ってのは禁句で 触れられたくなかったのかもしれないけど、んなこと知るかっつーの。

それに、例えどんな理由があったにせよ、あんな行為をしていいってことには絶対ならない。
ん、このセリフ、前にもどこかで…と思ったら 『女王の教室』 でした。
あーもうダメ。 『女王〜』 のアクツマヤ ( ← 漢字忘れたけど調べるのめんどい) と同じで、こいつが後でどういう理屈をこねようが、結果オーライになろうが、私ゃ認めません。

もうさ、自分で勉強した方がいいんじゃないの。
あんな礼儀知らずのクソ女に頭下げて、仮に受験に合格できたとしても、それでいいわけ? そんなもんより、お父さんと力を合わせて精一杯頑張って、もし結果がダメでも、よっぽどいい人生経験になると思うけど。




7/22

 「パパとムスメの7日間」 第3回

3千円のフレグランスは高すぎるだろー。量も多いし。
しかも置くのはデパートや専門店って。そりゃ売れないよ…つかそんなことも分からないなんて上層部バカ?
パパだったら黙ってた所を、小梅は黙ってられなくて反対意見を唱えちゃった、ってのはいいと思うけど、説得力がいまいちだったなあ。
「今どきの女子高生の1か月のお小遣いは大体いくらいくらくらいです。バイトしてる子でいくら、足していくらいくらその中から携帯代、洋服やコスメ、外食、映画などで大体いくらいくらかかるんです」
というふうにも〜っと詳しく、早口でガーッとまくしたてるくらいでも良かったのでは。「な、なんでそんなに詳しいんだ」 と上層部を唖然とさせて欲しかったな。

部下の西野は、本気で川原が好きみたいですね。でも、明らかに川原にその気がないのに、あんなに一方的に強引にせまるなよ (笑)  よほど自分に自信があるのか。
奥さんの方も、背広のポケットのピアスを見つけてしまったし。でも、上着のポケットにピアスなんて入るか? せいぜい 「拾ったのかしら」 くらいしか思わないと思うけど、この場合、前もって西野から含みのある言い方されてましたしね。




7/23

 「ファースト ・ キス」 第3回

なんかもう、美緒が可愛くなさすぎ…。

カツサンドでホロッとさせるつもりだったんだろうけど、そのカツサンドだって、兄貴の彼女に作らせたものでしょ。 (しかも 「早く作れ!」 って命令して。この時点で、 「それが人に物頼む時の態度かよ」 とイヤな気分だったわ)

しゃべったことないなんてウソついたのも、ひどいこと言ったのも、要するに自分は覚えてるのに相手は忘れてたってのが、プライド高くて許せなかっただけでしょ。
わざわざ来てくれたってのは事実なんだから、
「覚えてないかもしれないけど、カツサンド作って来てって言ってたんだよ。今日のお礼にどうぞ」って、本当のこと言って渡せば良かったじゃんね。

挙げ句の果てに、
「みんな何も分かってないんだから!」
って、分かるかそんなもん!
あのさー、みんなそれぞれ生活あって悩みもあって、一生懸命生きてるわけ。そんな中、アンタのそんなやっこしい心境なんかを思いやる時間もヒマも義理もないわけ。何様のつもりなわけ?
憎まれ口叩くのもいいけど、可愛い気なさすぎなんだよなあ。

あと井上真央ちゃんが松本明子さんにしか見えなくなって来ました。




7/25

 「世界仰天ニュース」 どっちがマシ?

「留置場に閉じ込められて忘れられたまま飲まず食わずで18日」 vs 「日焼けマシーンから出られなくなり黒焦げ寸前」
「ハブに噛まれてリミット1時間」 vs 「コブラに首に巻きつかれたまま10時間」
のどちらがいいかというのを、スタジオで多数決やってました。
あのー。そもそも比較するレベルじゃないでしょ。安全な所からこっちがいい、あっちのがマシ、とお気楽で無責任なこと言ってることに軽くムカつきましたよ。
ハブ vs コブラについては、
「この間ドラえもんの映画観てたらコブラが出て来て、超カッコ良かったのー。だからコブラの方がいい」
「だって蛇を首に巻かせてくれる所もあるじゃないですか」 ( ← だから大したことないってこと?)
「ハブは一瞬だけど、コブラは10時間ずーっとだから「ハブよりコブラの方がカッコいいよねー」
としゃべってて、「アホか、こいつら…」 と本気で思いました。
どうぞ、選んだ方を実際に体験してみて下さい。 (あまりにくだらなくてここでチャンネル替えた)




                      「グータンヌーボ」 恋愛の話ばっかりで飽きてきた

収録が午前中だったらしく、江角マキコさんが、
「午前中から恋愛の話するは、すごく抵抗があるんですけど」
と事前に言ってたけど、別に恋愛の話じゃなくてもいいじゃんね。最近の (前から?) グータンは、
「今付き合ってる人いる?」 「浮気されたことある?」 「付き合ってる人とはどのくらいの頻度で会いたい?」
など、とにかく恋愛の話ばかりで、「それしか話すことないの?」 と思ってしまう。自分が好きな芸能人ならまだしも、好きでも何でもない人の恋愛話なんて、はっきりいってどーでもいいんだよね。
初対面の人との共通の話題ってなかなか難しくて、どうしても恋愛話になってしまうのかもしれないけど。「OL進化論」 でも、バイトの大学生と2人きりで仕事してるOLんが、話題がなくって 「合コンとか行くの? 彼女いるの?」 という話をしてしまい、 「そうか、オヤジのセクハラって、コミニュケーションの方法がそれしかないからなんだ」 と納得する話があったし。

スタジオでは、 「同僚の男性からの誘いをうまく断るメール」 をMC3人が書いたのですが、内田恭子は、
「ちょうどその日は出産なんです〜、いきなりなんてビックリですよね!? 次のお誘いの時も生まれるかも〜」
という内容で、「はぁ!?」 でした。人をバカにしてんのか!? まさか実際にこういうメールを出しゃしないだろうけど、やっぱり内田恭子って好きになれないわ。




7/27

 「ランキンの楽園」 外人に人気の物

観光旅行に来た外国人の人が、日本のおいしい食べ物やお土産などの人気ランキングが毎週のように紹介されていて、面白いです。
いつも思うのが、「ヒロシことスティーブンことユーリさんもこれ気に入るだろうか、ということ。外国人が絶賛しているのを見て、これを送ってあげれば喜ぶかなあ〜と考えてしまいます。もちろん実際にはやりませんけど。私にとって外国人 = ヒロシことスティーブンことユーリになってしまっています。 ( ← 言いすぎ)




 「山田太郎ものがたり」 第4回

やっぱり隆子は太郎は捨てたか…
直後、リムジンから降りて来た (ように見えた) 太郎パパに一目ぼれ。つーかまた金優先で、自分の都合のいいように思い込んで。
なんか腹立って来たんですけど (笑)
太郎の家のことをド貧乏ド貧乏って、確かにその通りだけど、隆子の家だってどちらかというと貧乏な方なのに、何様だよっ?

あとホームステイしてた外人子供もムカついたわーーーー。
メシ食いたくないなら食うなよッ、と私なら放っといちゃいます。 ( ← 大人気ない)

しかし太郎パパ役の松岡充さん、若いですねえ…太郎の兄でも十分通用するよね。




7/29

 保育園が2歳の男の子を車内に置き去り、熱中症で死亡

また痛ましい事故か起こってしまいました。2歳だったら、まだ車のスライドドアを開けるのはちょっと無理ですもんね。ロックもかかっていたんだろうし。

それにしても解せないのは、この保育園の対応です。何十人も引率していたわけじゃあるまいし、たった6〜7人なのに、なぜ男の子がいないのに気付かなかったのか。途中で気付いた時に、なぜ車の中を探しに行かなかったのか。車を動かした時になぜ気付かなかったのか。
そして最も分からないのが、ぐったりしてる男の子を見つけた時、救急車を呼ばずにクーラーをかけて様子を見ていたということ。きっと公になるのを避けたんでしょうが、その40分後に 男の子が心配停止になった (ここでようやく救急車を呼んだらしい) とのことですから、発見した時には既に意識はなかったか、あったとしてももうろうとして、呼びかけにも反応しなかったんじゃないかと思います。そんな状態なのに、 「涼しくしておけば回復するだろう」 と本気で考えたのでしょうか。いい年した大人が何人もいて、この無責任な判断は、全く理解出来ません。

あと以前から思っているのですが、夏場に車内が高温になる現象は、車メーカーの方でどうにかできないのでしょうか。カー用品店に行くと、シガーライターに差し込んて窓に取り付け、外気循環させるファンのようなものが売られていますが、ああいう感じで。一定の気温になると外気循環してそれ以上高温になるのを防ぐような機能はつけられないのでしょうか。今の技術なら、なんとか出来そうな気がするんですが。




7/30

 「ファースト ・ キス」 第4回

「そうしたら、主治医として認めてあげる」
はあ? 何様だよ!?

「今日のあなたは、行き過ぎじゃないかしら」
いつも行き過ぎだよ、この女。

他に何もやってないのでとりあえず観てたんですが、やっぱり美緒がムカついて面白くねー。




7/31

 篠原涼子さんのコンタクトレンズのCM

1day、2day…と仕事して、飛行機に乗って、7日目に目を開いたら南国の海、というヤツ。
7日間つけっぱなしでも大丈夫です、というコンタクトレンズのCMなんだけど、バリバリ仕事して、飛行機に飛び乗ってリゾート地へ、というのがすっごく理想的でステキで、同じように南の島へ行きたくなっちゃいます。
でも飛行機はビジネス、だよねアレ。そこはマネできそうにありません。




  8/1

 「世界仰天ニュース」

普段はものすごく優しいんだけど、浮気してるんじゃないかと異様に疑ぐり深く、ちょっとしたことでキレて狂暴になる、という女性。
熱いコーヒーをぶっかけたり、電源の入ったアイロンで顔面を殴りつけたり、果ては自分子供を線路に置き去りにしたり、飼い犬をハサミで殺したり。
病院で診てもらったら、何やら難しい名前の病気でした。二重人格のようなもので、疑ぐり深いのも狂暴になるのもそのせいだと。
付き合っていた男性はいったんは別れたものの、またヨリを戻して、でも結局殺されてしまいました。
何で戻るかな。犬を殺す時点で、もう完全にヤバイでしょ。良くなるってことはまずないんだから、エスカレートするに決まってるじゃんね。
普段の姿がものすごく優しいから、「このまま機嫌を損ねないようにしていけばやっていけるのではないか」 と思っちゃうのかなあ。




8/2

 「奇跡体験アンビリバボー」 骨髄ドナーと患者を会わせたTV局

海外で、アメリカの女性がアルゼンチンの男の子に骨髄移植をした後、偶然にも共通の知人が見つかり、TV番組か企画して2人を対面させるというのをやっていて、驚きました。
海外ではどうなのか分かりませんが、日本では骨髄バンクのドナーと患者とは、対面はもちろん、名前や住所など 素性は一切知らされないようになっています。術後一度たけ手紙のやり取りは出来ますが、スタッフを通して渡されるので、やはり住所などは分かりません。
金銭的、精神的トラブルを防ぐためで、私もそれでいいし、そうすべきだと思っています。

ですから、こうしてドナーと患者を会わせてしまったのを観て、「うわあ、何てことをするんだ」 とハラハラしたし、感動的だと浅はかに考え、目先の視聴率を目的にこんな企画をしたTV局にも、少し怒りを覚えました。

「ドナーの人に会わせてあげる」 と言われた瞬間、顔をクシャクシャにして喜ぶ男の子と、ドナーの女性に抱きつき、「ありがとう、本当にありがとう」 と声を詰まらせながらお礼を言う母親の姿は、確かに感動的ではありましたが、この場面だけを見て単純に、ドナーと患者が会うことが美談にしてしまうのは危険だと思います。
このドナー女性とその身内や友人がたまたまいい人だったというだけでしょうし、もしかしたら、公にはなっていないだけで何らかのトラブルがなかったとは言えないですし。

ただ、この番組が放送されると大反響で、それをきっかけに、骨髄移植には遅れていたアルゼンチンで骨髄バンクが設立されたらしいのです。
それにより、いくつもの命と希望が失われずに済んだのだろうことを思うと、一概に 「ドナーと患者は会わない方がいい」 とは言えないのかもしれないですよね。難しいなあ…。ただ、やはり対面することによるリスクは、かなり大きいことは事実だと思うのですけれど。




8/6

 ETCの不正突破が過去最多に

バーがウレタンで 車に傷がほとんどつかないため、強行突破する車が後を絶たず、過去最多の年間96件になったそう。
これ、なんで徴収できない (しない) のかが不思議なんですが。つかしろよ!
ビデオでナンバーはしっかり映っていて、簡単に身元は割れるんだろうから、片っ端から請求叩きつけて取り立てりゃいいんだよ。こういうことをする奴らは友達や同僚に、
「ETCなんか簡単に突破出来るし、請求も来ないよ。チョロイぜ」
と焚き付けてるんだろうから、徹底的に罰金を取り立てて、
「あの手この手で逃げようとしたけど、絶対ダメだったよ…罰金の額もすげえし、絶対やらない方がいいよー」
と言わせなきゃダメなんだよ。
真面目にきちんと払ってる人がバカを見る世の中は、本ッ当ーに腹立つ! 犯人はもちろん一番悪いのだけど、怠慢から野放しにしてる高速道路側にもムカつく。きちっとせんかい!




                     野外で寝てた男性に放火、中学生逮捕

「社会のゴミを始末する」 とか何とか言いながら、公園で寝ていた男性にライター液を垂らし、火をつけたという男子中学生数人が逮捕。このテの事件は時々ありますが、どういう精神構造してるのか全く理解できなくて空恐ろしい。
「浮浪者は世の中の役にも立たない社会のゴミだから、始末してやる」 と言ってるそうで、一体何様のつもりなんだか。ホームレスでもちゃんと仕事してる人もいるし (この男性も、昼間は清掃業の仕事をしていたらしい) 、何もしてなくて実際何の役にも立ってない人だとしても、その人の命を傷付けたり奪ったりする権利は誰にも、もちろんオマエなんかにはないんだよ。




8/8

 「グータンヌーボ」 水野美紀

水野美紀さんがあれほど 「辛口」 な人だとは思いませんでした。基本的に私は、当たり触りのない上品なことだけ言う 「清純派女優タイプ」 よりも、気取らずにズバズバ本音を語る人の方は面白くて大好きなのですが、正直、水野さんとはあまり友達になりたくないかも…と思ってしまいました。裏で何を言われてるのか怖くて。

結婚式の祝辞で、
「健康が一番です。私はこの間健康診断しましたら、胃に陰がありまして…」
と話したという人について、
「空気を読めないって、ああいうことを言うんだろうなと思った」
とズバリと斬ってました。水野さんいわく 「会場内がシーン、となった」 そうですし、確かに私もその場にいれば、「おいおい、何を言い出すんだ」 と思ったことでしょう。でも、結婚式の祝辞ってものすごく緊張するものだろうし、原稿のないスピーチを心がけるあまり、その人もテンパッて、ヤバイと思いつつも止められなかったんじゃないかなあ…という気もするのです。そして、後からものすごく自己嫌悪に陥っていたかもしれません。もちろん、場にそぐわないことを言ってしまった事実は変わりませんが…

また、
「結婚式の料理って、どうしてフレンチでもイタリアンでも和食でも、デザートはメロンなんですかね」
と 「批判」 もしていて、うわあ、こういう友達は結婚式には呼びたくないな、とも考えてしまいました。もちろん水野さんにとって、批判してるのは結婚式場のメニューであって、新郎新婦 (友達) ではないのかもしれませんが。




8/10

 「太田光の私が総理大臣になったら…」 原爆投下への賠償金をアメリカに求める

この番組は嫌いなのだけど (いい議論してると思うのだけれど、政治家や偉そうなヤツらの言うことが腹立つのだ) 、今日は広島、長崎への原爆投下についての議論で、被爆者の方の証言もあるとのことで観てました。
正直、 「アメリカに賠償金を求めるのに賛成か反対か」 ということについては、賛成、反対を唱えるどちらの言い分も一理ある気がして、どちらかは決められませんでした。

