-2006年11月- 日記 





06/11/1 (水)
 

バイト先の結婚式場から、
「クリスマスケーキかチキンかおせちか、どれか1つでもいいからお願いできませんか?」
と、恒例のメールが来た。
毎年頼まれるんだけど、うーん、ごめんなさい。やっぱり今年もいりません。

だって、ケーキ1ホールも食べ切れないもん。私も夫も、ショートケーキ1個で満足ってタチだし。
チキンは今年初めてだけど、画像を見るとローストチキン丸ごとで、おいしそうだけど、やっぱり食べ切れなそうだし、5千円もするし。夫はケンタッキーが好きだから、それ食べたいって言うだろうし。
おせちは、実家でも作ってなかったし、食べたいとも思わないし、2万1千円だし!
というわけで、やっぱりお断りしました。協力できないのは申し訳ないけど、いらないものはいらないもんね。

以前バイトしてたレストランでも、クリスマスケーキを買ってくれないかと毎年 (辞めてからも) 言われたけど、あれって何なんでしょうね。売り上げを上げたいなら、ノルマなんか課さなくてもガンガン売れるようなおいし〜いのを作ればいいじゃん。って、言うは易しなのは分かってるけど。

数年前、久し振りに友達から電話があって喜んでたのに、保険の勧誘だったと知り、すんごい寂しい思いをしてトラウマになっちゃったんだよね。ちくしょー、ノルマなんかキライだーっ。


洗濯機が直りました!
修理の人が帰ったらすぐ、溜まってた洗濯物をドドッと入れて、ゴウンゴウン回しまくり。干すスペースの関係から、3回しか回せなかったけど。 ( ← 十分?)
いつもは面倒な洗濯物干しも、張り切ってパンパンやってました。ああ、普通の生活が出来るってなんて素晴らしいんでしょう。

翌朝の分もタイマーセットして、仕事に行くまでに、また3回回そう。これで溜まってたほとんどを洗濯できるわ。あースッキリ。





06/11/2 (木)
 

仕事です。
私とJさんが同じ所に行くことなって、
「どちらか、地図取りに来てー」
と言われたので、私がもらって来ました。
これまで何度も行ったことのある工場だったけど、中が広いので、道順が矢印で書いてある。
Jさんに無線で、
「入って1本目を左、2本目を右、1本目を左です」
と伝えて。

だけど、いざ現場に着いたら、Jさんは反対側から入って来た。かち合わないように、わざと大回りしたのかな。

そしたら帰り道、事務所から、
「優希ちゃん、Jさんに地図見せなかったのっ!?」
とケンケンした声で無線が。
「見せてはいませんけど、道順は説明しましたけど」
「違う所を通って来たって、監督さんからカンカンになって電話かかってきたわよ!」
はあー? 知りませんよ、そんなの。
「書いてある通りに道は言ったんですけど」
とだけ言っておいたけど。
でも、知らないっつの、そんなもん。何で私が責められなきゃなんないのさ! 聞こえてるはずなのに、Jさんも何も言わないし!
(後から、「優希ちゃんに聞いた通り行かなかったの?」 と言われていたけど)




それからしばくして、事務所から電話がかかって来て、
「昨日、名刺もらわなかった?」
と聞かれた。そういえば昨日の最後の現場で、
「事務所に持って帰って欲しいんだけど」
となんか名刺を渡されたのでした。

「でも、今日はもう戻らないって言ったら、じゃあいいわって言われたんで」
「もう戻らないったって、次の日また来るんだから、もらっといてくれれば良かったのに〜」
と、なんか 「何やってるのよ、もう」 みたいな言い方をされた。

だって向こうが、「じゃあいいよ」 って引っ込めちゃったんだもん! そんな大事な物だったなんて知らないし、何なのか分かんないから、いいんならいいか、って思うでしょうが。

と、2回も 「知るかよ そんなこと!」 ということで責められて、キーッという感じです。
なんっか納得いかないわー。私悪くないよね?
(仕事してたら、よくあることなんだけどね)


すり減ったタイヤをようやく交換。
といってももうすぐ冬だから、1か月ほど持つくらいのヤツだけど。でも、今までのより断然いいもんね。 (って、今までどんなタイヤはいてたんだ)

あとオイル交換もして来ました。帰るのは遅くなったけど、やることやってスッキリ!
これでもう、しばらくは何もしなくていいぞー。故障やパンクをしなければ、だけど。


映画感想  「卒業の朝」





06/11/3 (金)   文化の日
 

バイトです。

チャペル式で、牧師さんについて入って来た新郎さんが、階段の手前で止まらなきゃいけないのに、牧師さんに続いて一緒に祭壇に上がっちゃった!
クルッと振り返った牧師さんも、すぐ後ろに新郎さんがいるのを見て驚いた様子 (顔には出さない) で、下で待つように小声で言っていたようだけど、聞こえなかったのか、新郎さんはそのまま。
うわーどうするんだろう、とハラハラしたけど、
「新婦の入場です。皆さん、後方をご覧下さい」
と牧師さんが声をかけて、全員後ろを振り返った所で、再び新郎さんに下で待つようそっと指示、無事に新郎さんは下りて来ました。良かったあ (笑)

式が終わってから、出て来た牧師さんが、
「緊張しました?」
と新郎さんに声をかけると、
「いいえ」
とのこと。ウソー、緊張してたじゃんっと心の中で突っ込んでしまいました (笑)  でも微笑ましいエピソードですよね。

 


帰りにホームセンターに寄ろう、として、何を買うつもりだったのかがさっぱり思い出せないことに気付いた。 (ヤバイ?)

どーーしても思い出せない。このまま帰ろうかとも思ったけど、いや絶対買わなきゃいけない物があったはずだと思い直し、とりあえず店内へ。見れば思い出すかと、あちこちウロウロしてました。

接着剤が売ってる所へ来て、そうだ接着剤だった! と思い出した。そうだそうだ、絶対必要だったんだ。やっぱり寄って良かったー。


本屋に行って、先日のバイトで雑誌の取材が来てた号を見てみました。
あっこれかな、式と披露宴の流れを紹介してるやつ。えーと、これは違うな。これも違う ・ ・ ・ ふうん、この人達、こんな余興やったのか。
と感心しながら見ていたら、「ピアノを弾いてくれた恩師の先生」 という写真の女性に見覚えがあって、あれ、この人見たことあるけど、この披露宴にも出たんだ ・ ・ ・ って、これが探してた披露宴じゃん! 新郎新婦さんの顔を見ても全く思い出さなかったよ。あやうくページめくっちゃうとこだったよ。

まじまじと読むと、確かに間違いない。ああそういえば、という感じ。その場にいたのに、「こんな余興をやったのか、楽しそうだなあ」 と感心してた私って一体 (汗)
月に何件も入るんだから、そんなものかもしれないけど。


携帯電話に入れようと、CDをどっさりレンタルして来ました。

新しい携帯、すごい便利っス! 音楽が聴けるのが何よりいい。
電話本体には650曲くらい入るらしいのですが、今日でまだ181曲だし。まだまだ入るもんね、ふっふ。

操作もすっかり慣れたし。つか、買い替えた2日後には慣れてました。1日目はどうなることやらと思ったけど。
待ち受け画面は、ウェディングドレス姿のエビちゃんと押切もえちゃんのツーショット。本当はエビちゃんだけで良かったんだけど、押切もえちゃんもカワイイからいいや。





06/11/4 (土)
 

夕食を何にするか全く考えてなくて、冷蔵庫にある物でカツ丼、キャベツとベーコンと豆腐の煮物 (うちの母のオリジナルで私のお気に入り) 、ほうれん草のおひたし、きのこのおみそ汁にしました。

全然大したことないメニューだけど、冷蔵庫にある物でガーッと作れた自分にちょっと感動。残り物も始末できたし、気持ちいい!
カツ丼も適当に作ったけど、おいしくできたし。 (適当かよ!)






06/11/5 (日)
 

バイトです。
今回は披露宴からの撮影。ここのところずっと式からばかりだったので、なんか変な感じです。途中参加するみたいな。

お友達のスピーチの後は新郎友人の余興なのですが、友人のテーブルを見ると、誰もいない。ということは着替えて待機してるんだなと思ったので、スピーチしてる新婦友人を撮影してから、会場の外へ。入場前に待機してるお友達を撮っておくのです。仮装するくらいだからノリもいい人達なので、みんな喜んで面白いポーズ取ってくれるので (笑) 、後から見ると楽しそうな写真になって、すごくいいんですよね。

余興自体は、簡単な組体操で10分弱で終わったんですが (でも盛り上がった) 、その後 新婦友人のカラオケが始まったら、退場した新郎友人が再び入って来て、 「ポップスター」 を歌うお友達の横で一緒に踊ってくれて、すごく楽しくなりました。
新婦の友人も振りつきで歌ってくれていたのが良かったです。新婦友人が振りつきで歌うってのはほとんどないんだけど、ぜひおススメですよ! 新郎新婦さんも、とても嬉しそうでした。

キャンドルサービスでは、新郎友人の1人ががズボンをぺろんとめくり、お尻にキャンドルを挟んで待機。って、お尻だけでなく、フクロまで少し見えちゃってますけど! (笑) 
これは写真に撮っちゃうとあまり良ろしくないかもと思い、サッと少し移動し、フクロが写らないようにして撮りました。これでアルバム作成にも使えるかな? (笑) 

最後のあいさつの時、新郎さんは大泣きしてしまって、いい方だなあと思った。 「お父さんお母さん、バカな息子でごめん。これからもよろしく」 と言っていたけど、そんなことないですよ! ( ← 誰だよ)

