-2007年8月- 日記  





 07/8/1 (水)



最高気温32゜Cだったので、さすがにクーラーかけました。
30゜C以上になる日は、もう朝から暑いですよね。今日もギリギリまでクーラーかけずに我慢しようと思ってたんだけど、あまりに暑くて、「どうせかけるんだから」 と8時半ごろ諦めてかけちゃった。





今日ほんの少し (15分ほど) 早く終わって、やったーと喜んでたら、パンクしてました…

いつものタイヤ屋さんにはもちろん遠くて行ってられないので、教えてもらった近くのタイヤ屋さんへ。

しかしここ、早く帰りたいらしく (注 : 現在5時です) 、直す気はさらさらないようで、何も言わずに奥からスペアタイヤを出して来てそれに換えられました。
まあ早く済んだけどさ。やる気あるんかい。





昨日書いたオフ会ですが、京都駅周辺の地図や、ホテルの料金や空室状況、電車と車それぞれの交通費を、ネットで検索してみました。
ホテルの予約までクリックひとつで出来るなんて、本当便利だなあ。

で、思ってたよりホテルも電車も安く、駅と会場、また私が行きたいお店も近いようなので、本気で参加を検討します。

あ、ちなみに、行くんなら1人で行きます。の時間は駅周辺をぶらぶら探索しようと思うのですが、夫はこの 「ぶらぶら」 が大キライなので (^^ヾ 

なんか楽しみになってきた!





映画感想  「リング2 完全版」






 07/8/2 (木)

仕事は相変わらず、現場内の行ったり来たり。

他の現場のトラックも2台走っていて、どちらかが待ってた時には、「ありがとー」 と手を上げるのですが、これがなかなか面倒くさくなってきた。待ってるのはお互い様なんだし、いちいち手上げるのやめにしません? と言いたい。
でもわざわざそんなこと言うのも何だし、手を上げなくして 「なんだコイツ」 と思われるのもヤだから、小心者の私は、やっぱ上げますけどさ。

確かインドだったと思うけど、「ありがとう」 と 「ごめんなさい」 を普段使わないそうなのです。なぜかというと、何かしてもらたり、してあげたり、迷惑をかけたりかけられたりっていうのは、生きていれば死ぬまで続くお互い様のことなのだから、とか。だからもし何かをもらってお返しすると、
「え、じゃああなたは、私との仲をもう終わりにしたいわけ?」
と、 「精算」 と取られて、水くさいというか失礼というか何してんの? という感じなのだそう。
ありがとうとかごめんなさいという言葉や心はもちろんいいものだけれど、こういうインドの考え方というのも、すごく素晴らしいと思う。

って何が言いたいのかというと、要するにそのインドの精神にならって、お互い様だから手を上げるのはやめませんかと思ったわけです。こんな話する方がよっぽどヘンだから、余計言えないけど。





車のナンバーを見るとついゴロ合わせしてしまうのですが、帰りに前を走っていた乗用車は、 「59−63」 でした。
おお、ご苦労さん、か。仕事帰りだし、ピッタリですね。 (私に)

けどちょっと遅いんだよなー。ご苦労さんってあいさつするくらいなら、もちょっとスピード出してくんないかなあ。 (あいさつしてないし)





映画感想  「ライジング ・ サン」






 07/8/3 (金)

今行ってる現場はラジオが入らないので、曜日の感覚がなくなってきました。
ドラマも、今クールはつまんなくてほとんど観てないしなあ。





よく観光地なんかにある、忍者とか時代劇の絵が描いてあって、顔の部分がくり抜かれてて 自分の顔をはめ込んで写真を撮れるようになってるパネルがありますが、それの作業服バージョンが現場事務所の前に現れました。ちゃんと 「○○トンネル」 と現場名も書かれてある。

もちろん撮りましたよ。 (もちろんかい) 現場の人達にはさんざん笑われました。

しかし、しっかり写真撮っておいて言うのも何だけど、わざわざこんなもん作って一体何考えてんでしょうね。お上のやることは分からんわ。

と不思議だったのですが、なんでもこの現場って 結構一般の方がグループで見学に来るらしく、明日は小学生の親子連れが団体で来ることになっていて、そのためらしいです。
ふーん。 (それだけかよ)





お盆休みに、またいつもの短期バイトをしようと電話すると、
「店長いますか」
「あ、私ですが」
「へ?」
「え?」
という具合いに、なんと店長が代わってました。

一定期間ごとに変わるそうで、前の店長が長かったくらいなんだけど。実際、前回のGWの時には、「オレここ来てもう大分経つんだよなあ。いくらなんでも、そろそろ代わるんじゃないかと思うんだけど」
って言ってたもんなあ。

そしたら、
「あー、岡さんですか? お盆休みにだけ来てくれるっていう」
と話が通じて、なんとちゃんと私のことも引き継ぎされてました。

人手不足は相変わらずのようで、「ものすごく助かります」 と歓迎され、無事にお盆休みも働かせてもらうことになりました。

新しい店長、どんな人なのかなー。声の感じでは、なんか私より若そうな気がするけど。 (前の店長は同じ年だった)
あとキチンとはしてるみたいだけど、ちょっと頼りなさげ? ( ← 好き勝手言ってる)





映画感想  「友よ チング」






 07/8/4 (土)

やっと一週間が終わったー!

この現場になって一週間。疲れた…。人間関係や、同業者とすれ違う時のストレスなどがほとんどないので楽といえは楽なんですが、現場内を行ったり来たりの同じことの繰り返し30回を毎日というのは、やはり根気なわけで。
これが3か月続く (らしい) んだよなあ。が、頑張れ、私。

あとちょっと困るなあと思っているのが、ここは休みが日曜、祝日のみということ。
腎炎の定期健診や、バイトで撮った写真を見に行くのなど、いつも仕事帰りに寄っていたのですが、ここの現場は反対方向なのでそれが出来ないのです。

写真は日曜に見に行くことにするとして、病院どうしよう。
とりあえず、再来週にお盆休みのズレの事情で いつもの工場に2日間戻ることになるので、帰りに事情を話して薬をもらって来ようと思います。
あと歯医者にも行きたいんだけどなあ。





映画感想  「Dear フランキー」






 07/8/5 (日)

暑いので家を脱出して、デパートへ行って来ました。

かなり長い間、ふらふらとウインドウショッピングして、お昼もデパート内のレストランで。
オムライスとパスタとサラダのセットで、おいしそうなんだけど、超猫舌なのですぐには食べられません。再び本を読んでしばらく待ってたんだけど、きっと店員さんとか隣りのお客さんは、
「なんで食べないの?」
と思ってるだろうなあ。待ってるお客さんもいるから、早く食べて出たいのは山々なんですが。すんません。

買い物は、欲しい物が見つからなかったり、必要だと思ってた物がやっぱいらないなと思ったり、予定外の物を買っちゃったり。でもまあ、楽しかったです。





夕方からは、夫と駅前の夏祭りへ。
駅前なので車停める所はないだろうので、バスで行きました。お祭りなんだからビール飲みたいしね。

けど夫は、屋台のアルバイトでイヤな思い出があるらしく、お祭りはあまり好きじゃないんだそう。屋台で売ってる物がどれだけいい加減でぼったくりだか分かってるから、絶対買いたくないんだそう。まあ、私も去年反対を押し切ってバイトして、少し気持ち分かるようになったけど (笑)

けどやっぱり何か食べたかったので、タコ焼き買いました。
この作ってたお姉ちゃんがヘタクソで、全然丸くなってなくて、タコが中にくるまれてない。だって、タコ焼きを刺す小さいキリみたいなやつを2本持って、ハシみたいに使ってたんだもん。あんなことしてるようじゃー全然ダメだわ。
(私は中学の時、親戚の海の家でタコ焼き焼いてたから、素人の中では結構上手い方だと思うのだ)

生ビールは400円の所が多かったんだけど、テキ屋でなく、市がやってる (?) テントで売ってる所は、300円、さらに枝豆つきでした。
フランクフルトも100円で安かったので買っちゃった。
「こういう所で買うのはいいんだよなー」と夫は言ってて、あー、分かる分かる。
焼き鳥チェーン店の出店で夫も焼き鳥を買って、ちょうどイスとテーブルが空いてたので、座ってゆっくり食べました。

少し離れたテーブルでは、まだ小さい娘ちゃんを3人連れたお父さんとお母さんが交代で写真を撮り合ってて、
「良かったら皆さんで撮りましょうか」
と申し出たかったんだけど、頼まれてもないのにスタスタ歩いてってそんなこと言うのヘンだよな…と思い、やめました。でも、全員浴衣でキメてたし、やっぱ家族全員で撮ってあげたかったなあ。でもやっぱヘンだよね…

なんか知らないけどビール1杯ですんごくいい気持ちになって、楽しかったっす〜。お酒弱いと、少し飲んだだけでこんないい気分になれてトクですね。うひひひ。 ( ← 酔っ払ってる)





映画感想  「白くまになりたかった子ども」
        「アクア ・ ブルー」






 07/8/6 (月)

いつもの現場ですが、11時ごろ、中で作業してる機械が壊れてしまい、中断。クーラーの効いた冷え冷えの事務所で涼んでおりました。

結局、今日中には直らないということで、4時前に 「もう帰っていいよ」 と言われました。
この現場、たまーにこんなふうに、中断したり早く帰れたりするらしいのです。う〜んラッキー。あ、もちろん賃金はちゃんと1日分もらえます。





早く終わったので、歯医者へ行って来ました。

ホワイトニングとセラミックをしてもらうためなのですが、この2つは、私にとってセットです。
というのは以前、TVで芸能人の真っ白い歯を改めて見てて、「私もホワイトニングするッ!」 と勢いで有名な歯医者さんへ行ったのですが、
「前歯3本が神経抜かれてて、これはホワイトニングしても色が変わりませんので、セラミックをかぶせなきゃいけません」
と言われたのです。セラミックの値段が、忘れちゃったけどとにかく高くて、その時は諦めたのでした。

で数日前。その前歯の1本が、少ーーし欠けてしまったのです。近くで見ないと分からない程度だけど、やっぱりみっともないし、それにその歯医者さんで、
「神経のない歯はすごくもろくて、柱のない家みたいなものです」
と脅かされてたので、
「やっぱりもろくなってるのかな、そのうちバキッといっちゃったら、すんげーみっともないしなあ…」
と不安になってきて、もう思い切ってセラミックしちゃうか、そんで他の歯もホワイトニングするか! と決心したのでした。

いつも行く歯医者さんへ行って、先生に事情を話して、詳しく説明してもらいました。
ちなみにホワイトニングは4万円、セラミックは1本7万円 (もっと高いのもある!) で、3本で21万円。高あー!