当時16歳だったという、実際の被爆者の男性の証言は、真摯な気持ちで聞いてました。戦争や原爆を体験した人の話はそう聞けるものではないですし、「生き証人」 となる方々が年々少なくなってしまうことを思うと、聞ける機会があれば聞いておかなければならないと思います。

しかし、
「あんな物が1発もあってはならない。だから核兵器廃絶を私たちは唱え続けているのです」
と男性が言った後、早稲田大学ナントカって肩書きのついた男が、
「悪いけど、世界から核兵器はなくなりませんよ。核よりももっと安くて、もっと殺傷力のある武器が開発されれば、なくなるでしょうけどね」
と返したのを聞いて、よくこの男性の目の前でこんなことが言えるな、と怒りを通り越して呆れました。今までこの男性の話の、一体何を聞いてたんだ。どんな話をしたとしても、心に響かないバカはいるってことですね。早稲田だか何だか知らないけど、こんな人間は偉いなんて全く思えない。




8/14

 トイレにかけたバッグを隣りの個室から盗難

女性トイレの個室には、バックをかけておくフックが設置されているのですが (男性個室にもあるのかな?) 、デパートのトイレで用を足していた女性が、かけておいたバッグを、隣りの個室から盗まれたのだそう。
防犯カメラによると犯人は男で、あらかじめ個室に入り、隣りに誰かが入って来るのを待っていたらしい。
「バッグを盗難後、慌てる素振りもなく立ち去った」 という男の落ち着きぶりも驚いたのですが、バッグ内のキャッシュカードから70万円が引き出されたと聞き、なぜ暗証番号が分かったんだろうと疑問だったのですが、 「誕生日を暗証番号にしていた」 という被害者女性にも、未だにそんな人がいたのかと驚きました。 (ご丁寧に、財布の中には運転免許証も入っていたらしい)  これって、銀行側も補償はしてくれないんですよね。あーあ。
もちろん、盗難は犯人が一番悪いことは言うまでもないのですが、被害者女性もおバカだよなあと言わざるを得ません。自分にしか分からない4桁の数字なんて、考えればいくらでも思いつくだろうに。誕生日にするとしても、父親のとか母親のとかにしておけば良かったのに。

事件の報告を受けて、このデパートは フックを低い位置に付け直したそうですすが、そもそもこのフック、なぜか結構上部につけられていることが多く、身長が158センチとあまり高くない私は、「もうちょっと低い位置につけてくれればいいのになあ」 といつも思っていたのですが。




8/15

 「白い恋人」 賞味期限改ざん

「白い恋人」 は、私もお土産でもらって食べた記憶があります。どんなお菓子だったのかはいまいちよく覚えてませんが、北海道のお土産といえば白い恋人、というほど有名ではないでしょうか。それほど大きな会社が、またやっちまったか、とやはり失望します。 (しかも11年前からと知り、更に驚いた)

しかし社長の記者会見をニュースで観ましたが、「先入れ先出しをしただけ」 などひょうひょうと語っていて呆れました。悪いことをしたとは全く思ってないんですね。
「古い物から売ってくのは商売では当然だろうが」
と経営者としてがめつい信念を持っていたとしても、一般的に見て、それ (賞味期限を改ざんすること) が許されるのかどうかくらい、普通分かるはずだと思うのですが。で、周囲からの批判に驚いて、慌ててしおらしく 「申し訳ないことをしました」 な態度をコロッと変えてるし。牛肉偽装のミートホープの社長もそうでしたが、批判を受ける前に、この言い分は通用しないってことが何で分からないんですかね。頭悪すぎ。

個人的には、賞味期限 (例え”品質保持期限”であっても) を2か月や3か月過ぎたって大丈夫だろうと思うのですが、それは消費者 (というか私) が判断することであって、提供する側が言うことではもちろんありません。
また、私が 「賞味期限は2か月前までだけど、そのくらいなら何ともないよね」 と食べたとして、それが2か月改ざんされていたとしたら、期限を4か月過ぎたお菓子を食べてしまうことになります。そういう意味でも改ざんはやっぱり許せない。
まあ、4か月くらいならやっぱり大丈夫だろうと思うのですが。 (おいおい)




8/18

 SMAP中居と倖田來未が交際

最初に聞いた時は、さすがに 「はあっ!?」 と驚きましたが、すぐに、
「ガセでしょ」
というのと、
「もし本当に付き合ってるんだとしても、中居くんて独身主義で結婚しないだろうし、どうせすぐ別れるだろうから、どーでもいいや」
と思いました。
それにしても分からないのが、中居くんの好み。私が知ってる、過去に 「交際してる」 と言われた女性は、一般人と女子アナですが、それと倖田來未がどーしても繋がらない。もし本当に付き合ってるんだとしたら、一般人と女子アナと倖田來未…。統一性がまるでない。誰でもいいのかよぉ。




8/19

 重要文化財に放火の男を逮捕

動機が、 「暑くて働きたくなかったから」 だそうな。ふざけんな!!!
こんなヤツを刑務所に入れても、本人の希望通りで逆に喜ばせることになってしまう (池田小学校殺人事件の犯人が、死刑を希望していたことから、死刑はこの男にとって罰にならないのではないかと議論が起こったのと同じ) のだから、こいつの一番イヤなこと = 暑い中 外でガンガン働かせる、とすればいいのだ。
本っ当ロクでもない男で、なんでこんな奴を、税金で衣食住まかなってやらなきゃならんのだ。自給自足させろ。ラクして食う方法なんてないってことを思い知らさせろ。




8/20

 24時間テレビはまだ終わらない

27時間も24時間も、嫌いなので観ません。理由は、生放送にありがちな放送してる側の芸能人たちのハイテンションがウザイ。 (いかにも視聴率を稼ぐために、楽しいですよー! 面白いですよー! と無理矢理盛り上げてるのが、観てて疲れる)  普段は見向きもしないくせに、この番組になると途端に障害者の方などを取り上げて、スタジオで涙ぐんでるのが偽善者にしか見えずに気持ち悪い。の2点の理由です。
特に24時間の方は、全員お揃いの黄色いTシャツを着てて、あれを見るだけでチャンネル替えたくなる。つか替える。
やっと終わったと思ったら、翌朝のズームインスーパーでは、マラソンでゴールした欽ちゃんの映像を流したり、生出演させたり (してたらしい) 。
毎朝観てるけど、今朝は違う局のニュースを観てました。24時間テレビは24時間じゃない。まだ終わってない。うんざり。




8/21

 「稀星」 で 「きらら」 と命名、受理されず

母親 「最初 (受理されないと) 聞いた時は、冗談だと思いました」
って、こっちはその名前が冗談だと思いました。

というのは言い過ぎですが、「きらら」 ねえ… 「稀星」 ねえ…どんな名前を付けようと自由だし、他人が口出すことではないんですが。 「星のようにきらめく人間になって欲しい」 ってことで、「悪魔」 と付けようとした親と違い、愛情があることは間違いないようですし。
結局、別の役所では受理されたようで、良かったですね。 (としか言いようがない)
名前がどうという以前に、市によって受理されたりされなかったり、というのはやはり問題だと思いますが。

しかし 「きらら」 ねえ…いや別にいいんですが。個人的には、この人が自分の親でなくて良かった、と思います。




8/22

 40歳巡査がストーカー、女性を射殺後、自殺

本当に身勝手な犯行で、他人事ながらムカッ腹が立ちます。殺された女性のご両親の無念さと憤りはどれほどでしょうか。
こういう歪んだ愛情って、全く理解できません。好きな相手に暴力を振るったり、こんな風に殺してしまったりする奴らに、愛だの恋だの口にして欲しくない。そんなものは愛でも恋でもないんだよっ。

私は独身の頃、気になった相手が出来ると あらゆる手を尽くして話す機会を作っていたのですが、その 「あらゆる手」 がかなりスゴイらしく、友達から、
「ストーカーじゃん!」
と言われたこともありました。が、この事件を聞いて改めて、違うッと大声で言いたいです。接触するまでは、確かに普通の人はやらないであろうことまでやりますが (どんなことだよ) 、自分の気持ちを伝えて、脈がないとなるとサッと引くのですから。相手を困らせるつもりはさらさらないし、本当に好きな相手なら、相手が自分でなくても幸せになることを願うものだと思ってます。それをストーカー、こんな奴と同列にして欲しくない。




8/23

 「ダウンタウンDX」 東国原知事の給与

そのまんま東知事の1か月の給与は79万6千円なんだって。
給与20%カットを公約としていて、それでこの金額だって。
…多すぎるだろ!

それに、こういう番組に出演するってのはどうなのよ。ギャラもらうんでしょ? 政治家が副業していいのか?
第一、本当に真剣に仕事していたら、こんな番組にヘラヘラ出るヒマはないはずだし。




8/24

 朝青龍 帰国治療も候補に

はっきりいってどうでもいいです。毎日毎日ニュースで取り上げられてるのも耳障りだから、さっさと帰れば?




8/25

 柳原可奈子がキライだ

普通にしゃべってる分には何とも思わないけど、あの 「いらっしゃいませー!」 ってカン高い声で始まる芸が、ブリッ子臭くてカンに障る。ああいう芸風なんだと分かっていても受け付けない。
あと名前も、テレビ欄なんかで見かけると、字は違うけど私の好きな榎本加奈子ちゃんかと一瞬間違えてまぎらわしい。




8/28

 「ロンドンハーツ」

海水浴場で、何も知らない芸人の隣りにビキニ姿の女性を寝そべらせ、チラ見するかどうかを隠しカメラで監視するコーナーがある。
当然、これまでターゲットになった男性芸人はおそらく全員チラ見していたと思う。その様子を、隠しカメラのモニターの前でキャー、いやらしーい、と大笑いしながら見てるんですが、
「そんなの普通見ちゃうでしょ」
と複雑な気持ちになっていまいち笑えません。つか私 (同性) でも見ると思うし。

あと、「知らない人に 『この間はどうもー』 と親し気に声をかけられたらどうするか」 というパターンもある。こちらもほとんどの人は、内心 「誰だっけ!?」 と戸惑いながらも、相手に合わせて会話してしまうので、モニターの前では大爆笑。でもこれも 「いやいや、そうなるでしょ、普通」 という気がします。

大笑いしてるロンブーの淳さんだって、同じ立場になったらきっとこうなるに違いありません。逆に仕掛けてやればいいのに…と、少々意地悪なことをいつも考えてしまいます。




8/29

 救急車がたらい回し、妊娠3か月の女性が流産

妊娠3か月の女性が 腹痛を訴えて夜中に救急車を呼んだものの、受け入れ先の病院がなかなか見つからず、ようやく10か所目の病院に到着したのは3時間後。妊娠3か月だった女性は、流産してしまったそうです。
去年8月、分娩中に意識不明になった女性が19か所の病院に受け入れ拒否された末に亡くなったという事件がありましたが、どうしてまたこんなことが起こってしまうか、残念でなりません。

妊娠3か月…おそらく妊娠が分かったばかりで、女性はもちろん旦那さん、 (報告していたなら) ご両親や友人もきっと喜び、楽しみにされていたことでしょう。夜中に腹痛を訴え、どこの病院にも行けずに駐車場で身動きの取れない救急車の中で、ご本人や、きっと一緒に救急車に乗り込んでいたであろう旦那さんの焦り、不安はどれほどだったでしょうか。受け入れ先の病院が決まるまでの1時間半はあまりにも長すぎます。

前にも書きましたが、産婦人科に限らず、病院は24時間365日で、常に万全な受け入れ体制がなければおかしいと思う。病気やケガは、時間や曜日を考えてなるわけじゃないのですから。
医師も看護師も不足していると言われている反面、就職難とかリストラとかニートとか、働けない、働かない人が大勢いることは、その人手を回せないのかと考えてしまいます。もちろん、難しく特殊な職業ですから、誰でもかれでもならせることは出来ないのですが。

枡添厚労省は、「全力を挙げて取り組んでいくべき課題の1つ」 と発言していましたが、具体的にどうするのかは何も明言しないまま。どうせ何も考えてないんだろ。
ラジオでコメントしていた編集者の人は、
「医師不足は国が何とかすべき。医学部の学費を免除にするとか、産婦人科の年収を増やすとかするとか」
と言っていて、なるほどと思いました。 それはそれで、お金目当てで医者を目指すいい加減な人間が増えそうですが、何もしてないくせに高給取りな政治家に回すより、よっぽど有意義な使い道であることは確かだし、いい案だと思います。




8/30

 「笑っていいとも!」 なぜあんな体勢に?

あるテーマに沿った人が出てくるので、その人達と指定された数字とを一致させるというコーナーがあるのですが、最初はその人達は普通に出て来てた記憶があるのに、今は、首だけにゅっと出しています。
身長とか体重がテーマの時は、全身で出て来たらそりゃ分かっちゃうから仕方ないけど、 「ニューハーフの整形費用」 とか 「年収」 とか、今日みたいに 「双子、三つ子、四つ子、五つ子」 とかは、フツーに出て来りゃいいんじゃないの。
どんな体勢で首を出してるのは分からないけど、四つんばいか前かがみのどちらかでしょ。観てるこっちまで苦しくなって来るんですが。
あと人間を 「見せ物」 にしてるみたいで、あまりいい気持ちしないし。




8/31

 ストーカー警官に5割増の退職金

先日、知り合いの女性に一方的に付きまとったあげく 女性を射殺して自殺した巡査の男が、「死亡退職」 扱いとして5割増となる1200万円の退職金が支払われることになるそう。
聞いた瞬間、「はあ!? …ふざけんな!!!」 と一瞬置いてムッカーーとしましたよ。

元警視庁捜査一課長の田宮さんという方は、
「 (男は) 女性を射殺した時点で殺人罪の犯人になっているんですよ。しかも公務中に。これはもう、懲戒免職の対象です」
と話しておられて、その通りだと思いました。

この男の遺族は、退職金は全て女性の遺族に渡す意向があるらしいですが、だから支払われてもいい、ということではないと思う。
都の規定だか何だか知らないけど、誰のための規定なのかということを考えて、臨機応変に対応すべきでしょう。かなり苦情も寄せられているらしいし、おそらく支払われないとは思いますが。

あと余談になりますが、これについて石原都知事が「論外だ」 と驚いた様子で発言していたのですが、軽く笑いながらしゃべっていたのが気に障りました。被害者の遺族や友人などが、ニュースなどで観るかもしれないということは考えないのでしょうか。
コメントを求められた街の人も、「えー、許せません」 「おかしいですよね」 等言いつつ、なぜか皆ニヤニヤ笑ってる。何がおかしいんだよ、と真面目な顔で聞いてみたくなります。




  9/2

 遠藤農水相 辞任

政治家なんて全員似たようなことやってるんだろうから、別に驚きませんが。「また1人バレたか」 と思うだけ。任命した安陪総理の責任がどうとか言われてますが、誰を任命しても同じだろうので、これについても別に責める気もしない。かといって安陪さんを支持するわけではなく、ダメだと思いますが。かといって次期総理は誰がいいか、と考えると誰もいないわけで。

「もっとちゃんと身体検査すへきだった」
というのも、
「身体検査しなければならない人間から大臣を選ぶことがそもそもおかしい」
と誰かがテレビでコメントしてたけど、その通りだし。

社会保険庁は、年金と保険料が2億円横領されてたことが分かったけど、過去のことだし追跡調査は困難 (面倒) だってんで、追求しないなんて言ってるし。いい加減にしろ… (怒るのも疲れて来た)
今の政治家全員クビにして、本当に国のため人のために働きたい誠実な人を雇って、銀行並みに1円の誤差も許さないよう公費を管理して、ちゃんとやって下さい。




9/3

 TV番組発言めぐり橋下弁護士を提訴

と、いうニュースを聞いた時、
「調子こいてあちこちでペラペラしゃべってるから、とうとうやっちゃったか」
と気の毒半分、自業自得半分だと思ったのですが、訴えてるのが山口県光市の母子殺害事件の加害者弁護団で、橋下弁護士がテレビ番組で 弁護団の懲戒処分を求めるような扇動したとして訴えている、というのを聞いて、一気に橋下弁護士を応援する気持ちになりました。
今の時点で詳細は分からないのですが、それでも構わず言います。あの弁護団は、素人の私から見ても 「お前ら弁護士辞めろよ」 と思いますよ。というか、人としてダメでしょう。人を訴える前に、てめえら自分のしてることを考えてみやがれ。