お見送りの時、新郎友人が新郎さんを胴上げしたんだけど、たった4人だし酔っ払ってるしで、ドッと落ちて来て ゴロゴロッと転がって、ヒヤリとしました。大丈夫だったから良かったけど。
胴上げでこういうことってたまにあって、過去にも新郎さんが頭の方から落ちたことがありました。すぐに立ち上がって笑ってたけど、頭を打ったみたいで、その後も 「痛い〜」 と言っていて、かなり心配でした。結局、大丈夫だったみたいだけど。
「胴上げで腰から落ち、下半身不随になった新郎がいる」 という都市伝説みたいな話を聞いたことがあって、本当かどうか知らないけど、あってもおかしくないなあと思う。
胴上げって盛り上がるし、いいと思うけど、どうか慎重にやって欲しいです。ヒヤリとするのは20代前半の若い人達の場合が多い。酔っ払ってるし、テンションがガーッと上がっているので、若い人は冷静に判断できなくなってしまうんだろうなあ。
カメラを構えて、上げられた瞬間を撮るのに集中するのと同時に、大丈夫かなあといつもハラハラしているのでした。



そうそう、今日はストロボの電池を、充電電池を使ってみました。
撮影中の悩みのタネはなんといっても、電池が少なくなってきて、ストロボの充電時間が長くなること。もちろん替えの電池は常に携帯しているのですが、式場スタッフという立場上、備品を大事にするために、少しくらい充電時間が長くなったからといってすぐに交換するのは控えたい。

でもだからといって、やっぱり充電時間が長くかかるのは困る。というよりイヤ。
例えば余興の罰ゲームなどで、新郎新婦さんがキスさせる (させられる) ことはよくあるんだけど、キスの瞬間はもちろん、その直前や直後の照れた表情もとてもいいもの。だけどストロボの充電時間がかかると、キスの瞬間しか撮れなくなってしまう。優先順位からいうと、やはりキスの瞬間を押さえておかなくちゃいけないので。
そんなふうに、バシャバシャと連写したいシーンはたくさんある。シャッターを切った次の瞬間に、ものすごくいい表情をするかもしれないんだし。あとカメラ目線で撮る時、目つぶりの可能性があるので2枚撮るのですが、2枚目を撮るのに充電するのを待っていて時間がかかるのって、素人くさくてイヤなんですよね。

なので今回、自分で買った充電電池を家で充電して来て、それを使ってみたのです。これがすごくいい! かなり長持ちしてくれたし、もし途中で残量が少なくなってきても、2組買ったので、それに取り替えればいいし。よーし、これからはこれで行こう。

電池も充電する電気代も自前で、バイトのためにそんなお金を使って本末転倒じゃないのと思われるかもしれないけど、私にとってこのバイトは、お金を稼ぐためなのはもちろんなんだけど、いい写真を撮りたいって気持ちが大きいのです。自己満足かもしれないけど、いいんだもんねーだ。
靴と、フィルムやフィルターを入れておくためのウエストポーチは、しっくり来るのを求めて5回は買い換えたもんなあ。

ただ問題は、終わったら電池を出して持って帰って来るのと、何より家を出るまでに充電しておかなきゃいけないこと。自己放電の少ないというメーカーのを買ったけど、それでもなるべく直前に充電した方がいいだろうし。2組を充電するのに6時間くらいかかるので、家を出る時間を逆算して、セットしておかないと。
忘れそう ・ ・ ・ ( ← ダメじゃん!)


映画感想  「バウンド」
        「ハード ・ ターゲット」
        「ポセイドン」





06/11/6 (月)
 

夫が、仕事中に小さーい鉄の破片が左目に刺さってしまったとのことで、土曜日から痛がってました。
「病院行ったら?」
と言っても、
「うーん。来週になっても取れなかったら行く」
と言ってて、でもやっぱり痛かったらしくて日曜に病院行こうとしてたけど、どこも開いてなくて、ようやく今日行ったみたいです。

昼間電話がかかって来て、
「取ってもらったよー。まだ何回か通わなきゃいけないんだけど、労災になるから。刺さった場所がもう少しズレてたら、危なかったらしいよ」
あ、危なかったって何? ししし失明とか!?

帰ってから詳しく聞いたら、眼の表面を削って取ったらしいです。ひー。 (でも私も、視力回復手術で両眼とも削ってるんでした。てへ)
あともう少し下だったら、眼の黒い部分 (瞳孔?) にかかって、失明まではいかないけど、がっくりと視力が落ちてしまう所だったらしい。ひえー、危ねえ!
聞いてゾッとしましたよ。いやー、そんなに重大だとは思わなかったわ。ピッと抜いてもらって終わりかと。
痛い痛い言う夫にも、
「まばたきするから痛いんでしょ。左目だけ閉じてなよ」
と冷たく言ってたもんね。 (ひ、ひどい? だって見た目には何ともなかったんだもん。もっと充血とかしてたら、心配しただろうけど)

大事にいたらなくて良かったけど、平凡な日常って、いつ崩れるか分からないもんなんだなあと改めて思いました。こないだ洗濯機が壊れた時も思ったけど。 (洗濯機でかよ)

そしてこれも前から思ってることだけど、病院が日祝日が休みだったり、夜間は診察してないのっておかしくない? 病気やケガって、曜日や時間を選んでなるわけじゃないんだから、全ての病院が365日24時間、いつ行っても外来も手術も出来るような体勢で迎えてくれなきゃいけないと思う。
日曜に眼科はどこもやってなくて、もし時間が経ってしまったことで、重症になっていたら。悪化するものじゃなかったから良かったけど、そう考えるとムカムカしてくる。

あと労災って言葉が苦手です ・ ・ ・ うちの父親が寝たきりになったのも、昔の婚約者さんが亡くなったのも、仕事中 (父親は出勤途中ですが) の事故が原因で労災だったので、 「労災」 という言葉を聞くと、胸の辺りをグッと突かれるような感覚になるのです。
あ、でもだからといって、労災使うのがヤなわけじゃありません。労災自体は助かります。ありがたいです。だって夫の治療費、今日だけでも1万3千円もかかったんだもん。自腹じゃ大変だもん。労災バンザイ! ビバ労災! ( ← 何なんだオマエは)





06/11/7 (火)
 

今朝は今シーズン1番の冷え込みになると聞いてたので 覚悟してたんだけど、それほどでもありませんでした。外に出ても、思ってたより暖かい。 (寒いのは寒いけど)

これなら2日前の方が寒かったな。トラックに乗り込んで、暖房が効くまでの間、「寒い〜〜〜!!」 って思ったもんなあ。
あ、あれは夜、窓を少し開けたままにしといたからか。


携帯電話の社長からの着信音は 「ルパン三世」 なのですが、今からバックするぞという時にかかって来て、取れないので放っておきました。ルパンのあの 「チャッチャラッチャーン」 という音が鳴りっぱなしで、
「ちょっと待って、ルパ〜ンッ」
と焦っちゃった。
誰がルパンだ。


携帯といえば、ドコモからauに替えたんですが、今日 auのお姉さんから、
「ドコモさんから当社に替えていただきました理由について、お教えていただければと思いまして」
と電話がかかって来ました。
こういうのは、今後もっと携帯が便利で使い良くなるために、参考になるようにぜひ協力させていただきます。なので、自宅にいるとドコモだと電波が悪くて、でもダンナさんのauは大丈夫そうだったからということ、それに音楽が強いから、と伝えました。

あと要望として、イヤホンを差し込んだ状態だと イヤホンからしか音楽が聴けないのですが、それをスピーカーで聴けるようにもして欲しいということも。着信音やラジオは出来るので、音楽でも出来ないことはないと思うので。

改善されるといいなー。次の機種がもうそうなっちゃうと、ちょっと悲しいけど (笑)  そうだったら買い替えます、ハイ。


火曜日の夕方から、県内だけでオンエアされてるラジオ番組で、男性パーソナリティーが、
「M店のラーメン、おいしいよね!」
「あー、△△さん ( ↑ の人) 、好きだよねえ」
「うん。めっちゃめちゃおいしいよ!」
とものすごーく力をこめて言ってて、おおっと思った。M店ラーメンは、私が以前ちょこっとだけアルバイトに行ってたお店なのです。店長がとにかく厳しくてイヤミでヤな奴だったので、すぐに辞めちゃったんだけど。

「今度ゲストに呼ぼうよ」
「あ、いいねいいね!」
と言ってたので、近いうち本当にゲストで出て来るかもしれません。 (来るかな?)

でも、確かにラーメンはおいしかった。面接に行く前、お店の雰囲気を知るためにお客のフリして (フリじゃないけど) 、一度行ったことがあるんだけど、今まで行ったことのあるラーメン屋さんの中で、唯一 「また食べたい」 と思うもんね。あー、思い出したら食べたくなってきちゃった。
バイトを辞めたのは、「長距離の仕事を任されることになったので」 という理由 (もちろんウソだけど) で、気まずい辞め方をしたわけじゃないから、行きたきゃ行けばいいんだろうけど。ただ話しかけられたりするのがヤダってだけで。
変装して行こうかな、と本気で考えたこともあるもんね。 (余計目立つって)


帰りにレンタルショップ寄りました。
CDを選んでたら、隣りの試聴コーナーにいた3歳くらいの女の子を連れた母親が、
「それケースで持ってろって言っただろ、アホッ!」
と女の子に言うのを聴いて、何て言い方するんだろうと、その子が可哀想というか不憫というか、頑張ってたくましく育てよ、という気持ちになりました。うちの母親も厳しい人だったけど、ああいう言い方はしなかったな。

しばらくしてその母親が、
「そこで待っててね」
と女の子にヘッドホンで音楽を聴かせて、少しその場を離れました。するとその子より2、3歳くらい大きい男の子 (多分お兄ちゃん) が来て、ヘッドホンを 「かしてー」 と欲しがった。
「ヤダー」
と女の子は拒否。
「かして」
「ヤダッ!」
「かーしーてー」
「ヤダーーーッ!!」
と女の子は半泣き状態で、体をよじらせてイヤがってるけど、男の子も諦めようとしない。
こういう時って、自分が親ならどうしたらいいんだろう? お兄ちゃんをなだめるべきか、妹に貸してあげるよう言うべきか? わ、分からん。明橋大二先生、どうしたらいいんですかっ? やっぱり子育てって難しいわー。