先生は私の歯を見て、
「これだったら、無理にホワイトニングする必要ないと思いますけどねえ。今の歯の色に合わせて、セラミック作ることも出来ますよ」
と言ってくれたんだけど、どうせならやっぱり真っ白にしたいよねえ。
それにホワイトニングよりセラミックのが高いんだもん。せっかく21万かけてセラミック作るなら、あと4万上乗せして、白い歯にした方がいいよね。

というわけで、まずはホワイトニングをすることに。
助手の女の人が型を取ってくれたんだけど、上のを失敗したらしく、
「すみません、もう1回取りますね」
とやり直しされました。これ結構苦しいんだから、頼むよー。

型は3週間後に出来て来るそうですが、取りに来れるのはいつになるやら。また今日みたいに、早く終わる日があればいいんだけど。



しかし、全部で25万円かあ。欠けた部分を直してもらうだけなら数千円で済んだのに、やっちまったよ私、という感じです。まあ、これでもう一生 (?) 安心だけどさ。

それにしても腹立つのが、神経を抜いた、小さい頃通っていた歯医者です。神経を抜いたらどうなるのかって説明もなしに (したのかもしれんけど) 、小学生の私はただ単純に、「神経取っちゃえば、もう虫歯になっても痛くないんだー」 と考えて、取っちゃって下さいと言っちゃったんだろうな。そんな大事なこと、小学生のガキに決めさせるんじゃねーよっ!




それとついでに、今朝口の中をガジッとかんじゃってまた口内炎になりそうだったので、前もってレーザーで焼いてもらっときました。
つかこのレーザーの機械、家に欲しいー。 (一番高いセラミックを全部の歯にするより、お金かかるだろうけど…)




あと、子供の付き添いの30代くらいの母親の携帯の着うたが、三木道三の 「一生一緒にいてくれや〜」 だったのが、 「今時かい!」 と心の中で突っ込んでしまいました。つか病院では音消せ。





新刊感想  「トゥインクル☆トゥインクル」
        「べしゃり暮らし」  1〜3巻

映画感想  「タイタンの戦い」






 07/8/7 (火)

窓を開けて寝てるのですが、今朝はやけに鳥の声か聞こえる。
何十匹というセミの 「ミンミンミンミン…」 という声にかぶさって、
「ピピピピピ!」
と甲高い鳥の声がずーっとしてて、はっきりいってかなりうるさい。

なんなんだ、この鳥? まるで目覚まし時計みたいにうるさいぞ。

まさか本当に目覚まし? と一瞬体を起こしかけたけど、時間を見たらまだ4時半だし、そんなわけないか、と再び寝ようと無理やり目を閉じました。

でもしばらくしたら、隣りの夫が、
「優希ちゃん、目覚まし鳴ってるよー」
と一言。 (いつも私のが一時間早く起きる)

え、本当に目覚まし?
慌てて起きたら、3個セットしてあるうちの1個が鳴ってました。設定時刻がズレてたらしい。

やっぱり目覚ましだったのかー。そりゃうるさいはずだわ。
夫、
「この女、何で起きねーんだよッ」
と思ったろうなあ (笑)

まだ早かったので、止めてまた寝ました。





昨夜、ブックマークしてる女性の日記で、
「ナノケアのドライヤーを買って試してみたら、髪がすっごくしっとりサラサラになった!」
と絶賛されていたので、口コミに弱い私は、今日即行買いに行きました。 ( ← 弱すぎ)

私の数多いコンプレックスのひとつが髪の毛で、母親譲りの 「クセ毛」 「硬い」 「量が多い」 の三重苦で、ツヤのあるキレイなストレートヘアの女性が昔からうらやましくて仕方なかった。
シャンプーや整髪料など、良さそうなものは片っ端から買って試した。電車で、知らない女子高生が、
「うちのお姉ちゃんって髪質が悪くてバサバサだったのに、SALAってシャンプーを使ったら、すっごくキレイになったんだよー」
と話してるのを耳にして、すぐにSALAのシャンプーを購入したり。 (変わらなかった…)

もう、いっそのことスキンヘッドにして、ストレートヘアのカツラをかぶろうか、とも考えたこともありました。 ( ← あほか)




で、ナノケアのドライヤーですよ。
ナイノーイオンというのが出るドライヤーで、その人の日記でナイノーという名前を初めて知ったんですが (オイオイ) 、水に包まれている電気を帯びたイオンで、髪に浸透させるのだそうです。

お店に行ったら、ドライヤーとヘアアイロンとがあって どちらにしようか迷ったんだけど、ナイノーイオンは髪だけでなく肌にもいいらしい (先の人の日記には、「気のせいかと思ってたけど、化粧の油うきがなくなって肌の調子もいい」 と書いていた) ので、やっぱりドライヤーにしました。



お風呂上りに早速使ってみたら、おお、髪がハネない!
ってそれは、手ぐしで軽くブローしたみたいになってるからか。
けど乾いてからも、いつもよりしっとりしてる気がしないでもない。うん。

髪の強度も約2倍にしてくれるらしいので、切れ毛が多いことも悩みなので、それがマシになってくれるといいな。





映画感想  「ミリオンダラー ・ ホテル」






 07/8/8 (水)

「三木道三の、一生一緒にいてくれや〜の歌を着うたにしてる人がいて、今ごろかい! と思った」
ことを一昨日書きましたが、今朝TVで、あの歌が女性アーティストによりカバーされていることを知り、ああそれでか、と納得しました。

ひょっとしたら、着うたもカバーの方だったのかも。

そうだよね。カバーされてなかったら、今ごろあの歌を着うたにしようなんて人、いないよね。 (いるかもしれんけど)

今の仕事先ではラジオが入らないので、新曲に疎くなってます。とほほ。





今の現場が突然、しばらくストップすることになってしまいました。1週間か2週間か、もう少し長くかは分からないけど。
今日の午後から、いつもの工場に戻っての仕事。といっても別の現場に入ったんですが。

毎日同じことの繰り返しで、飽きたな〜、根気だな〜と思っていたけど、いざ離れると懐かしいです。早く再開するといいな。





しかし何なんでしょう、連日のこの暑さ!

日中はもちろん、夜も、昨夜はとうとう寝る時もクーラーかけなきゃいられませんでした。
昨年は、1階の部屋で窓を開けて、扇風機を回しておけば眠れたんですが、今年はとてもじゃないけど、いや、とてもダメ。気温もそうですが、湿度がものすごいですよね。

クーラー嫌いの私でも、さすがに1日中クーラー漬けです。朝起きてから家を出るまでの間だけは、窓開けて過ごしてますが。

電気代がちとコワイけど…。いいよ、払えばいいんだろ! チクショウ! ( ← なぜかケンカ腰)





新刊感想  「ひとりたび1年生」

映画感想  「グレート ・ ビギン」






 07/8/9 (木)

お盆休みに短期バイトに行くことにした、と書きましたが、 先週バイト先に電話した時
「じゃあシフトを調整して、2日後、このくらいの時間 (夕方5時) にお電話します」
とのことだったのですが、いまだにかかって来やがりません。

どうなってるんだよ、と軽くイラッとしてたのですが、
「ひょっとして電話番号が分からないのかな? 履歴書とか、控えがあるだろうと思っていたのが見つからないとか」
と思い、今日こちらからかけてみました。

別の店員さんが出て、
「店長ですね、お待ち下さい」
と2分ぐらい待たされた挙げ句、
「ああ、岡さんですね」
と 「連絡くれて助かったあ!」 という風でもなく、普通に出て来ました。

「昨日お電話したんですが出られなかったので、また今夜にでもかけようかと思ってたんです〜」
は?
ああ、そういや、8時ごろ知らない番号から着信がありましたね。まさか2日後の5時ごろかけますと言ってたのが、1週間近く経ってからの8時にかかって来るとは思いませんからねえ。 ( ← もちろんイヤミ)

つか、番号分からなかったわけじゃないんかい! だったらもっと早くかけて来いよ!

で、前回と同じく朝10時〜夜9時まで入らせてもらうことになり、ホッと一安心したのですが、
「実は、ホールと厨房と、人手の足りない方をやるという風にして欲しいんですが…」
はあぁ?
いや最初はホールやってましたが、仕事関係の人が結構来て バイトしてるってバレるとヤバイので、前回から厨房にしてもらったんですが。

「ええ、聞きました。ですが前の店長との引き継ぎでは、岡さんが厨房をしてたってことまでは聞いてなかったんです。で、てっきりホールかと思っててそれで段取りしてて、そしたら○○さんに、『あらあの人、厨房も出来るわよ』 って聞いて…なんですが、どうしてもホールの方の人手が足りない時は、そっちをやってもらえませんか」
はあーーー!?
何だよソレ。まさかまたホールをやらされるなんて思ってなかったっつうの。冗談じゃないッ。

「それはちょっと…」
「ダメですか? 今のところホールがどうしても足りないのは、15日の朝から夕方までだけなんですけど」
「う〜ん…まあ、それだけなら…」
と、イヤイヤながら引き受けました。

「で、もうひとつお願いなんですが、15日と16日は開店を30分早めるので、できれば9時半に来てもらいたいんですが」
「はあ分かりました」
「17日以降はどうするかは、皆さんの意見を聞いて決めたいと思ってますので」
意見聞くなら時給上げて下さい。
(だって、お盆は祝日じゃないからって、店員の時給は平日料金なんですよ。すっげーーー忙しいし、お客さんには祝日料金取るくせに、おかしいよねえ!?)

というわけで、初日はランチタイムだけホールに出ることになりました。が、今からイヤだーーー。
やっぱ断れば良かったなあ。ああ、また朝の店内の掃除とか、お客さんが帰った後の片付けで汚れた食器と残飯を触らなきゃならないのか。もう2度とやらなくていいと思ってたのに。

はあー、早くも気が重い…
もしその他にもホールへ行ってと言われても、絶対断ってやる。どっちも出来る、なんて都合良く思われたら冗談じゃないもんね。





映画感想  「ランド ・ オブ ・ プレンティ」






 07/8/10 (金)

仕事で行くタイヤ屋さんは、社長が1人でやっているのですが、2年以上前に倒れてしまい、リハビリの間、兄弟会社の人が代理で来てました。
けどとうとう看板を下ろし、その兄弟会社の出張所、ということになったらしいです。

ということは、もう社長の復帰は完全にないんだな…

リハビリのない日は 奥さんの運転でお店を見に来てたので、2回ほど会ったことがあるけど、確かに体と言葉のマヒが結構重くて、正直、復帰はかなり難しいかも…と思ってはいましたが。

でもこうして正式に看板を下ろされたらやっぱりショックで、そのことを決めた社長の気持ちを察すると、たまらなくなります。
奥さんも言ってたけど、本当に仕事が好きで、仕事が生きがいな人だったのに。いい人だったのに。

世の中、死んだ方がいいような人間もいっぱいいるのに、不公平だよなあ、としみじみ思います。病気っていうのはそういうものなのかもしれないけど、やっぱり悔しい。

奥さんが言ってたけど、倒れる日の朝、社長は体調が悪くて、奥さんも病院に行くよう勧めたんだそう。でも仕事があるし、病院は嫌いだし、何ともないよッと聞く耳持たず出勤してしまったらしい。
もしこうなることが分かっていたら、時間を戻すことができたら、奥さんと私とで、引きずってでも病院に連れて行ったのに。
今さらそんなことを言っても何にもならないけど…

せめて、これから社長がリハビリによって、できるだけ不自由の少ない生活を送れますように。あと奇跡でも何でもいいから起こってくれて、仕事復帰ってことも、心の隅で願ってます。信じるのは自由だもんね。






 07/8/11 (土)

オフ会に参加するため、京都へ行って来ます。

駅まではタクシーで行ったんですが、運転手さんが運ブレーキの踏み方がヘタな人で、酔いそうでした…
あと、昨日電話に出た女の人がすげー態度が悪くて、そのことを言うつもりだったけど、結構年配でしゃべりにくそうな人だったので、言えませんでした…くそう。

駅に着いたら切符を買って、まだ時間があったのでトイレへ。
けど、入ってから気付いたけど、紙がない。切れてるとかじゃなくて、トイレットペーパーを設置するホルダー自体がどこにもない!
他の個室も見たけど全部なくて、おいおいどうなってんだよ、と思いながら、持っていたポケットティッシュを使いました。
駅員にクレーム言ってやる、と思いつつトイレから出ようとすると、入り口にポケットティッシュの自動販売機 (百円) があり、「はあぁ?」 と思いました。これを買えってか。どんだけケチなんだよ!

