-1999年1月- 日記 





99/1/1 (金)


新年明けました!

ハッピーな人、おめでとうございます。
そんな気分じゃない人、今年はいい年になりますように。


予定がないからってダラダラ寝てちゃいけないと思って、今朝はラジオを7時にセットしておきました。

翌朝、時間通りラジオは鳴りました。
「おめでとうございまーす!♪」
とパーソナリティーの元気なお声も、ちゃんと聴けました。

が、「目が覚めた」 だけで 「起きた」 ワケじゃないので、お布団からは出ずに聴いてました。
そのうち母親が、
「ラジオ、鳴ってるよ。いいの?」
と部屋に来ました。
「あー、いいのいいの。目覚まし替わりにかけてるんだから」
と私。布団の中から。だったら起きろよという感じですが。

結局「起きた」のは9時。


そういえば今シーズンはまだ雪が降ってません。

降ったのは降ったけど、ぜーんぜん積もってないんですよね。

昨日のニュースで、
「31日の今日、初雪が降りました」
って言ってましたが、え? 2〜3週間前、仕事中に降ったことあったのに。
歩道など真っ白になったくらいなんですが。

「平野部では初雪です」
と言ってて、じゃああの場所は 「平野部」 ではないワケ?
私は一体どんな所で仕事してるんだ・・・


我が家ではコタツもまだ出してないし、母親はお雑煮も作らないって言うし、なんかお正月らしくないなあ。

あ、お正月らしくなる、とってもいい方法があった!
お年玉!♪

なんちゃって。いつの間にやら 「もらう」 より 「あげる」 年齢になっちゃったんですよね、コレも。

あー、近くに親戚 (イトコ) がいなくて良かった。




99/1/2 (土)
 

ヒマな3連休も終わり、バイトです。
今日、明日は昼。明後日と明々後日は、トラックの仕事が終わってから、夜にバイト。4日連続です。

予想はしてたけど、今日は忙しかった〜。
昨日よりはマシらしいですが、昼の11時から夜の8時までバタバタ。
「あー、忙しいっていう字は心を亡くす、って書くのね」
などと実感しながら仕事してました。


途中、とあるテーブルにお料理を持って行ったら、
「ねえ、優希だよね?」
と声をかけられました。
そこで初めて顔を見たら (いつもお客様の顔なんてほとんど見てない)、高校の時に同じクラスだったコたち。男のコ2人と来てました。
「あー、久し振り」
とニコヤカにお返事したものの、ふーん、楽しそうですねー・・・
疲労度2割アップ。

関係ないけど仲の良いバイトのコは、明日から、彼氏と温泉に行って来るらしいです。
「お土産買って来てよ」
とニコヤカに言ったものの、ふーん、嬉しそうですねー・・・
疲労度5割アップ。



帰って来てお風呂入って、飲んだビールがすっごく美味しかった。
幸せ度4割り増し♪




99/1/3 (日)
 

アルバイト、今日も疲れました。
お風呂に入った後のビールが美味しいな〜、って、なんかオジサン化してますね・・・


それはともかく、バイトの休憩の時、いつもお茶 (ウーロン茶) を飲んでます。
グラスはカウンターの上の方に、逆さに吊り下げてあるので、それを自分で取って入れます。

今日もグラスを取ろうとしたら、手が滑って、落ちた!

あ〜しまったあ!
いまだにコップやお皿を割ったことがないってのが自慢 (?) だったのにい。

あら・・・でも、割れた音が聞こえない。
下を見たら、グラスはちょうどゴミ箱の中に落ちてました。
箱の中は、空の牛乳パックやサランラップなどで半分くらい埋まっていて、それがクッション替わりになってて無事なのでした。
よ、良かったあ!
完全にやっちゃった、と思ったけど。
大して良い行いをしてない私にも、神様はご褒美をくれるものですね。


それはともかく、トラックのお仕事の方は6日かららしいです。
知らなかった・・・明日からかと思ってた・・・

それはともかく、うちの兄貴さんは、31日に帰りました。そういえば。

それはともかく、今日、お客様から、
「領収書ちょうだい」
と言われて書いたのはいいものの、日付を1/2と間違えちゃってました。
帰ってから、この日記の日付を書いて気付いた・・・
まあいいか。(良くない)




99/1/4 (火)
 

買い物してからバイトに行こうと思って、30分早く支度をしてたら、お店から電話が。
「ゴメン、今日、早く出て来れない?」
「はあ、いいですよ。じゃあ今すぐ出ますね」

もう支度はできていたので、すぐに家を出て、5分後にはお店に着きました。
でも、
「早かったなあ。よっぽどヒマなんだなあ」
って思われただろうな。別にいいけど。

しかも電話があった時はすごく混んでたらしいですが、私が着いた頃にはそうでもなくなってて、なんだかなあ。
まあ別にいいですけど。


今日は滅多にしゃべることのない厨房の男の人とか、カウンターのお兄さんと話が出来て、なんか楽しかったです。

実は仕事中、ちょっと面白くないことがあって気分最悪になってたんですが、楽しく世間話できたおかげで、そんなことも忘れちゃいました。

我ながら単純だなあとは思うけど、でもいつまでもご機嫌ななめでいるよりはいいよね?


バイトが終わって帰る時、車のガラスが凍ってて、カウンターのお兄さんに水をかけてもらったのはいいんですが、それから15分ほどお兄さんとしゃべってたら、いざ乗ったら既にまた凍っちゃってるし。
たはは。帰りはすぐ帰るべきだった。

でもこれだけ冷えるのは放射冷却で、空に雲が全くないからですよね。
明日はきっといい天気!