兄妹ゲンカはますますエスカレートして来て、
「かーしーてー!」
「ヤダー! イヤーッ!!」
と女の子が泣き叫び出てました。あー、うるさい。やっぱり子供いらねー。 (結論)


今日来てた生協のチラシには、クリスマスケーキがたくさん載ってて、どれもおいしそう!
生クリームいっぱいも好きだし、レアチーズもいいな。チョコレートも夫が好きなんだよなあ。あ、このブルーベリーのやつもおいしそう。ベイクドチーズケーキも良さそうだなあ。

実際には1ホールなんてとても食べ切れなくて、ショートケーキですら半分くらいでいいという状態なので、購入はできませんが。でも、見てる分にはすっごくおいしそうで、欲しくなります。何なんだろう。
目でだけなら、何個でも食べられるのに! (何だ目でだけって)

 


朝はそれほどでもないと思ったけど、夜になったら寒くって、こりゃいかんとルームヒーターを出して来ました。

だけどスイッチを入れても全然暖かくならなくて、シーズン始めの運転だから時間がかかるのかな、と思ってたけど、30分経っても動かないっておかしいよね!?
説明書を見ようとしたけど、なぜかどこにもないし。

仕方なくエアコンを点けましたが。エアコンだと乾燥するから、加湿器も点けなきゃいけないので面倒くさい。
明日メーカーさんに来てもらおう。





06/11/8 (水)
 

2件隣りの新しく引っ越してきた家の人が、この前の日曜にごあいさつに持って来てくれた品物を、ようやく今日開けました。つか開けさせられました。「生モノだったらどうすんだよ!」 という夫に。 ( ← 正しい)  
まー、あまり粗品で生モノってないと思うんですが。

中身はクッキーでした。うすーいサクサクのバタークッキーを、細長くくるくるっと巻いたやつ。私これ、かなり好きなので、「やったー!」 と本気で喜びましたよ。個別包装されてるし、10時と3時のおやつに1本ずつ時々食べようっと。

くれたお家の人に会うことがあったら、
「私あれ、大好きなんです。ありがとうございました!」
とぜひお礼を言いたいけど、多分会うことはないだろうなあ。わざわざ行くのもヘンだし。 (ヘタしたら催促してるのかと思われるかも (汗) )
逆の立場なら、自分のあげた物を喜んでくれてたら嬉しいから伝えたい、というただそれだけなんですが。


そうそう、点かなかったルームヒーターは、お湯の差し込み口がちゃんとはまってなかったからでした。ひー、わざわざ来てもらったメーカーさん、ごめんなさいっ!! (大汗)
集金もあったから、どのみち来てもらわなきゃいけなかったんだけど〜。





06/11/9 (木)
 

前にいた軽自動車のナンバーが10ー15で、私の誕生日 (10月17日) の2日前だな〜と何となく思ってました。

その車が時々、何でもないのにブレーキをパッ、パッと踏むので、そのたびに、
「コラ2日前!」
「なんで何もないのにブレーキ踏むの、2日前!」
と心の中で突っ込んでました (笑)


トラックのシガーライターのヒューズが飛んでしまい、数日前からTVが観られません。
けど、TVといっても 「笑っていいとも」 を観るだけで、どうせ家で録画してあるし (観られない時もあるし、好きなタレントさんが思いがけずゲストで出ることもあるので) 、直すのはいつでもいいや〜という感じ。つか、ヒューズを交換するだけなんだけど。
それより、新しい携帯電話の車載充電器を試そうと思って、差し込んだ時にヒューズが切れたもんだから、はじめ充電器がおかしいのかと思ってたのでした。頭に来て捨てちゃわなくて良かったわ。

と思っていたら、夕方ごろトラックの調子が悪くなって、修理工場に行かなきゃいけなくなりました。はあー。まあ、これでTVも観れるようになるけど。
ヒューズは自分で交換。予備でいくつかもらって来ました。


帰りにバイトで撮った写真も見て来ました。

自分以外の人のも全て見て、
「私ならもっとこうやって撮るのに」
ともどかしくなったり、
「そうか、こうやって撮るのか。くっそー!」
と、いい写真を見つけては悔しくなったり。

また今週末 入ることになってるので、頑張るぞっ。


新刊感想  赤灯えれじい 8巻





06/11/10 (金)
 

休みの日に仕事が入ることはたまーにあって、ここ数か月の間も何度か言われたのですが、バイトが入ってたので断ってました。

1か月ほど前、電話で明日仕事だと言われたけど、また 「用事があるのでダメです」 と断ったら、
「 ・ ・ ・ もういいわよ! ガチャッ」
と事務員さん。
はあー?
休みに予定入れるな、とでも言うわけ?
ちなみにこの事務員は、特に私と仲が悪いというわけではなく、誰に対してもこんなんです。気分屋で口が悪くて、自分勝手に言うことがコロコロ変わるのだ。

そして先週の祝日も仕事があったようなんですが、私には連絡なかったんですよ。きっとあの事務員のことだから、「だっていつも出ないじゃないの。どうせまた断るんでしょ」 という言い分なのだと思います。
どのみちその日もバイトだったので放っといたんですが、明日の土曜日も仕事が入ってるらしいけど、また連絡なし。
まあ、明日もバイトだからいいやとまた放っといてるけど、変な人だなーと思います。

休日出勤してくれないかと言われても、断る権利はあるはず。(強制的に出勤させられたり、出なかったらクビになるという会社もあるらしいけど、そんなもんは会社がおかしいのだ)  
私は本職よりバイトを優先させてるわけだから、それは筋違いだと思われるかもしれないけど、休日出勤を言われるのは大抵前日で、そんな直前にバイトを断ってしまうと、代理人を探すのは非常に困難。一方トラックの仕事は、他にいくらでも代わりの運転手さんはいるので、そういう意味でバイトの方を優先します。もちろん、仕事の予定が先に入っていたら、後からバイトを言われたとしてもそれは断りますが。
休日出勤なんて年にほんの数回しかないのに、そのために今のバイトの収入とやりがいを捨てる気もないので、バイトを辞める気もありません。

そんなわけで、ここのところ休日出勤を断っていたわけだけど、事務員さんにはもちろんバイトなんですとは言ってないし、休みなんだから休む権利はあるのだから、悪いとは思ってない。
それにこの事務員さんはいつも、「明日、仕事ね」 という言い方で、それもおかしいし、言われるたびに不快です。「出れるでしょ。出てよね」 という、まるで当然のような言い方。休みだっつうの。 「明日仕事なんだけど、出れますか?」 と聞くべきでしょ。
なので、休日出勤を断ってるからって怒るのはおかしいし、「いつも断るじゃないの」 という言い分で連絡をして来なくなるのもおかしい。無線で全員に一斉に、 「明日仕事なんですが、出れる人は申し出て下さい」 と聞くのが妥当だし、そうすればいいだけなのに、なんでこんな変なやり方するんでしょうかねえ。ほんっと、気分の悪いババアだわ。


いよいよ寒くなってきて、風邪に用心し出しました。寝る時はマスクしてます。





06/11/11 (土)
 

バイトです。
今日は雨で、式の後のフラワーシャワーが出来なくて残念。

披露宴は、久し振りにひな壇があって、なんだか敷居が高くてドキドキ。 (私がしてどうする)
新郎さんはすごくよくしゃべる人だったんだけど、反面 新婦さんはあまり笑わなくて、笑顔の瞬間を撮るのに苦労しました〜。
あと、担当スタッフの女性が、はっきりいって撮影のジャマだった! 特にお色直し退場の時。誘導しなきゃいけないのは分かるけど、少しくらい先を行っても大丈夫だってば、見えるってば、と思うのに、私の前にいる。わざとカメラを構えて 「今から撮りますよ。ジャマですよ」 ということをアピールしてたんだけど、ぜーんぜん通じない。なんで分かんないわけ!? とかなりイライラしました。んもー。


先週撮った写真を見て来たんだけど、おおむね思った通り撮れてました。よしよーし。

写真を見ていたら、
「ああ私、この仕事、好きだなあ」
としみじみ思いました。できれば一生やってたい。


映画感想  「エアポート'98」





06/11/12 (日)
 
 

ぼたん鍋 (猪鍋) を食べに行って来ました!
目的は、食べることはもちろんなんだけど、年賀状の写真を撮るため。来年、猪年ですから (笑)

夫と、ぼたんの花のように盛りつけられたお肉を前に撮影。
この日のために、離れた所からもシャッターが切れるレリーズという器具も購入したのです。 (セルフタイマーだと、1枚撮るごとにカメラセットしに行かなきゃならなくて、何枚も撮る時は面倒なので)
シャッターボタンの固定は、細いベルトをマジックテープで留めるようになってるんだけど、私のジカメはタテ型のビデオカメラのような形で、とにかく取り付けにくい。ついたと思ったらズルッとズリ落ちちゃったり、関係ないボタンを押しちゃったり、そうこうしてるちにスリープ機能でモニターが真っ暗になっちゃったり、オタオタです。
それでも7〜8枚くらい撮って、夫が 「もういいだろ。食べようよー」 とうるさいので、撮影終了。

が、食べながら見てみたら、なんとまともなのは1枚しか撮れてない! いっ1枚って!?
ショックを受けつつ、でも2人ともまあまあな顔で撮れてるし、これでいいか。良くなくてもこれしか撮れてないんだから、どうしようもないんだけど。
はー、でもなんで1枚しか? これだったらセルフタイマーで撮った方がたくさん撮れたなあ。レリーズ買った意味なし (笑) まあ、また使うことがあるだろうから、いいけど。




お鍋はというと、すんごくおいしかったです!
自家製のゆずみそをスープで溶かして食べるんだけど、このおみそがおいしいっ! お肉も柔らかくておいしい!! 数年前、知り合いから猪と熊のお肉をもらって食べたことがあったけど、それと全然違う (笑) 
猪のお肉は、煮ても固くならず、それどころか煮れば煮るほど柔らかくなるんだそう。でも、そこまで煮るうちに全部食べちゃった。3人前でも良かったなあ。