9/4

 「笑っていいとも!」 双子コーナーの子供

双子のシンクロエピソードを紹介するコーナー。出て来た女の子のうち1人が、恥ずかしがってお母さんにぎゅーっと抱きついたままで、結局最後まで顔は見えなかった。双子なんだからもう1人の子と一緒だろうと、どうでも良かったけど。
「本当は双子じゃなかったのかもしれませんね」
というぐっさんのコメント (場が盛り下がったフォロー) が面白かった。
ちなみにシンクロエピソードは、
「セレブな私達。お寿司もイクラとトロしか注文しません」
といけど。つか大してシンクロ内容じゃねーし。

続いて出て来た男の子も、同じく1人が恥ずかしがって、今度はお母さんをボカボカ殴ってる。いくら小さい子でも力一杯殴るので、結構痛そうで、見てるうちに 「ええ加減にせいよ」 と腹立って来た。
「テレビだからお母さんも怒れませんしねえ」
と笑ってたレギュラー陣も、あまりにボカボカ殴り続ける子供を見て、
「怒ってもいいですよ」
と言い出し、会場は完全にシラケてました。2組とも4歳だったから仕方ないのかもしれないけど、やれやれ、という感じ。私子供キライだし、次回からは大人の双子さんでいいですよ。




9/5

 「今田ハウジング」  松井一代のパワーをまた見た

松井一代さんのお宅公開、ということで、松井さんの家ってことは船越英一郎さん (昔好きだった) の家でもあるわけで、ちょっと興味深々。

いきなり、外の塀をグワシッグワシッと脚立に乗って力一杯洗ってる松井さんの映像が出て来て、
「怖いよー! (笑) 」
とスタジオ爆笑。なんでも洗いながら、
「泥棒入って来るな! 泥棒入って来るな!」
と心の中で念を送っているんだそう。すげえ。
家の中ももちろんピカピカで、キッシンのシンクなんて、まるで新品。お風呂の湯船の横の壁も外して、
「ここは結構汚れてるんですよ。定期的に洗ってますッ」
とグワシグワシ洗っていた。

結婚前、
「船越はモテましたのでね。彼の下着を洗濯してアイロンかける時、大事な所の部分を、一番高温にして当てながら、『他の女、近付くな!!』 と念を送ってました」
と笑顔で語っていた。

すげえ。前にも書いたけど、この人のパワフルさには、文句なしに白旗上げます。船越さん好きだったけど、この人には勝てねえと無条件で思うので、負けて悔いなし。幸せになって下さい、と心から思えます。この人のパワーをもってすれば、大抵の男は落とせるんじゃないだろうか。




9/9

 ヴァンガードのCM

夫が、妻の金色の指輪を 「ちょっと貸して」 と手の中ですり替えてダイヤのプラチナリングにするCM。ステキなのかもしれないけど、こんな粋すぎるプレゼントの渡し方する男ってヤダな。浮気してそうで。




9/10

 「ファースト ・ キス」  

てっきり最終回かと思って、一応どうなるのか観ておこうと観てたんですが。

美緒と先生が恋人同士になったのは、何となく知ってましたが。ファースト ・ キスはまだなのかな?
医者と患者が恋仲になるのって、そんなにいけないことかなあ。知られたら、他の患者さんは確かにあまりいい気持ちはしないでしょうが。もちろん人前でベタベタされるのは困りますが、ちゃんと節度を持っててくれれば、男と女なんだから仕方ないんじゃない、という気がするけどな。医者と看護師の不倫よりはいいのではないかと。




9/12

 「世界仰天ニュース」  体外受精間違いについてのコメント

アメリカで不妊治療を受けていた白人夫婦が、体外受精で妊娠後、病院のミスにより他人の受精卵だということが判明。子供は双子で、DNA鑑定によると、1人は白人夫婦の、1人は他人の子であるという。白人夫婦は2人とも自分の子として育てるが、もう1人の親である黒人夫婦がこの事実を知り、子供の親権を巡って裁判を起こす。

スタジオの芸能人達は、
「白人夫婦の気持ちも分かりますけどねえ」
「同じ (不妊という) 悩みで同じ病院へ行っちゃったわけだから、『自分達が産んであげたんだ』 という気持ちに何とか切り換えてもらえないかなあ」
だの、好き勝手なことを言ってやがるなと思いました。「気持ちは分かる」 なんて、どれだけ分かるってんだか。

何年か前にとある番組で、出産後 病院側のミスで子供を取り違えられ、数年後 (確か子供が小学生になってからだったと思う) その事実が発覚。両親は、これまで育てていた子がやはり自分の子だと確信したが、別の夫婦の元で育てられていた自分の子に初めて会って、顔が似ていることに衝撃を受け、
「やはりこの子は自分達の子だ。でも、だからといって、育てて来た子とあっさり交換できるわけはないし、これほど似ている自分の子の存在を忘れてこれから暮らして行くことも出来ない」
とお互いの両親ともに感じ、ひどく苦悩されたそう。これに対して、後日同じ番組を観ていた友達が、
「そんなの、育てて来た子がやっぱり自分の子じゃんね」
と呆れたような言い方をしたのに驚いた。そんなに簡単に割り切れないでしょう?

そしてお互いの両親は悩んだ末、大きめの家を買って、2家族一緒に暮らし、両方の子供の成長を見れるようにして暮らすようにしたという。そうかあ。それしかないですよね。
しかしこれについても、
「同じ家で暮らしてるのか。なんか危ないなー。嫁さん交換してヤッてたりして」
とか言う知り合いもいて、これほど切ない話を聞いて、そんな下品なことしか思いつかないのか、と心底呆れました。
好き勝手なことや下世話なことを言う人ばかりです。他人のことだから、そんなものなのかもしれないけど。




                      阿倍首相 辞任

ビックリした。だったら惨敗した時に辞めれば良かったのに、という気はしますが、何か事情があったのでしょうか。
しかし結局この人、何もしなかったな。拉致問題解決に期待していたので、裏切られた気持ちです。

こうなると次の首相は、となりますが、見事に誰もいませんね。麻生さんが有力ですが、個人的には、あの異常にへん曲がった口元が人間性を表しているようで、どうしても信用出来ません。
谷垣さんも口ばっかの気がするし、福田に関しては問題外。コイツは拉致被害者の方の安否が発表された際、家族ごとに呼びつけて報告していたのに対し、
「なんで全員の揃ってる所でしないんですか」
と抗議した蓮池薫さんのお母さんに、
「黙りなさい! あなたの所は生きてるんだから!」
と制したらしいのです。この無神経でごう慢な言葉。こんなヤツが首相になったって、拉致問題が一歩も進まないことは火を見るより明らかです。

かといって他の人もなあ…一部では再び小泉に、と声も上がってますが、あんなもんダメでしょう。
もう顔見たくないし。というか、小泉の名前が上がるほど、誰もいないということなんでしょう。

阿倍さんだって1年近くの間何もしなかったんだから、他の人と同じなのかもしれませんが、やはり 「中では一番やってくれそう」 という人物ではあっただけに、拉致被害者のご家族の心中を察すると、暗い気分になります。




9/14

 「金スマ」  宗教を押し付ける親

テレビ関係の仕事をしてる男性が、10年ぶりに実家に帰った様子を放送してました。
最初は、
「10年間も帰ってないなんて、親不孝だなあ。男の人ってそんなものなのかな〜」
とご両親に同情してたんですが、男性が家を出たきっかけを再現VTRで観て、考え方が変わりました。キリスト教の牧師の父親と、熱心な信者である母親がそれを息子にも押し付けて、
「努力していい結果を出しても 『神様のおかげ』 だなんて、やってられねえよ!」
と嫌気が差したからだそう。

その後しょっちゅう手紙が来たが、内容は、
「神様のありがたみが分かるように」
「神の道に戻って来るように祈ってます」
だの (しかも直筆でなくワープロ文字) 。
うわあ、これは10年間帰らなかったのも分かるなあ、と男性の方に同意してしまいました。

10年ぶりに顔を合わせて、
「いいことも悪いことも、全部 『神様の意向で』 って言うだろ。それじゃ、何もかもそれで済んじゃうじゃん。それが理解出来ない」
と男性は意見していて、全くその通りだと思う。他人事ながら胸悪くなりました。
母親はそれに対して、
「私達だけ天国に行って、あんたが地獄に行くなんて耐えられない」
とさめざめ泣いてましたが、あのー、なんで地獄へ行くって決めつけてるんですか。本気でうぜえんですが。

ちなみにこの後、この両親の知り合いの 近所に住む末期がんのおじいちゃんが、息子 (男性) のために毎日祈ってくれているとのことで、両親に連れられて訪ねて行ってました。自分の明日もどうなるか分からないのに、面識のない男性のことを祈ってあげるなんて なんて素晴らしい人、と言いたげな編集でしたが、私は両親以上に胸が悪くなりました。ただの自己満足だろ、そんなもん。勝手に祈られて、感謝どころか気持ち悪いっつうの。スタジオの芸能人も 「無償の愛」 とか言ってたけど、 「はあ?」 と思いました。

宗教を信じるのは勝手だけど、人に押し付けないでもらいたい。それがどんなにいい教えだったとしても、興味のない者にとっては、日曜の昼間に突然訪ねて来る親興宗教と何ら変わらない。




9/15

 世界柔道の不可解判定に監督も激怒

私はド素人なので、スローモーションで観せらても分からないのですが、日本と世界とのルールが異なるとのことです。
誤審といえば、シドニーオリンピックでの篠原選手をよく覚えています。本当なら金メダルだったはずなのに銀に終わり、私の記憶が正しければあの後誤審が認められたはずですが、銀のままだったことはどうしても納得出来ませんでした。同時に、判定に対しての不満を一言も言わず、 「あの後 立て直すことが出来なかった自分の力不足」 と話した篠原さんに、 「潔くて男らしいなあ」 と感動すらしたのを覚えています。

今回も不可解な判定が続いてることに対し、斉藤監督という方が、
「柔道じゃねえよ、こんなの!」
と怒っています。判定の矛盾については、ド素人の私ですら 「どうなってんだよ! 」 と腹が立つのですから、当の選手の方や監督さんの悔しさと怒りは大変なものだと思います。

しかしこの判定基準というのは、どうにかならないものなのでしょうか。ルールを統一すればいいのに、と簡単に考えてしまうのですが、それは不可能なのでしょうか。




9/16

 「サンデーDX」  天災を茶化して放送していいのか

大地震や温暖化など、今後予想される天災 (温暖化は人災だが) に対して予想、実験、検討していたのは良かったけれど、司会が爆笑問題なので、スタジオでのトークはお笑いに。
東京で大地震が起きた場合、中心部は大火事になるという検証について、
「環七ラーメン戦争です」
と太田さんが言ったり、高層ビルでの脱出用のパラシュートを、高橋英樹さんにいかがですかと振ると、
「いやいい」
と、高い所が苦手らしい高橋さん。でも火事になったら後ろは炎ですよと言われると、
「焼けちゃおうかな〜」
と言ってみんなを笑わせてましたが、実際に火事で亡くなった方の遺族が観てるかもしれないのに、よくこんな軽口が叩けるなと呆れました。

地震や洪水、火事で亡くなった方や心身の後遺症に苦しんでる人、経済的に苦労されてる方はたくさんいるのに、それらを茶化して笑いながら放送するのってどうなんでしょう。検証内容は真面目で興味深かったのに、残念です。




9/17

 食糧不足への小学生の認識

県外のニュースですが、アフガニスタンなど食糧不足の国へ送るためのお米が、ボランティアによって収穫されて、それに参加した小学生男子のコメント、
「残さず食べて欲しいです」
に、「あぁ!?」 と思いました。残すわきゃないだろうが。向こうは1日1食も食べられない生活なんだぞ。普段残してるのはお前らだろうが、なにピントの外れたマヌケなこと言ってやがんだっ。
まあ、小学生の言うことなんだから、こんなにムキにならなくてもいいんですけど。




9/18

 「ファースト ・ キス」  最終話

今度こそ最終回。
海外へ飛んだり、独立したりと、 「世の中そんなうまくいくのか?」 と苦笑してしまうような安易な展開。
美緒からの 「私が死んじゃったら読んで」 という手紙も、大したことも書かれておらず、全然感動しなかった (汗)

当然、手術は成功。まあそれはいいんだけど。




9/19

 「ベストハウス図鑑123スペシャル」

結構好きな番組ですが、ちょっと観たけど、生放送特有のテンションの高さにやはりついて行けず、リタイア。
無理に盛り上げようとすればするほど、こっちは白けて、観てて疲れてきちゃうんですよね。私があまのじゃくなだけかもしれないけど。




9/20

 モルディヴの海中レストランに行きたく…ない

モルディヴの島のひとつに海中にレストランが出来たらしくて、テレビ番組で紹介されるたびに 「キレイだな、行ってみたいなー」 と思ってました。確かヒルトンだかの高級な島で、到底泊まれそうにないだろうので、本当に思うだけですけど。
でも今日、ある番組でこのレストランが紹介されてて、お客も店員も、日中はサングラスしなきゃいけないらしいんですよ。太陽の光がかなりキツイかららしいけど。
でも、せっかくのキレイな海や魚、それにお料理も、暗く茶色っぽいレンズを通して見なきゃならないなんて、なんの意味もありませんよね。一気に 「行きたい」 気持ちがなくなりました。どのみち行けないんだからスッキリ。




9/21

 「さんま ・ 福澤のホンマでっか!? ニュース」

最近、政治家を見るとムカついてばかりなんですが、今日もまたムカつきました。
例の 『行列〜』 で有名な、丸山一也。 (この人が議員になったってことが既に)  当選したのは7月29日だったんだけど、7月分の給料を丸々もらった、と話していた。2百万以上ですってさ。なんでも、その月のうち1日でも仕事すれば、1か月分の給料がもらえるのだそうですよ。
「それっておかしいじゃないですか」
と先輩議員に尋ねると、
「余計なことは言うな。みんなそれで黙ってるんだから」
と言われたそう。
「誰ですか、それ!」
と誰かが言うと、
「それは言えないですよねえ」
「ねえ」
と丸山や司会者が笑いながら濁していたが、言えよ! つか本当におかしいと思ってるなら、こんなバラエティ番組なんかじゃなく、もっときちんとした場で声を上げて異議を唱えればいいじゃんか。
返却出来ないという決まりなら、どこかに寄付すればいいじゃんか。受け取っておいて、きちんとした場で問題提起もしないんなら、正義感ヅラしてやがるけどお前も同罪なんだよ。

私はいいんですよ。ダンナと共稼ぎで 比較的経済的にも余裕があるし、元気で働けるうちは働いて、きちんと税金を納めます。そうじゃなくて、働けない人や、働いても生活が苦しい人、夕張市のように経済破綻した地域に住んでる人、災害に遭った人、高齢者の人などなど、生活を保護してあげる必要がある人達はたくさんいるんだから、そういう人達のために使うべきだと思う。

政治家って本当に何なんですかね。「我々は選ばれた人間だからいいんだ」 みたいなこともその先輩議員は言ってたそうですが、何が選ばれた人間だ。国が何十兆円の借金抱えてるのか知ってんのか。何考えてんだ。 (つか借金も、ほとんどこいつらのせいなんじゃないかと思う)
あー、本ッ当に腹立つ! クーデター起こして政治家全員クビにして、本当に国を良くしたいと考えてる、思いやりと正義感のある誠実な人を集めて立て直したい。麻生も福田もいらねー。




9/22

 「人気アニメキャラクターの声をやっている人の顔を全部見せちゃうよ! ベスト50」

声優さんで顔をバンバン出してる人も、サービス精神旺盛でいいなと思うけど、 「皆さんの中のイメージを崩すことになってはいけないので」 と頑なに顔出し拒否する人も、うんうんそうだよね、とカッチョ良く思います。