電車は自由席だったけど余裕で座れて、ウトウトしてるうちに京都に到着。
で、京都駅でもトイレに行ったんですが、やっぱりペーパーホルダーごとなくって、今や駅には紙がないのが普通なの? と驚きました。こんなことなら、家にあるポケットティッシュもっといっぱい持って来れば良かったー。 (まあ、駅でばかりトイレ行くわけじゃないけど)




実は私は京都駅自体も楽しみにしてたのです。
こやまゆかりさんの 『1/2の林檎』 という本の中で、京都駅のウエディングの鐘が出て来るシーンがあって、実際に見てみたかったの。

鐘は下からでも見えたので、すぐに見つかりました。行きたいけど、かなりエスカレーターを上がってかなきゃならないようだったので、お腹ペコペコだし昼食を済ませてからゆっくり見に行くことにします。この暑いの、結婚式してるカップルはいないだろうし。

が、売店で水を買ってたら、「カーンカーン」 と鐘の音が! え、結婚式やってるの? とビックリして、だったら見たい〜と急いでエスカレーターで上がりました。
もちろん全然知らない人だったけど、写真撮っちゃった (笑)  おめでとうございます!末永くお幸せに〜。
しかし列席者の方々は暑そうでした。




鐘は後からまたゆっくり見に来よう、ととりあえずレストラン街でお昼にすることに。
すごい行列のお店は避けて、比較的すぐに入れそうな、和食のお店へ並びました。

私の後ろには、4歳と7歳くらいの子供を連れた若いおばあちゃんが並んで、イスは空いてなかったのでおばあちゃんに譲ろうかと思ったんですが、子供を座らせちゃったらヤダしなあ。かといって、
「子供が座るくらいなら私が座ります」
なんて言うのもすげー意地悪だし。
と葛藤していたのですが、じきに順番が進んで、席も空いたので良かったです。

ようやく店内へ通されて、土用の丑の日限定メニューという 鰻せいろ御前にしました。炭うどんっていうのもついてるし。これがおいしかったです〜。鰻丼はお茶わんに軽く3杯はあったんだけど、おいしかったのでペロリと食べちゃいました。炭うどんもおいしかったー。




その後、駅構内のお店でウインドウショッピング。せっかくだから何か買いたいなあと思っていたら、エナメル素材の細長いがま口の可愛い小物入れがあったので、携帯用の裁縫道具入れにちょうど良さそう、と色違いで2つ買いました。

その後、また鐘を見に行って、喉が乾いたので近くにあるカフェでお茶。マスカットの紅茶にしたかったんだけどホットしかなかったので、トロピカルなんとかのアイスティーにしました。
このカフェは結構お客さんが来てて、満席なのを見て帰ってしまう人もいたので、飲んだらそそくさと出て来ちゃいました。




そろそろ予約してあるホテルに行こうと、駅前のバス乗り場へ。
本当は、「街をぶらぶら見て回りながら、歩いて行ってもいいな」 とも思っていたのですが、暑くってとてもムリ! 少し歩いてみたのですが、すぐに目の前のタワービルに入っちゃいました。 (つか、すぐ目の前じゃん!)
諦めて交通機関を利用します…
でも、ダイエットの広告で、「お腹のお肉が五重の搭」 という京都らしいコピーを見れただけでも収穫でした。

最寄りのバス停が分からなくて、案内してくれる駅員さんも、
「バス停が分かれば、どこの乗り場から行けばいいよってすぐに教えてあげられるんだけどねえ…駅内に案内所があるから、そこで聞いてみて」
とのこと。

駅内の案内所でホテル名を言うと、
「バスより地下鉄がいいですね。五条まで、こちらから一駅となります」
あ、そうですか。
なんか、地下鉄の乗り方まで聞ける雰囲気じゃなかったので、
「ありがとうございますぅ」
とそそくさと立ち去りました。
地下鉄乗り場ってどこだか全然分からんけど、地下鉄っていうんだから、地下へ降りてきゃいいんだろ。
正解は地下2階で、あっという間に電車が来て、あっという間に五条へ着きました。

改札を出たら、主な建物と方向が書かれてあったので助かりました。ちなみにサン ・ クレインというホテルなのですが、サン ・ クロレラという会社も近くにあるらしく、一瞬見間違いそうになってまぎらわしかったです (笑)
地下廊を出たらすぐに 「ホテルサンクレイン」 と看板が見えて安心しました。

一番安いホテルにしたんだけど、スタッフの方は親切だし、部屋はキレイだしで大満足です。




待ち合わせまで1時間半。シャワー浴びて、念入りに身支度を整えて…なんか、ヘタな男の人とデートするより緊張するんですけど! (笑)

しかし参加申し込みをしてから思ったけど、私、ひょっとして最年長じゃあるまいな… (管理人さんは26歳)  なんかオフ会って、ものすごく勝手なイメージだけど、20代の人が多いって気がしない? (あくまでもイメージ)
別に私はいいんだけど、周りは一歩引いて、私にだけ丁寧語でしゃべられたらどうしよう (汗)

あと、方言を指摘されないかもちょっと気がかり。うちの地方は、語尾やイントネーションが結構特殊らしくて、他県の人から大げさにマネされたり 笑われたりしたことがあるので、ちょっとトラウマなのです。 (こっちからすれば、オメーの言葉のがヘンなんだよ、お互い様なんだよ! と言いたい)
「味があっていいね」 とか 「カワイイね」 とか誉めてくれる (?) のも、「方言あるね」 と言われてるのと同じなので、できれば一切触れないでくれるのが一番ありがたいです。

また、オフ会参加者には専用のBBSが用意されてたのですが、そこで私だけ、自分のHPのアドレスを公開しちゃってたんだよなぁ。アドレス書く欄があったので、何も考えずに記入したら、なんと公開してるの私だけ。 (他にもサイト持ってる人絶対いると思うのに)
恥ずかしくって、削除してもらおうかとも考えたけどなんか今さらって感じだし、ととうとう最後までそのままだったんですが、やっぱり削除しといてもらえば良かった…別にHP見られたっていいんだけど、こっちは相手のこと全然知らないのに、相手からは一方的に知られてるっていうのってんかヤじゃありません? 私はヤダ。
でもまー、仕方ないか。それにアドレス書いてあったって、見るとは限らないしね。 (と希望的観測

というわけでさまざまな心配を抱えつつ、ドキドキしながら待ち合わせの阪急前へ。阪急って、最初に言われた時は全然分からなくて、慌ててネットで調べたのですが、本当にここでいいのか未だにに不安です。私だけ全然違う場所でひたすら待ってたらどうしよう。
それに、京都で待ち合わせといえば阪急、というほど有名な場所らしいので、きっともんのすごく人が多いだろうし、無事に管理人さん達を見つけられるだろうか? 「オフ会ご一行様」 というプラカードを持っててくれてる…わきゃないだろうし、管理人さんの顔も服装も知らないのにぃ。
誰かが私のHPの写真を見ててくれて、あっちから見つけてくれないかなあ、と思いっ切り他力本願なことを期待してみたり。

行ってみたらやっぱりすごい人で、全然分からない。管理人さんにメールしてみると、すぐに電話をかけて来てくれて、無事に合流できました。
もう既に10人以上集まってて、皆さんいい人そう。良かったー。

「高木さんですよね? HP見ましたー」
と声をかけてくれる人もいて、嬉しいけどやっぱ恥ずかしかったです。うう。

会場の居酒屋さんへは、道を渡ったらすぐ到着。
飲み物はついウーロン茶を頼んでしまい、お酒弱いから、チューハイとウーロン茶を2つ頼もうかと思っていたのだけど、飲み放題だからグラスは1つだけだよね? しまったー。
まあいいか、少し食べてから お酒飲んだ方がいいだろうし。

管理人さんが、
「お互いの名前をいちいち聞くのもアレなんで、良かったらこれに名前書いて、胸元に貼っといて下さい」
と、白いシールとペンを回してくれました。
「高木」 と書いて、シールを額に貼ろうかと思ったんですが (この時のように) 、
「絶対引かれる…!」
と危険を感じて、大人しく胸元に貼りました。

いやそれにしても、参加者17名という大人数だったので、管理人さんというより 隣りやお向かいの人としゃべるという感じだったのですが、何をしゃべったらいいのか、全然分からない!
チャットしてたとか、メールのやり取りしてたとかいう関係ならまた違うのでしょうが、お互い本当に初対面ですもんねえ。
『グータンヌーボ』 を観てると、「もっといろいろしゃべることあんでしょ?」 といつも思っていたのですが、ごめんなさい、間違いでした。

あ、でも管理人さんが回って来てくれた時、ちゃんとお土産は渡せました。この管理人さんは実は以前、ミスタードーナツのキーホルダーの日記が面白かった、と書いた方で、キーホルダー全種類のセットをネットで購入して持って来たのです。
前回の東京オフで 既に誰かからもらったかも、と心配していたのですが、まだ持ってないそうで、良かった〜。

他にも、案外みんなプレゼントを持って来てて、私のはブレゼントってほどじゃ全然ないし、ちと恥ずかしかったんですが (汗)




あ、方言は、2、3人から、
「あれ、出身どこ?」
と聞かれたけど、イヤな感じでは全然なかったので良かったです。 「やっぱり言葉おかしいんだなあ」 とは思ったけど。




ほぼ全員が2次会に行くことになり、これだけの人数が入れる所というわけで、カラオケへ。
日帰りの人は電車の時間があるので、「ではこの辺で」 という感じで自由に帰って行ったので、ふと気が付くと結構人数減ってる、という感じでしたが。

ここでもやっぱり 「隣りの人としゃべる」 という感じで、一部では盛り上がってましたが、私はやっぱりうまくしゃべれなくって、うーん。
「後でしゃべろうねー」 と言い合ってた人は、別の人と盛り上がってたし。いや、私が場所移動すればいいんですけどね。

カラオケではアイスティー飲んでて、お酒は居酒屋さんでチューハイ1杯飲んだだけ (2杯目は頼んだのにほとんど飲めなかった) なのに、結構キテました…どれだけ酒弱いんだよ!