後にはうどんを入れて、それでお腹は一杯になったんだけど、おいしいからまだ食べたい。少食の私がここまで言うなんて、ホント珍しいです。
なのでお茶碗一杯だけご飯をもらい、雑炊にしました。く、苦しい〜。でもおいしい。

本当にすごくおいしかったです。写真も (一応) 撮ったし、満足じゃー。


映画感想  「あなたに降る夢」
        「ライアーライアー」





06/11/13 (月)
 

寒い〜〜〜。
毎朝いつも飲んでる牛乳を、今日からホットにしました。ホットだと砂糖を入れるので、朝は糖分を摂った方がいいらしいので、ちょうどいいのだ。

猫舌なので、加熱しすぎるとなかなか飲めなくなるという注意点はあるのですが。


仕事先でインフルエンザの予防注射があったので、受けて来ました。チクッと。

風邪の予防注射もあったらいいのになー。





06/11/14 (火)
 

携帯電話のイヤホンが、買い換えてもことごとく使い勝手が良くなくて落ち込んでます ・ ・ ・

事の始まりは、先月携帯を替えてから。
仕事中はイヤホンを差し込んだままにしてるんですが、それまでの携帯は差し込み口が右側だったので、左手でボタン操作する私は、ほとんど不自由はなかったのです。
でも、新しい携帯は差し込みが左側。携帯イヤホンの差し込み口って、途中で丸型から平型へと形が変わって、それの変換器もつけていたので、かなり操作しづらい。
なのでこの際、平型のイヤホンを新調することにしまた。どうせ千円くらいのもんだし。

というわけで平型を買ってみたら、すごくいい。差し込み口がスッキリして、はめたままでも操作しやすくなりました。
なんだけど、耳にかけるフックが、両耳兼用だとかで180゜C動くようになっているので、いざという時はめにくい。それに受信部分を耳の中にぐりっと押し込むようなタイプだったので、長くはめてると耳が痛くなってくるし。

こりゃいかんと、もったいないけどもう1度買い直すことに。カー用品専門店でいろいろ見ていたら、コードレスのイヤホンというのがあって、おお、良さそう。
価格は1万2千円と高いんだけど、でもそれだけの価値はありそうだぞと、思い切って購入。
使ってみたらかなりいいです。コードのないのが、こんなに楽チンだとは! もっと早く買えば良かったー。
・ ・ ・ と思ってたんだけど、いざ電話がかかって来たら、電話本体と受信用のスイッチをそれぞれONにしなきゃならなくて、ONにするには2秒間スイッチを長押ししなきゃならなくて、しかもONになったのかどうか分かりにくくて、モタモタしてる間に電話が切れてしまった、ということがたて続けに2回あった。
うーん、なんか不便だぞ。スイッチをONのままにしておけばいいんだろうけど、そんなにひんぱんに電話がかかって来るわけじゃないし、バッテリーがなくなったら充電しなきゃいけないと思うと面倒だしで、やっぱりつい切ってしまう。
受信器を耳にはめたままにしておこうかと思ったんだけど、これも耳の中にぐりっと入れるタイプなので、長いことはめてると痛くなって来るし。
せっかく高いの買ったんだし、コードがないのはやっぱり便利だし、と何日間か頑張って使ってたんだけど、やっぱりどーーーしても不便。音楽を聴いてても、「バッテリーを消耗してる」 と思うと、なんか落ち着かないし。 (貧乏症?)
ああ、ダメだ ・ ・ ・ と観念して、やっぱりコード付きのをもう1度買い直し。

今度のは左耳専用のだし、角度は接着剤で固定したし (この間買った接着剤はこのため) 、耳に当てるタイプのだから痛くもならないし。
ただ、コード部分に売られてた時のクセがついてて、くるんくるんとなってしまうのがどうにもヤな感じ。やっぱりコードのあるのは煩わしいなあ ・ ・ ・

どうしてもコードレスの快適さが忘れられなくて、もっと他にないのかな、とカー用品店にまた行ってみました。
店員さんにも聞いて、他のメーカーで 耳にあてる部分が凸部分になってないのがあって、ようし今度こそ、とまた思い切って購入。
今度のは、スイッチがONになったのも分かりやすい。ああやっぱりコードレスは楽チンだな。
なんですが今日、知り合いの人からかかって来たのでしゃべっていたら、
「なんか雑音が入ってるし、声が割れてる感じ」
と言われたのです。
「えっ本当? っていうか、私も○○さんの声が割れて聞こえるよ ・ ・ ・ ちょっと待って」
とイヤホンを外して、直に電話に出ると、
「あっ、全然違うよ! すごく聞きやすい」
「ええ、本当? ちょっと実験していい? ちょっと待ってね」
と、コードのイヤホンを差し込んでみたら、
「うん、それも聞きやすいよ。大丈夫」
えー、そうなの? コードレスの、全然ダメじゃん!
なのでまた、コードのをそのまま使うことにしたのですが、はあ、もったいない ・ ・ ・ コードレスイヤホン2つで、2万4千円を無駄にしちゃった。

なんで私ってこうなんだろ。今までも、仕事用のカバンとか、バイトで使う靴とかウエストバッグとか、何回も買い換えてるしなあ。 (これはおかげでいいのが見つかって、今は落ち着いてるけど)
よーく考えて買ってるつもりだけど、いざ使ってみると、なんか違うんだよね。吟味が足りないのか、少しくらい不便でも使い続ける辛抱が足りないのか。
2万4千円、もったいなすぎる。あああ ・ ・ ・ かなり落ち込んでます〜。






06/11/15 (水)
 

お昼休み中、運転手 ・ Kさんに荷物を積んでもらったのですが、あまり積むことのない荷物なので、ちゃんと10 t (以上) あるか心配になったらしく、
「10 t あった?」
と無線でKさん。

計量機に乗ったら10.040 t で、
「大丈夫、10.040 t ありますよ。私の体重を差し引いたら10 t ピッタリ!」
と言おうとして、四捨五入したら体重は50kgのはずで、それを言うなら10.050 t のはずじゃん。
なので余計なことは言わないで、
「大丈夫、ありました」
とだけ言っておきました。口数が少ない方が平穏に生きていけるのかもと最近思ってるのですが、また改めて感じました。


先日撮った写真を取りに行き、
「じゃあ、この写真でお願いします」
とそのまま写真を渡して、年賀状を注文して来ました。

でもその前に、店員さんに写真を見せて、
「これ、何を食べようとしてるんだか分かります?」
と、ぼたん鍋 (しし鍋) だと分かるかどうか、確認。
今日1日、ぼたん鍋だってみんな分かるかなあ〜と1日中考えてたのです。もし分からなかったら面白味が半減してしまうので、「しし鍋」 と分かる文章を付け加えなきゃいけないし、でももし分かるなら、蛇足もいいとこだし。
本当は、背景となるお店の壁に お店の貼り紙っぽく 「いのしし鍋」 と書いた紙を貼っておこうかと思ったんだけど、結局しなかったのてした。やっぱり用意しとけば良かったなあ。あれを貼っておけば完璧だったのに。

その店員さんは2、3秒写真を見つめ、
「ぼたん鍋、ですよね?」
とビンゴ。
「分かります? 大丈夫ですかねえ」
「はい、分かると思いますよ」
そうですか。じゃあ店員さんを信じます。

あと、写真が全体的にほんの少し赤っぽくて、私と夫の顔が、もうお酒飲んでるかのようにほんのり赤い。特に夫が。
「なんか色が赤っぽい気がするんですけど、でも赤を引いてもらうと、お肉も白っぽくなっちゃいますよね? お肉は赤い方がいいしなあ ・ ・ ・ 」
と、う〜んと悩んだけど、お肉の赤を優先して、このままで出すことにしました。向こうで直されるかもしれないけど。

3年前から写真で作るようになってから、年賀状を作るのが毎年すごーく楽しみなんだけど、今回も写真がイマイチだったせいか、出来上がりは楽しみというより不安です。あーあ、写真が完璧だったらなあ。
いつも思うけど、私って写真撮るのヘタすぎ。これで本当に、アルバイトとはいえ、まがりなりにもお金もらってるプロのカメラマンなのだろうか。とほほ。
(写真は1月1日の日記でアップします♪)


夜の12時過ぎたらボジョレー ・ ヌーボーの解禁日だそうで、時報と共に栓を開けて国内のあちこちで飲まれるんだろうけど、私は全く興味がないので、とっとと寝ました。
つかワイン飲めないし。





06/11/16 (木)
 

バイトで先週撮った写真を見て来ました。
大体思った通りに撮れてて、自分自身では満足。細かい反省点はいくつかあるけど、大きいのは今のところキャンドルサービスかな。どうしても同じようなアングルばかりになってしまうので、もっといろんな構図で撮れるようになりたい。もっと研究しよう。

他の人の撮った写真を見てると、
「もっとこういうふうに撮れなかったのかな」
と時々思うことがある。これは自分の撮ったものを見ててもたまにあるんだけど、自分の場合は、
「そういえば、位置的にここからしか無理だったんだ」
とか、
「ストロボの充電が間に合わなかったんだっけ」
とその時の状況が分かってるので、「仕方ないか」 と納得できる。他の人も、多分いろいろな理由があったんだろうなとは思うけど (もともとこういうふうにしか撮るつもりがなかったのかもしれないけど) 、パッと写真を見せられた側は、そんなこと分かんないよね。
新郎新婦さんやご両親は、仕上った写真しか見ないんだから、言い訳は一切通用しない。しみじみ、結果が全てなんだなあと感じました。
どうしても無理、という状況は確かにあるけど、それは言い訳にならないということは心に留めておかなきゃいけないと思う。
とにかく 「いい写真」 を1枚でも多く撮らなきゃいけないんだよね。うおお燃えて来た! 頑張るぞお〜! ( ← とヤル気になってるけど、今のところまだ次のバイトは聞いてない)

指輪の交換やケーキカット、キャンドルサービスなど、新郎新婦の重ねた手をアップで撮ることがあります。
T口さんという男性カメラマンはいつも、キャンドルサービスの点火の際に新郎が新婦の腰に手を回してる所のアップを撮ってあるんだけど、腰に回した手って、何度見てもエロく感じます (笑) な、なんで撮るんだろう。 (そう思う私がエロいだけ?)