99/1/5 (火)
 

お正月休み、最終日。

友達のY美ちゃんと映画に行って、その後バイト先のお店で食事しました。

映画は今話題のアルマゲドン。
去年の大ヒット作でビデオも販売されたのに今もシツコク上映してるタイタニックとどちらを観ようか迷ったんですが (って、まだ観てないのかよ) 、話題になりすぎてて、なーんか今さら・・・って感じになっちゃってて、結局こっちの方に。

バイト先のお店にお客として行くのは初めてで、なーんか緊張したな。
注文は前もって決めてあった、お店の特製オムライス。すっごく美味しかったです!

食後に注文したデザートはサービスしてくれたし、う〜んラッキー。



食事も、そして映画も大満足の楽しい1日でした。

ただ、オムライスとサラダ、それにデザートを残さずしっかりいただいた後、そのままバイトに入ったため、お腹が少々ツラかったっす・・・

みなさんも食べ過ぎには注意してね♪ (してね、じゃないだろ・・・)




99/1/6 (水)
 

今日からいよいよお仕事です。

目的地のA山は、行ったことないし聞いても場所がイマイチ分かんない。きちんと行けるのか不安・・・

それより1週間もトラック停めっぱなしで、果たしてエンジンかかるのだろうか?



5時半に起きて、早々とトラックのもとへ。
あー、頼むかかってえ、エンジンちゃん! (そんなに心配なら、前日にでも確認すればいいのに)
キュルキュルキュルキュルキュル・・・ガオオン、と、いつもより長めだったものの、無事かかりました。



そして心配していた目的地のA山ですが、なんと私の隣にいつもトラックを停めている近所のお兄さんが、お客様違いですが同じ山へ行くという。なんちゅう嬉しい偶然!
その人の後をついて行こうっと。年明けからツイてるなあ。

というよりも、この横着な性格は、年が明けても変わってないですね。なんとかせねば。

みなさんのお仕事始めは、いかがでしたか?




99/1/7 (木)
 

ふい〜。お仕事終わりました。

昨日と同じ内容だったんですが、回数が1回多い。
どこかで無理をしなきゃいけない訳で、お昼休みナシでした。

あー疲れた・・・とトラックを停めて、家へ帰ると、ちょうどご近所のMさんが来てました。

玄関へ出て来た母親へ、Mさんは、
「ゴメンなさいね、夕食の支度で忙しい時間に」
と言っていたので、私が横から、
「ああ、いいんですよ。大したもの作ってないから」
と言うと、
「なんですってえ〜!」
と母親に蹴りのマネをされました。

それを見て大笑いしてたMさん、ふと仕事帰りの私を見て、
「いつもお弁当作ってくの?」
と聞いてきたので、
「ええ、一応」
「へえ〜、エライわねえ」
「ああ、そんなの、大したもの入ってないのよ」
と母親。

こ、こんの・・・
本当のことだけど。くそーやられた。


今夜はすごく寒いです。

お風邪を召してるみなさん、七草粥を食べて、どうぞお大事に。




99/1/8 (金)
 

どっかりと雪が降りました!

とうとう来たか・・・県内にはスキー場もあるため、スキーする人 (とスキー場の人) は嬉しいだろうな〜。

私はというと・・・全っ然、嬉しくありません。
寒いのキライだし。スキーやらないし。雪降ると道は混むし。

そして極めつけ、今日の仕事中。
工場の中で、滑って、砂利の山に突っ込んでしまいました。
バンパーがほんの少ーしですが曲がっちゃいました。くく・・・

なんかな。もっと面白いこと書きたかったんですが、こんな事しかなかったんですよ。今日は。
おまけに一緒に仕事してた人に、無線でこのことをバラされるし。
わざわざ言うんじゃねえよ本当性格悪いな!

だけど本当のことだから何も言えない・・・


雪なんてキライだ! 冬はもっとキライだ!

毎年夏になると、
「あー暑い、もうこんなのイヤ。冬の方がマシだよ」
と思うのですが、冬になると、
「うー、寒いぃ、夏の方がマシだよ」
と思うんですよね。


でも、いいこと一つだけありました。

明日も大雪のため、仕事がなく、お休みになりました。ラッキー♪

早く春が来ないかな。




99/1/9 (土)
 

今日はお休み。

美容院行って映画行って・・・といろいろ予定を立ててましたが、すごい雪のため、あっさりやめました。

ん〜、でも映画館は家のすぐ近くにあるから、やっぱ行こうかな。
駐車場に入ってくと、なぜかダンプが走ってました。
なななんだ? と思ったら、駐車場の雪を積んで出て行きました。
ああ、除雪ね。おつかれさまです。
キレイに除雪されてたおかげで、楽に車を停められました。


さて何の映画かというと、タイタニックです。今ごろ。

感想はいやはや、評判になるだけある! ものすごく良かったです。感動です。

最後の方でこらえ切れず泣いちゃったんですが、1人で映画観に行って泣いてると、すごい恥ずかしいことが分かりました。うう。


夕方からはレストランのアルバイトだったんですが、この雪のため、ヒマです。

でも、お店の一番隅にある4人がけのテーブルが 「ご予約席」 になってて、それでも予約入ってるんだなあ。

だけど8時になっても9時になっても、一向に予約のお客様はいらっしゃらなくて、とうとう10時になった時、さすがに、
「あの、あそこの御予約席って・・・」
と言うと、
「あ、知らなかったの?」
何をですか?

「あそこね〜、雨漏りするんだよねえ」
はっ?
「だから雨の日とかこういう日は、予約席の札出しとくの」
なっ、雨漏り・・・
なあんだ。

修理しろよって感じですが。しかもまだ築2年でしょ、この建物・・・


今日もきっとあの席は 「予約」 になってるんだろうな。
そして今日もお店はヒマだろうな〜。

全部雪のせいだよ。ヤダヤダ。

そして停めてあるダンプの荷台の中には、雪がどっさり積もってるんだろうな〜。
それはどうするかというと、荷台の中に入って、スコップで下ろさなきゃならないのです。もちろん自分で。
あー、ホント、ヤダヤダ。

みなさんは良い週末を♪




99/1/10 (日)
 

少し早めの夕食をとりながら、TVを観てました。

番組は、
「沖縄でナンパした女のコに、もう一度会って告白したい!」
と、住所も何も分からないそのコを探し出し、告白タイムを設けるというもの。

あらゆる過程を経て、そのコと男のコがご対面!