あと、ここではクーラーが結構強くて、風の当たる所だったのでかなりキツかったです。いやだから、場所移動すりゃいいんですけどね。
結局、10時ごろ帰って来ました。

翌朝の朝食のパンを買いに寄ったコンビニと、帰りのタクシーもクーラーがキンキンで、くらくらしました。タクシーでは緩めてもらうつもりだったんだけど、
「ち。オレは暑いんだよッ」
と運転手さんに思われるんじゃないかと、結局言い出せず。うう。でもホテルまでワンメーターで着いたのは嬉しかった。 (行きはツーメーター? だった)
部屋で熱めのシャワーをしばらく浴びて、どうにか復活しました。

少し暑かったけど、クーラーつける気にはなれなかったので そのまま寝ました。窓開けられたら一番良かったんだけど。

今日は結構歩き回って、脚が疲れたー。






 07/8/12 (日)

京都2日目。
カーテン開けたらすんごい日差しで、今日も暑そう。

昨夜はなんか疲れ果てて、明日はもうすぐに帰ろうかなーと考えてたんですが、やっぱりもったいないって気持ちになって来ました。

実は私には、もうずっと前から、京都でぜひ行ってみたいお店があるのです。『鍵善』 というお店で、青竹に入ってるという水ようかんが食べたいのだ。西村しのぶさんの 『サード ・ ガール』 って本に載ってて、 「すっごくおいしい」 らしいのです。『サード ・ ガール』 を買ったのは初めて就職した会社の帰り道だったから、18歳として、え、もう15年前? すげーな自分。

最近、ネットで検索したらHPが見つかって、地方発送もしてくれるらしいのですが、せっかく来たんだから直接買って帰りたい。

本店が祇園にあるらしく、昨日待ち合わせした阪急から少し行った所なようなので、バスで四条河原まで行ってそこから歩くことにしました。

ホテルをチェックアウトして、バスを待っていると、外人さんカップルに時間を聞かれました。
「9時58分です」
とも
「10時2分前です」
とも言えず、携帯電話の時間を 「コレコレ」 と指して見せるだけ…とほほ情けない。分かってもらえたから良かったけど。 (良くない)

四条河原でバスを降りて、近くのデパートを覗いたり、祇園への道すがらにあるお店にふらふら入ったり。

四条大橋では、思いっ切り日向だったけど、しばらく立ち止まって鴨川を眺めてました。河原沿いにあるお店では、正式名称は分からないけどテラスみたいのが作られていて、夜になったら川を眺めながらお料理やお酒を楽しめるようになってました。これ、外人さん向けの観光ガイドブックにも載ってるって、この間TV番組でも紹介されてましたが、そうだろうなあ。日本人だって、いいなあって思うもんね。 

なぜか四条大橋のたもとでは、ネコの里親を探す団体の方がいて、すんごく小さい子猫がいました。
思わず立ち止まって、グレーのシマの子猫をなでてると、
「このコはまだ小さいから、夜中お母さんを恋しがってニャーニャー泣き叫ぶのよー。あとこの大きいコがメスなもんだから、母親じゃないんだけど、オッパイ吸っちゃって。このコはイヤがるんだけどねえ」
とのこと。
まだお乳が恋しいような時期なんだなあ。母猫はどうしたのか分からないけど、可哀想に…。あとこの大きな猫も、里親募集してるのかな。こんな大きな猫は難しいだろうなあ…。
と、ちょっと切ない気持ちで猫ちゃん達を後にしました。早くいい飼い主さんが見つかりますように。




鴨川を渡ると、一気に雰囲気ががらりと変わって 「祇園」 という感じになりました。どんな感じだ聞かれるとよく分かんないけど。 

途中、外人男性と日本人女性のカップルが写真を撮り合っていて、シャッター押したげようかな、と立ち止まったんだけど、お節介かなあ〜と声かけれませんでした。っていうか、こんなこと考える時点で、余計なお世話なんだろうなあ。

あと、とある甘味処はものすごい行列でした。有名なお店なんだろうな。店名見て来ませんでしたが。




鍵善はそろそろこの辺じゃないかなあ、と探してみたら、ありました!
ここまで来て 水ようかんが売り切れだったら泣いていいですか、という心境でしたが、無事ありました。7本購入。
「15年前から食べたくて、○○県から来たんです」
って言ったら、お店の人、喜んでくれたかなあ (^^ 




どうせだからこの辺りでお昼にしよう、としばらく歩いて、通りから一軒入った所にある 『壹銭洋食』 という、お好み焼きの元祖というお店に入りました。

メニューはそれだけで、飲み物はビール、冷やしアメ、ラムネ。ビール飲みたい所ですが、昨夜ちと具合い悪かったし、やめておきました。冷やしアメっていうのは ョウガの飲み物らしく、結構好みが別れるらしいので、無難にラムネにしときました。冒険出来なくてすみません。

お好み焼き (?) はなかなかおいしかったけど、ソースがちょっと辛くてたっぷりかかってたので、最後の3口はちとツラかったです (笑)  ラムネは懐かしい味がしたー。




また四条河原まで散歩がてら歩いて、暑いしそろそろ帰るか、とバスで京都駅へ。

電車の時間まで、スカイなんとかっていう駅の一番上の通路を歩いて来ました。京都中が見渡せてキレイです。
小さい男の子2人を、お父さんらしい人が写真撮ってあげようとしてて、
「一緒にお撮りしましょうか」
と声をかけたんですが、
「あ、いえ、いいです」
と断られちゃいました。こっ断られた! うう、やっぱりおせっかいだったんだ〜。私のバカバカッ。と軽く落ち込みました…うう。




帰りの電車も座れたんですが、これまたクーラーの風が当たる場所で、席を替わろうにももう相席しかないし、昨日着てた服を腕にかけて何とかしのいでました。

タクシーもきんきんだったら今度こそ緩めてもらおう、と思っていたら、生ぬるかったので一安心。
でも私が乗ったからか 「Hi」 になってたので、
「あ、クーラー弱いままでいいてすよ」
とまた弱めてもらいました。

このタクシーの運転手さんは、実はうちの母親がタクシー使う時の専属の方だったらしく、実家の前につけてもらうと、
「あれ、高木さん、じゃないんでしょ?」
「いえ高木ですよ」
「なんだ、娘さんだったんですかあー」
となりました。お正月には、兄貴さんも駅まで乗せてってくれたらしいです。家族揃ってお世話になってます。




両親にも水ようかんを少しおすそ分けして、夜、帰ってから早速食べてみました。
竹のオシリの方を、付属のキリみたいので穴を開けて逆さにすると、プッチンプリンの要領でにゅるーんと中身が出て来ます。

2本出してみたのですが、何気なく見てビックリ、太さが明らかに違う。倍くらい違う!
天然の竹を使ってるから、仕方ないな、これも味だよねと私なんかは思うけど、これ、苦情言う人いないのかなあ、と余計な心配しちゃった (^^ヾ

さてお味は。…おいしい! けどこれ、県内の有名な 「E川」 の水ようかんと同じだ! いや同じってこたないんでしょうが、かなり似てます。
おいしかったんだけど、「なんだ…」 という感じでした (笑)





映画感想  「恋するギャンブラー -しあわせになるヒケツ教えます-」
        「ブレス ・ ザ ・ チャイルド」






 07/8/13 (月)

昨日の、里親募集してたグレーの子猫の夢を見ました。

可愛かったもんなあー。
もし飼える環境で、「ネコ欲しい」 と思ってたなら、連れて帰っただろうな。





京都でカッコイイお財布を見つけたものの、高かったので保留にして帰って来たんですが、どっかのブランド品かな、とネットで調べてみました。

そしたら、ヴィヴィアンでした…

「vivi」 までしか覚えられなくて、あと土星みたいなマーク、というのしか分からなかったんですが。
つか、ヴィヴィアンのマークを知らなかったなんて、33歳の女性としてマズイですか。
もちろん名前は知ってましたが。そういや 『NANA』 で、ナナの指輪とかシンちゃんのライターとか、あの土星のデザインだったっけ。



私はお札をたたまないでそのまま入れられる長財布が好きなんですが、なぜかどんなに高いブランド品でも、小銭入れの部分はファスナーなんですよね。がま口の方が、見た目も使い勝手も断然いいと思うのに。

で、今使ってるノーブランドの長財布は、デパートめぐりをして唯一見つけた、がま口タイプのなのです。なんだけど、そのヴィヴィアンのは、うすーいピンクベージュ (ほとんど白) で、がま口タイプの長財布だったのです。 (ファスナータイプもあったけど)

今持ってるのは黒で、本当は白か落ち着いたピンクが良かったなあと思っていたので、かなり心が動きます〜。けど2万5千円もするんだよなあ。
財布なら、長く大事に使えばそのくらい出しても惜しくないと思えなくもないんだけど、まだ今の財布が使えるのに、もったいないかなあ。
それにブランド品のそんないいのを買っちゃったら、汚れとか傷とか、気が気じゃなくなりそう。仕事用のカバンにポイッと放り込むのも、気を遣うし。
こう考えるってことは、少なくとも今の私には分不相応ってことなんだろうなあ…

と考えて、当面、今のノーブランドの財布のままでいます。これでも8千円くらいしたんだい。





夫に勧められて、脳内メーカーというのをやってみました。
(名前を入れると、その一の脳内を占めることを何種類かの漢字一文字で表してくれる)

夫は友達のパソコンで一足先に、自分や私の名前で試してみたらしく、
「オレとか優希の名前で見てみろよ。面白いぞー」
としきりに勧めて来ます。

どれどれ…


_

自分の本名でやってみたら、「幸」 「秘」 「嘘」 「悩」 という4種類が、同じ割合でぎっしりでした。
う〜む、当たってるかも。 (当たってるんかい!)