06/11/17 (金)
 

今日は社長の現場でお仕事。緊張するよう。

でもしょっぱなからやっちゃいました。現場はいつもの仕事先より近いけど、遅く出ると出勤ラッシュと重なるからいつも通りに家を出て、7時45分に到着。社長たちはどうせ8時過ぎないと来ないだろうからと、現場ノンビリ待ってたら、しばらくしたら電話があって、
「おい何してんだ。待ってるんだから早く来いよ」
へ? まだ社長、来てませんよね?
ひ、ひょっとして現場違いっ!?
「○○町の現場でしたよね?」
「そうだよ。荷物すくって待ってるんだから、バックして来いってば」
バックミラーを見ると、はるか後ろの方で、機械が構えて待ってる。
ひええ、いつの間に? まだ8時なのに。っていうか、いつもこっちに車停めてるのに、なんで今日に限って後ろから入って来たんですかっ。
慌ててバックしたけど、うう、不覚。

仕事は現場内の鉄板の小運搬で、私はトラックに乗ったままでいいんだけど、後ろの状況が分かる (聞こえる?) ように、窓を開けておかなくちゃ。
さ、寒い。けど外で作業してる男の人はもっと寒いんだよね。熱いコーヒーを渡してあげたかったです。持ってないけど。

何回にも分けて鉄板を運んで、午前中で終わるな、午後からはどうするのかなーと考えながら最後の鉄板を積んで、下ろす場所に行ったら、「ちょっと待て」 と言ったまま、社長が車でどこかに行ってしまった。
12時になっても戻って来ないので、お弁当を食べて。
そのうち役所の人達がわらわらとやって来たので、ああ検査なんだな、とノンビリしてました。
が、なんと現場の発電機の軽油がこぼれて、すぐ脇にある小さなどぶ川を流れて、川にまで油が浮いているとのこと。
こぼれたのは18リットルくらいだろうとのことだけと、役所やら環境なんとかの人達や、はては警察まで来ちゃいました。
専用のマットで油を吸い取ったり、社長は事情聴取されたり。
役所の人と話すのに、
「そうです」 「それは〜です」
と社長が敬語 (というか丁寧語) でしゃべるのを初めて聞いてビックリしました。に、似合わない。
それに自分のことを 「僕」 と言ってて、「ぼ、僕ぅ!?」 と驚いて思わず顔を見ちゃった (笑)
あと社長の携帯が何度か鳴ったんだけど、思いがけず着メロが陽気な楽しい曲なのにも驚いきました。私からの電話も、あの音楽が鳴ってるのかあ。だったらもうちょっと愛想良く出てくれればいいのに。 (関係ないか)

それにしても役所の人を見てて、お役所仕事だな〜としみじみ思いました。
「そんなこと出来るわけないだろ」 とか 「どこもやってないよ、そんなこと」
という教科書通りのことを真面目な顔で言うし、若い職員さんが手を泥だらけにしたり 川で足を水びたしにしてながらマットで油を吸わせてるのに、主任と呼ばれていた太ったオヤジは偉そうな顔でウロウロしてるだけだし。一応手袋してるんだけど、全然汚れてない。だったらその手袋あの人に貸してやれよって思っちゃった。

結局、地面に流れた油を 土ごとすくい取って仮置きしておくことになり、これで午後はつぶれちゃいました。


今日は家に帰るのが怖い ・ ・ ・ 正確には、夫の帰って来るのが怖い。
実は今朝、家を出る時、右側のブロックにトラックの後ろタイヤをこすってしまい、ブロックが少し欠けちゃったのです。
後から出た夫、気付いただろうな。気付くよな。怒っただろうなー。
怖くて、夫が会社に着く時間まで、携帯電話の電源を切っておきました。

帰って来る頃、機嫌どうなってるだろう。まだむちゃくちゃ怒ってて、
「お前もう、トラックどっかよそへ停めろッ!」
と言い出すかも。ああどうしよう。
いや案外機嫌直ってて、
「当てただろー、んもうバカバカッ」
と可愛く言って来るかも。 (しかし極端な人だなあ)

いやいや、それは楽観的すぎるぞ。現実はそう甘くないよね。いやでも、ひょっとしたら ・ ・ ・ と、ああでもないこうでもないと考えてたんだけど、考えて答えが出るわけもないので、やめました。
どうせ物事のほとんどのことが、想像してるのと違う通りになるもんね、今までの経験上。

お風呂に入ってたら夫が帰って来て、キンチョーしながら出たら、機嫌は良くはないみたい。でも悪くもないみたい。
そ知らぬ顔して話しかけたら、普通に返って来て、おろ? これは ・ ・ ・ もしかして気付いてない!?
なんと気付いてないみたいですよ! 絶対バレてると思ったんだけどなあ。
しかしまさか、正解は 「気付いてない」 だとは思わなかった。やっぱり、物事は想像の範囲を超えてるわ。

まあバレるのは時間の問題だけど (^^ヾ 






06/11/18 (土)
 

仕事帰り、信号待ちで止まったら、交差点の左側の道が工事中で一方通行になってました。
入り口ではガードマンの男の人が、車が来そうになると、腕でバツを作って、
「通れないんです、すみません」
というふうにしきりに頭を下げてた。

この人、今日ずっとこうやって頭下げてるんだろうな。自分が悪くないのに謝るのってイヤだろうなあ。
機械的になーんにも考えずにやる人もいるけど、その人は結構きちんと 「すみませんッ」 という態度でやっていたので、余計気の毒になっちゃった。もうすぐ5時だからね、もう少し頑張ってねー。


夫が、
「気持ち悪くなる話してあげよっか。この世の果てって、考えてると気持ち悪くならない?」
と言い出した。宇宙の果てってことらしいけど。
「小さい頃からオレ、これ考え出すと、すげー気持ち悪くなるんだよ〜」
神秘的とか、どうなってるんだろうとかは思うけど、別に気持ち悪くはなんないけど ・ ・ ・

「それよりも私は、最近はないけど小さい頃は、今こうして生きてる自分って何なんだろう、どうしてこんなふうに物を考えられるんだろうって思うと、なんともいえないヘンな気持ちになって、気持ち悪くなったな」

「オレの友達のTっているじゃん。アイツは、 『自分の目玉を鏡で近くでじーーっと見てみろよ。すげー気持ち悪くなって来るぞー』 って言ってたな」

てか、アンタら3人とも、変。





06/11/19 (日)
 

仕事もバイトもなく、本当のお休み。

朝イチでスーパーに行くつもりで一応目覚しはかけてあったんだけど、眠かったので、買い物は諦めてもう1度寝ました。
目が覚めたら1時でビックリしたよ!


2日分溜めてた洗濯物を、一気に (とはいっても4回に分けて) 洗って、ガーッと干しました。
物干しざお、しなってますけど。折れないかなあ。


久し振りに実家に行って来ました。
父親が、
「なんで藤原紀香はあんな男と結婚するんだ!」
と怒ってました。
「どこがいいんだ、えっ?」
って、私は藤原紀香じゃないんだから知りません。
しきりに 「 (藤原紀香さんを) 見損なった」 とか 「どこで知り合ったんだ」 とか 「結婚式はいつなんだ」 とか言ってましたよ。
「あのコはアフガンに行って写真を撮ったりしてて、立派なのに ・ ・ ・ ガッカリしたなあ」
と嘆いてたけど、そういう彼女が選んだんだから、相手の男性もきっと素晴らしい人なんだろう、とは思わないのね。

あと、
「ユウコは別れるのか?」
と言うので、
「ゆうこりん (小倉優子) のこと?」
と言ったら、
「竹内裕子だよ」
って、「ユウコ」 で分かるはずないじゃん!
「裕子と高岡早紀は友達だったんだからな。そりゃ友達とあんなことになったら、許せないわな」
って、誰なんですかアナタは (笑)




先月、携帯電話をドコモからauに替えたんだけど、ドコモにはなかった絵文字が結構あって (特に顔のやつ) 、これは一体どう変換されて届いてるんだろうと疑問だったので、母親のドコモに送ってみました。
「ははあ、これはこう変換されるわけね ・ ・ ・ 」
と、感心というかなんというか。中には、
「え、これがこうなるの!?」
と意外なものもあって、試してみて良かった。
絵文字はドコモの方が分かりやすいというか、好きだなあ。


夕方になって、両親が夕飯を食べ出したんだけど、おかずのサンマを口に運ぶ際、飼ってる2匹の猫が手を出そうとしたり、顔を近付けたりする。
「何してんの、行儀悪い!」
と猫を怒ったんだけど、前はこんなことしなかったのに、さては時々あげてるでしょ!
どうやら、父親が口から出しては、猫に食べさせてるらしい。もー、ダメだってば! 猫の健康上良くないし、こんなふうに行儀も悪くなるし。
「絶対やめてよ!」
と言っておいたけど。全くもう。


午後から干してた洗濯物ですが、夜になってもなかなか乾きません。
(サンルームなので) どうせストーブと除湿機をつけるなら、たくさん干しといた方がお得だもんねーと思ったんだけど、たくさん干したら、それだけ乾くのも時間がかかって、結局同じなのね。ガックシ。





 
06/11/20 (月)
 

昨日買い物に行かなかったから今日行かなきゃいけないんだけど、一週間分の献立を考えるのがかなり面倒くさい。自分の食べたい物でいいじゃん、と思われるかもしれないけど、何が食べたいのかも分からん (汗)  もう、オール鍋にしようかしらん。