女のコは18歳、社会人になったばかりのコなんですが、「今どきの女子高生」 という外見。
ちなみに結果は 「ごめんなさい」 だったんですが。

それまでじっと観ていた私でしたが、うう〜ん・・・ああいうコを 「イイ」 と思う男性はやはりいるのか。そうか。
横にいた母親に、
「・・・どう思う、あのコ?」
と遠慮がちに言うと、とたんに母親は顔をしかめて、首をブンブンッと横に振って、
「ダメッ! 大体座り方がダメよ〜。女性はキチッと、脚を閉じて座んなきゃあ」
とのこと。
す、座り方ですか? さすが年の功(?)。

それにしても、う〜ん。
いえ、決して可愛くないコではなかったです。
でもどうも私も母親も、茶髪とか今どきのああいう格好を 「いい」 とは思わないんですね。
「日本人は黒髪だ! カラーコンタクトなんて入れるな! ええい何だそのしゃべり方は、文法がおかしい!」
と難クセつけたくなっちゃうのです。
私はそれが当たり前だったんだけど、はたと気付くと、全く髪を染めてない (脱色してない?) 人って珍しいくらいなんですもんね。

今では、もう茶髪は古くって、黒髪が見直されてるようになってきてるらしいですが。



以前にふらっと通りがかりの美容院に入った時、
「髪の色、変えないんですか? 明るくなりますよ〜」
と言われてウンザリしたこともあります。

なんかね。黒髪がいいっと思う私って、古いんでしょか?


今日も夕方からウエイトレスのアルバイトです。

昨日からの大雪のため、またもヒマでした。
お店じゅうの店員さん達、み〜んなでしゃべってました。
親睦が深まって楽しかったですよ。

ウエイトレスの仕事は好きなので、忙しくても楽しいけれど、でもこういう日もたまにはいいな。

あんまりヒマなので、デザートなどを作ってもらい、みんなで交代で食べてました。
ケーキも食べました。
コーヒーも飲みました。(おいおい・・・)



そしてみんなで話している内、新たな事実発覚!
厨房のお兄さんのKさんは、私と小 ・ 中学校が同じだったとか。
バイトを始めて何か月も経つのに、ぜーんぜん気が付かなかった・・・

ヤバい。実はあまり昔の知り合いとは会いたくないんですよね。
まあいいや。何か言われてもスッとぼけちゃおうっと。



それはそうと、今バイト中に困っているのが、静電気。
お水の入れてあるグラスのトレーや、厨房の中はステンレス製の台なんですが、触るといつも 「ピリッ」と来るんですよね。

「ピリッ」 じゃなしに、昨年電撃結婚した某女性歌手さんみたく、「ビビビ」と来て欲しいもんです。なんちて。




99/1/11 (月)
 

今日のお仕事も、またA山。
ここのお仕事は昼休みがほとんどないんですよね。仕方ないですが。

A山へ行くまでの山道 (といっても広い) は、近くに小学校があるらしく、通学路にもなってます。

歩道がなくて危険なため、所々に、
「学童注意」
などの看板がある。

中でも車に対して水はね注意の警告板が多く、
「水はね注意! 子供を見たら徐行せよ」
とか、
「はねるな! 人と水」
とか (そりゃそうだ)、
「ちぶていさけ、水かけんといての」
とか。
ちなみに最後のは何か分かります? 「冷たいので水かけないでね」 という方言なんですよ。




99/1/12 (火)
 

昨夜は、家でビールを数本飲んじゃってました。

その時に書いたメールのお返事にも、
「酔っ払ってますよん♪」
と断り書き(?)しておきました。
で、今日、そのお返事がいくつか来てたんですが、
「二日酔いになりませんでした? いつもと文章が違ってたんで、面白かったです」
と言う方がちらほら。

ええっ、ヤバい! そんなに文章ヘンでした?
慌てて、自動保存キャビネットに保存されていた、送信した自分のメールを読み返してみましたが、うう〜ん、それほどでもない気もするけど・・・
「酔っ払ってる」 って前提で読んだから、そう思われたんでしょう。そういうことにしときましょう。

それとも、元々 「酔っ払ってる」 ような文章なんだったりして。私って。


話はガララッと襖を開けて変わりますが、関西でダンプカーに乗ってらっしゃる男性の方と相互リンクすることになりました。

運転手してる、それもダンプの運転手の方のHP! なんか嬉しいな♪
他にもきっといらっしゃると思うんだけどな、トラックに乗ってらっしゃる方。

だけどトラックとパソコンって、分野が全然違いますもんね。両方やってる人は、確かに少ないのかも。

私も以前、
「高木さんて、トラックに乗ってるわパソコンやってるわ、よく分かんない人だね」
と言われたことあるし。



パソコンはともかくとして、トラックの運転手には見えない、とよく言われます。
黙って立ってると 「大人しくてマジメそう」 に見えるらしいですよ。

イメージというのは壊すためにある、と誰かが言ってたけど、同感。
あなたの隣りに立ってるその人も、外見からは想像出来ないことをやってるのかも。そんなもんですよ。




99/1/13 (水)
 

今や若い人のほとんどが持っている携帯電話。という私も持ってます。

着信音は皆さん、どうしてますか?