これまで顔出しNGで来て、
「イメージが壊れちゃうんじゃないですかねえ」
とちゅうちょする声優さんに、出演交渉しに行った芸能人が、
「いや、そんなことないですよ! 全然大丈夫ですって!」
と無責任に軽々しく請け負うのが何だかなあ、と思った。悪いけど、「顔出さない方が良かったんじゃ…」 と思う人、何人かいましたよ。
特に、ガンダムの誰だかの声優さんに交渉しに行った小池栄子が、
「スタジオに土田さんもいるんですけど」
と、ガンダムファンで、この声優さんと面識のある土田晃之さんの名前を出し、
「土田さんは大丈夫 (ぼくが顔を出してもイメージは崩れない) って言ってる?」
「はい、言ってました」
と、言ってもいないのに顔出しさせたのが許せませんでした。これ、オンエアされて土田さんのことがウソだったって分かったら、この人怒らないのかな? 私だったらムカついて番組に抗議しますけどね。

ちなみに私が一番好きな声優さんは、ルパン三世の次元大介。顔を見たかった気もするけど、取材拒否で、事務所の写真を見てほっしゃんが描いた似顔絵のみが公開されてました。顔が見れなかったのはちょっぴりガッカリしたけど、でもこれで良かったのかも。イメージを大切にして断ったのも、カッチョ良いですしね。ちなみに石川五右衛門の人も取材拒否で、「五右衛門はそうでなくちゃ!」 と感動しました (笑)




9/23

 自民総裁に福田氏が当選

福田かよ…
どちらかといえば麻生の方が良かったので (あくまでもどちらかならば、という話で、ふさわしいとは決して思ってない。だからどちらも呼び捨て) 、心底落胆しました。コイツじゃ拉致問題の解決はまず無理だな。まあ、安倍さんでも全くといっていいほど進まなかったんですけども。

他の方のサイトを見てて知ったんですが、福田って過去に、
「レイプされる女性は、挑発的な服装をしてるから悪い」
というような発言をして問題になったことがあるそうですね。そういえば聞いたことあるな。あれ福田だったのか。
まあ、コイツには全く期待してせん。というか今の政治家全員に期待してない。




9/25

 「FBI超能力捜査官」  予知夢を見る人

超能力捜査官というのは、ただのこじつけにしか思えなくて、 「ケッ」 としか思わなかったんですが、予知夢を見る人というのはスゴかった。
的中率は90%と言われ、アメリカの9.11のテロ事件をはじめ、今年起きた韓国人による銃乱射事件などを10年以上前に予知、関係者に警告書を出していたという。また日本でも、英語教師リンゼイさん殺害事件や、伊藤市長が射殺された事件も予知し、同じく警告書を出していた。
この人のスゴイのは、日時、事件の内容ばかりか、被害者、加害者の名前までフルネームでピタリと一致しているということ。スタジオの関根勤さんも、
「この人は、今までの人とは違う。本物って感じがしますね」
と首をひねりながら言ってました。 (ってことはやっぱり皆、超能力捜査官はうさんくさいって思ってるんだな (笑) )

うーん、何なんでしょう、この人。信じられないけど、でも私達はあくまで自分の常識で物事を考えてるだけだから、それを超えた不思議な能力や出来事というのはあるのかもしれないですね。予知能力で事件を予測って、何かの映画でありましたね。 『マイノリティ ・ リポート』 でしたっけ。

ただ、だとすると、これから起こる出来事は全てもう決まっている、という風になって、私が嫌いな 「そういう運命だった」 ってことになってしまうわけで、なんかヤダなあと思うのですが。

この人は、見た夢の全てを、警告書として関係者に出しているのだそうですが、大抵は役所や国の領事館などで、頭の固いお役人のことだから、ポイッとゴミ箱に捨てられてしまってるんでしょうねえ。まあ、そのテの手紙はたくさん来るんだろうし、いちいち本気にしてられないというのは分かるんですが。
予知能力のある人が事前に警告しても、本気にされなかったり、変なことを言うなと怒られたり、逆に犯人じゃないかと疑われたりするのは本や映画でよく見ますが、正にあの通りなんでしょうね。
仮に9.11のテロを未然に防ごうとすると、ハイジャックされる飛行機が分かっている場合はまだしも、そうでなければ、想像を超える金額と人手が必要になるでしょうし。予言者がそう言ってるから、という理由では到底不可能でしょう。それにもし未然に防ぐことが出来たとしたら、 「何もしなければ本当にその事件は起こったのか」 という疑問も起こってしまいます。
せっかくの素晴らしい能力なのに、それが生かされることは難しいのだと思うと、とても残念な気持ちです。

誰しも9.11テロや銃乱射事件が起こって欲しいなどとは決して思わず、身内の方にとっては一生悲しみ続ける出来事のはずです。時間を戻せるものなら戻したい、と心の底から願われるでしょう。 「予知能力」 でなく 「時間を戻せる能力」 であれば、100%生かし切れるだろうにな…と想像するのですが、それこそありえない話ですしね。




9/27

 17歳力士が暴行死

ビール瓶で殴ったとかタバコの火を押し当ててたとか、バカな中学生がリンチしてるのと何ら変わらないですね。誰一人、止める人がいなかったというのが恐ろしい。

相撲部屋に限らず、体育会系の活動内では、「しごき」 と 「いじめ」 、果ては 「リンチ」 が、境界線がかなりあいまいな状態で通常行われてるんだろうと思います。中学や高校などの部活で、新入部員である1年生がシゴキに遭うというのが伝統になってるのも、珍しくないんでしょうし。 ( 『柔道部物語』 のセッキョーのように)

辞めたいと電話をかけて来るたびに、「頑張れ」 と突き離していたというお父さんが、これから一生、ご自身を悔いて苦しみ続けるだろうなと思うとお気の毒です。まさかそんな目に遭ってるとは思わず、普通に厳しい稽古をされてるんだろうと思って励ましていたんでしょうしね。




9/28

 福田内閣早くもカネ疑惑

ほうら出て来た。東国原知事も記載漏れ (という名の横領) があったようですし、政治家は全員やってやがるんでしょう。
「こういう間違いが起こらないようにしなくてはいけない」
って、絶対しないでしょ。自分達がじゃんじゃか税金横領し放題の今のシステムを直すなんて、するわけがない。
自分達の規制を自分達が作る、って時点で間違ってるよな。自分のいいようにしかするはずないもん。




9/30

 沢尻エリカが不機嫌

映画かなんかの舞台挨拶で、司会者に 「皆さんに何か一言」 と振られても、
「今日はどうもありがとうございました」
と愛想笑いひとつせず、ブスッとした顔で一言。
「何か印象に残ったシーンとかありました?」
と聞かれても、
「別にないです」
と即答。司会者は困って、
「えー、全てが印象深かった、ってことでしょうか」
とか必死でフォローしてました。
その後もずっとブスくれた顔で、何が面白くなかったのかは知らないけど、
「うっわ、何なんだ、この女」
と思いました。先輩芸能人もたくさん同席してたろうに、よくこんな態度でいれるよな。偉そうに何様のつもりだよ。

たまたま前日、『メントレG』 のスペシャルで、過去に沢尻エリカが出演したVTRで、
「何か (途中から観たんで分かりません) のリハーサルを逃げ出した」
という話をしてたんですよ。
「もうイヤでイヤで、マネージャーが迎えに来たんですけど、ダッシュて逃げて。タクシーを止めて、『とにかく出して!』 って叫んでー」
と笑いながら話してました。
何のリハーサルだったのか、どうしてイヤだったのかは分からないけどさ。リハーサルとはいえ、現場では関係者や共演者の人が待ってたわけでしょ? その人達に迷惑かけたわけでしょ? それなのに全く悪びれた様子もなく、ケラケラ笑って話すのってどうなのよ、と思いました。

沢知りエリカ、これまでは好きでも嫌いでもなかったけど、結構キライになりました。っていうか、 「ふーん、こういうヤツなのか」 という感じ。チヤホヤされてるとこうなっちゃうんでしょうかねえ。




  10/2

 不機嫌な沢尻エリカのその後

あの無愛想な舞台挨拶、かなり反感買ってるみたいですね。自分も取り上げといて何ですが、まさかここまで大騒ぎになるなんて驚きです。
けど自業自得ですもんね。ブスくれた様子をテレビで観ながら、
「こんな態度取ったって、しょせん自分にはね返って来るだけなのに。バッカだなあ」
と思ってました。
だって沢尻エリカって、CMもやってましたよね。その会社の 「顔」 で、イメージを左右する重大な責任をしょってるのに、そういうのも考えないであんな態度を取るなんて、頭悪すぎ & 勘違いしすぎ。

釜山での舞台挨拶は欠席することになったと聞いて、「そこまで?」 と思ったんですが、来年のスケジュールが全て白紙、1年間謹慎状態になるかもしれないと今日報道されてて、本当に驚きました。そんなに抗議が殺到してるのかあ。ヘタしたらこのまま消えちゃうんじゃないの。
まあ、自業自得だから、なーんとも思いませんけど。ファンの方が可哀想だなあ。




10/3

 花田勝が離婚

別に 「ふーん」 というだけなのですが、テレビ番組で、
「 (花田勝さんは) 割と外に飲みに行ったり、遊ぶのが好きな人ですからねえ」
と誰かが言ってました。
元若花田のお兄ちゃんといえば、バラエティ番組などでいつもニコニコ面白い話をしてる印象が強いので、
「あんな人のいい顔しときながら、家庭は省みなかったんだなあ」
と裏の顔を見た気がしてちょっとコワイ。いくら外面が良くっても、奥さんが暗い顔していたら、 「いい男 (ダンナ) 」 ではないってことなのかもしれませんね。
まあ離婚の理由は当人にしか分からないことだし、原因も、お兄ちゃんだけにあるとは限りませんけど。




10/8

 神田うの 6億円挙式

朝やってた芸能ニュースで、結婚式が昨日だったってのも初めて知ったんですが。
「お父さんお母さんありがとう、私は本当に幸せです。○○さん ( ← 忘れた) と一緒にどうのこうの」
という手紙を読んでるのを聞いて 「どーせ離婚するくせに」 とアホらしくなってチャンネル替えましたが。これだけ感動しない両親への手紙ってのも珍しいな。

ちなみに6億円披露宴とか、お色直し7回ってチラッと聞きましたが、6億円ってのは、先の藤原紀香さんと陣内さんが5億円だったから、対抗してちょい上にしたのかなと思いました。上乗せが1億円できるってのがスゴイですが。
お色直し7回っていうのは、ドレスをデザインしている彼女にとっては分かる気もしますが、どんな高価なコース料理だったとしても、出て来る時間ってのは大体同じですよね。披露宴が何時間だったのか知らないけど、列席者は退屈だったんじゃないかなあ、と心配になってしまいました。まーどうでもいいけど。




10/9

 「ロンドンハーツ 新兵器マジックメール」

間違いメールのふりをして、「ステキな人でドキドキしちゃった」 とその本人へメール。
グラビアアイドルだもんなあ。そりゃあイヤな気は絶対しないでしょうね。

南海キャンディーズの山ちゃんがまたターゲットにされてて、返事の文章にみんな 「気持ち悪い!」 とキャーキャー言ってたけど、私は前回と同じく、山ちゃんカワイイじゃん、いいじゃんっと思った。他の人も、別に普通の反応だと思うんだけどなあ。
一番好感が持てたのは、ほっしゃんさんの、
「送り先間違えてますよ。でも素直に嬉しいです。番組頑張りましょう」
という返事。間違えたことはさらりと流して、好意はきちんと受け取って、仕事面で気まずくならないようにと大人の対応。スマートですよね。

偽メールをやり取りし、デートに呼び出して、部屋に誘って。やっぱり男の人はホイホイついて行っちゃうんだなあ。まだお互いのこともほとんど知らなくて、初デートなのに部屋へ泊まって行こうとするなんて、考えられないんですけど (汗)

ここに 「元カレ」 の設定でハウンドドックの大友さんが現れてビビらせるんだけど、ここまですると悪趣味だなあと思いました。普通に淳たちが入ってくだけで十分なのに。

あと落し穴もなあ。あらゆるアングルから、8回くらい落ちる瞬間を繰り返し流して大ウケしてたけど、どんなにカッチョいい人だとしても、落ちる瞬間はあんな感じでしょ。面白いとは全く思わない。つかケガするんじゃないかとハラハラですよ。




 金正日 「拉致日本人はもういない」

先週の南北首脳会談で、金正日が 「拉致日本人はもういない」 と発言した、らしいです。
到底信じられるはずのない、こんな馬鹿げた発言をさせている日本の甘い (というか何もしていない) 対応に改めて腹が立ちます。

一時は、横田さん夫妻がブッシュ大統領と面会し、アメリカをも動かし出した勢いがありましたが、その後 拉致問題解決に積極的で あった役員が替わっていなくなってしまったと聞きました。日本の首相も福田になったり、拉致被害者が生存している重要な証拠とな る目撃証言をしてくれていた安明進氏も、麻薬売買で逮捕されるなど、拉致問題解決への状況は、大変悔しいことに厳しいものです。

解決に向けて日夜活動されている、横田さん夫妻を始めとしたご家族の心労が心配です。厳しい状況が続く中、希望をなくしかけるこ ともひょっとしたらあるのかもしれせんが、自分達が諦めたら本当におしまいなんだ、という一心で心身に鞭打って活動されているの だと思います。しかし、ご家族は高齢になってきていますし、長年の闘いによる心身の疲労は、大変なものだと思います。無理をしな いで下さい、などお気楽で無責任なことは言えませんが、どうか皆さんが倒れられないことを願いつつ、何でもいいから解決となる 突破口がどこかで開いてくれるよう、毎日祈るばかりです。




10/10

 「働きマン」  第1話

本当の編集ってきっと全ッ然こんなんじゃないんだろうな、と素人目から見ても白々しくって、観てて気恥ずかしかったです (^^ヾ

生意気な新人 (速水もこみち) の存在感がイマイチで、最後の方で 「どうだ、松方と組んでみて」 と問いかけられてるのを聞いて、そういえばそうだっけ、と忘れてたくらい。

彼氏は優しくていい人だけど、すっぽかされ続けて、いつ別れ話を切り出されるのかと今後ハラハラしそう (笑)  結婚か仕事か、となりそうだなあ。

弘子が仕事モードになる時、 「男性ホルモンが3倍になってなんたらかんたら」 と言ってましたが、それって、男じゃないと仕事は出来ないわけ? とちょっと引っかかってしまいましたよ。

登場人物が全員、実在の芸能人名だけど、ご本人に許可は取ってあるんでしょーか、とどうでもいいことが気になったり。




10/11

 内藤vs亀田、の記者会見

記事を読んだだけですが、相変わらず亀田選手は相手を馬鹿にした威嚇をしてたらしいですね。
こういうのってあまり好きじゃないです。ボクシングの試合なんだから、勝負はリングの上に上がってからすればいいんであって、それ以外では相手をきちんと認め、普通の大人の礼儀として、失礼な言動はしないようにすべきではって思うんですよね。
「負けたら切腹する」
と言ったようですが、これも、昔 本当に切腹して自害した人に失礼なのでは。そこまで真面目に考えなくてもいいのかもしれないけど、やっぱ不快でした。

試合もテレビで観てましたが、反則みたいなことをしてまた批判を受けてたし。また試合後の内藤選手の会見によれば、
「頭を抱えられた時、何度も目に指を入れて来た」
とのこと。それが本当だとすれば、とことん幻滅です。ボクシングをやる資格ないと思う。

批判されると分かり切ってるのに、なんであんなに態度悪いんですかねえ、亀田親子って。分かってないただのバカなのか、わざとなのか。 (なんだかんだいって、亀田選手の試合は視聴率はいいんでしょうし。いくらかもらってんのか?)