と思っていて、友達のY美ちゃんとのメールのやり取りでそう送ったら、
「献立考えてあげる (笑) 」
と送られて来た。

 月曜  鍋
 火曜  鍋の残りでうどん
 水曜  おでん
 木曜  鍋
 金曜  鍋の残りで雑炊
 土曜  カレー
 日曜  カレーの残りでうどん

ぎゃははは! (笑)
あー、でもナイスだ。毎日鍋だと味を変えても飽きるだろうし、鍋ってお肉や魚や野菜を入れなきゃいけないから、案外材料費がかかるもんね。
よし、これもらった! ただしカレーは先々週くらいにやっちゃったから、ビーフシチューにしよう。

買い物へ行って、鍋2回分とおでんとビーフシチューの材料を買って来ました。(やっぱり結構お金かかった)
鍋はなんといっても、洗い物の少ないのがいいですね。使うのは、お鍋と茶碗と取り皿だけだもん。うちは食器洗い機だけど、多いよりは少ない方がいいに決まってるのだ。
明日はうどんだー。 (でも買うの忘れちゃったから、またスーパー行かないと)

最近、献立考えるのが面倒くさいんだよね。適当にやってる私ですらそうなんだから、三世帯などで、年代が違う家族の食事も作ってる主婦の方はホント大変だと思う。
あとゴハンにうるさくない夫にも感謝。小さい不満はいっぱいあるけど、なんだかんだいって、結局私に合ってる人なのかもなあ。 (向こうは知らんけど (笑) )






06/11/21 (火)
 

住宅地内の現場で、ふと横の家を見ると、物置の窓から空のバスケットが置いてあるのが見えました。

牧田さん (表札見た) 、いただき物のフルーツかなんかが入ってたバスケットを、もったいなくて捨てられないと見た! ( ← 放っとけ)


午後から、他の運転手さん達が運んでる荷物がなかなかなくならないので、急きょお手伝いすることに。

私の他にも1台行ったんだけど、台数が増えることを聞いてなかったのか、搬入先の工場長さんが、
「なんでこんなにたくさん来るんだ? うちももう一杯だよ、全く!」
と怒り出した。

私に言われても知らないですよう、と思ったけど、一応 「すみませえーん」 と謝って、降りて少ししゃべってました。
「こんな大きいの (トラックのこと) 、大変だなー」
と言われて 「いいええ〜」 などと話してたら、工場長の機嫌も直って来て、女は得だなーと思った。男性なら、「大変だなあ」 なんてわざわざ言われないもんね。


腎臓の定期健診に行って来ました。
病院に来る前に飲んだ水の量が少し少なかったかもと思っていたら、案の定、良くない結果がプラス1でしたよ。ちょっとショック。
だって、正常値になるようにするには、ほとんどずーっと水を飲んでなきゃいけないんだもん。それが少しでも少ないと、途端にダメなんだなあ。思ってるより深刻かも。

「水は少ーしずつ飲むといい」 とTVで観てからは、口に含んで少〜しずつ飲むようにはしてるけど、なので仕事中は、ほとんど常に口の中に水が入ってる状態です。こんなの、今の仕事でしか出来ねーよっ。
一応、休みの日に外出する時も水筒を持ち歩くようにしてるけど、車で移動中の時以外は、とてもこんな風には飲んでられない。友達と会ってる最中は、ガクッと飲めなくなるし。 (飲もう思えば飲めるけど、友達の家であんまり何度もトイレを借りるのも悪いし)

帰ってから、粉薬をミシン目で切り分けようと袋から出すと、
「毎朝食後  岡優希様」
と1袋ごと、黒いぶっとい字で印刷されてある。何だこれ!
こんなことされなくてもちゃんと飲むのに ・ ・ ・ 間違えやすいとか飲み忘れるとか、患者さんから要望があったのかなあ。
トホホと思ったけど、切り取り始めてみると、今までのより格段に切り離しやすくなってる! おお、これはいい!
今までのはビリッと破れちゃうことがあって、
「ハイ、明日の朝飲むのに決定ー」
と回してたもんなあ。単に私が不器用なだけ?


今日は予定通り、鍋の残りでうどん。
明日はおでんだし、厚揚げとこんにゃくを包丁で切る以外は、材料を袋から鍋に移してでグツグツ煮るだけ。
鍋ウィーク、マジで楽なんですけど! 毎週こうだったらなあ。


映画感想  「フォロウィング」





06/11/22 (水)
 

午前中、社長が、うちの現場へ荷物を持って来てくれと電話して来ました。
「私は出先なんで、別の人でもいいですか?」
「あーそうか。今はそうだな、誰でもいいわ。後からもう1台欲しいんだけど、それはお前が来てくれな」
「?」 と思いつつ、1台手配してもらって、その後は私が行くことに。
でも何で私じゃないとダメなんだろう? なんか変わった下ろし方をするから? だったら、私より他の人の方がうまいのになあ。 ( ← 自分で言うのも情けないけど、本当だから仕方ない)

と思ってたら、荷物は普通に下ろしたんたけど、その後、
「仕事先にはナイショで、○○建設で砂利1台取って来てくれや。仕事先には、ちょっと現場で待たされてるとかなんとか言って」
だって。
だ、だから私に来いって言ったんですね!? 最初からそのつもだったのね! ( ← 胸のあたりを押さえながら / イメージ)

砂利を積んで行ってる時、仕事先から、
「優希ちゃん、まだ帰って来ないのー?」
と無線が入って、
「ち、ちょっと現場で待たされてて」
「そう。こっち忙しいから、早く戻って来て欲しいんだけど」
「すっすみません! なるべく早く戻りますからっ!」
とごまかしたけど。ふいーっ。


お昼休みは、1本裏通りの路肩の広くなった所に停まりました。
ここはよくトラックの運転手さんもお昼休みで停まってるんだけど、どうやら食べ物を与える人がいるらしく、お弁当を食べてる私のトラックの横を、カラスが2羽ウロウロし出した。

誰がやるか!!!

私は午前中一生懸命仕事して、やっと憩いのお弁当の時間なんだよっ。 (大した物は入ってないけど)  働いてもないアンタ達にあげるおかずなんてないわい!

なので無視してたんだけど、いつまでもしつこくウロウロしてて目障りだったので、ドアを勢い良く開けてバンッと思い切り閉めてやったら、驚いて、慌てて飛んで行きました。ふん、これでスッキリしたわ。


帰ったら郵便物の中に、「年末バイト募集」 の文字がチラッと見えて、おっ何だ何だ!? とワクワクして見たら、郵便局の年賀状の区分けと配達でした。なんだ ・ ・ ・
一応時給を見てみたら、安っ! 6百円〜7百円台で、1番高くても、配達の790円。
これじゃあヤル気がしないな〜 ・ ・ ・

やっぱり、いつものバイキングレストランしかないのかあ。はあー。
って、お盆休みの時も同じこと言ってたけど (笑) お店が遠い (車で30分かかる) のが二の足を踏む大きな理由なんですが。もうちょっと近かったらなあ。






06/11/23 (木)   勤労感謝の日
 

休みです。

午後からはデパートで買い物。といっても日用品だけど。
でも、これがすっごく楽しいのですよ! 服やバッグを見るのと同じくらい。 (それ以上かも) これいいな、あ、こういうの欲しかったんだ、これはどうかなーとウロウロ見て回って、売り場に2時間以上いちゃった。

年賀状を入れておく、ハガキ用のファイルも買いました。
2年前に結婚してから年賀状は写真で作っていて、これからもそうするつもりなので、あまって手元に残ったやつを、記念に取っておこうと思って。
30ポケットあるから、30年分です。全部埋まるまで、果たして夫婦仲良くいられるかな? (笑)  頑張らねば。 

他にもいろいろ買ったけど、中で1番嬉しかったのが、太巻きの型。
おにぎりでよくあるけど、型にゴハンを詰めて 凹型のふたでギュッと押さえると、簡単にキレイなおにぎりが作れるというやつの太巻き版です。
実は夫のお昼は、ここのところ太巻きなのです。といっても本格的なものではなく、具は昆布やツナマヨやウインナーや、混ぜご飯にしたりと、適当なんだけど。
今まで、太巻き用の小さなゴザみたいので作ってたんだけど、いまいちうまく巻けないし、端からゴハンがポロポロこぼれるし、型が売ってないかなあ〜と探してたのでした。

見つけたのは半透明のプラスチック製の、まさしく私が思い描いてたそのもの。両端もすっぽりおおわれてるから、この通りに形がつけば、端が崩れることもない、ハズ。
見つけてから今日1日、ずっとウキウキしてました。早く使いたいなー。


鍋ウイーク、今日はすき焼きの日。

お肉を買いにスーパーへ寄ったら、すき焼き用980円の隣りに、しゃぶしゃぶ用1180円のが50%オフでありました。
すき焼き用としゃぶしゃぶ用ってどう違うんだろう? どっちももも肉だし。スライスの厚みとか大きさとか?
両方手に取ってしばらく悩んでたんだけど、しゃぶしゃぶだって鍋だし、大して変わりゃしないだろうと、しゃぶしゃぶ用のにしました。やっぱり50%オフってのは魅力的だもんね (笑)

お肉は柔らかかったし、すき焼きおいしかったです。明日はこれで雑炊だー。


映画感想  「第三双生児」





06/11/24 (金)
 
 

昨日買った太巻きの型、今朝早速使ってみました。最高っス!

今日は、キャベツと玉ネギとベーコンを細かく切って炒めて、それにゴハンを加えて、ケチャップで味付けして薄焼き卵で巻く、というのにしたんですが、ケチャップライスってパラパラするので、型から出したら端がポロッと崩れちゃうかな、と思ったんだけど、大丈夫でした。多めのご飯でギュッとしたのが良かったのかも。型を使うのが初めてで、ご飯の量が分からなかっただけなんだけど (^^ヾ

でもすっごくキレイにできるし、何といっても楽チンだし。買って良かった! 感激した! 今年の買い物の中でナンバー1かも! ( ← そこまで言う?)