今は自分で作曲できる機種もあるんですよね。
う〜ん。一番好きな歌はGLAYの 「春を愛する人」 だけど。
ウケ狙いで、キューピーの三分クッキングのテーマ曲とかもいいな。

などなど考えてましたが、今私が持ってる機種は、作曲は出来ないんですよね。
でも12曲の中からメロディーが選べるのだ。う〜ん。どれにしよ。

「スパイ大作戦」
おっ、いいねこれ。んでもかかって来るたびに、司令 (仕事) の電話のように思っちゃうかも。

「エレクトリカルパレード」
えっと、ディズニーワールドのパレードでよくかかる曲? 陽気でいいんだけど、テンポが早い!
こんな呼び出し音だと、鳴ったとたん、
「うわあっ、早く取らなくちゃ!」
とアセッてしまいそう。

結局、「キャン ユー セレブレイト?」 にしてるんですけどね。



携帯の呼び出し音と言えば、昨年やってたドラマ 「神様、もう少しだけ」 の深田恭子ちゃんの携帯の着信音が気になってます。

ある日の飲み会で、男のコの1人が、
「あれは何て曲なのだ?」
と言い出し、
「あー、そうだね。何の曲なのかなあ〜」
「なっ、なっ。気になるだろ?」
「うーん知りたい。気になるッ」
などとみんなで話し合いになりました。

その時、隣のテーブルにいた女のコの電話が鳴ったのですが、それがその曲だったの!

みんなハッとして顔を見あわせ、電話を取って話しているその女のコをチラチラ見ながら、
「おいおい、今の、あの曲だったぞ」
「うん確かに。何て題名なのか、誰か聞いて来いよ」
「うっしジャンケンだ! 負けたヤツが聞いて来ることッ!」
「よーしよしッ! ジャーンケーン・・・」
など、程よく酔っ払って陽気になっていた私たちは大騒ぎ。
(ちなみに一番ハシャいでジャンケンの音頭を取ってるのは私です)

まあ、結局聞きには行かなかったんですけどね。

しかしあれは何て曲だったのだ?
うーっ、気になる気になる。こうして日記の題材にまでしちゃったじゃあないの。




99/1/14 (木)
 

今日も寒い。みぞれが降る中、お仕事です。

荷物(土)を空けて現場に戻って来ると、その現場会社のダンプが荷物を積んでるところでした。
積み終わるまで待ってようと、トラックを邪魔にならない所へ止めたら、現場の人が手招きをしてる。
ん、なんだなんだ。 あったかい缶コーヒーでもくれるのかな?

ジャンパーを羽織って降りて行くと、
「悪いけどさあ、このダンプに乗って、荷物空けて来てよ」
はっ?

えー、会社のダンプに乗れって?
仕方なく言う通りにしましたけど・・・

私は仕事で何がイヤかというと、他の車に乗らされること。めちゃめちゃイヤです。

朝早〜い現場に回されるのも、他の車に乗ることを思えば (それほどは) ツラくない。
力いっぱい飛ばして走らなきゃいけなくって、お昼休みがほとんど取れない現場に回されるのも、他の車に乗ることを思えば (それほどは) ツラくない。

ふう。慣れないクルマはヤですね。クラッチの繋がるタイミングも全然違うし、半クラッチし通しでした。
一回だけだったから良かったですが。


明日は休みのハズなんですが、「もし仕事があったら出てね」 という、会社にとっては非常に都合の良い言われ方をされちゃいました。

でも結局お休みになりました。土曜日も多分休みだから、3連休!
さ〜て何しよう?

・・・とりあえず、2時間前からずっと膝の上で寝てる、うちの猫をどけよう。脚が痛いっつーの・・・




99/1/15 (金)
 

そういえば今日は何の祝日?

と、いつもお休みの日になると一応思い出そうとするんですが、今回は考えるまでもなく、成人の日ですね。

成人の日・・・
どんな理由があって1月15日なんだ、え! とイチャモンつけるのはやめにしまして、この日は懐かしい同窓生たちと顔を合わせて、中に恋焦がれた人もいたりなんかしてドキッなあんてしちゃったりもして、
「オレもうタバコ吸えるもんねー」
とざーとらしくスパスパ吸い出すお調子者がいたりして、式の後に二次会やら三次会やらに行って飲みすぎてブッ倒れる若者がいたりして、んもうあっちもこっちも大騒ぎになる日ですね。



私の成人式は5年前でした。
が、実は成人式には行ってません。だからまだ20歳になってないの、なんてバカなことは言いませんが、なんで行かなかったのか?

うーん、面倒だったからですかね。小・中学校の時の同級生で会いたい人なんていないし。
着物着たいとは全然思わないし。第一着物持ってないし。
更に当日になったらひどい風邪で寝込んでいたので、どっちにしろ行けなかったワケですが。

そりゃ私だって、今年のO県のある町のように、
「成人式に出席したら、お祝い金5万円差し上げます。うりうりッ」
っていう企画があるんだったら、出席したかもしれないけど。
いややっぱり行かないか。そういう、お金にモノを言わせるような態度ってキライだから。


さて今日は、買い物に行って来ました。といってもデパートの中をぶらついただけですが。

先日観たタイタニックのジクソーパズルがあって、買おうかな、いやポストカードにしとこうかな、と悩みましたが、カレンダーがあったのでそれにしました。半額だったし。

また本屋さんでは、昔懐かしい「まいっちんぐマチコ先生」を見つけて、思わず買ってしまいましたよ。

マチコ先生、10代のコは知らないだろうなー。これって当時は相当エッチなマンガだったんですよね。今ではホノボノしてるくらいだけど。

小さい頃、兄が単行本を持っていたので私も読んでたんですけど、
「大人っていいな〜」
という思いをすごく抱いたのを覚えてます。
といってもHな意味じゃなくて(笑)、マチコ先生は中学校の先生で、当然大人の女の人ですよね。
マンションに一人暮らししてて、部屋を掃除したり洗濯したりするシーンもよくあって、当時の私にはそれがすごく 「大人」 に見えたのです。
マンガの中には出て来なかった、マチコ先生が自分のお給料で買い物したりしてるシーンなども想像して、あー、大人って自由でいいなあ、とすごく思ったのでした。