_

夫は、真ん中に一文字 「友」 というのがあって、一番外側がぐるりと 「遊」 という文字で囲まれてる。何だこりゃ! (笑)

「なんかオレ、人としてダメだよな…」
本当だよ。仕事のことも何もないじゃん。遊ぶことだけって (笑)


うちの父親をやってみたら、なんと形態は夫と同じで、真ん中に 「休」 、外周ぐるりに 「愛」 の文字が。はあ、愛ーーー!? ウソだよこんなの! あのオヤジのどこが、こんなに愛で包まれてんだよっ。

母親は 「H」 だらけで、ひとつずつ 「悩」 「嘘」 「食」 「金」 の文字が。兄貴さんは、何だったか忘れたけど、これも 「えー?」 という結果でした。

夫のや私のはウケたけど、まーこれも、前にやった 「芸能人の誰に似てるか」 を検索してくれるのと同じ、暇つぶしのゲーム感覚程度のもんですね。





映画感想  「トゥームレイダー」






 07/8/14 (火)

今日まで仕事です。

今日もすごく暑かったのですが、現場の人に伝票を渡した時、愛想良く受け取ってくれたのに感心というか尊敬しました。すっごく暑いはずなのになあ。





クロネコヤマトのブックサーピスが便利だーと先日書きましたが、注文から1週間近く経っても発送されていない本があったので 電話でキャンセルしたのですが、昨日届きやがりました。 (ヘンな日本語)

ブックサービスでのこのテのクレームは、実は3回目。便利だけどもっとしっかりしてくれー。

電話してその旨を説明し、返品してもらいましたが。
「こういうクレームは3回目なんです。便利なのでよく利用させて頂いてますが、もう少しきちっとしてもらえますか」
と苦情を言いたかったのですが、対応してくれた男性がすごく丁寧だったので、言えませんでした…





映画感想  「ダイヤモンド ・ イン ・ パラダイス」
        「ギフト」






 07/8/15 (水)

今日からお盆休み。いつものバイキングレスランの短期バイトに行って来ます。
日曜まで5日間、10時〜21時まで。ぐわんばります。

新しい店長とは初対面。
朝礼で、
「SMAPの中居くんと 倖田來未が付き合ってると知ってショックで、今日は (自分は) 仕事に身が入らないかもしれませんが」
みたいなことを言い出し、店員さんはみんな大爆笑してたけど、私は連絡して来たのが大幅に遅かったことで、 「ふん、いい加減なヤツめ」 と根に持っていたので、ニコリともせずに無表情でいました。つか、朝礼でいきなりこんな冗談を言い出すノリについてけなかったってのもあるけど。

朝礼では、お店の経営理念とやらを暗唱することにもなっていて、私は当然覚えてないし覚える気もないので、他の人が唱えてる間、口パクのフリすらせずにぼけーっとしてました。店長も、まさか覚えろとは言わないだろうし。



今日だけ、夕方までホールだと言われてたのでそのつもりでいたのですが、朝礼後、
「厨房に入ってもらえますか」
と言われ、すんごい嬉しかったです。
「夏限定のメニューがあるし、やり方も変わってると思うので、明日からは1人なので今日のうちに教えてもらっといて下さい」
とのこと。はいい、ぜひっ。

というわけで厨房に入ることになりました。
品目や切り方、並べ方など、前回とは変わった所が結構あって、また夏限定メニューとして、スイカもあるし中華めんやそうめんも用意しなくちゃならない。結構大変です。

教えてもらいながら、どうにかこなしましたが。並べ方は、ラクになったと思うものや、前の方が良かったなあと思うものなどそれぞれでしたが。



通常より30分早く、11時に開店です。
聞いてはいたけど、スイカはとにかく売れる! まさに飛ぶようになくなります。
くそー、食べ放題だと思って、ガツガツ食いやがってえ。って、だからそういうお店なんですが。

プリンなどゼリー類が4種類あって、容器からお皿に移し変えるのですが、フタがものすっごくめくりにくくて大変です。
1トレーにつき11皿なので、いくつかのトレーを準備してると、マジて右手の親指か信じられないくらい痛くなって来る。
誰も見てないのを確認して、何回か、歯でバリッとはがしちゃいました。そうでもしなきゃやってられん!
事務員さんが使うような指サックを使えば、めくりやすくなるかも。今日絶対買って帰ろう!



夕方の休憩では、賄い (食事) は用意するヒマがないので、お店の商品を自由に取っていいことになってます。
なんだけど、この時、上だけ私服に着替えなきゃいけないことになったらしい。げー、面倒くさ。
いや確かに、お店の制服のままで料理を取るってのは、お客さんからしてみれば 「何なんだ」 という感じだろうし、これが当然といえば当然なのですが。

 

夕方から、もう1人店員さんと一緒にやることになったのですが、これが中国人のTという女性。
あまり偏見めたいことは言いたくないけど、中国人って無愛想な人っているじゃないですか。ああいうタイプで、何か言うとしてもつっけんどんでものすごく感じが悪い。
おまけに私が休憩に入ってる間に来たので、厨房に戻ったら場所を取られててしまい、私は助手という感じでウロウロしてるだけ。
何かしようとすると、
「何する!?」
と聞いて来るし、
「私がやる」
と取り上げたり。

結構ムッとしていたら、
「オレンジある?」
と突然聞かれて、は? と思った。オレンジって…表の?
「違う」
って、じゃあどこに? 冷蔵庫、のわけないよね。私に聞かなくても、足元の扉を開けりゃいいんだから。
と思ったのですが、やはり冷蔵庫のことらしく、
「…開けて見りゃいいんじゃないの?」
と、思いっ切り思うのですが。
私がはあ? という顔をしていると、
「さっき補充してたでしょ?」
ああ、そういえば、さっき表のを補充しましたけどさ。それがまだ残ってるかどうかって、いきなり聞かれても分かんねーよ、覚えてねーよ。
つか、だからこうやってウダウダやってないで、目の前の冷蔵庫をパッと開けて見りゃ一目瞭然じゃんか! 自分で見ろよ!
本ッ当にワケ分かんねえ。何なんだ一体。




帰りにホームセンターへ寄って、指サック買って来ました。明日が楽しみ! 見てろよ〜、プリンめ。





映画感想  「ハワイアン ・ パラダイス」






 07/8/16 (木)

短期バイト2日目。

今まで20円差だと思っていた平日と日祝日との時給が実は50円差だということに、朝来た時 店の入り口に貼ってある 「従業員募集」 のポスターで知りました。ガーン、そうだったのか。平日は830円だったのかー。 (軽くヤル気なくした。ってウソですけど)



担当食材を1人で準備するのですが、開店前はやることが一杯でなかなか大変です。間に合わないかも、と思っていたけど、ギリキリ間に合いました。
昼も1人でどうにか出来たし。それどころか余裕があったくらい。まああまり忙しくなかったんだろうけど。 (というか、昨日が忙しすぎ) 

そういや指サックですが、効果はうーん、微妙です。「してないよりはマシ」 という程度かな。
これさえはめればスイスイめくれる、と期待してたので、ガッカリ〜。ドラえもんの道具じゃなきゃムリか。 (なんだそりゃ)

でも夕方からは、また中国人 ・ Tさんと2人になり、マジですか? つか、2人だと手もちぶさたでヒマなんですけど。1人でちょうどいいくらいなんですけど。 
1人だと確かに大変だけど、自分の段取りで出来るからいいんだよね。

それに、自分なりのやり方っていうのがあるのに、それを口出しされるのもウザイ。
焼き野菜用の玉ネギを補充してて、最後に残ったのを乗せる時、「細かいのはアミから落ちちゃうから」 と、大きいのだけを手でチョイチョイ乗せるように教わったからそのようにしてたら、Tさんが横から手を出して、「こうすりゃいいんでしょ。頭悪ぃーなッ」 とでも言いたげに、無言で引っくり返して乗せたのです。
あと、メロンの切り方が、 「長い…」 と言われたし。って、私はできるだけ長くスマートに切るように習ったんだよ!
だーーー、もう、やり方が違う!

あと明日のために、プリン類をお皿に移してたら、
「こんな時間になったら、もうやらなくていい」
と言われ、
「明日の分を…」
と言ったんだけど、
「明日の分は明日やればいいから」
って、朝は時間がないんだっつの! 開店に間に合わないんだっつの!
自分が開店準備するんならいいけどさ。するのは私だっつの!

というわけで、今日もすんごくストレス溜まりました…。ああもう、1人でやりたい。




それにしても脚が痛いと思ったら、両脚の中指にちっちゃい水ぶくれが出来てました。
夫に助けを求めると、
「破って、オロナイン塗るのが一番治りが早いよ ( ← 夫はオロナイン信者) 」
とのことだったので、そうしときました。

しかし情けないなあ。
「オレら運転手って、普段いかに歩いてないかってことだよな」
と夫にも笑われました。まあ、週末に京都で歩き回ったのも効いてるんだと思うけど。

ちなみに両脚と、あと右手も軽く筋肉痛です。普段どんだけ使ってないんだよっ。





映画感想  「スパイモンキー」






 07/8/17 (金)

短期バイト3日目。

開店準備は、あとはそうめんを盛り付けてつゆを作るだけでギリギリ間に合うはず、だったのですが、5分前にお客さんを入れ始めたのでアセリました。勝手に開店時間を早めないで下さいッ。

昨日は効果はいまいちと思っていた指サックですが、いやいや、やっぱりめくやすいです。
スイスイというわけにはいかないけど、つけてないよりは遥かにめくりやすい。バイトの必需品となりそうです。

プリンやゼリーを容器から出すのに何十個もツメを折りながら、このツメって、すごい発明だよなあとしみじみ思いました。当然、特許取ってるよね。発明した人は億万長者だろうなあ。
つか特許という制度を考えた人もエライ。

今日も戦闘態勢だったのですが、ありー? と思うくらいヒマでした。というか、今日ってひょっとして平日なの? もうお盆休みは終わってるの?
自分が休みだから、まだまだお盆休み中だと思ってました。 (もちろんそういう人もいるだろうけど)




また夕方から、中国人Tさんが来ることになってるのだけど、イヤだなあ…
「1人でやらせて下さい」 と上の人に言ってみようと本気で思っていたのですが、話す機会がなく、夕方に。
観念したことから、もう仲良くしよう、と気持ちが切り替わりました。次の年末年始の時にはもうTさんはいないかもしれなくて今回だけかもしれないし、仕事は確実にTさんのが出来るんだから、助手に徹しよう。謙虚になろう。よーし、今日は笑顔であいさつするぞ。

と思っていたのですが、今日はTさんはサラダ担当で、こっちは私1人でした。なんだー。 (やっぱりホッとした)  忙しかったらこっちも手伝ってくれるということらしく、おお、理想的です。
Tさんとは少し世間話もして、留学生ということも分かりました。それなのにバイトしてるんだなあ。

途中、私が出したそうめんをTさんが下げて来て、無言で盛り付けをやり直し始めました。
すぐ横でオレンジを切っていた私も無言で、横目でそれを見ながら、
「な、何なんだ。 『こんな盛り付けじゃダメなんだよッ』 ってことか? やり直してるんだからそうだよね。無言でやり直すって、イヤミか? 怒ってるのか?」
と内心ドキドキしてたのですが、他の店員さんが言った冗談に、
「バカだよねー」
と笑いかけて来て、ああイヤミでも怒ってるんでもないんだな、こういう人なんだな、と思いました。
多分悪い人じゃないんだろうけど、でも日本人には誤解されやすいだろうなあ…




休憩中、3人の男性店員さんと一緒だったのですが、
「誰と誰は付き合ってるらしい」
という話から、シフト表を見ながら、
「お前はこのコなんてどうだ?」
「あー、いいっすね」
「この人は?」
「いや、ありえませんから!」
というやり取りをしてました。