10/15

 「ガリレオ」  第1章

うーん。月曜の夜に、こんな理屈っぽい小難しい話を観たくないなあ。もっと楽ちんに軽く観られるドラマがいいよう。
福山さんだから観てみましたが、かなり面白くなかったです〜。




                       亀田大毅、1年間ライセンス停止処分

父親は、セコンド資格無期限停止らしい。ラウンド間の休憩中に、
「勝たれへんぞ、分かってるやろ」
「ヒジでええから目ぇ入れろ」
と父親と長男が大毅選手に声をかけている映像を観たのですが、何考えてんだこいつらは、とムカつきました。
肘やグローブで目を攻撃するなんて、それで内藤選手が致命的なケガを負って、選手生命を絶たれることになったら一体どう責任を取るつもりなのか。そんなことにならなくて本当に良かったと思うし、もし運悪くそうなっていたら、と思うとゾッします。
なんかもう、亀田一家は何をしたいんだろうと思います。どうなりたいのかさっぱり理解できん。

大毅の処分について父親は、
「ボクサーとして成長期にある18歳の大毅にとって、1年間はあまりにも長い」
というコメントを出していますが、そうさせたのはお前だろ。それにあんな試合をしておいて、 「ボクサー」 なんてよく恥ずかし気もなく言えるなあと呆れます。

父親への処分は妥当だし、適切な処分だと思います。亀田兄弟はせっかくこれまで練習して来て、それなりに実力もあるんだろうに、あの父親の悪影響を受けてこんな状況になってしまっているのは本当にもったいない。この機会に父親から離れ、適切な指導者の元で、考え方などを 「更正」 して欲しいものです。
勝負なんだから負けることもあるでしょう。でも、正々堂々と闘って、実力の中で精一杯やった試合ならば、仮に負けたとしても感動や称賛は生まれるはずです。何が本当に格好いいのかをよく考えてもらいたいもんです。




10/16

 「芸能界騒然! ドッキリ秋の祭典〜(秘)性格改善クリニック」

人をだますっていうのがあまり好きじゃないのですが、これはギリギリ、楽しく観ることが出来ました。

美川憲一さんと青田典子さんの逆ドッキリが面白かったです。借金とか隠し子とか、青田典子さんって、本当にありそうだもんなあ (笑)  携帯の子供の写真が、子供が大きくて笑った。
梅宮辰夫さんのも面白かった。いくら正直に言えったって、梅宮さんの目の前で 「マズイ」 なんて言えませんよねえ。言える人は、かなりの大物ではないかと。

ジャガー横田さんの夫への浮気チェックは、私もダンナさん ・ Oくんにやってみたいと思った。他の人の前で私のことをどういうふうに話すのか、女性に誘われたらどうするのか…。観るのがちょっとコワイ気もするけど。




                       「有閑倶楽部」  第1話

たまたまチャンネルが合ってて始まったので、ちょろっと観てましたが。予想はしてたけど、かなり無理がある。あのキャラ達を実写にしようってのがそもそも間違いですもんね。

清四郎、代わりの車は一台もないのか…サイレン鳴らして行くこたぁないだろう。つか、違反なのでは。
かろうじて見られたのは悠理だけで、後はもう、
「これが野梨子かよ…」
「これが可憐かよ…」
「これが (以下略) …」
と何とも言えないトホホな気持ちになりました。一番 「違うだろ!」 と思ったのは野梨子ですが。

全体的に、魅録役の赤西くん (これが魅録かよ…) をいい役にしてたのが見え見えで鼻につきました。赤西くんがあまり好きでないので。 (カッチョつけすぎなんだっつーの。SMAPでいうキムタクね)

原作の単行本は持ってなくて、かなり昔に読んだことあるだけだからよく覚えてないけど、悠理ってあんなに食い意地が張ってて、野梨子ってあんなに男嫌いで、6人ってあんなに学校から目をつけられてて 「退学にしますよ!」 なんて言われてたっけ? まーどうでもいいけど。




10/17

 「今田ハウジング スペシャル」

ヒロミ & 松本伊代夫妻のハワイの別荘をリフォームしてました。ヒロミさんてやっぱ好きだなあ。
リフォーム後の部屋に初めて入る時も、自分が前にいても譲って、必ず伊代さんを先に入れてあげてたし。単に優しいだけでなく、伊代さんを妻としてちゃんと認めてるというか、尊敬してるのが伝わって来て好感が持てました。

でもお互いを 「パパ」 「ママ」 と呼び合っているのはヤだなあと思っちゃった。子供がいるとそうなっちゃうんですかねえ。




10/19

 神田うの 披露宴の舞台裏

どうでもいいっちゃどうでもいいんですが、ウエディングドレスのデザインをしてる彼女が、いざ自分の時にはどんなドレスを着たのかなとか、披露宴全体のセンスはどんなだったのかな、と気になったので観てみました。

ウエディングケーキは、いくつか試作品が作られたけれど、ハート型のものは 「ハートを切るって良くないよね」 と却下。 (どうせ離婚するんだからいいじゃん、と思いつつ)  結局、リボンや花がたくさん飾られたピンクのタワーケーキだったんですが、タワーって普通だし、どうせならもっと変わった形のにして驚かせて欲しかったな。
引き出物の袋や椅子のクロスは、茶色にピンクのリボンのデザインだったけど、これもあまりステキとは思わなかったなあ。引き出物も、どれも 「いらない…」 と思ってしまいました。

スピーチはみのもんたさんと研ナオコさん。みのさんが 「30秒なので急いでしゃべります」 みたいなことを言っていたので、30秒以内でって決められていたんでしょうか。いいことだと思います。

一着目のウエディングドレスは、スカート部分の後ろ側がハート型にカットされてて、あれってカワイイんですか? 「ダサッ!」 と思ったんだけど。
驚いたのがお色直しの時間の短さ。18分、15分など、よくそんな短時間で出来るなあ。てっきり、ヘアメイクばっちり、にこだわって、40分くらいかけるのかと思いきや。これだけの短時間なら、そりゃお色直し7回できるわな。 (逆か。7回したいから、短時間にしたのか)
スピーチが30秒以内だったのも、このためか? と勘ぐってしまったり。生番組みたいに、秒単位で進行スケジュールが決められてそうだな。

驚いたのが、夫となった男性です。初めて見たんですが、最初にチラッと映った時、「まさかこの人がダンナじゃないよね」 と思ってたらそうだったので軽い衝撃でした。うの、面食いじゃなかったんだね…。
いやでも、人柄はすごく良さそうでした。優しくて大人そうで。かなり普通の常識人な方だったので、「なんで神田うのと?」 と思ってしまいました。

神田うのが好きじゃないので、どうしてもケチつけたような内容になってしまいました。いいことはいいと書くつもりだったんですが、あまりなかった (汗)  期待していたドレスもウエディングケーキも、私的にはイマイチだったし。あ、お料理はおいしそうでした。




10/22

 「ガリレオ」  第2章

他に何もやってないので一応観ましたが。
冒頭のスカッシュのシーンは、完全に福山さんファンへのサービスカットですよね。こういう、まず役者ありきの見せ方ってあまり好きじゃないんですが。あくまでもそのドラマの役柄として必要な行動だけさせて欲しい。
まあいいんですけどね…

ストーリー自体は、ながら見だったし、結構どうでもいい感じでした。親の身勝手な欲のために、必死でウソをつく子供は可哀想でしたけど。




10/23

 お笑い芸人がマネージャーにドッキリ

『リンカーン』 で、芸人がマネージャーにドッキリを仕掛けるというのをやってて、人をだますのがあまり好きではない私とダンナさん ・ Oくんも、なぜかこれは面白かったです。

バナナマン日村さんが、
「結婚を前提にお付き合いして下さい」
と女性マネージャーに告白するドッキリで、
「無理です! いや本当に、やめて下さい」
と大真面目に思いっ切り断られてたのが、可哀想だけと可笑しかったー。

「ノリで男に抱かれたらめちゃめちゃ気持ち良くて、両刀になってしまった。お前みたいのがタイプなんや。抱いてくれ!」
と迫ったり、ハリセンボンの太っててメガネかけたコの方が、
「実は妊娠してるんです。 (ダウンタウンの) 浜田さんの子なんですっ」
とエコー写真を見せたり。このマネージャーはなんと初日で、情熱があってマジメそうないいコでした。真剣に話聞いてあげてたし。でもきっと頭の中では、
「はっ浜田さん!? あの人ってそういう人やったんだ…今までも何人も手ぇ付けて来たのかしら。それにしてもこの人にもだなんて、見境ないのね (失礼) 」
とグルグル回ってたんだろうなあ。初日からこんな強烈な 「洗礼」 を受けて、きっとたくましいマネージャーさんになってくれることでしょう。

一番バカバカしかったのが、さまぁ〜ずの大竹さんで、座ったとたんオナラ、その時にウ○チも出ちゃったフリはまだいいとしても、吐血、そして、
「目ぇ取れちゃった!」
と特殊メイクで作ってもらった目玉を見せるというもの。もう、バカだよ大竹さん〜、と大笑いしてしまいました。
いくらなんでも目玉の時点で、
「え、ウソでしょ?」
と気付きそうなもんだけど、その場にいたら信じちゃうのでしょうか。




10/24

 ピンクレディー未唯のおバカさに唖然

元ピンクレディーのミーこと未唯さんが、過去に借金を背負わされたことをテレビ番組内で告白。
ピンクレディーの解散後、恋人であった男性の言われるがままに会社を興し、外車を買ってなんやかやしていたら、気がついた時には借金3億。ソロコンサートをやって5年で返したそう (すげー) です。
それはいいんですが、驚いたのが、
「 (彼は) 責任感の強い人でしたから、ちゃんと返すつもりではいたと思うんですが」
「いい人でした」
と番組内で言っていたこと。
若くしてトップアイドルに登りつめ、世間知らずで金銭感覚が普通じゃなかっただろうし、恋人を信頼してあっさりだまされてしまったのはまだ分かりますよ。でも50歳になった現在でも、「責任感のある人でした」 だの 「いい人でした」 だの、未だにその男を信頼してるようなことを言ってるのには、 「バッカじゃないの!?」 と口があんぐり開いてしまいました。
なんか、この人を見る目が変わっちゃった。




                       犯罪被害者の実態

『世界仰天ニュース』 で、銃撃事件に巻き込まれた主婦の方についてのVTRを観ました。銃弾が脳や体内に残り、左半身麻痺など身体が不自由になったものの、国から支払われた見舞金はたった650万円。介護保険も適用外とされ、加害者は事件後自殺しているため、請求も出来ない。リハビリ中、
「こんなに不自由でお金も苦しいなら、あの時死んだ方が良かった…」
と言われたそうです。 「命があっただけ良かった」 なんて単純には決して思えないと思います。

「これは人事ではない、誰にでも起こりうること。だから国は、もっと救済する法律に改正しなければならない」
と住田弁護士が力をこめて言っておられました。
ドイツではこういう場合、年金が支払われ、医療費は全て無料なんだそう。でもそれが普通というか、最低ラインですよね。

こういう話を聞くと、政治家たちが高い給料や手当てをもらい、高級料亭で食事をしたりゴルフしたりしているのが本当〜に腹が立つ! 1か月のうち1日でも仕事すれば1か月分の給料がもらえる、と聞いてから更に腹が立つ! 絶対、なんやかや理由をつけて休みまくって、1日 (どころか半日とか数時間) だけ仕事 (というか出勤だけ) して毎月給料もらってるヤツ、大勢いるよな。クソムカつく!




10/26

 亀田興毅が謝罪会見

はっきりいってもうどうでもいい…
だって父親もそうだけど、仕方なく謝罪してる (フリしてる) だけで、心から悪いと思ってないでしょ。口ではどうとでも言えるんだから、今後の態度とか試合のやり方で示して欲しい。 (まあ、収まらないから謝罪会見しなければならないのは分かるけど)

亀田一家のこれまでの言動は、見てたらそりゃ気分良くはなかったけど、はっきりいってどーでもいいんですよ。反則だって、やればやっただけ、とばっちりは自分達に跳ね返って来る (沢尻エリカみたいに) んだから、バカだなーとしか思わない。ただ私がムカついてるのは、 「肘でいいから目ぇ入れろ」 という指示。前にも書いたけど、何度も目を攻撃して、もしそれで致命的なケガを負わせていたらどう責任取るつもりだったのか。今回何ともなかったのはたまたまで、もしかしたら選手生命はおろか、日常生活にも支障が出ることになっていたかもしれない。
それほど危険なことを、軽はずみにけしかけていたのが腹立つのですよ。人の身体を、人生を、何だと思ってんだと。

まーでも、当の内藤選手も 「もういいよ…」 と思ってるみたいだし、もういいんでないの。




10/28

 囲碁を真剣にやる閣僚

小沢と与謝野という議員が、囲碁対決をやってるのがニュース番組で流れてました。勝負中、すんごい真面目な表情で考え込んでて、こいつら国会で議論してる時なんかより よっぽど今の方が真剣だよなと思った。つか、この囲碁対決っていつやってたんだ。まさか仕事中じゃないだろうな。




10/29

 浜ちゃんも七光りには弱かった

録画してあった 『浜ちゃんと』 を観てたら、ダイジェストだか未公開だか知らないけど、これまでに来たゲストの映像が流れてました。
その中に関根麻里さんがゲストの回があって、浜ちゃん、何となくいつもよりしゃべり方が大人しいし気を遣ってる感じだなあ、やっぱり関根勤さんの娘だからかな〜と思っていたのですが、続いて名前忘れたけど女性 (グラビア?) タレントの回の時は、しゃべり方が全然違ってた! 関根麻里さんの時は 「あなた」 と呼んでいたのに 「お前」 、あと、とにかく全然違ってたんですよ〜。やっぱり関根さんの娘だからなんだなあ。
なんかダウンタウンって、権力には屈しないぜ、オレはいつでもこうなんだぜいッというイメージ (あくまでイメージ) があるのに、七光りにはやっぱり弱かったんだ…と苦笑。




10/30

 5個のリンゴを7人で均等に分けるには?

『学校へ行こう』 で小島よしおさんが小学校を訪れた際、4年生の生徒から上記の問題を出されてました。
「えーと、分数だよね、5分の7ってことは…」
と考えていたのですが、なんと正解は 「リンゴジュースにして分ける」 。って、なんじゃそりゃー! それが答え? そんなとんちクイズみたいのが? 小学校の授業でこんなだっけ? とかなりビックリした。

小島よしおさんが1分間で何人の生徒を笑わせられるか、をやってたんですが、ほとんどダメでした…小島よしおさん、結構好きなので 頑張って生き残って欲しいと思ってるんですけど、小学生も笑わせられないんじゃやっぱりダメかなあ。




  11/1

 『遭わせ屋』

『遭わせ屋』 という、遭いたいけれど居所が分からない、事情があって連絡出来ない相手と遭うべきか遭わざるべきかをスタジオの芸能人がジャッジするという番組。
途中からだったのですが、
「今は結婚している元カノと、恋愛感情はないがおしゃべりしたい。でも連絡を取ろうとしたら、元カノの夫に浮気相手と間違えられ、実家にまで怒鳴り込まれる騒ぎになってしまった。もうこちらからは連絡しづらいので、何とか遭わせてもらえないでしょうか。本当におしゃべりしたいだけなんですう」
という男からの依頼。何だこりゃ…。当然、スタジオの芸能人からは非難ゴーゴー。なんと7人全員が 「 (遭うのに) 反対」 でした。ま、そりゃそうですな。
つか、なんでそこまでして遭いたいのか分からん。しゃべりたいだけって、お前には他に友達や知り合いはいないのか。
ここまで来ると、なんかヤラセ臭かったですけど。

続いての依頼は、第二次大戦後、「楽園」 と聞いていた外国へ家族と移住し、その時既に結婚していたため日本に残った姉と遭いたい、というもの。
大戦後は食糧難が続いたため、日本政府は、海外への国民の移住を推進していたのだそうです。
しかし 「楽園」 と聞いて行った国は、現実は全く違い、ひどく苦しい生活で、食べるのがやっとで、旅費がなく帰ることも出来なかったそう。
戦争中は国民を死に駒として戦わせ、それが終わったら食べ物がないからと、「楽園」 と大嘘をついて国民を追い出す。この依頼人のご両親は、亡くなる間際まで、「日本に帰りたい」 と繰り返し言っていたそうです。昔から、この国の政治家はろくでもなかったんだなと腹が立ちました。
あ、依頼はもちろん全員 「賛成」 で、お姉さんの居所も探し出し、スタジオに来てくれて、涙の再会となりました。とても感動したけれど、本当は離れ離れにならないことが一番良かったわけで、戦争の被害は未だに続いているのだなと感じました。




11/4

 なぜ父親役がウド鈴木なのか

アリコのCMで、父親がケガして入院、娘が急いで病院に駆け付けて病室のドアを開けると、同室の人と楽しそうに談笑してる父親。が、キャイ〜ンのウドちゃんなのですが、見るたびに 「なぜ?」 と思います。なぜウドちゃんにしたのだ? あの髪型、キャラクターなど、父親とは程遠いのに (笑)   (今思ったけど、父親役だよね? まあ兄でも同じだけど)