仕事は、みんな駅前の大きな現場の往復なんだけど、なぜか私だけ、他の現場へあちこちと。
前にも後ろにも誰もいないのって、すごくラク!
別にチンタラ走るわけじゃないけど、後ろから誰も来ないっていうのが、こんなにラクだとは。
仲間外れみたいで ちょっと寂しい気もしないでもないけど (笑) 、そんなもんより、1人の気楽さの方が断然大きい。ああ、いいなあ。



2時ごろからみんなと合流になったんだけど、10分後、左折しようとした時 「バーン!」 とものすごい音がした。あーバースト (タイヤの破裂) だー ・ ・ ・
数日前にパンク修理して、「もう古いタイヤだから、またパンクするかもしれません」 と言われてたもんなあ。
トラックを路肩に止めて、降りて見てみたら、なんと隣りのタイヤもパーストしてる。
2本同時にバースト!?
後ろのタイヤは片方4本ずつあるから、1本くらいパンクしても、タイヤ屋さんまで走って行くことは出来るんだけど、2本ともなるとさすがにムリ。荷物積んでるし。
なのでタイヤ屋さんに来てもらうことにしました。

なんだけど、ここってかなり車通りの激しい道で、知り合いの運転手さんもガンガン通るから、くっ恥ずかしいよう。目立たない場所ならなーんとも思わないで、ふんぞり返って待ってるんだけどなあ。 ( ← オイ)

30分後、タイヤ屋さん到着。路肩に片輪を乗り上げて停まってたんだけど、平らな場所じゃないと交換できないとのことで、目の前にある会社の駐車場に許可をもらって入れてもらうことにしました。
おかげで無事にタイヤ交換できました。ありがとうございます。
実はこの会社は通勤途中にも通るんだけど、右折して入ろうとする車がいると通れなくなるので 「チッ」 と思っていたのですが、これからは 「お仕事頑張って下さい」 と温かく見送ることにいたします。はい。





06/11/25 (土)
 

交差点で信号待ち。

向かいに、友達同士らしい男の子2人がいて、1人が相手に、「何かくれよ」 というふうに手を出していて、そのコは 「やだよー」 というふうに笑いながら首を振っていた。

結局この2人、信号が変わるまで 「くれよ」 「やだよー」 と笑いながら繰り返してました。
何をそんなに欲しがってたのか、気になるー (笑)


なんだか突然HPのリニューアルがしたくなって、やり始めました。
HYMLタグの本を引っ張り出して来て、ゼロからページの作成。タグを入力して、リロードさせてちゃんと表示されるか確認。ほとんどの場合、一発で思うようになることはまずないので (トホホ) 、
「あれー、何が違うんだろう?」
と再びタグをいじって ・ ・ ・ この感覚、久し振りだなあ。何度やっても、面白いし大変だし、燃えます (笑) 

あといつも気を付けるのが、分かりにくい、読みにくいページにならないようにということ。ブックマークしてるHPがリニューアルされると、ほとんどの場合、
「げっ、読みにくい ・ ・ ・ 前の方が良かったなあ」
と感じるので、凝る = 重く読みにくくなるものなんだなあと思う。もちろんオシャレなHPでも、見やすいものもたくさんあるだろうけど。

分かりにくくてもいいから凝りたいって人はそうすればいいだろうけど、私は 「軽く、見やすく、分かりやすく」 を第一に優先したいので、葛藤しながらの作業になります。うーん。

大体のデザインは決まっているものの、果たしてその通りに出来るのかが怪しいので、どうなることやら。
あちこち変更しなきゃいけないので、実際にリニューアルするには、まだかなりかかりそうですが。 (とかいってすぐだったりして。熱中するタチなので (^^ヾ )






06/11/26 (日)
 

休日出勤です。

日曜の早朝にラジオを聴く(車に乗る) なんてほとんどないから、どんな番組やってるんだろうと少しワクワクしてたんだけど、
・ ・ ・ つまんねー。
あ、いや、一生懸命しゃべってるパーソナリティーの方には失礼ですけども。でも声もボソボソと小さくて、何しゃべってるのか分かんないんだもん。
その後の番組も軒並みつまらなくて、いくら日曜の朝は聴いてる人は少ないだろうからって、こんなんでいいのか? という感じ。

なので携帯電話で音楽聴いてました。
いつもランダム再生にしてるんだけど、「またこの曲だ」 とよくかかるものと、「そういえばあの曲、しばらく聴いてないなー」 というものがあって、機械にも好みがあるみたいで面白い。
とりあえず私の携帯電話は、TUBEの 「あー夏休み」 が好きらしいです (^^ 


お昼休みに停まってた近くに宝くじ売り場があったのですが、結構次々にお客さんが買いに来てる。
どうやらここは、これまでに何本か高額当選が出てるらしく、一緒に停まってた他の運転手さんも2〜3人、
「買って来たよー」
とのこと。
えっそうなんだ、というわけで私も買って来ました、年末ドリームジャンボ。
よし、これで年末の準備は完璧! ( ← これで?)

でももし当選したら、他の運転手さんと番号が近いから、
「もう少し後に行けば当たってたのに〜! そういえば優希ちゃんが、オレの後に買ってたな。当たったんじゃないか?」
ってバレちゃうな。当選しても隠しておきたいのになあ。あ、でもバラで買ったから大丈夫か。

( ↑ って、そんな心配しなくても当たらないっつーの。


帰ったら、夫が働いてました。というか働き終わってました。
乗用車2台の冬タイヤ交換、トラック駐車場の砂利ならし、玄関のタイル洗い、家中の掃除機かけ、お風呂洗い。
さすがにキレイになってました。感謝!

こう書くと、なんかすっごくいいダンナさんみたいだけど、お風呂を洗ってくれたのはなんとこれが初めてなのですよ。 (コソッと告げ口風に)  いつも私がやってたんだから。
それに、物をどけて洗ってくれたんだけど、全〜部、空の湯船の中に入れてどけた状態のまま。いっつもこうなんだよね。掃除してくれてもマジックリンは出しっ放し、洗濯物を干してくれてもカゴはそのまま置きっ放し、ゴミを出してくれても新しいゴミ袋はセットされてない。いつも後片付けは私で、
「自分で出したんだから、片付けてよー」
と何度も言ったんだけどダメ。ある時、
「オレは掃除したんだから、片付けくらいやってくれたっていいじゃん」
とまで言われて呆れてしまった。
でも言っても直らないし、夫の言うことも一理あるか、というかそう思うようにしよう、と諦めましたが。

少し風邪気味の私に代わって、夕飯も夫が作ってくれました。天津飯もどきとギョーザ。
でも夫の料理はあまり成功したことがないので、
「またマズイんだろうな。でも体ツライしなー」
とハラハラしながら見守って、でも食べてみたら、おいしい! 天津飯もどきも、あくまで「もどき」 なんだけど、食べたいと思ってた味で大満足です。
ギョーザも、お店で食べるみたいに本当においしくって、このメーカー、当たりだ! 半額だったから買ってきたんだけど、これからはこれにしよう。
夫は 「オレの焼き方が良かったんだ」 と言ってたけど。作ってくれたし、そういうことにしときましょう。


映画感想  「ベートーベン」





06/11/27 (月)
 

夫が一旦停止違反で捕まってから、夫自身はもちろん、私も少し 「一旦停止恐怖症」 気味です (笑)  踏切とか止まれの標識とか、「取り締まりしてないだろうな」 と気持ち悪い。
だったらちゃんと止まればいいだけなんだけど、見通しが良くて、完全に停止しなくても十分安全確認が出来る所なら、なかなか 「ピタッ」 と完全に止まるまではしないもの。荷物を積んでる時は特に。いや分かってますよ、ちゃんと止まらなきゃいけないってことは。

大型車の一旦停止違反は罰金9千円。ほぼ1万円も取られるなんて、かなりイタイ。というかバカバカしい。
踏切でピタッと止まった時、
「これで1万円か ・ ・ ・ 」
と思って、なんだかなあ。よーしじゃあ、止まるたびに、「1万円もうかった」 と思うことにしよう。
その後、一旦停止するたびに 「はい1万円」 「また1万円」 とカウントしてたんだけど、こんなことしてたら、1日で何十万円ももらえることになってしまう。
でも実際はもらえないんだよね ・ ・ ・ と思いがけず空し〜くなって、この案はやめました。 (そもそも、「もらえる」 でなく 「払わずに済む」 だろ)




ついでに踏切って、電車が来るだいぶ前に遮断機が降りて来るのはまあ仕方ないとしても、電車が通り過ぎてからも、なかなか上がらないのはちょっとイライラする。
行ったじゃん! もういいじゃん!って。
長い間待たせて、帰ってからいつまでも残り香が残ってる美女かっ。 ( ← 意味不明)


夕方、スーパーへ買い物に。
先週は鍋ウィークですごく楽チンだったので、献立考えるのが面倒だなあ。いつもより少しゆっくりめに店内を歩いて、適当に食材をカゴに入れてきました。これで何とかなるでしょ。

そしたらレジの合計金額が、なんとジャスト1万円。わっ、スゴイ!