自分のお金で好きに買い物が出来る、その自由を手に入れたいがために、私は早く大人になりたいとずっと思っていたような気がします。だから高校を卒業したら、大学なんかに行かないですぐ就職したんですね。

なーんてね。ウソです。本当はこれ以上勉強したくなかっただけです。
第一、大学に進学出来るほど成績良くなかったし。ハッハッハ。・・・ハア〜・・・



99/1/16 (土)
 

仕事がないつもりでいたら、しっかりありました。

昨日レンタルして来たCDをテープに編集しようと思ってたのに〜。
ちなみに昨日借りて来たCDは、
・「タイタニック」 サントラ盤
・「Jangle Smile」 1st アルバム
・「細川たかし」 全曲集

・・・どういう取り合わせだ・・・

「タイタニック」 はつい先日観に行きまして(遅いっつーの)、主題歌がじっくり聴きたくなって。
「Jangle Smile」 は、昨年の10月に行ったライヴのグループです。
「細川たかし」 全曲集・・・いえ、演歌は全くと言っていいほど聴かないんですけど、突然 「北酒場」 が聴きたくなったんですよ。
「今夜の恋は、煙草の先に火を点けてくれた人」
という所がたまんなくいいです。



「高木さんてどういう趣味なの!?」
と思われたかもしれませんが、普段はGLAYとか安室ちゃんとかglobeとか聴いてるんですよ。
ねっ、普通でしょ? ね?




99/1/18 (月)
 

うわー、やってしまいました!
社会人になってから2度目の、寝坊して遅刻。
7時から現場開始だったのに、起きたのが7時。ひええ。

昨夜は深夜までアルバイトしてましたけど、原因はそれじゃなくて、単なる目覚ましのかけ忘れ。
5時にセットはちゃんとしたものの、スイッチ入れるの忘れてた・・・

でも7時30分には現場に着いて、頑張って走って遅れは取り戻しました。
昼休みも走って、ノルマより1回多くこなしたので、それはもういいです。

それ以外で、今日はちょっと。
例の、悩みのタネの人と今日も一緒だったから、それでブルーになってます。
ちなみに明日も一緒なんですけど。

あ〜、もうダメ。仕事行きたくない、休みたい!
休んで、どっか行っちゃおーかなー。

どこ行こう。温泉? 良いねェ。
もう今週いっぱい休んじゃって、二泊三日くらいで。
三日も1人で温泉にいると、ヒマでヒマで時間もてあますだろうけど、わざとそうして。
携帯電話なんて置いて。
パソコンも置いて。って、デスクトップなんだから持っていけないっつーの。

着替えと洗面具だけの簡単な荷物で、車で出掛けて、途中で本屋さんに寄って 「温泉特集」 かなんかで適当な宿を探して、電話で予約して。
行き当たりばったりでも、平日だからなんとかなるでしょ。
なーんも考えないで、イヤッてほどのんびりしたい。

でも悲しいかな、今は仕事が毎日とても忙しい。
休むと迷惑がかかることは考えなくても分かることで、それに構わず何日も休むなんて身勝手さは、幸か不幸か持ち合わせてません。

きちんと考えなきゃいけないのは明日のこと。現実逃避ばかりしていられない。

ええと、今日ドロドロの土を運んで、トラックがめちゃめちゃ汚れてるんたんだった。出る前に洗わなくちゃ。
明日は7時過ぎに現場に到着だから、6時半に出発として、ということは・・・

げっ、4時半に起きなきゃいけないじゃん。
また現実逃避したくなってきた・・・とほほ。




99/1/19 (火)
 

近ごろの母との会話。

夕飯に、食べたことのない ほうれん草ともやしと卵のスープが出てきました。
おいしかったので、
「おいしいね、これ。味つけなに?」
と聞いたら、
「ああ、てきとー」

・・・てきとー、って、アナタ・・・
適当でも美味しくお料理出来るなんてお母さんステキ、と思うべきか、そんな適当な料理を食卓に出してしまうお母さんってどうよ、と思うべきか。


またTVで、 「ユーガッタ ・ メール」 という映画の試写会のCMを見て、
「これ、応募しといてあげるね」
といきなり言い出します。
は?

この映画が観たいとか試写会行きたいとか言ったこともないのに、何なんですか、その恩着せがましい言い方は(笑)



それはそうとこの 「ユーガッタ ・ メール」 、母親はストーリーを全然知らないらしいですが (なら何ですすめるんだか更に不思議だ)、Eメールから始まる恋愛ストーリーらしいです。
去年もTVドラマでやってましたね、そういうの。

しかしあのドラマといい今回の映画といい、俳優が二枚目すぎるんだよッ!
あんな二枚目な人なら、Eメールで探す間もなく恋人できるってば。
こっちもついつられて、余計な期待持っちゃうじゃあないの、パソコン相手に。

まあでも、メールやチャットがきっかけで出会い、結婚しちゃうカップルもいるんですもんね。
全く有り得ない話ではないんですよね。

んでも私の場合、悲しい地方住まい。

とりあえずは東京とか大阪とかに住み、オンライン上で知り合った人が近くに住んでる可能性が高いような環境にでもしない限り、まずそーいう展開はないですね、きっと (^^ゞ




99/1/20 (水)
 


前日の夜に突然休みになったので、予定もないし、なんか1日もったいなかったです。

母親は、近くの映画館が今日は女性サービスデーで割り引きになるうからと、映画に行って来たようでした。
父親も誘ったらしいですが、面倒くさいのか 寒いからなのか 風邪うつされるとイヤだからなのか、「家にいる!」 と言いはってて、結局 母1人で行ったらしい。