11/5

 「ガリレオ」 の感想じゃないけど

この時間すごく眠くって、リビングのテーブルに突っ伏してうたた寝していたら、棒読みでセリフを言ってる声がテレビから聞こえて、誰だこのド下手クソはッと顔を上げたら、ゲスト出演してたSMAPの香取慎吾くんでした。ただそれだけなんですけど。




11/6

 飲酒運転で3人死亡の運転手に25年の刑

飲酒運転では最長の25年。おお出たか、と思いましたが、そりゃ、コイツが最長でなかった誰がなる、という感じですもんね。

現在23歳なので、25年ということは、刑期を終えるのは48歳。うわあ…。50歳近くになって出て来たって、就職や結婚はほぼ絶望的なのでは。20代からの、ひょっとしたら一番楽しい時を塀の中で過ごさなきゃならないなんて ちょっと可哀想な気もしますが、でも奪われてしまった3人の子供たちの未来と、一生哀しみ続けるご両親の苦しみを思うと、決して重い刑ではないのかもしれません。何より、飲酒運転を1人でも減らすためには、重い刑罰は必要なのでしょうし。
ちょっと心配なのが、模範囚だからって刑期が短縮されることはないだろうな、ということ。25年となったからには、きっちり25年務めて欲しいもんです。




11/9

 1千万宝くじの持ち主候補が続々と

宝くじ売り場に 「これ当たってるか見て下さい」 と男の人が宝くじを1枚持って来て、確認すると1千万円当選していて、「当たってます。お待ち下さい」 と銀行への引き換え券を取るため目を離し、渡そうと顔を上げたら、宝くじを置いてその人はいなくなってた、という事件。これに 「自分のではないか」 と 「持ち主候補者」 が続々と名乗りを上げてるらしいです。

「宝くじを盗まれた」 「落とした」 「認知症の父親がよく売り場のある町を散歩してる。父が買ったのではないか」 など。
なんかもう、苦笑してしまいますね。図々しいというか強欲というか。中には本当に 「落とした」 「盗まれた」 人もいるのかもしれないけど。持って来た男の人がなぜ姿を消したのか不思議ですが、ひょっとして拾ったり盗んだりしたのかもしれないですね。当たってますと言われて、もしかしたら盗難届けが出ていて逮捕されるのかも、と慌てて逃げ出したのかもしれません。売り場のオバさんに寄付したんではないようだし。

売り場や買った枚数などを聞いて照らし合わせたところ、全員本当の持ち主ではなかったとのこと。やっぱりね (笑)
「持ち主と判断され、その後やはり違ったと判明すれば、詐欺罪に問われる可能性もあります」 とニュースで言ってたので、今後名乗り出る 「持ち主候補」 は減るかもしれません。




11/10

 消火器の使い方、有田はネタだろ!

『世界一受けたい授業』 で、消火器の正しい使い方を知っているかのテストに、くりいむしちゅーの有田さんが実演。ホースを取り、安全キャップを抜き、なぜかおもむろに消火器を逆さにして噴射させてました。それ、絶対わざとだろ…と白けたのですが、スタジオの芸能人たちが 「おー」 と感心した声を上げていたのに驚きました。んなわけあるかい!
もちろん先生は、 「だいぶ間違ってますね」 と逆さにする必要はないと指摘したものの、
「えっ、そうなんですか?」
とわざとらしく驚いてました。ちなみに噴射する前に消火器を振ってたんですが、それについては突っ込まれませんでしたね。残念でした。

でもこの後、「消火器の正しい使い方」 をもっと丁寧に教えてくれればいいのに、それがなかったので 「はあ?」 と思いました。肝心なことが抜けてるんだよな、この番組。あと今日出て来た先生は、みんな偉そうな物言いだったのがちょっとムカつきました。




11/11

 夕張市はなぜ経済破綻したか

夕張市はなぜ経済破綻したのか、経済破綻したらどうなるのかなど、勉強になりました〜。南海キャンディーズの山ちゃんが司会進行してたんですが、上手かった! お笑いより向いてたりして (笑)  「いいご指摘ありがとうございます、好きになっちゃいそうです!」 とか言ったり。まあ、発言は全て台本通りなんだろうし、あれを全てアドリブで言ってたんなら凄いけど。 (でも 『いいとも』 観てると、山ちゃんはアドリブも上手いと思うけど)

おっと夕張市の話でした。300億以上の借金を作ってしまった大きな原因は、観光名所をたくさん作りすぎてしまったからとのこと。国も補助金を使って欲しいから、ジャンジャン出してしまい、ますます借金が増えて行ったとのこと。
そして現在、病院は診療所に縮小され、その目の前ではまっすぐ歴史村に行くためだけの橋がおそらく何億円もかけて架けられ、
「こっちの診療所は一銭もなくて、潰れそうになってるんです。この工事にかかるお金のほんの一部でも回してくれれば、十分運営して行けるんですよ」
と先生が苦々しく語ってました。

このもっともな疑問を国にぶつけると、「道路の建設と医療費の予算は分けられていて、それぞれの目的にしか使えない」 、また補助金は、余ってしまうと翌年減らされてしまうので、何が何でも使い切ってしまわなきゃいけないから、とのこと。
これってよく聞きますよね。年度末になると、予算を使い切るための無意味な道路工事が増えるし。
自然災害があったりなかったり、その地域地域での事情により、必要な予算はその年その都市によって違うのが当たり前。余ったら余ったで取っておけばいいじゃん。それで災害などが起こった時、被災者の人達の補償や復興にドカンとつぎ込めばいいじゃん。建設費だの医療費だのカタイこと言ってないで、必要な所に臨機応変に回せばいいじゃん。
「法律だから」 だの 「決まりだから」 だの、誰のための法律だ、決まりだって思う。 「今から変えましょう!」 って、サクッと方向転換すればいいじゃん。本ッ当に税金の無駄遣いだわ。




11/12

 キャバ嬢が100人いても好みのコは2人

『ロンドンハーツ』 でキャバ嬢が100人来るというので楽しみにしてたんですが、好みのコがいなかった…ガッカリ。2人ほど 「おっ」 と思ったコはいましたが、しゃべってる所がほとんどオンエアされなかったし。
私は男だったら面食いだなあ、としみじみ思います。あ、でも、いくらキレイでも、ツーンとした女は即座に 「ケッいらねー」 と除外ですが。キレイだけど気さくに、よく笑ってよくしゃべる、というコが好きだな。男だったら、いいコがいたらキャバクラ通っちゃいそう…女で良かった。




11/13

 人間ドックに行かなくちゃ

『史上最強の人間ドック』 は毎回観てるのですが、やっぱり酒 ・ タバコをやる人は必ず引っかかってますね〜。今回はお酒もタバコもやらない、食事も和食中心だという高橋英樹さんが結構引っかかってて (残り寿命もわずか7年だった) 、意外だったんですが、22歳から生活習慣病と診断されてたんだそうです。暴食もダメなんですねえ。腹八分目ってのは、やはり正しかったのでした。

それにしても人間ドック、ダンナさん ・ Oくんと1日かけて行ってみたいなあと思うんですが、この番組と同じ検査 (1泊) のお値段は30万円! 2人で60万円…無理です。6万でも無理です。検査だけなのに、なんでそんなに高いの!?




                       総理大臣なんかクソくらえなのだ

『世界バリバリバリュー』 という番組で、イケメンミュージシャン (もどき) が竹下元総理の孫で、家にまで行ってどうのこうのとやっていた。歴代総理大臣に対しては、北朝鮮による拉致問題を放置し続けたってだけで腹が立つし、政治家自体が大っ嫌いなので始終ムカつきっぱなし。 (チャンネル替えたかったけど、ダンナさん ・ Oくんが観ていた)

この竹下、総理大臣に任命された日に帰宅した時の第一声は 「 I am ソーリー」 だったという。アホか…。
竹下元総理なんてはっきりいってほとんど知らないし、当時の日本がどんな状態だったのか分からないけど、重大で切実な問題は沢山あったはず。それらを真剣に考えていれば、とてもこんな、小学生のガキが言うようなくっだらねえダジャレなんか言ってる場合じゃないだろ。




                       就職できない路上生活者の若者

ニュース 『ZERO』 で、ネットカフェ難民 (ネットカフェで宿泊する人) になるお金もなくなり、路上生活者となった青年を取材。20代後半のその青年は、茶髪で一見今どき風なのだけど、やっぱりどことなく疲れた顔をしている。
以前勤めていた派遣 (日雇いだったかな) の仕事先でいじめに遭い、辞めてしまってからお金がなくなり路上生活者となったという。故郷の家族も離散していて頼る人もないとのこと。
働く意思はあるので、無料の求人広告雑誌で見つけた仕事先に電話するものの、身分証がないのでその時点で断られてしまう。健康保険証を盗まれてしまい、再発行の費用もないのだという。

なんかもう、国は何やってんだよッとジリジリしちゃいました。保険証の再発行費用っていくらか知らないけど、そのくらい補償してやれよ。
こういう人達を支援し、就職の手助けをする施設はあるらしいのですが、利用しているのは路上生活者のわずか9%なのだそう。単純に施設の存在が知られていないなどの理由だけでなく、実際のニーズに合ってないのではないか、との指摘がされてました。相変わらず、国のやってることって見当違いだよな。

NGO団体の人が言うには、こういう路上生活状態の人が就職して 「這い上がる」 には、かなりの精神力が必要なのだそう。私などは、 「就職したいんなら、死ぬ気で面接に行けば何とかなるんじゃないの」 と思ってしまうのですが、
「普通の人は当たり前すぎて自覚がないんですが、ぐっすり眠る場所があるとか、期待をかけてくれている人がいるということはすごくエネルギーになるんです。それがない状態で気力を奮い立たせるのはものすごく大変なんです」
というようなことを言ってました。言われてみればそうなのかもしれません。そう思うと、やはり当座の寝所や食事などを供給してあげる支援施設は必要なのですね。

この青年は、数日間の取材の最後には手持ちのお金が27円くらいになってました。あの後、というか今頃どうしてるのだろう。 (この取材の出演料は結構もらったのだろうけど。顔まで出してたし)  どうか、何とか仕事を見つけて 「這い上がって」 くれることを祈ってます。




                       吉兆の賞味期限偽造について、パート社員が記者会見

「賞味期限改ざんは、現場の店員が独断でやったこと」 という湯木取締役の発言について、パート社員が反論の記者会見を行い、「改ざんは取締役の指示でやった」 と証言。
っていうか最初から、当然 取締役とか幹部とかの指示であることは分かり切ってましたけど。そもそもこの湯木って男の会見を初めて見た時、そのあまりの芝居がかったしゃべり方に、何なんだコイツ、と呆気に取られた。 「うさんくせー。言ってること、まるで信じられねえ」 とその時点で感じたし。

偽造はもちろんダメだけど、真摯に謝れば (当然、心から反省などしていなくても) 、日本国民なんて単純で忘れっぽいからすぐに許してしまうけど、この態度じゃ、きっと吉兆はもうダメだろうなー。吉兆なんて、今回の事件で初めて名前を聞いたくらいだから、どーでもいいけど。




11/14

 人気ブログのアクセス数

『笑っていいとも』 のコーナーで、一般人でブログをやってる方が登場したのですが、1日のアクセスが、1番多い人で7万! 7万って何? スゴすぎです。最少でも7百で、それでもスゴイですよねえ。
内容は、すごく凝ったお弁当の写真やネコの写真、お札折り紙の紹介などで、私は興味がないので、訪問はしないつもりですが。でも普通の文章による日記より、好き嫌いの幅が少なく、受け入れられやすいんでしょうね。
しかしスゴイ数ですよね〜。いいともで紹介されたんだから、今日のアクセスは更に何万件も伸びてるでしょう。




                       小島よしおは左利き

小島よしおさんが 「そんなの関係ねえ〜」 をしてる体の向きを見て、ダンナさん ・ Oくんが、
「この人って左利きなのかな」
と言ってたのですが、『黄金伝説』 で料理してるのを見たら、確かに左利きでした。すげーな、Oくん。




11/15

 生まれた赤ちゃんに母親がかける言葉、外国人妻の 「日本のこれが便利」

『ランキンの楽園』 で、生まれたばかりの赤ちゃんに母親がかける最初の一言は何が多いか、というのの2位は 「やっと会えたね」 。ずっと一番近くにいたけど初めて顔を見たわけだから、思わずこう言ってしまうのは分かる気がします。考えてみれば不思議な関係ですよね。
そして1位は 「 (生まれてくれて) ありがとう」 。子供が 「生んでくれてありがとう」 と感謝するなら分かりますが、親が 「生まれてくれてありがとう」 と言うなんて。すごい愛情ですよね。子供は3歳までに親孝行が済ませる、と聞いたことありますが、ひょっとしたら生まれた時点で済ませてしまってるのかもしれません。
このVTRは、観てる間ずっと涙が止まりませんでした。泣ける〜。
これほど両親が大切に思って、愛情をかけて育てている子供 (人) を、殺人やDVなど、誰もする権利はないんだなと思う。

外国人妻が、便利だと思う日本の物ランキングも面白かった。使い捨てカイロ、粘着コロコロ、冷えピタシート、洗濯ネット、洗濯小物干しなど。日本では普通の物なのに、外国にはないんですね。絶賛されているのを見て、 「こんなの発明した日本人はエライ!」 と、同じ日本人として誇りに思って嬉しかったです。
それにしてもこんなに高評価なら、これらを海外で販売すれば、絶対売れますよね。売ればいいのにな。売らないのかなあ。 ( ← 関係ないだろ)




 三田佳子の二男が薬物使用で逮捕

3度目なんですね。もういい加減みんな呆れ果ててるだろ…
三田佳子さんが会見で 「突然のことで大変驚きました」 とか言ってたけど、3度目なんですけど (汗)  つか、ちゃんとした更正施設に入れてるんでしょうか? 「昨日は一晩中泣いてました」 って、泣いてる場合じゃないだろッという気がします。




11/17

 丁寧すぎやしませんか?

トーク番組などで芸能人がしゃべってるのを聞いてると、最近、妙に敬語を大げさに使いすぎてる気がします。
「○○さんと共演させて頂いて」
というのは、相手が大先輩の芸能人だったらまあ仕方ないかなと思うけど、
「〜の番組に出させて頂いて」
とか、この間なんか、
「〜さんに声をかけさせて頂いて」
と言ってる人までいた。いくらなんでも丁寧すぎないか? 「声をおかけして」 で十分なのでは。




11/19

 森口博子はやっぱり好かん

久々に 『いいとも』 で森口博子を見た。この人、いい年して妙にブリッ子臭いのであまり好きじゃない。今日はブリッ子臭さはあまり感じなかったけど、話がとにかく面白くなかった。 「今年何回泣いたか」 のテーマで、どういう状況で泣いたかを長々と説明してたけど、はっきりいってどうでもいい内容ばかり。会場も無反応でした。 「持ち歌が150曲ある」 と言ったのも、多分 「おおー」 と驚いて感心されると思ったんだろうけど、全く歓声は上がりませんでした。今の10代20代の人って、もう森口博子が歌手だなんて、つか森口博子自体知らないんじゃない?