いつもカード払いなんだけど、今日は現金で支払いたかったなあ。スチャッと1万円だけ出して、店員さんも 「ちょうどお預かりします」 とサッとレジに入れて、お釣りもナシで。店員さんもきっと気持ち良かったろうにな (^^q


映画感想  「8mm」





06/11/28 (火)
 

数年前にナンバー指定サービスが始まってから、「これ、指定して取ったのかな?」 と街中で見かける車のナンバーが気になります。
1とか777などは間違いなく指定だろうけど、微妙〜なやつ。例えば今日見かけた41−41とか。(何となく、「よいよい」 って、大らかなオジさんが乗ってそう)

友達で 「フムロ」 という名字のコは、226にしてます。わざわざ取ったんだー (笑)
ちなみに私の乗用車は 「194」 なのですが (4ケタ番号だけだからバレないよね? ( ← 何がだ) ) 、これは指定じゃなくて偶然です。覚えやすくていいんだけど、「いくよ」 ってなんかイヤらしいことを連想する人もいるらしく、2、3回ニヤリとされたことがあるので、ちょっとイヤだったりします。あと前住んでたマンションでは、駐車場の隣の車が 「197」 でしたが、これも偶然です。面白かったです。

何の話でしたっけ。 ・ ・ ・ 夫の今の車を買う時、結婚記念日の12−24の指定ナンバーにしようとしたら、料金が思ってたより高かったのでやめた、ということです。 (ことです、じゃないだろ)


夫と、アイバンクから臓器移植の話になりました。

「私はさ、できるものは全部提供したいんだけど、母親が嫌がってるんだよね。死んだ後とはいえ、私の体にメスを入れてバラバラにされるなんて耐えられないって」
「まー、そりゃそうだろうな」
「私もその気持ちは分かるから、今のところ提供は諦めてるんだけど ・ ・ ・ いくら提供しますってドナーカードを持ってても、家族 (遺族) が反対したら出来ないんでしょ?」
と言ったら、
「何言ってんの、そんなもん関係ないよ。ドナーカードを持ってるのが見つかったら、速攻ドワーッと病院に運ばれて、すぐにシパパーッとオペして、ザーッと臓器を取り出しちゃうんだよ」
ええっ!?

「そうなの? 家族の意思とか確認しないの!?」
「そんなのするわけないじゃん。一刻も早く、新鮮な臓器を取り出さなきゃいけないんだから」
そ、そ、そうだったのか。
確かに言われてみれば、ずっと病床にいて周囲も覚悟してた場合ならまだしも、事故で突然亡くなったりしたら、家族は動揺して死んだことすら受け入れられないだろうに、臓器を提供するかしないかの冷静な判断なんて出来るわけないよね。

「じゃあ (提供しますという) ドナーカードさえ持ってたら、家族が反対しようが何しようが、提供されるんだ」
「当ったり前じゃん。っていうか、家族の意思なんか確認してる時間なんかないってば。『ドナーカードがあった!』 となったら、それ行け! ってドワーッと運ばれてシパパーッ、だよ」
という夫の、「シパパッとオペしてる」 手振りがおかしくって、不謹慎にも笑ってしまったんだけど、でも、そうだったのかあ。
今まで、いくら提供の意思があっても、母親が反対するからどうせ出来ないだろうと、ドナーカードも持ってなかったんだけど。
じゃあ持とうかなあ ・ ・ ・

「その代わり体はぐっちゃぐちゃにされるけどね。遺体を引き渡された家族は、たまらないと思うよ。だからみんな提供するのイヤがるんだよ」
「でも、ぐっちゃぐちゃのまま ( ← おいおい) で引き渡されるわけじゃないでしょ。ちゃんと詰め物して人間の形にして、包帯巻いて、それで渡されるんだろうからさー」

とは言ったものの、母親の気持ちもやっぱり分かるんだよね。私だって、自分はいいけど、夫がもし亡くなったとしたら、シパパーッとされてしまうのを想像するとイヤだもん。
でも健康に産んでくれた母親には感謝してるし、せっかくのその臓器が、火葬されて灰になってしまうのはもったいない。移植されれば、その人の体の中で生き続けるんだもんね。もちろんその人も助かるんだし。
とはいえ、気持ち的な物も分かるしなあ ・ ・ ・ うーん、難しい。母親がいなかったら、臆せず提供できるんだけどなあ。

じゃあ臓器はひとまず置いといて、角膜はしよう! 死んだら目は閉じるんだし、母親もまさか、ぐりぐりこじ開けて見やしないだろうし、角膜 (目玉ごと?) がなくたって構やしないでしょ。母親としては、メスが入れられること自体がイヤなんだろうけど。
でも、目が見えないのって、きっとすごくすごく不便だろうから、角膜だけでもしたい、というのはずーっと思っていたのです。よーし、角膜提供のドナーカード持つぞ。ドキドキ。
本当は臓器も全〜部したいんだけどなあ ・ ・ ・ 感情的な問題は難しいですね。





06/11/29 (水)
 

工場で、私の隣りに止まったトラックの運転手さん (知らない人) が降りた時、運転席に背もたれ突きの座布団があったんだけど、私のと同じ! (夏用の、ワラみたいなサラッとした素材のやつ)

別に不思議なことではないんだけど、わー同じだあ、と妙に親近感を持っちゃった。
知らない人だけど、いつも背中とおシリとに 私と同じ弾力を感じてるんだなあ〜とか。 ( ← 変だぞ)
でもトラックをよく見たら、私のより新しい型で、足回りのスプリングと座席のクッションは、私のよりはるかにいいよね ・ ・ ・

すみません、座布団が同じってだけで、同じ弾力だーなんて思ってしまって。図々しかったです。


数日前からほんの少し風邪気味だったんだけど、今日のお昼ごろから、気分が悪くなってきました。
家に帰ってからもツラくて、夕食はうな丼と酢の物サラダにするつもりだったけど、簡単な豚肉とほうれん草のしゃぶしゃぶに変更。とても作ってられない。

食後には、温かい物を飲んで体を温めた方がいいかなと思い、インスタントのポタージュスープを飲んでました。 
小学生の時に盲腸の手術をした時、術後の食事が おもゆとオレンジジュースとポタージュスープで、おもゆとオレンジジュースは途中で気持ち悪くなって残しちゃったんだけど、ポタージュスープは最後までおいしく飲めたのです。なので私の中では、「気分の悪い時でもポタージュスープは飲める」 というか、「気分の悪い時はポタージュスープ」 なのです。
3杯も飲んじゃった ・ ・ ・

でも相変わらず気分は悪いままなので、今日は早めに寝ることに。夫はまだ帰ってなかったので、置き手紙して。

ベッドで目をつぶってしばらくしたら、夫が帰って来たみたい。
でも、置き手紙を読んだだろう後も、リビングを出入りするのにいつも通りバタンバタンとドアを開け閉めしてて、うるっさいなあ ・ ・ ・ 私が具合いが悪くて寝てるって分かってるのに、少しは静かにしようって思わないわけ?
さすがに、
「ドアの開け閉め、もう少し静かにして欲しいんだけど〜」
と言いに行っちゃった。全くもう。 

きっと水筒 (お茶と昼食のスープ用の2つ) も、いつも私が洗ってるから、そのまま置いてあるんだろうな。具合いが悪い時くらい、そのくらい自分でやって欲しいもんだわよ。よーし、明日は私も洗わないで、そのままにしといてやるっ。
とか考えながら寝たら、洗ってない水筒が夢にまで出て来ました。 (トホホ) 





06/11/30 (木)
 

朝。やっぱり水筒は洗ってありませんでした。 (昨日の日記参照)
でも、夕飯を作るのに自分が使ったフライパンやお皿は洗ってあった。(それならついでに水筒も洗ってくれれば良かったのに ・ ・ ・ )
フライパンやお皿は、広げたタオルの上に伏せて置いてあって、どうせなら片付けるとこまでやっといてくれればいいのにっ。
洗ってくれただけでもありがたいのかもしれないけどさー。

気分の悪いのは治ってたし、水筒洗いや昼食の用意もやろうと思えば出来たけど、今日はあえてやらないでおきます。これでやってあげちゃうと、体調が悪かろうが何だろうが、私がしてくれるってますます思っちゃうもんね。共働きだし、そういうふうに思われるのは困るし、冗談じゃねえと思うので (笑)

私が体調悪い時は、自分のことは自分でやってね、というしつけ。当たり前のことなんですけどねえ。


トラックを冬タイヤに交換して来ました。
さあもういつでも雪降っていいぞー! (でもなるべく降らないでね)

タイヤ屋さんの社長は、2〜3年前に倒れて以来ずっと休んでて、兄弟会社の社員の男のコが代わりにやってます。
週に1度、リハビリのない日に、奥さんに連れられて時々来てるらしいけど。

そしたら今日、私のいる時に来たのです!
「うわー社長、久し振りい!」
と駆け寄って行きました。
去年の春ごろ、倒れてから初めてタイヤ屋さんで1度会って以来なんだけど、1年半くらい会ってない間、
「きっと、もうだいぶ良くなってるかも」
と期待をこめて思ってたんだけど、あまり変わってなかったので、内心ショックでした。(顔には出さない)
杖をついて、すり足でゆっくりと歩けるくらい。言葉はまだほとんどダメ。
これじゃ、仕事に復帰するのはもう無理かも ・ ・ ・ (もちろん言わない)

体が思うように動かない、言葉も話せないっていうのは、どんなにかもどかしく、悔しいだろう。
前に奥さんも言ってたけど、あんなに仕事が生きがいで一生懸命働いていて、いつもニコニコして、いい人だったのに。世の中にはのうのうと生きてるろくでもない人間がいっぱいいるのに、なんで社長みたいないい人が、こんな目に遭わなきゃなんないんだろう、とたまらない気持ちです。世の中って不公平すぎる。私が神様みたいに、人の運命を決めれたらいいのに。

社長には、「早く仕事に戻って来てね」 とか 「リハビリ頑張ってね」 ということは一切言わないように気をつけて、他愛もない話ばかりをして、「またねー!」 と出て来ました。
でもでも、奇跡でも何でもいいから、仕事に復帰できることを、私はずーっと願ってるからねっ!!!


ドラッグストアーに寄って、マスクや手の消毒用アルコールジェルや栄養ドリンクを買って来ました。

「?」 と思ったこと。
「オードムーゲーあります」
何それ?

「タコヤキの○倍のタウリンが含まれてます!」
スゴイのかどうかよく分からん。


写真入り年賀状が仕上って来ました!

プリント写真の色が赤っぽかったので、どんな風に出来上がって来るんだろう、と楽しみより不安の方が大きかったんだけど、仕上ったハガキを見たら、思ったよりキレイに出来ててホッとした。
うん、まあまあいいじゃーん。

宛名書き用のボールペンももう買ったし、これで年賀状は完璧だ! ( ← 書かなきゃダメだって)






10月  11月の日記   12月