それにしても一緒に映画見に行こうと誘うなんて、相変わらず仲が良いです。

でもあの、仲が良いのはいいんですが、夕飯のメニュー、父親のリクエストばかりに応えないでください。

父親の好みは柔らかめのご飯。(私は普通かちょい固めが好き)
肉より野菜、魚のオカズ。(私はお肉大好き。野菜も好きだけど)
んで極めつけ、月に2回はカレー! カレーは私も好きだけど、父親がカレーを食べたがったからって、夕食をカレーにしなくってもいいじゃん。父親1人にレトルトのカレーでも食べさせときゃいいじゃん。 (でもそう言ったら、レトルトより作った方がおいしいからと言われました。ハイハイ)

明日もきっと柔らかめのご飯。
お弁当で柔らかいご飯だと、お餅みたいになっちゃうんだよねえ。って、そりゃただの詰め込みすぎか。




99/1/21 (木)
 

朝、お弁当の用意をしようと思ったら、あれれ、お弁当箱が見当たらない?

と思ったら、レンジの中にありました。しかも中身入り!
あと炊きたてのゴハンを詰めればいいように、オカズがなぜか作ってありました。
もちろん作ってくれたのは母親なんだろうけど、何で急に?

ともあれ、助かりました。すごい久し振り、母親のお弁当なんて。
う〜ん、いいねえ。作ってもらったお弁当はやっぱり美味しい♪

結婚したくなるのってこういう時なのかな。(違うだろ)


ところで明日は朝7時から始まって、お昼休みナシの仕事です。

おまけに夜はきゅうきょ、人が足りないからと、バイトに入ります。
う〜ん、明日は修理工場にもガソリンスタンドにも寄らなきゃならないから、時間ギリギリなんですよね。
遅刻は本当になるべくしたくないから、こうなったら家に帰らずそのまま行くか。トラックはお店の裏にでも止めて。

ということは・・・お昼の分と夜の分、止まってられないから、おにぎりでも持って行こうかな。あと手でつまんで食べれるようなオカズと。

というわけで、結局自分で作って行ったんですが。とほほ。




99/1/23 (土)
 

体の調子が少しおかしかったので、昨夜、バイトが終わってから家にあった医学書を読んでみました。

ふむふむ、こういう症状の可能性があるわけね。
と、ヘタにこういう本があると、素人はにわか診断したがるから困りものですね。

うーんしかし、なるほど!
とりあえず、病院に行かなきゃいけないことが分かりました・・・


病院って、なるべくなら行きたくないですよね。

まず受付けしてからの待ち時間がイヤ。
以前、白アリ駆除の薬の影響で体が不調になったため病院に行った時も、めちゃめちゃツラかったのに待合ロビーで30分近く待たされ、辛くて長椅子に横になろうかと思いましたよ、ホントに。

その前の受付けもイヤ。
何がイヤかというと、受付けの看護婦さんは必ず、
「今日はどうなさいました?」
と聞いて来るけど、あれってやめて欲しいんですよね。
「風邪なんです」
とかポピュラーな場合はまだしも、中にはいろいろな症状の人がいるだろうに、
「後ろの待合室にいる人たちに聞こえたらどーすんの! アナタが診てくれる訳じゃあないんだから、アナタに言う必要ないでしょッ」
と思う人も少なくないはず。
まあそこまでは言わなくても、せめて筆談にする配慮くらい欲しいと思うんですが。ダメかな。



さて病院へ。
今回の私の場合も、別に恥ずかしいことじゃないんけど、ちょっと大声で言うのははばかられるような症状だったため、この質問をされることを前もって案じてました。

初診のため、住所や生年月日などを書いてる時、やはり、
「高木さん、今日はどうなさいました?」
と聞いて来た。
「薬はまだですかいの?」
と見知らぬオジさんが隣に立っているのに、ですよ。
何ちゅう無神経さ! 思わず受付けの看護婦さんを睨みつけたい衝動に駆られたものの、仕方なく小声で症状を告げました。

そして診察。
この診察というのもコワい。
診察室に入ったが最後、何をされるのか一般シロウトにはさっぱり分からない。
「はい、そこに横になって楽にしてー」
などと言われたって、本当に楽に出来る人なんていないと思うぞ実際。
そして検査や治療をされるわけですが、これが苦痛を伴う場合はいっそうツラい。
しかも私の年齢になるともう 「大人」 なワケだから、
「ななな何するんですか? 何するんですか、先生?」
などといちいち怯えたり、
「痛いよ痛いよ〜」
とエンエン泣いたりは出来ない。
まあ中にはする人もいるかもしれんけど、平均的な大人の人は決してそんなことはしない。というより出来ない。ここがまたツラい。

と、そんなわけでツラいことだらけの受付けから診察を終え、有り難いことにお薬だけで治るでしょうとの診断を頂きました。
あー良かった。医学書を読んで、にわか診断ですっかり、
「入院なんてことになったらどーしよー。仕事もあるしバイトもあるし、HPだってあるのに」
とすっかり心配になり、
「入院中はめちゃめちゃヒマだから、本を沢山買って来なければ!」
と焦ったり、
「入院のためしばらくお休みします」
とHPに載せる挨拶文の内容を考えちゃったりしてました。(バカ) 大したことなくて良かったです。

あ、もう一つ、病院でのツラいこと忘れてました。
帰る際、
「はい高木さん、これがお薬で、保険証と診察券お渡ししときます。あと、本日の診察料が○千○円になりますうー」

とほほ・・・まあ大した金額じゃありませんでしたが。
皆さんもお体は大切に。




99/1/24 (日)
 

起きたら、お昼の3時。
うわっ、お風呂入ってゴハン食べたら、もうバイトの時間になっちゃうじゃん!
うう、せっかくの休日が。

・・・という夢を、見ました。
実際は、ちゃんと7時半に目覚ましをかけて、9時に起きましたよん。

って、目覚ましが7時半で起きたのが9時なんて、十分おかしいっつーの。




99/1/25 (月)
 