11/20

 阿部寛が15歳年下女性と電撃結婚

ちょっと前に ?ニ身男の象徴にもなってたし、ビックリしましたねえ。うわあおめでとうございます、と祝福する反面、相手の女性が15歳年下って聞いて、 「ケッ」 とちょっと思いましたが (笑)
でも一般人ってのがスゴイなあ。周りには、女優さんを始めキレイな芸能人女性がたくさんいるってのに。まあ一般人でもキレイな人はキレイだし、同業者はヤダって場合もあるでしょうしね。




11/21

 「働きマン」  第7話

久し振りに観ました。
とうとう彼氏と別れちゃったか…。
なんか、 「女が彼氏欲しかったり結婚したかったりするんなら、仕事なんかしないで、ハイハイッて男に尽くしてなきゃいけないんだよ」 と言ってるみたいでちょっと府に落ちませんが。

雑誌の編集者って本当にこんなに忙しいんでしょうか? だとしたらすげー大変だなあ…それでお給料いくらなんだろ、とか考えちゃいましたよ。
ご飯作るって約束してた時の呼び出しは、私だったら行かないかなあ。だって、自分が行かなくても、代わりはいるはずだもん。絶対何とかなるハズだもん。以前 会社で倒れた翌日、「ゲラのチェックしなくちゃ」 と出勤して来たものの、別の人がもうやってくれてた、ってこともあったし。そんなもんだよね。

いくらなんでも、夜中の2時とか3時 (だったよね) に電話して来るデスクってどうよ。プライベートどころか睡眠も取らせない気か。
しかも、いつ聞くか分からない留守電に、 「今夜中に証言取りに行ってくれ!」 と吹き込むなんてありえない。連絡取れなかったんならお前が行けよっ。
しかし賞味期限の偽装って、かなりタイムリーなんですけど。いいの? (汗)

別れた後、「何これ…」 と呆然としてたり、「何でこんなに私、頑張ってるんだろ」 と泣きながら仕事してるのは、ああなんか分かるなあ、と切なくなっちゃいました。
この後は田中とうまく行くんでしょうか。ドラマはいいね、失恋しても、すぐに次のいい男が用意されてるんだから (笑)




11/22

 身長差55cmの夫婦

『笑っていいとも』 で身長差夫婦のコーナーをやってて、なんと55cm差の夫婦が登場! (夫が211cm、妻が156cm)
あまりの体格の違いに、下世話な話ですみません、 「セックスは出来るの?」 と思ってしまいました。まあ子供が2人いたので、大丈夫なんでしょうが。 (じゃなかったら結婚しねーか)




                       「遭わせ屋」  余命わずかだと全て許される?

家族を省みなかったことで、突然熟年離婚を切り出され、以来12年間音信不通の2人の娘さんに会いたい、という男性が登場。
一回目の審判では 「反対」 の方が多かったものの、男性がガンであることを告げると、一気に全員が 「賛成」 に。
居所を突き止めた2人の娘さんも、スタジオに来てくれました。 「ガンだって聞かなかったら来なかったと思う」 と話していて、 「余命わずかである」 という事実は、大抵の人の心を和らげるものなんだなあとしみじみ思いました。

でも考えてみれば、仮に健康な人であったとしても、明日はどうなるかの保証なんて誰にもないんですよね。事故に遭うかもしれないし、天災に遭うかもしれない。 余命わずかなことを 「限りある命」 というけれど、誰だって永遠の命ではないのですから、これもよく考えれば当たり前のことなのです。
それなのに、 「余命わずか」 ということを具体的に突きつけられて これだけ心を動かされるということは、自分自身や周囲の人が 「死ぬ」 ことはない (とりあえず今日や明日には) と何の根拠もなく思っているわけですよね。かく言う私も、心のどこかでやはりそう思ってしまってるわけですが。うーん。そんなことはないんですけどねえ。




                       74歳男性の車が山陽道を逆走、避けた車横転し7人重軽傷

この車を避けたはずみで車が横転、乗っていた43歳の男性が脊椎を強く打ち重傷、とニュースで聞きました。脊椎ということは、下半身やもしくは腕も麻痺する可能性があるのではないでしょうか。逆走していた男性は、事故現場から8km先を走行している所を発見されたという。
この74歳男性は、自分が逆走していることはおろか、自分の車を避けて横転事故が起きたことも気付かず、事故後も8kmも走り続けていたわけです。認知症で、家族から捜索願いが出ていたといいますが、なんで車を運転させるんだ、と男性の家族にものすごく腹が立ちました。

本当に高齢ドライバーって始末が悪い。国道を逆走して来るのに何度か遭遇したことがありますが、あれすんごいビックリするんですよね。自分の目を疑います。で、運転手を見ると、ほぼ100%高齢者。免許取り上げろよ、もう! と警察に苦情の電話してやりたくなります。
例えば同じ60歳でも、しっかりした人もそうでない人も個人差が激しいでしょうから、一概に高齢ドライバーは免許を返上させろ、というのは現実問題無理なのでしょうが、ブレーキとアクセルを踏み間違えてコンビニに突っ込んだというニュースも時々聞きますし、年に1度は自動車教習所で判断能力のテストをして、一定レベルに達しない場合は免許返上、とした方がいいのではないでしょうか。
以前 高齢ドライバーの危険を特集した番組で、停車した車に乗り、足元のペダルをまじまじ見つめ、 「えーと、ブレーキは… (どっちだったかな…) 」 と数秒考えていたり、キーを差し込んだままドアを開けた時に 「ピー、ピー」 と鳴る警告音を、 「え、何か鳴ってます? 何も聞こえないです」 と言っていた高齢者がいて、こんな人達が公道を走ってるのかとゾーッとしました。

今回の被害者男性がもし、一生麻痺状態になったとしたら、意識が戻り自分自身の身体について説明を受けた時にどれほどの絶望と怒りに駆られるかを思うと 本当にお気の毒に思います。私だったら、本人には話したって無駄だろうから、見舞いに来た家族をボロクソ罵ると思う。
これから高齢者社会になっていくんだから、こういう事故は増えて行くでしょう。真剣にすぐに対策を練るべきです。




11/25

 横田滋さんが家族会代表退任

本当は今年の春ごろに退任予定だったのですが、拉致問題のシンボルであるめぐみさんの父親が代表を退いてしまうと 影響力が薄れて しまうとの周囲の声により、半年間伸ばしたのだそうです。

家族会が結成された時、家族の中では年齢が若いために代表となったらしいのですが、その滋さんも高齢で退くことになったことに、 それだけ歳月が経ってしまったのだと感じさせられます。

少し前に、めぐみさんが拉致されて30年目を迎えたり、家族会がアメリカへ北朝鮮へのテロ指定を解除しないよう要請するもはっきり した返事がもらえなかったり、韓国が改めて拉致を問題にしないような態度を表明したりなど、拉致問題への先行きは厳しくなって来た と言わざるをえません。

なぜこうなってしまうんでしょうか。家族を返して欲しいというご家族の思いは当然であるし、誰が見ても、北朝鮮のやっていることは 非人道的であるはずです。なんでこんな無茶苦茶なことをやっている国が思い通りになるんだろう、と本当に納得がいかず、悔しいです。




11/26

 近所の人に何が分かるっ

何か事件が起こった時、近所の人などに加害者についてコメントを取るのって、あまり意味がない気がする。
「いい人でしたよー、あいさつもきちんとするし」
とか言うけど、近所の人に何が分かるっての? たかがあいさつをしたかしないかで、その人の全てが分かるんかい。
あと、
「そんなことする人じゃないですよ」
と答える人に軽くムカつく。そんなことする人じゃないって、実際やったんだよ。だからテレビ局が取材に来てるんだろうが。被害者の気持ちも考えろっつうの。




11/27

 ホワイトプランのCM

上戸彩の出てるホワイトプランのCM、さっぱりワケ分からんのですが、最近だんだんムカついてきました。私ゃauで関係ないからいいけどさ。




11/28

 突然の告白はどのくらい成功するのか?

平均的容姿の男性が通りすがりの女性に 「一目惚れしました、付き合ってください!」 と突然告白して、果たしてどれくらい成功するのかを検証してました。成功 (付き合ってくれる) 率は0%だったのですが、携帯電話番号を教えてもらったのが50人中6〜7人だったかな。でもこれは仕事用の携帯だとか、メールもウソのアドレスを教えてる女もいたんですけどね。あっけらかんと 「あれ、ウソです」 と答えてるのには驚きました。ウソ教えるくらいなら、 「ごめんなさい」 ってハッキリ断れよ。優しさってのを勘違いしてるというか、自分が悪者になりたくないんだよな。きっと次にもし会ったとしても、 「あの後イタメールが来るようになったのでアドレス変えたんだけど、あなたのを知らないから連絡しようがなくって〜、ごめんなさ〜い」 とか言うんだろうな。
ちなみにテレビ局に勤めてる女性がターゲットで、中野美奈子とか高島彩とかアナウンサーも出てたんですが、 「ADなんです」 と名乗って言い寄る男なんて、絶ッッ対相手にしねーよな。

逆に、女性が男性に 「一目惚れしました」 と声をかける実験もしてたのですが、こちらはすんごい成功率が高かった! 電話番号を教えてくれたのが、50人中44人くらいだったかな。
女性の場合は、後でネタばらししてるシーンを見て、 「モテたと思っただろうけど残念でしたー。実験だったんだもんね」 とざまーみろという気分になったのですが、男性は本気で喜んでる人が多くて、気の毒になってしまいました。本当にいい人が現れてくれるといいですね。 ( ← 余計なお世話だ)




                       マクドナルドでも偽装発覚

大した偽装じゃないんですけどね。というのは甘いのでしょうか。

しかしそれよりも、元店員の 「ポテトは揚げてから7分、アップルパイは45分経過したら廃棄する」 という証言の方にビックリしました。もったいない!!!
こんなことするくらいなら、多少賞味期限が過ぎても出してる方が正しい、と思えてしまったんですけど。ダメですか。




11/30

 亀田大毅、謝罪会見

何だこれ…一応見出しは謝罪会見としましたが、全然謝罪してません。
出て来て、
「ゼロから頑張りますので、ファンの皆さん応援よろしくお願いします!」
と言った時点で、は? おいおい、そうじゃないだろ。もっと先に言わなきゃいけないことがあるだろッと突っ込んでしまったのですが、それで退場しようとするのにはズッこけた。何しに出て来たんだよオマエ!
もちろん記者達は呼び止めて質問してましたが、その答えも答えてねーし、本当に何のためにやったんだ? やらない方が良かったんじゃないの。

せっかく兄貴が、反省 (してるフリ) して、それでも長時間、かなり頑張って謝罪会見して、世間の雰囲気も 「まあ、もういいんじゃないの」 という感じになったってのにさ。まさに 「寝た子を起こした」 会見でした。

本当、頭悪いですよね。しおらしく反省してるフリしてれば、単純にだまされて同情してくれる人も増えただろうに。

ただ協栄ジムの会長が、「あれが大毅だ」 と容認するようなワケ分かんないこと言ってて、だったら反則も 「あれが大毅だ」 って言っちまえるんじゃないかと納得いかなかったんですが、ニュース解説者の人が、
「会長は、亀田大毅を悪役として売り出すことに決めたんじゃないか。だとするとこの会見は 『成功』 ですよね」
と言っていて、そうなのかもね。
けどなんかもうどうでもいいです。朝青龍と同じ日だってことで、事前からやいのやいの言われてましたが、その朝青龍と同じような毛皮のコートを着て 同じように手を上げて現れたパフォーマンスを見た時点で、あーコイツ全然変わってねえなと思ったし、もうコイツらのパフォーマンスに踊らされることがシャクだと感じたので、もう気にしないことにします。




  12/4

 流行語大賞発表

大賞は、東国原知事の 「 (宮崎を) どげんかせんといかん」 だそうで。いつ、どこで流行ったのかさっぱり分かりません。ちなみに私はこの時初めて聞きました。
もうひとつの大賞 「ハニカミ王子」 、トップ10の 「どんだけぇ〜」 や 「そんなの関係ねえ!」 は分かるけど。 「大食い」 ってのもトップ10に入ってましたが、流行 「語」 なのかこれって?




12/5

 2007FNS歌謡祭

例年通りの、黒木瞳さんのぎこちない司会に内心ハラハラドキドキしながらちょこちょこ観てました。
紅白なんかより、よっぽどこっちのが見ごたえありますよね。桑田さんも出てたし。

KOH+というのが、福山雅治さんと柴崎コウさんのユニットというのを初めて知りました。「KISSして」 は2日前に携帯でダウンロードしていたのですが、また新しいユニットが出て来たな、しかしこれって何て読むんだよ、歌は結構うまいなー、とか思ってましたよ。

浜崎あゆみさんは、まだトリをやらせてもらえてたので内心ホッとしました。
新曲は初めて聞いたんですが、モロ別れた恋人 ・ 長瀬さんとのことを歌ってるような歌詞ですね。うーん。これを聞く限り、浜崎さんの方はまだ彼を好きなんじゃない? と感じる。
しかし歌い終わった後、「ありがとうございましたあー」 とガチョウみたいな声で言ったのには 「ぶっ」 と思っちゃいました。せっかく余韻に浸ってたのに、歌声と違いすぎるんだよぉ。




12/9

 アナウンサーとして恥ずかしくないのか?

「おしゃれイズム」 、ゲストは女子アナ3人。名前は忘れました。
自己紹介でいきなり噛んで、「いやーん。私ってこういう所がカワイイでしょ」 と思っているのか、嬉しそうに笑っていた。
新人の時に練習させられるテキストかなんかを持参して、
「あいうえお、からやるんですよー」
と、いかにも大変なんですよう、と言わんばかりに偉そうにしていたが、それに載っている 「橋の端で箸を…」 という文章をアクセントで伝えるのをやらされたら全然で、ついには 「私 宮崎出身だから〜」 と方言が染み着いてるから仕方ないの、と言い逃れ。だったら宮崎でアナウンサーやってろ。

しゃべりのプロのくせに噛みまくったり、モノを知らなかったりするアナウンサーが多すぎ。 (男も含む)  失敗しても、愛嬌あるでしょ、カワイイでしょと言わんばかりに嬉しそうに笑ってる。恥ずかしいと思えよっ。




                      吉兆、役員の関与認める

あの涙の会見は何なんだ…完全に白けました。
自分は本当に何も知らなくて、父親に、吉兆という名に、消費者に申し訳ない、と心から思っているならあの涙も分かるけど、ぜーんぶ自分らが指示してやってたことでしょ? 何だってんだ一体。あれで 「まあ、こんなに反省してるのね」 と思う消費者なんているのかな。いるだろうな。信じられないけど。




                      散弾銃が暴発、2歳の男の子が死亡

「部屋を離れるのが悪い」 「弾をこめたままなんてバカだ」 と片付けてしまうのは簡単ですが、まさか子供達が来るとは思わなかったろうし、前日に練習してて弾が残ったままだったこと、そして銃口の前に2歳の弟がいたことのは、運が悪かったとしか言いようがありません。

引き金を引いてしまった5歳のお兄ちゃんは、これから一生罪の意識を背負って生きていくことになるだろうし、可哀想に…。5歳という年齢がまた悪いですよね。2歳か3歳なら覚えてなくて、両親もひょっとしたら隠し通せるかもしれないけど、5歳だったら覚えてるだろうし。

誰が悪いのかといえば、やはり部屋を離れた父親になるのでしょうが、息子を失い、もう1人の息子が一生苦しむのを見続けなければならないのですから、十分すぎるほど報いは受けることになるのでしょう。考えれば考えるほど、運の悪いことが積み重なった不幸な事故だと思います。お気の毒です。




12/11

 いいともゲストはトミーズ雅

前にも書いたと思うんですけど、トミーズ雅さんって、もう10年以上前にいいともに一緒に出てた時、タモリさんが面白いことを言って笑いを取ったギャグを、数か月後に別の番組で言ってたのを聞いてしまったのですよ。
「何だこの人、バクリじゃん!」
とそれ以来、チャンネル替えるほど嫌いではないけど、でも決して好きではない、というか 「けっ、パクリ野郎が」 という目で見てしまいます。ちょっと前まで 『伊東家の食卓』 くらいでしか姿を見なかったけど、それもざまーみろ、とせいせいしてました。

今日もまあまあ観客にウケてたけど、私は全く笑う気になれず無表情でテレビを聞き流してました。
たった一言でこうなっちゃうんですもんね。言葉ってコワイですねえ。私がしつこいだけなのか。




                      橋下弁護士が大阪府知事選に出馬

やっぱり出るのかよ…とガッカリです。政治家はみんな腐ってる (腐る) と思ってるので、やめといて欲しかったなあ。丸山さんから 「もうかるぞー」 とでも聞いたのか。
1週間前には、 「出馬は2万%ないです」 とキッパリ否定してたのに、翌週にはあっさり撤回するなんて、この人の言葉は全く信じられないよな。こんなヤツが当選するとは思いたくないけど、するかもなあ。あの横峰さくらさんのオヤジですら当選したんだから。
丸山と同じく、もうこの人 (橋下) の顔は見たくない。