私のいる所でこういう話をするってことは、色恋の話からは完全にエントリーから外されちゃってるんだなあ、と思いながら、黙々と賄いを食べてました。まあ、もう結婚してるし、そうでなくても33 (もうすぐ34) 歳で、彼らからしてみればオバさんだろうし、そりゃそうか。

そういう対象として見られなくなったことは 女性としてはやっぱりちょこっと寂しい気もするものの、正直楽ちんであります。不安定で気疲れする恋愛を、またやりたいとは全く思わないし。





帰ったら、夫が自分の夕飯に作ったという、ものすごくヘンなカレーの残り香が充満してました。なんつーか、甘栗が焦げたようなニオイ。

どんな風にカレーを作ったらこんな変なニオイになるんだよ! と思ったのですが、
「冷蔵庫にあった残り物をみーんな使ったんだよ。ブロッコリーとか、オクラももう腐りかけてたよー」
あ、そういや、まだあったっけ。
無計画に買い物する私のせいでしたか。どうもすみません (笑)





映画感想  「モンキーボーン」






 07/8/18 (土)

短期バイト4日目。

はっきりいってヒマでした。あれ、今日って土曜だよね? まだお盆休みとか、お休みの人とかいるよね? とかなり拍子抜け。
「連休も最後だし、みんなもうお金使い果たして、家にいるのよ、きっと」
と店員さん達は言ってました。なるほど。



休憩中、定時制の高校に通ってる女のコが、オバちゃん店員さんと進路について話してました。
女のコは美容師になりたいらしいんだけど、
「先生に、 (美容師は) 仕事はキツイのに給料はすごく安いから やめた方がいいって言われて…髪切るの好きだけど、趣味でとどめといて、他の仕事探した方がいいのかなって思ってる」
というようなことを言ってて、内心、
「やりたいんならやった方がいいよ!」
と言いたくなりました。

しかし、何ちゅうこと言う先生なんだ!
仕事キツくて給料安いかもしれなくても、好きならやってけるかもしれないじゃん。 (やってる人いるんだし)  すごーく生きがい感じるかもしれないじゃんっ。
せっかくやりたいことがあるんだから、絶対やった方がいいと思うんだけどなあ。やってみて、「キツイし給料安いし、やっぱりヤダ」 と自分で思ったら、やめりゃいいんだから。

とすごーく思ったけど、私が相談されてるわけじゃないんだし、何も言いませんでしたが。
まあ、先生に言われて諦めるくらいなら、そのコの気持ちもその程度だったって考え方も出来るわけだし。




午後からもヒマで手持ちぶさただったので、そうだ、と倉庫になってる冷蔵庫に行き、ダンボールのガムテープを片っ端から切って 開けやすくしておきました。
普通は 自分がその食材を使う時に開けるので、「あれ、開いてる?」 ってみんな思うだろうなあ。ふっふ。

しかし、考えてみたらすごい自己満足な親切ですよね。まるで勝手に他人の家に忍び込んで 部屋を片付けたり家事をしてあげてる泥棒 (?) のような気分でした。 (なんだそりゃ)





映画感想  「山の郵便配達」






 
07/8/19 (日)

短期バイト5日目、最終日。

今日もランチタイムはヒマで、何もやることがなくなったので、自主的にちょこちょこ洗い場のお手伝いをしたりしてました。

私の場合、このバイトは大型連休にしかやらなくて、いつもすごーく忙しいのが普通なのですが、今回は仕事先の都合で 世間一般のお休みと少しズレたお盆休みになったため、こんなことは初めて。
拍子抜けして物足りないというか、ラクで良かったーというか。
でもあんまりやることがないのも、時間が経つのも遅いし、しんどいなあ。

ランチ後の休憩で、他の店員さんと、
「あんまりヒマなのもイヤよねえ。かといって、ものすごく忙しいのも辛いし。ちょうどいい忙しさだといいんだけどねー」
「そうですよねえ」
とワガママなことを言い合ってました。

が、この後のディナータイムは、まさにその 「ちょうどいい忙しさ」 。てんてこまいになることもなく、1人で動いてちょうどいいペースで仕事があって。いつもこうだといいのになー。




中国人Tさんは、今日は肉場の手伝いをさせられてて別々だったんですが、今日と明日の朝一番の分にと私が果物をカットしていたら、
「そんなにたくさん〜 (やらなくていいのに) 」
と呆れたように言われて、「うるさいなあ」 と思ってしまいました。

朝 最初に出す分だけでもカットして用意しとかないと、開店準備が大変なんだよっ。開店準備したことあんの? ないでしょ?
アナタが開店準備するんなら、言われた通り何もしないでおくけどさ。違うでしょ。

ツンケンした物の言い方は、わざとではなくてこういう人なんだ、と分かったけど、それでも 「あぁ!?」 と思ってしまいます。うーん、Tさんとはやっぱり合わないなあ。多分 次の年末年始の時はもういないだろうから、いいけど。




朝の分にとちょうどいいくらいの量を全てストックしたら、ちょうど9時。
終わった〜〜〜!
怒とうのような5日間だった。疲れた…

明日からまた元の生活かあ。ゴハン作らなきゃならないのが面倒くさー。





シャワーを浴びたら寝るまでの約2時間、小さい缶ビールを飲みながらポテチを食べて、パソコンしたり本読んだりするのが この連休中ののんびりタイムでした。

ポテチは、カルビーのスイートチリソース味というのなんだけど、これがすごくおいしい! また買って来よう。





新刊感想  「1/2の林檎」  8巻
映画感想  「風の前奏曲」






 07/8/20 (月)

今日から通常の生活。

ちょっぴり久し振りにトラックのハンドルを握って、なんか懐かしいなー、やっぱりいいなあ、とじんわり感動してました。




というわけで仕事していたのですが、前に言っていた 「時々ウインカーが点かなくなる」 症状は、実はまだ直ってないのです。

いまだに時々ウインカーが点かなくて、でも何ともない時の方が多いので 相変わらず修理に行けないままでいたのですが、今日はちょくちょく点かなくなって、そのたびにドキドキハラハラ。

右折専用車線があったり、減速しないで左折できる状況なら ウインカーが点かなくてもまだいいんだけど、そうでない場合は 「何ブレーキ踏んでんだよ!?」 って思われるよね。
普段、ウインカーを出さないで曲がるヤツを、
「何考えてんじゃボケ!」
とムカついてる (クラクション鳴らす時もある) くせに、自分もそいつらと同じになろうとは。私のは出さないんじゃなくて出せないんだけど、ハタから見てりゃ同じだもんね。

2、3度、国道をガーッと走ってて左折するのにブレーキ踏まなきゃらならない時に、もうどうしようもないので、窓からにゅっと手を出して手信号しましたよ。後ろの車が分かってくれたかどうかは分からないけど。

何ともない時もあるからなんて もう言ってられない。とにかく一度見てもらおうと、仕事が終わってから電気屋さんに行って来ました。

電気屋さんまずヒューズボックスを見て、
「あー確かに、おかしいですね」
と、車の外の配線をいじること10分。
「ナントカが腐ってましたので、直接繋げておきました。これで多分大丈夫だと思います」
おお、意外にあっさり直ったなあ。助かったー。

いやもう、帰り道の快適なこと。ウインカーが出るってことが、こんなに運転しやすいとは。これが普通なんですけどね。





日曜の福山雅治さんのラジオで、 『あの夏も海も空も』 が流れて、改めて聴いて 「いい歌だなあ」 と思い、着うたフルで探したのですがなかったので、レンタルして来ました。

ついでに映画の所にも行って、ずっと観たかったけどいつも貸し出し中だった 『セブン』 も、ようやくあったのでレンタル。 (それでも2本中1本しかなかった)




本屋では、新刊が2冊出てました。

『オトナになる方法』 の特別編、 『オトナのコドモたち』 も出てたんですが、うーん、どうしよう。
作者の山田南平はもう好きじゃない (この日この日の日記参照) のですが、 『オトナに〜』 は全巻持ってて作品は好きだし、面白いなら買ってもいいな。

と、手に取って表紙をじっくり眺めてみたのですが。ちなみに表紙は、久美子と真吾の子供たちなのですが。…なんか、 『オトナに〜』 の連載当時とは絵が変わって、顔がリアルになっててちょっと怖い。

それに帯によると、2人の子供以外には、ジョナサンと広 (そういえば危ない関係だったな、この2人) 、悦子と歩、それにキャロルの話が収録されてるらしい。あれー、穂乃香は? 高校時代のダンナさんとのなれそめは? それを一番楽しみにしてたのに。
それに悦子と歩は、 「久美子と真吾の結婚式の夜に始まる」 らしい。なんか生々しい…悦子の絵も生々しくて気持ち悪い。

結局買わずに、新刊にはビニールがかかってなくて試し読みのできる本屋へ行った時に、立ち読みすることにしました。面白かったら買いますけどね。





新刊感想  「ぽっかぽか16」
        「スパイシーピンク」

映画感想  「セブン」






 07/8/21 (火)

トラックがそろそろオイル交換の時期なので、
「今日、仕事が終わったら行きます」
とモータースに電話。

「はい分かりました。あの、なるべく早く来て下さいね…」
「はあ」
いつもこう言うんだよな、ここ。そんなもん、みんな仕事が終わってから来るんだから、5時とか6時になるのは当たり前だろうが。早く帰ることばっか考えてんじゃねえよ。ナメてんのかッ。
って、事務員さんではなく、作業者にムカついてるんですけどね。事務員さんは、そう言うように言われてるだけだろうし。 (だからいつも申し訳なさそうに、遠慮がちに言う。気の毒に)

5時ごろモータースに着いて、代車で帰ることに。普通オイル交換するくらいならみんな待ってるから、「トラック置いて帰りますから」 と言うと、いつもちょっと驚いた顔されるんだけど、主婦には30分でも貴重なんだよっ。

事務員さんは快く代車の用意をしてくれるんだけど、いかんせんあまりいい車がないんですよね。以前、出勤途中でエンジンが止まってしまったこともあるし。

古い軽自動車のキーを渡されて、燃料はあるな、よしよし。でもマニュアルかー。げっ、クーラー壊れてるじゃん。仕方ないか、あーあ。
とにかく帰ろう、とバックギアを入れたと同時に、ガコッ! とエンジンが止まってしまった。な何だ。
エンジンをかけて、もう一度バックギアに入れたけど、やっぱりガコッとエンストしてしまう。
何だこれ…ダメじゃん…

事務所に戻ってそう言うと、
「ご、ごめんなさい! じゃあえーと、これ、は大丈夫かなあ…いいやもう、全部持って行きます」
と代車のキーが入った箱ごと持って来てくれました。