今日の現場はA山です。
ここは多少無理めなノルマのため、力一杯走らなきゃいけません。ガンバルぞー。



とヤル気になったのはいいものの、お昼が近づくにつれ、今日はお昼休みが取れないらしいことが分かってきました。ひええ。

もともとこの現場は、お昼休みはないですよとあらかじめ言われている為に運ちゃん達の間では、
「A山に来たら、お昼ゴハンは走りながら食べられるオニギリなどにすべし」
というのが暗黙の了解になってます。
私は既に何度かA山の仕事に来たことがあるので、もちろんこのことも知ってましたが、でもいつも10〜15分ほどは止まれるので、お弁当食べれる時間くらいはあるもんねーと、今日はつい普通のお弁当を持って来てしまったのでした。あーん、どうしよう。

こうなったもA山の重機機械の運転手が悪いんだ!
仕事は7時からなのに、運転手が来たのは7時15分。その分時間がズレ込んで、お昼に私達がムリしなきゃならんのじゃい。
私はちゃんと、5時に目覚ましをかけて5時半に起きて、7時前にはA山に着いていたというのに!
(5時に目覚ましをかけて何で5時半に起きるんだ、という素朴な疑問や、チリリンと目覚ましが鳴ったらチャッと起きんかい、という文句は置いといてですね)

そういうわけでA山の者が悪い!
と責任追及してもどうにもならない。

う〜ん、困った。他の運ちゃん達はみんな、オニギリのお弁当を既に食べ終えちゃっている様子です。
やっぱオニギリにしとけば良かった・・・あ〜あ、今日はお昼抜きで仕事かあ。ううツラい。

と諦めていたのですが、なんと、お昼休みを10分間とることが出来て、無事にお弁当を食べることが出来ました。
うう〜ん不思議。確かに一生懸命早く走っては来たけれど、まさか10分もお休みを取れるとは。自分でも信じられない。
私ってそんなに食い意地が張ってるのかなあ?(笑)




99/1/26 (火)
 

お昼休み。お天気は晴天で気持ちいい〜。
お弁当もゆっくり食べて、TVなぞ観てました。山なのでいまいち映りが良くないけど、まあいいや。

うう〜ん、それにしても気持ちいい♪
のんびり走ってればいい仕事内容、そんで1時間たっぷりのお昼休み。
昨日とはえらい差だなあ。まあこれが普通なんですけど。


と・・・TVがCMの間、目を閉じてたら、ついウトウトしちゃってました。
ハッと気がついたら1時5分前。あぶないあぶない。

お昼休みにウトウトしちゃうことは時々あるんですが、目が覚めた時、たまらなくダルイんですよね。
午後からのお仕事なんてしたくなくなって、
「もう、私のことは放っといて下さい・・・」
という感じになっちゃう。
まあ10分もすればシャキンとなるんですが、目が覚めてすぐは、例外なくこんなカンジです。

だったら眠らなきゃいいんですが、そこがそれ、人間のどうしようもない所ですね。なんちて。
「いやあ寝ませんよ、寝ませんけど、ちょっと目を閉じるだけね。ほらTVもCMになっちゃったし」
とついマブタを閉じてしまい、その後は前記のとおりにダルイ。

でも何でだろ。高校の頃は、授業中眠ってチャイムの音で目覚めた時のほとんどは、例外なくスッキリ爽やか、いやあこれだから居眠りはやめられませんな状態だったのに。 (おいおい)




99/1/27 (水)
 

今夜は友達のY美ちゃんと飲みに行ってきます。

電話があったのは、ちょうど一週間前のこと。
「ねえねえ、来週あたり、Tさんが食事に連れてってくれるって言うんだけど、一緒に来ない?」
んん? お食事はいいけど、Tさんって誰?
「私、勤めてた会社辞めたじゃない。その後いくつかの面接に行った会社の社長さんなの。結局その会社には行かなかったんだけどさ、面接してるうちに、社長のTさんと友達になっちゃったのよ」
とのこと。
面接してるのに、しかも社長さんと 「友達」 になる? 普通。さすが人当たりは天下一品のY美ちゃん。

「Tさんて36歳、独身なんだよ。優希って男の人は年上好みだから、ちょうどいいと思って」
そ、そりゃあどうも・・・はは・・・。

でもその言葉に、私はドキリとしました。
独身ということではなく、36歳という、その年齢について。
私より11歳年上。それは昔、結婚しましょうと誓い合っていた矢先に事故死してしまった、私の恋人と同じ年齢差なのです。

食事は行くことにして、Y美ちゃんの電話を終えた後、なんだかとても懐かしくなって、すごく久し振りに、亡くなった彼の思い出の品を出して来ました。

思い出の品とはいっても、残念なことに写真などは一枚もなくって、手帳やメモ帳、それに私の日記など。
彼が亡くなってから6年以上が経ち、思い出して泣くことはほとんどなくなったし、もう平気でこれらの品と向き合えるとすっかり考えてました。

が、しかし。
袋を空けた瞬間から、動悸が早くなって来て、日記やメモ帳に書かれたことを見つめているうち、それはだんだん激しくなります。
それと同時に頭の中で、「私」 が必死にそれらの品を見るのを止めさせているような気がしてきて、ひどく落ち着かなくなって来るのです。
何なの? とうろたえて、10分としないうちにそれらを袋に入れて、元のように本棚の引き出しの奥へしまっちゃいました。

う〜ん、どういうことなのでしょう。
落ち着いてから考えてみましたが、私は、亡くなった彼のことをある一定の期間から後、意識的に思い出さないようにしてました。

彼のことを思い出すと辛いから、思い出したくない。日常生活のささいな出来事から彼を連想して、その重い塊のような思い出が湧きあがって来たとしても気付かないふりをして。