せめて北村さんだけは出ないで欲しいもんです。




12/12

 福田なんてしょせんこんなもんよ

先日、薬害肝炎の原告側の面会を拒否した福田総理。 「面会はされないんですか」 とのレポーターの問いかけに、
「いやまあ、会うべき時が来たら、会っても構いませんけどね」
と答えていた。「会ってやってもいいけど」 という言い方。お前は一体何様なんだ。「会うべき時」 って、先日面会に来られた時がそうじゃなかったのか。

原告の方が涙を流し、声をふりしぼって訴えている姿を見ても何も感じないなんて、政治家って本当に人間の心が腐ってるな。




12/13

 大阪人は見えない刀で斬られる

以前、大阪の人に 「バキューン!」 と銃を撃つマネをしたら、誰でも 「うっ!」 とヨロけて撃たれたフリをするのをやってて、今回はその刀バージョン。通りすがりの人 (もちろん初対面) に 「ズバッ!」 と刀で斬るマネをすると、本当に全員が 「うわあッ!」 とのけぞって斬られたマネをして、すんごい面白かった。っていうか、大阪の人すげえ。
大阪の人って、ガラが悪くて図々しいイメージがあって苦手なのですが (すみません) 、こういう所は楽しくていいなあと思います。




12/15

 スポーツクラブで散弾銃乱射2人死亡、犯人の男も自殺

銃の規制法のあり方が問われてますが、なんか責任者のようなおっさんが、
「競技とか狩猟が趣味の人もいるし、危なそうだなーというだけで許可を出さないわけにいきませんよ」
と、なんか開き直りのようなことを言ってた。お前、自分の子供が撃たれて死んでもそんな他人事のようなこと言ってられんのか。

私は、一般人は銃を持つ必要はなく、狩猟も禁止にすればいいと思う。今の日本、猟なんかしなくたって十分食べて行けるんだから。動物や鳥を撃つのが楽しいっていう精神状態が理解できないので、余計にそう思うんですが。




12/16

 薬害肝炎訴訟への和解案 「活動支援金」 、原告は拒否

拒否するのは当然ですよね。国側は、どうしたらお金をなるべく払わずに済むかってことしか考えてないのが丸わかり。
大体 「活動支援金」 って名目は何なんだ? 正しい意図は知らないけど受けた印象としては、 「薬害肝炎についての抗議活動のための資金」 のように取れて、誰のせいで活動しなきゃならなくなってると思ってんだよ、と腹が立つ。




12/17

 銃所持者を立ち入り検査

佐世保市銃乱射事件を受けて、県では明日、県内の銃保持者を一斉立ち入り検査するという。銃と弾丸が別々の保管されているかなどを点検し、守られていなかったり、悪質だった場合は所持許可の取り消しも行う。
と、夕方のニュースでやってたんですが…あほか。立ち入り検査しますって予告してどうすんだよ。抜き打ちでやらなきゃ意味ないだろうが。
本っ当、お役所仕事だよな。 「やりました」 というアピールのためにやるだけ。全く意味なし。こんなことで人件費として税金使って、また無駄だわ。



 「たけしのTVタックル」  北朝鮮拉致問題について

「日本人よ拉致問題を忘れるな!」 というサブタイトルだったので観てたんですが、…なんだこりゃ。
横田さん夫妻のインタビュー、これまでの拉致問題の歴史などのVTRは良かった。
しかしスタジオの芸能人やコメンテーターがいただけない。

議員が2人ほど出ており、「政府は何をしてるんだ」と責められた際の「いやちゃんとやってますよ」とののうのうとしたセリフは今に始まったわけでなく驚きもしなかった。

しかし他の、名前は忘れたけど男と女が言い合いのようになった時、
「(そんなに強く責めるなんて)昔フラレたんじゃないの?」
だの、
「もう好きって言いなよ」
「(掛け合いが面白いから)M1に出たら?」
などの阿川佐和子の発言は本当に腹が立った。

VTRでの福田総理の選挙活動中の言葉が不謹慎だ、と発言があったが、あんたらだって同じだろ。話し合っている議題を考えれば、とてもそんなくだらない冗談なんか言えないはずなのですが。

拉致問題が議題ということで、家族会の方々もきっと皆さんご覧になっていたと思います。それはスタジオにいる人間だって分かるはず。それなのに、よく笑いながら話せるな、と腹立たしく、情けなく思いました。ご家族はどんな思いでご覧になったのでしょうか。

番組に抗議しようとネット検索してみたら、私は知らなかったんだけど、この番組って相当以前からやっていて、またこういうカラーの番組なんですね。しかし、本当に人の気持ちを考えてないんだな。北野武も嫌いになってきた。



私は、横田早紀恵さんはすごく真っ直ぐで謙虚で、母としてだけでなく人間として素晴らしい方だと思っているのですが、今日のVTRでもそれを改めて感じました。

「(転勤で)新潟に行かなかったら(拉致なんてされずにすんだのに)ねえ、と言われることがあるんですが、もしそうだとしても、めぐみの代わりによそのお子さんがさらわれてたわけですし、もうそれは言わないでちょうだい、って言うんです」
と話されていたのです。30年間苦しみ続けてもなお、いえ苦しみ続けているからこそなのか、他の人のこともわが身のことのように考えていらっしゃる。本当に素晴らしいです。正直、うちの母親よりも尊敬してます。

テレビで横田さん夫妻をはじめ、ご高齢の家族会メンバーの方の姿を目にすると、まだお元気でいらっしゃることに安堵しつつ、でも明日は分からない、早く、1日も早くご家族に会わせてあげたいという焦りが募ります。




12/18

 新ドラマは亀梨和也主演 『1ポンドの福音』

来春の新ドラマは、高橋留美子さん原作の 『1ポンドの福音』 らしいです。だから慌てて完結させたのか? (ってことはないだろうけど)
亀梨くんは好きだけど、あのヘラッとしていー加減な耕作を演じ切れるのか、ちと不安。眼光は鋭いから、ボクサー役ってのは合ってるだろうけど。でも亀梨くんってかなり細くない? 減量の必要ないのでは (笑)




12/19

 「笑っていいとも!」  売れてない芸人は見たくない

最初は、背が低いけどイケメンという男性を紹介するコーナーだったのが、背の低い芸人が出て来るようになり、今では 「まだあまり売れてない芸人を紹介する」 コーナーに。別曜日で 「金のたまご」 とかいう同じようなコーナーもあったけど、これがはっきりいって面白くない。まあ、面白けりゃ売れてるはずだもんね。
誰だって最初から売れるわけはないんだろうけどさ。せめて、いいともには売れてから出て欲しいもんです。




12/20

 「グータンヌーボ」  荒川静香

ゲストが荒川静香さん! そんな大ファンでもないつもりだったのに、めちゃめちゃ喰い付いて観てました。あ、あと1人ゲストいるんだっけ、誰だって、女子アナ? あーどうでもいい、って感じ (すみません) 。
マジで荒川さんはキレイですねー。クールビューティーって感じ。ひょっとしたらこう言われるのは好きじゃないかもしれないけど、常に冷静沈着で落ち着いてるように見えて、素敵です。
もし自分が男だったら、ぜひお付き合いしてみたい。何だろう、タイプど真ん中とかいうわけじゃないんだけど、この女 (ひと) は恋人にはどんな顔を見せるんだろう、どんな話をするんだろうっていうのが見てみたい。
もう、スタジオゲストの男の子の話なんかどうでもいい、3週くらい続編でじっくりトークを流して欲しいっと思いました。あんなんじゃ全然足りないよー。欲求不満だよー。




12/25

 「ロンドンハーツ2007年末3時間SP」  麒麟の田村をモテドッキリ

麒麟の田村さん ( 『ホームレス中学生』 の人) に女性の刺客を送り、モテモテのドッキリを仕掛ける。
4人の女性とメルアドを交換、4人とも同時進行で食事の約束をしてたことについて、 「4股かけてた!」 と後で責められてたけど、別に 「付き合おう」 と言ったわけでもなし、キレイな女性が 「大ファンなんです! ぜひ食事に誘って下さい」 と来たら、そりゃ誘わなきゃ男じゃないでしょ。逆にここまで言われてるのに誘わなかったら 「チン○ついてんのか!」 とどつきたくなるっての。
4人に同時進行っていうのも、まだそれぞれのコがどんな性格で 自分に合うのか分からないんだから、みんなと会おうとするのも仕方ないというか、悪いことじゃないんじゃないかなって思うし。
しかし、付き合う前の色んな微妙な表情ややり取りを 隠し撮りで全部見られてるなんて、めちゃめちゃ恥ずかしいですよね。丸裸にされた気分。ちょっと気の毒になってしまいました。

しかし、前にも誰か芸人男性が同じようなドッキリを仕掛けられてた時にも思ったのですが、初めて2人で食事した時点で、部屋 (イコール ベッド) に誘われたらあっさり 「行く」 と答えるもんなんですね。ええ、もう寝ちゃうの? それって付き合うってこと? そこまでの気持ちや覚悟はまだないでしょ、それなのに? とちよっと信じられないのですが。普通、 「いやまだ今日会ったばかりやし、もっとお互いのこと分かり合ってからにしよう」 というのが正しいんじゃないすか。
別にお互いがいいならいいんだろうけどさー。よく、 「付き合おうってハッキリ言われたわけじゃなくて、自然に、気が付いたら付き合ってたって感じ」 という体験をしてたり、そういう付き合い方が理想という人もいるけど、それってお互いが誠実だったらの話ですよね。ヤルだけヤッて、 「はあ? オレ (私) 、付き合おうなんて言ったっけ?」 とスッとぼけられるってこともあるんだし。
この人どういうつもりなんだろう、ちゃんと付き合うつもりなのか、向こうから誘って来たんだからヤリ捨てでもいいんだろ、って軽い気持ちなのか…とつい考えてしまいます。




12/26

 「天国からの手紙」

この江原さんってめちゃめちゃうさんくせーと思っていて、番組も観るつもりはなかったんだけど、たまたまチャンネルを替えた時に観てしまい、思いがけず感動してしまいました。いや、江原さんについては変わらずうさんくせーと思うんだけど。

特に印象に残ったのが、まだ赤ちゃんの娘さんを、母親の運転する車での事故で亡くしてしまったご家族。当然、お母さんはものすごく自分を責めてらして、でも江原さんが、
「娘さんは幸せだったし、お母さんのことも全然恨んでない。短い人生だったけど、ご家族にとても愛されて、前世で叶えられなかったことも叶えられて、思い残すことはないって言ってる」
などと話してあげると、
「ああそうですか、…良かった…」
とご両親が涙を流しながらうなづいて、また娘さんの 「幸沙」 という名前についても、
「幸せが少ないっていう字だから… (良くなかったんじゃないかって) 」
と言ったのに対し、
「ううん。そんなこと全然ないよ。むしろ僕は逆だと思う。さんずいに少ないで涙、涙が少なくて幸せな人生だったってことだと思うよ。違う?」
と優しく諭してあげてて、ああこの言葉はきっとすごく救われるだろうな、と感じました。
うさんくさいと思うのは変わらないんだけど、仮にこ江原さんの言ってることがウソ八百だとしても、家族を亡くして悲しみと後悔に苦しんでる人の気持ちが少しでも軽くなるならいいんじゃないかと。ただ、これでお金を取ったりしてたらやっぱり腹立つんですよね。無料でやってるとしたら罪にはならない、むしろ素晴らしいんじゃないかと。あー、悔しいけど泣けてしまった。




12/27

 オダギリジョー結婚

ビックリしたけど、別にオダギリジョーのファンでもなんでもないので、ふーん、おめでとうございますって感じ。でも女性ファンが多いようなので、きっとショックを受けてる人が多いんだろうなあ。
つか私、オダギリジョーさんのどこがカッコいいのか、いまいち分からないんですけど。こざっぱりした格好してればまあまあカッコいいんだろうけど、髪もヒゲも汚らしく伸ばしてることが多くて、はっきりいって気持ち悪い。キンキキッズの堂本剛さんと同じ類。
会見でのあのゾロッとうっとおしいウェーブのロン毛も、「気持ち悪りい!」 としか思わなかった。だからなんでそんな髪型なんだ…

相手の女性は、何か見たことあるなと思ったら、「有閑倶楽部」 で乃梨子役をやってた人でした。てか20歳なの!? 見えない! 落ち着きすぎ!




12/28

 好き勝手言うワイドショー

仕事が休みで家にいて、普段見ることのないワイドショーをちょっとだけ観たのですが、昨夜のフィギュアスケートについて、
「 (安藤美姫さんに対して) 3回転の連続技と4回転のどっちもってのはできないのかねー」
「どっちが難しいのかねえ」
とか、小倉がすげー気楽で勝手なことを言っていた。どっちが難しいのか知りたいなら、アンタがやってみろよ。

私たち一般人が、友達とお茶しながら話すのとは違うんだからさ。テレビは多数の人が観てて、影響力もあるんだから、せめてもうちょっと知識を得た上て、責任を持って発言すべきじゃないんですかい。
こんな風に無責任に好き勝手なことをあちこちで言われちゃうんだから、そりゃ落ち込んだり振り回されたりもしますよね。本当大変だなあ。




 「ZERO」  ボランティアの整形外科医

日本のとある整形外科の年配男性医師が、アフガニスタンだったかな、その近辺の国へボランティアで行かれてるというのをやってました。その国では栄養状態が悪いため、生まれてくる赤ちゃんは先天的に上唇が割れていることがあるのですが、医師も医療技術も不足しており、命に関わることのない整形外科は後回しにされ医師もほとんどいない状態なのだそう。
その症状の子供たちは、口の上の部分から鼻にかけて裂けたようになっており、確かにそのままでも命に別状はなく生きてはいけるのだろうけど…という感じ。17歳の女の子は、「小さい頃からいじめられた。人前で笑ったことなんて一度もない」 と言っていて、年頃なのに可哀想に、と本当に思いました。

外科医の男性は、1日で80人以上を診察、ご飯も食べる時間もろくに取らずにものすごいハードスケジュールで手術をされていました。
もう、素晴らしいの一言です。手術された人やその親御さんは、一生この先生に感謝し続けるだろうし、本当に本当に素晴らしい人がいるんだなと感動しました。

そしてこういう症状があることを初めて知り、当たり前のことなのですが、世の中には私の知らないことがまだまだたくさんあるんだな、と感じました。




12/29

 「メダリスト ・ オン ・ アイス」

全日本選手権ももちろん観てました。私は安藤美姫ティー派なので、真央ちゃんに敗れて2位だったのはちょっぴり残念だったなあ。真央ちゃんも好きですけどね。

試合のドキドキとは違い、華やかでリラックスした雰囲気の今日のアイスショーは楽しかったです。
でもカメラワークに時々イラッとさせられました。選手か滑ってるのに、放送席の国分くんや井上真央にカメラが行くことがあって、
「井上真央なんてどうでもいいんだよ、声だけで十分なんだよ、選手を映さんかい!」
と思っちゃったな。井上真央がキライなわけじゃないんですけどね。




12/30

 ココリコ遠藤と千秋が離婚

驚いた後、「あー、でも、やっぱりか」 という気もしました。遠藤さんって、女遊びが激しいってウワサでしたもんね。
女遊びしたいんなら、結婚なんかしなきゃいいのに。




12/31

 ゴミの分別は無意味発言の信憑性

なんかの番組で、「ゴミの分別は無意味。どうせ一緒くたにして焼却している」 「ダイオキシンは無害」 だの、研究者だか学者だか知らないけどちょっと偉そうな人がポンポン発言していて、その度にスタジオの芸能人は驚いてキャーキャー言っていた。
この発言に根拠はなく、ただその人の言葉だけ。本当なら本当でいいけど、きちんとした科学的検証もなしに、ゴミの分別は無意味だから私はしてませんだの、ペットボトルを燃やしても有毒物質は出ないだのと発言するのはちょっと軽はずみなんじゃないの。これまできちんと分別してきた人が、 「なんだ、じゃあ明日からやめよう」 と思ってしまったり、環境への意識が低くなってしまう。
以前別の番組で、 「地球の気温が2、3度上がったってどうってこたぁない」 と発言してた科学者だかもいたしな。




≪2006年  2008年≫ 
タイトル別もくじ  年代別もくじ  TOP