次の候補はセダンのAT。クーラーも効くし、こっちのがいいや。軽自動車が動かなくて良かったー。
行こうとすると、燃料がありませんでした…。こういう場合、ここが契約している近くのスタンドで入れられるので、面倒くさいなぁと思いつつ、仕方ないのでスタンドへ。
が、入ろうとしたら、閉まってる!
モータースへ電話すると、
「言うの忘れてました、ごめんなさい! ○○病院の前にスタンドがあるんですけど、そこで入れてもらえますか?」
はあ。ここ、潰れたのかな?
少し離れた所にあるスタンドへ行って、無事に燃料も補給して、ようやく帰れました。もう既にオイル交換終わってる気がするけど、今から戻るのも面倒だし、このまま帰ります。





生協のチラシを見てたら、フリースのひざ掛けなどが載っててビックリしました。
お盆を過ぎたら、もう「秋」 なんだなー。まだまだ暑い日は1か月近く続くのにねえ。




映画感想  「ボウリングフォーコロンバイン」






 07/8/22 (水)

実家の母親から電話で、
「知り合いのコが結婚式場を探してて、Bホテル (私がバイトしてる式場) のパンフレットが欲しいんだけど、あなた近いうちに行かない?」
とのこと。

「今月中はバイト入ってないなあ…じゃあ、郵送してもらうように頼んどくよ」
「郵送なんてしてくれるの?」
「いや知らないけど。してくれるでしょ、そのくらい。お客さんになるかもしれないんだから」
「じゃ頼むわ」

「Bホテルだけでいいの? 市内なら、同じ系列でGって式場もあるよ」
「いっぱいあっても迷うじゃない。いいわよ、Bホテルで」
「ダメだよそんなの、いろいろ見なくちゃ! あの辺で探してるなら、S教会とかRもあるよ」
「そんなにたくさん? どこがいいの?」
「って、そんなのは本人さんが決めることだけどさ (笑)  まとにかく、パンフレット送ってもらうようにするからね」

というわけで、上記の4つの式場に、パンフレットを郵送してもらうよう電話しときました。 (もちろん快く承知してくれた)

それにしても後から思ったけど、実家もパソコン買ったんだから、インターネットでHPを見ればいいのにねえ。と言ったら、検索する、という発想がいまいちないよう…。「○○市 結婚式場」 って入れれば出て来るよ、と教えときましたが。
まあ、HPにしろパンフレットにしろ、それたけではほとんど分からないから、やっぱり実際に行ってみた方がいいとは思いますが。

あと、BホテルとRには、
「念のために」
と電話番号を聞かれて、実家のを教えといたので、
「パンフレットをご覧になって、いかがでしたでしょうか」
とかいって後日電話がかかって来るかもしれないです。うちの親、60過ぎてる (父親は) のにねえ (笑)





映画感想  「ブロブ 宇宙からの不明物体」






 07/8/23 (木)

福山雅治さんの 「夏と海と空と」 をレンタルして来てこの3日間、仕事中にラジオを聴く以外では、エンドレスでずーっと聴いています。いい歌だなあ。

別れた恋人との思い出を愛しく振り返る歌なのですが、
「そんなに好きならなんで別れちゃったのよぉ」
と思ったり。友達かオマエは。

しかしこの歌、福山さんは、どなたかのことを想って書かれたんでしょうか…とどうしても考えてしまいます。モデルがいるのかどうか分からないけど、別れた後でもこんな風に想ってもらえたら、女冥利に尽きますよねえ。





昨日も、そして今日も、アスファルトの仕事。この暑いのに! (熱々のアスファルトにシートをかけなきゃいけないので、夏場はキツイ)
でも、この2日間は雨も降って、最高気温が30゜C前後といつもより低かったので、まだラクだったと思うのですが。それでも暑かった。

遠くの現場で、途中、家の前 (というか住宅街横の道路) を通ります。仕事でここを通ることはまずなくて、すごく珍しい。素通りするのがもったいなくて、何かしなきゃいけない気になりました。トイレとか、洗濯物を取り込んだりとか…って仕事中だっての。もちろん、立ち寄ることなく通り過ぎました。

お昼前に現場を出て、家の辺りでちょうど12時頃になります。お昼どこで止まろうかなと思ってたけど、家に帰ろうかな?

とも思ったけど、家で食べるお弁当って、不思議とすんごいおいしくないんですよね。なのでわき道へ入って、トラック内で食べました。
トラックで食べるとごちそう (ってのはオーバーだけど) に見えるんだけどなあ。不思議だ。





明日からまた、2つ隣り市の現場が再開し、行くことになりました。

これまでの仕事先とは反対方向、休みは日曜のみなので、腎炎で通ってる病院に行けなくなるので (いつも仕事帰りに行ってた) 、現場が終わるまでの薬を出してもらって来ました。

事情を話すと、先生も分かってくれ、
「本当はそんな長い期間のお薬は出せないんですが、海外赴任などの人には 特別に出すこともあるので、それと同じように処理しましょう」
とのこと。
海外赴任と同じっていうとカッコいいけど、私のは、2つ隣りの市に行くだけなんですけどね。

11月いっぱいまでの分の薬をもらって来ました。
次回の診察日は12月10日。って、もう冬だよ! 長いなあ〜と改めて思います。





帰ってから映画を観ながら、アイスをいつも1本のところを2本食べたら、とたんにお腹こわしました…ファミリーサイズの小さいやつだから、もう1本くらい平気だと思ったのに。

でもいつも通り夕飯食べて、ビールも飲みましたけど。





映画感想  「ホーンティング」






 07/8/24 (金)

今日からまた、トンネルの現場が始まって、専属で行くことになりました。

土曜も仕事、というのは前に聞いてたけど、祝日もだそうで、休みは日曜だけとのこと!
祝日もないんだ…これはちょっとショックでした。
まあ、別にやることないからいいんだけどさ。

これから結婚式場のバイトがせっかく忙しくなるのになあ。
バイト先には、事情を説明して、「というわけで土曜、祝日は当分出られませんが、日曜はバンバン入りますのでよろしくお願いします」 とメールしておきました。





問い合わせていた不明なクレジット請求の調査結果がようやく届きました!

といっても、もうほとんどの人が覚えてないでしょうのでもう一度書きますと 、2月のサイパン旅行でカードを使用してたのですが、なぜか帰国日以降に、心当たりのない利用請求 (5千円ちょい) が1件来たため、調べてもらっていたのです。

海外のことなので、結果が出るまで数か月かかりますと言われたので辛抱強く待っていましたが、本当に長かった〜。 (途中一度、「ただ今調査中ですので、もうしばらくお待ち下さい」 と来たけど)

問題の調査結果は、
「現地での申し立てが成立し、売上取り消しとなりました」
とのこと。要するに請求はキャンセルされたのです。

あー良かった。でも、一体何だったんだろう。単なる間違いだったのか、不正使用されたのか、私が使ったのに何かの手違いで 遅れて請求が届いて、でもハッキリしなからキャンセル扱いになったのか (心当たりがないから、これはないと思うんだけど) 。

このカードの口座はもう使ってないので、この結果が出たら解約するつもりだったのですが、いかんせんタイミングが悪いかった。いつもの仕事先の近くの支店で作ったもので、今日から全然反対方向の現場に行くことになったから、当分行けないのです。
まあ、別に慌てることはないんだけど。






 07/8/25 (土)

午前中は仕事、午後からはバイトです。

披露宴の余興はビリー。
「オレの後に続け!」
とビリーが仲間と手本をやってみせたのは、最初はお姫さま抱っこ。でも新郎さんは力及ばず出来なくて、マイクを向けられた新婦さんが、
「ガッカリしました」
とコメントしたので、皆さんウケてました。

次はタイタニックのあのポーズ、そして最後はキス。新郎新婦さんは恥ずかしかったらしく、一瞬だったけど、もちろんしっかり撮りましたよ (^^v 





久し振りだったからか疲れて、終わったらグッタリ…

この後、会社にお給料を取りに行ったんですが、もー、面倒くさい。っていうか、今どき振り込みでなく手渡しって!

社長に 「今から取りに行きます」 と電話したんですが、
「んー、別に取りに来なくてもいいぞ」
とか、またくだらない冗談を言いやがったら返事しねえぞと思っていたのですが、私が疲れた声だったせいか、
「おう、いいよいいよ。何分くらいで着く? そうか、気をつけてな」
と異様に優しくて、気持ち悪かったです。 ( ← オイオイ)





夕飯はコンビニの焼き鳥丼と野菜サラダ。
キンキンに冷えたビールも飲んで、はー、幸せ。今日初めてホッと出来た気がする〜。





新刊感想  「猫三昧」 1〜3巻、 「猫語辞典」 1〜10巻
映画感想  「ミヨリの森」






 07/8/26 (日)

久し振りに夫と外出。

まずは2人とも髪を切りたかったので、美容室へ。
最初は夫も美容室へ行くと言ってたのですが、
「顔剃りして欲しいから、やっぱり床屋へ行く」
と、それぞれ行きつけのお店へ。って、いきなり別行動になってますけど。




その後合流して、夫は歯医者へ。実は数日前から、昔治療してもらった歯が痛いと言っていて、休診日だけど特別に診てもらえることになったのでした。

夫を歯医者に降ろし、私はその間、本屋や 軽めの昼食にミスタードーナツなどへ。 (混んでたので、食べたらすぐ出て来た)

「終わったよお〜」
と夫から電話があり迎えに行くと、なんと歯、抜かれちゃったそうです。根本がもうダメだとか何とか。
で、あと7回くらい通わなきゃならないらしいです。7回も!?
仕事が終わってから行くには、家とは反対方向だし、通うのは大変です。もっと近くの歯医者にしたら? と言ってみたのですが、
「歯医者はあんまりコロコロ変えない方がいいっていうし、いい先生だし、今の所に行くよ」 
とのこと。うーん、夫がそう言うならいいけどさあ。
けど私は、7回って聞いた時点で 「何でそんなに行かなきゃなんないんだよ」 と、なーんか信用出来ないんだよねえ。休みなのに診てくれたってことで 「いい先生」 に思えるかもしれないけど、単にヒマだったからかもしんないし。 (オイオイ)
まあ、夫がいいならいいけどさー。 ( ← ちっとも良くない)




それからは、私のジーパンやスニーカー、Tシャツなど、全部夫に見つくろってもらって買いました。ジーパンもスニーカーも、どんなのがいいのかさっぱり分からないんだもん。

これまでスカート派だった私ですが、実は最近、もうズボン派にしちゃおうかなーと思っています。特にジーパンなんて、上はTシャツでもいいし、何でも合わせられてラクだもんね。スカートは面倒くさい! 靴も合わせなきゃなんないし!