それを必死に繰り返していくうち、いつの間にか彼を思い出すことが、私の中でタブーになっていたんだと思います。
それで今回、思い出の品を目の当たりにした時、今までそうして来た 「私」 が、
「見ちゃだめ! 思い出しちゃだめ!」
と警告していたんじゃないかと。そんな気がします。

もうしばらく、記憶の底に静かに沈めとくことにします。

と、これが一週間前の出来事。落ち着いて文章にするのにこれだけの時間がかかってしまいました。

こんな状態では、平気になった、とはまだまだ言えないのかも。
ちょっぴり封印を解くのが早すぎたみたいですね。




99/1/28 (木)
 

今週はずっと、山沿いの道を走る仕事でした。
以前にも書いたことがありますが、こういう山沿いの部落の道には、町中では見かけないような看板が時々あるんですが、今回もやはりありました。

畳一帖はあろうかという大きさの看板に、どデカい赤い字で、
「学童注意」
と書かれてある。

以前に事故でもあったのか、よほど乱暴な運転の車がいたのか、いずれにせよものすごいインパクトです。びっくりしたなあ、もう。


そういえば、昨日のY美ちゃんと知り合いの社長さん ・ Tさんとの食事ですが。

食事はとっても美味しかったです。お肉もサラダも他のものも。
でもとにかく緊張してたもので、せっかくのお料理が、あまり食べた気がしませんでした。

Y美ちゃんも同じだったらしく、その後 2人でラーメン食べに行っちゃいましたよ。

やっぱり、普通の居酒屋さんなどの方が断然いいなあ。
「食べたぞ! 飲んだぞ! ・・・ちょっと飲みすぎたぞ!」
って心から思えるし。

よく女性は、特にクリスマスの時などは、
「気取った所でディナーにしたいわ」
などとオネダリしたりするものですが、そんなにいいモンかなあ。
慣れないナイフとフォーク、音を立てないようにこぼさないようにと、そっちの方にばかり気が行って、食事の味なんて分かるのかなあ。

だけどそう言うと、
「ほーっほっほっ。それは単にあなたが慣れてないからよ!」
と 「慣れてる」 方には笑い飛ばされちゃうかもしれませんが、正しくその通りですね。
「へへー。私が不相応でした、すみませんでしたあ〜」
と謝るしかないです。
でもやっぱり私は、向かい合ってテーブルを挟んで座るよりは、例えば焼き鳥屋さんのカウンター。隣り合って腕がぶつかるくらいの距離に座って、賑やかな周りの人たちに負けないよう顔を近づけ合って話す方が断然いい。

その方がぐっとあったかい気持ちになれるし、彼との新密度も確実にアップすると思うんですが。どうでしょか?




99/1/30 (土)
 

またもA山で仕事です。

でも積雪のために思うように走れないので、今日はいつもより1回少ない回数でOKだそうです。
いつもは力いっぱいアクセル踏んで走りまくって、お昼休みもほとんどナシだから、今日もせっかく朝っぱらからおにぎり作って来たのに。まあいいですけど。

う〜ん、1回少ないとやっぱラクですね。
のんびり、とまではいかないけど、慌てて走らなくてもいいというと、気持ちにもゆとりが出て来ます。


そんな感じでのんびり走っていたんですが、ゆるいカープを越えたら、対向車線に乗用車が見えました。

おっ、クルマだクルマだ。少し狭い道なので、減速っと。
と思ったら、どうやら止まってくれているみたいです。

こういう時、こんなふうに相手の車がサッと端に寄って止まってくれると、すご〜く助かります。荷物を積んでない時ならまだいいんですが、積んでると加速が大変ですからねえ。

んで、そのクルマも、どうやら止まって待っててくれてるらしい。
おおっ、ありがとう〜!! 乗用車なのにトラックの事情をよく分かってくれてる方だなあ、イイ人だ♪

すれ違いざまにニッコリして頭を下げて手を上げて、クルマの中を見ると、
・・・クルマには誰も乗ってませんでした・・・
駐車してあったクルマだったのか・・・




99/1/31 (日)
 

時々メールなどで、
「日記かなりマメですね」
と言われるんですけど、そ、そうでしょうか?

だけど、どんなこと書いてるのかと改めて読んでみると、大したこと全然書いてないですね。
毎日とてつもなく面白いコトが起こってる! ワケじゃなく、普通に朝起きて仕事行って、真っ直ぐ家に帰って、それからは家にいるかバイトに行くか、たまーに飲みに行くか。
これで変わった出来事がしょっちゅう起こるワケもないし。

試しに今日はといえば、昼間は家にいて、夕方からはバイト。その間に起こった出来事は、レンタルしてきた「タイタニック」 のビデオを観て父親が泣いちゃったり、耳かきしてたら綿毛にネコがじゃれついて来て危なかったり、バイト先のカウンターの I 瀬さんが売り物のアイスクリームをこっそりスプーンでペロリンチョと食べてるのを見ちゃったり、そんな他愛ない出来事ばかり。

でもそんな一つ一つが、私にはとっても面白い。
今日は何にもなかった、なんてありえないと思う。こんなに沢山のいろんなことがあるもんね。
でも、何もなかったって思っちゃう人は、本当に何もなかった1日で終わっちゃうんだろうなあ。うーん、もったいない。

「何か面白いコトないかなあ」
と言う人がよくいるけど、そんな人は単に見えてないだけだと思う。ああ、もったいない!

そういう人は1日でもいいから、お天気がいいと言っては喜び、夕食に好きなオカズが出たといっては喜び、買った本が面白かったといっては喜び、ラジオから好きな曲が流れてきたといっては喜び、ぜひしてみて下さい。
なんか喜んでばかりになっちゃいましたが、とにかく、ひとつひとつの出来事の度に、喜怒哀楽を思いっきり味わってみると、すごく色々なことを感じられると思いますよ。おススメです。





12月  1月の日記   2月