夫は靴2足と、派手なパンツ (下着) を買ってました。




夕飯は居酒屋さんへ。
行った所のないお店が良かったんだけど、まだ時間が早くて準備中だったので、結局何度か行ったことのあるお店に。 (夫がとっとと入ってしまった)
もー、またここ?
とちょっと面白くなかったんですが、チューハイ飲んでたら、いい感じに酔っ払って楽しくなっちゃいました。

 

夫は肉じゃがを注文。肉じゃがなんて、家でも作れるのに? ひょっとして私の作るのはおいしくないのか? と内心ちょっとショックでした。 (考えすぎ?)
シーザーサラダはしょぼかった。あとトマトスライスが5百円もするのに驚いた。 (注文してません)
サイコロステーキが食べたかったのに、このお店にはなかったし。次こそは絶対別のお店に行くぞ。





新刊感想  「べしゃり暮らし」  4巻
        「サード ・ ガール」  最終話
        「オトナのコドモたち」

映画感想  「エンド ・ オブ ・ バイオレンス」
        「インターステラ5555」






 07/8/27 (月)

仕事はいつもの現場ですが、今日から、元運転手だった女の人がバイトで来ることになってます。

(性格は) 可愛らしい人だよ、と聞いてたものの、
「私より年上で、ダンプの運転手だったなんて、めちゃめちゃ気が強い人に違いない」
と内心ビビッてました。

が、顔を合わせてみたら、本当に愛想のいい人で一安心。
顔を見ると確かに気が強そうで、怒ると怖そうですが。そうだなあ、キレイな女子プロレスラーという感じ? ( ← これ見たら怒られそう…)





仕事帰り、道で車にひねられて死んでいるネコがいました。
いつも 「あー可哀想に」 とは思うのですが、最近、セツコ ・ 山田さんの 『猫三昧』 と 『猫語辞典』 (作者のセツコさんが飼っているたくさんのネコの漫画) にハマッて読んでいたので、とっさに、
「セツコさん家みたいに、どこかで大事に飼われていたネコかもしれない。可哀想に…」
というふうに考えてしまいました。

なんか今、うちの実家にいるネコより、セツコさん家のネコちゃん達に夢中です。
特にピョン太! 子ネコ時代の写真が掲載されていたので、それを携帯で撮って、いつでも見れるようにしちゃいました。( ← バカ)
現在15歳なはずなので、まだ健在かなーとちょっぴり心配なのですが。 (って、誰だよ)





居酒屋で夫に肉じゃがを注文されたリベンジに (?) 、夕飯に 鶏肉とじゃが芋と玉ネギといんげんとれんこんの煮物を作りました。
自分で言うのも何だけど、おいしかった! (って、大した料理じゃないんだけどさ)

夫にも好評で、おかわりしてくれました。ダイエット中だけど、嬉しいからいいや。 (オイオイ)






 07/8/28 (火)

毎日行ってる現場は 山沿いでトラックのラジオが入らない (数年前、アンテナがサビて取れてしまってから、極端に入りが悪くなった) ので、家にある携帯ラジオを持って行ってみました。

そしたら、おお、入る!
平日のお昼とか金曜日とか、結構好きな番組があるので、嬉しいな。

携帯の小さいラジオなので、スピーカーでなくイヤホンでしか聴けないってのがタマに傷だけど。





家のトイレのウオシュレットが壊れました…
1、2日前から、なんか水の勢いが強いよなー、一番弱くしてあるのに、とヤバイ前兆はあったのですが、今日使ったら、強えええ! これ、最強になってんじゃないの? 殺す気か! (死なないし)

おいおいと思いつつ、立ち上がって、ちゃんと作動するかどうか 「ノズル掃除」 ボタンを押してみました。うい〜んとノズルが出て来て、チョロチョロと…、じゃなく、「ぷしゅるるるーっ!」 と思い切り水が出て来た。
「ちょっ、何こいつ!」
と思わず声が出ました。
トイレのドアも、私の手や服も、ぐっしょり (というほどでもないけど) 。

な、な…
何しやがるーーーーー!!!

マジで、うにょーんと出てるノズルを蹴り飛ばして折ってやろうかと思いましたよ。
こりゃダメだ。アフターサービスの担当がムカつくので、キッチンの浄水器や廊下のセンサーライトなど、「ちょっと見て欲しいな」 という所が他にもありつつ先延ばしにしてたんだけど、諦めて来てもらうことにします。

それまでウオシュレットはおあづけ…いや、強引に使いますけども。負けるかあ! (何にだ)





映画感想  「タイフーン」






 07/8/29 (水)

今行ってる現場の近くには田んぼがたくさんあり、動物除けのために、電気の通ってるワイヤーみたいなので囲ってあります。

「電気が通ってます。危ないのでさわらないで下さい」
と立て看板があり、果たしてどのくらいビリビリするのか、ちょっと触ってみたい気もする。 (オイオイ)

子供とかが触れてしまうこともあるだろうから、まさか 死んだりひどい火傷を負ったりするほどの強い電流ではないだろうし。でも動物を追っ払わなきゃいけないんだから、ある程度はビリッとしなきゃいけないんだろうし。どの程度なのかな。試してみたいなー。
やっぱりコワイし、本当にはやりませんが。

でも興味ある…誰かやってくんないかな。 (誰がやるか!)





調子の悪くなったトイレのウオシュレットですが、メーカーから電話があり、
「おそらく (ウオシュレットの) リモコンの電池切れではないかと思いますので、一度交換してみて頂けますか」
とのこと。

はあ? 電池切れって普通、反応が悪くなるとか押しても動かないとか、そういうふうになるんじゃないの? ノズル掃除なのに水が吹き出したり、水量を一番弱くしてあるのにこれでもかとばかりに強く出るとか、そんな狂ったようになるなんて、どんな電池切れだよ。クスリの切れた中毒患者かよッ。 (オイオイ)

私がムカついてるのは、リモコン式のウオシュレットは、私が注文したんじゃないからというのもあります。
ショールームにトイレを見に行った時、便座にスイッチがくっついてるものを選んだのです。ところが、トイレが設置された後、当時の営業担当のS田が、
「こちらの方が使いやすくて人気ですし、値段は同じでグレードが高いですから」
と、勝手にリモコン式の型のに変更しやがったのだ。
もちろん 「はあ? お前の家かよ!? 勝手に何してくれてんだよっ」 とムカッとしたものの、 「グレードは高いが値段は同じ」 という言葉に、「…じゃあ、まあいいか」 と渋々納得したのだった。
でもやっぱりムカついたので、家が完成後のメーカーからのアンケートに、数多く書いた不満のひとつにそのことも書いたのだけど。

で、リモコンの電池切れってか。じゃあ何かい、これから3年ごとに、リモコンの電池を買ってきて替えなきゃいけないわけかい? 面倒くせえ! 便器と一体型のヤツなら、そんなことしないで済んだのに!
と、S田への怒りがまたムラムラと沸いて来たのでした。

でもS田は、というよりメーカーの支店自体が経営縮小で撤退してしまい (S田もとっくに辞めている) 、今さら本社に文句を言って、一体型のに換えさえるってのも何だしなあ。リモコンが電池切れするなんて最初から分かってることで、それを知りながら納得しちゃったんだから自分の責任だよね。くそー、やっぱりあの時、文句を言って入れ換えさせるべきだった。

帰って、電池を買いに行くのにリモコンの裏ブタを開けてみると、なんと普通の単三電池でした。なんだ。 (ちょっと怒り収まる)
単三なら家にたくさんあるので、早速新しいのをセットして作動させてみると、…ダメじゃん。
やっぱり修理です。トイレを見てもらうのって、なんかヤですよねえ。 (見る方はもっとイヤだろうけど)  しっかり掃除しとかないと。





映画感想  「運命を分けたザイル」






 07/8/30 (木)

キッチンの浄水器から、たまに黒い小さーいゴミみたいのが出るので、一度見て欲しいとお願いしておいたら、メーカーから電話が。

「取扱説明書に書いてあるんですが、カートリッジの交換や管の洗浄はして頂いてますか?」
「は? いえ、してませんけど…」
「説明書に書いてあるんですけど、1年に1回はして頂くようにお勧めしてるんです」
「あ、そうなんですか。それって取り寄せなきゃいけないんですかね」
「説明書にも書いてあるんですけど、普通の電気屋さんにも売ってますので…」

と、しきりに 「説明書に書いてあるんですけど」 を枕詞にされ、まるで、
「説明書に書いてあるんだよ。ちゃんと読まんかいボケッ」
と言われてるようでした。っていうか、言ってるんだろうな。

はいはいすみませんね。でも、いちいち説明書なんか見るかよ。カートリッジだって、浄水器に交換時期を示すランプがついてて、それだとまだ1つ手前だったんだもん。まだいいかなーと思うでしょ。くそう。 ( ← 負け惜しみ)





映画感想  「アンダーカバー ・ ブラザー」





 07/8/31 (金)

仕事はいつもの現場。

今日少し早く終わって、4時半には荷物がなくなりました!
けど、それでサーッと帰れるんならいいけど、なんとな〜く他の人が戻って来るまで帰りづらい雰囲気で、結局5時過ぎまでいました。
もー、この、「終わってからの時間」 が長いんだよね。

普段も、荷物を降ろしてそのまま帰れれば5時20分には家に着くのに、現場事務所に戻って日報出して、まあこれは仕方ないとしても、そのまま10〜15分ほど、あーだこーだとどうでもいい話をしてるのが無駄! おかげで、いつも帰って来ると6時前だっつーの。

トラックに乗ったまま 窓から 「ハイッ」 と日報を渡して、そのままザシュッと帰っちゃいたいなあ。





家のトイレ、修理に来てもらいました。 (ウオシュレット不調についてはこの日この日の日記参照)

メーカーさんと同時に帰宅したので、トイレクイックルで念のためサッと拭いてだけおこう、とトイレのフタを開けたら、つ、詰まってるう!
夫だな。紙使いすぎなんだよ、もーっ!

「ちょ、ちょっと待って下さいッ」
と慌ててラバーカップ (パッコンパッコンするやつ) を持って来て、無事に流れてくれました。恥ずかしかった〜。

見てもらった結果、ノズルの切換え弁がうまく作動してないとのことで、部品を取り寄せることに。
しかし、3年も経たないうちに壊れるって、おかしくないかい INAXさんよ?





今お気に入りのカルビーポテトチップス 「スイートチリソース味」 、期間限定品らしいので、3袋買い溜めしてきました。 (3袋じゃ買い溜めって言わない?)  おつまみで、毎日少しずつ大事に食べてます。

夫に食べられたらイヤだなーと、
「ねっこれ、食べないでね」
と念を押しておきました。
「チリソース味? オレ多分好きじゃないよ」
「そう? 1枚食べてみ」
と小さいの ( ← ここがケチ) をあげると、
「うわっ、エビチリの味がする! やっぱダメだわ、これ」
と顔をしかめてました。 (夫はエビ嫌い。小さい頃、ザリガニを採って食べてた (!) らしく、それとエビがかぶるのだそう。マズかったんならザリガニ食うのやめろよ。つか食うなよ…)

というわけで、おつまみは食べられずにすみそうです。一安心。

ちなみに夫が好きなのは、ブラックペッパー味だそう。ダイエット中だから買って来てあげないけどね。 (ゴメンネ)





映画感想  「ホーンテッド マンション」







7月  8月の日記   9月