-2005年9月- 日記 





05/9/1 (木)
 
 

9月になった途端、あちこちで、
「秋ですねー」
と言ってるけど、どこがだよ! まだ夏だよ! と思っとります。
だって日中の最高気温、今日も明日も33゜Cだっていうんだもん。

私が 「9月はまだまだ暑い」 とそのテには乗らないぞと頑なになっているのは、10代の頃に読んだマンガの影響があると思う。
八木ちあきさんの作品で、タイトルもストーリーも忘れちゃったけど、冒頭で、夏休みが終わった新学期の教室で、
「9月っていっても、まだまだ暑いよねー」
とか何とか言いながら、主人公の女の子が下じきであおいでるシーンがあったのです。それを見て、
「そうか、9月っていってもまだまだ暑いのか」
と思い、それ以降、9月は暦の上では秋ですとか、風も爽やかに感じますねとか言われても、
「いやいや、9月っていってもまだまだ暑いんだよ」
とあの1コマを思い出すのでした。

だから、9月っていってもまだまだ暑いんですよ。


新しいFAXを使ってみました。
短縮ダイヤルできるのですごく楽! ( ← こんなことくらいで喜ぶなッ)

新しい電化製品って、なんでこんなにウキウキワクワクするんだろ。


トラックを修理工場へ預けてあるので、今朝は代車で出勤。

でも、代車の燃料がEラインギリギリで、修理工場までは持つだろうとは思うものの、反面ひょっとしたら止まるかもと思って ずっと落ち着かなかった。
こんなことなら、昨日ガソリンスタンドに寄って来れば良かったあ。

なんとか持ってくれて無事に着いたけど、次に乗る人すみません。すぐにスタンドへ行って下さい。ごめんなさいごめんなさい。


今回は板バネと呼ばれる、地面からの衝撃を吸収するクッションを交換してもらいました。
下から2枚目が折れていて、そして4枚目も亀裂が入っていたのだ。

だけど見てみたら、下の3枚が全部取り替えられてて、4枚目はそのまま。
あれれ、と思いながらとりあえず仕事に行って、修理工場が始まる時間になったら、電話して聞いてみました。

「ああ、見てみたら、下3枚とももうダメだったんだよ」
あ、そうなんですか。

「それとあのー、4枚目にも亀裂が入ってたと思うんですが」
「いや入ってなかったよ」
「え、そうですか? じゃああれ、汚れだったのかなあ ・ ・ ・ 」
「ちゃんとバラして見たんだからさ」
とまるで、
「うるせーな、ちゃんと見たんだから間違いないんだっつーの」
とでも言いたげな口調だったので、
「はあ分かりました。じゃあどうも」
と大人しく電話を切るしかなかったけど、感じ悪いなあ。

それにしても、本当に亀裂入ってないのかな? プロの人がバラして見たんだから間違いないんだろうけど。
まあいいか。亀裂が入ってるつもりで、静かに車をいたわって走るようにしてればいいんだもんね。
(といっても、普段からそんな乱暴には走ってないんだけど)


現場は初めての所で、家の近く。

ここで終わると今日は早く帰れるなあ、とつい帰る時のことを考えちゃってました。
まだ朝イチなのに。いかんいかん。


新しく道を作ってるんだけど、ふと見ると、ガードレールについてる反射板が割れてて、一瞬ドキッとした。
わ、私じゃないよね? ( ← 自信なさすぎ)


お酒のストックが少なくなってきたので、無料配送してくれる酒屋さんに電話。

いつもの焼酎に発泡酒、それとチューハイは、最近は 「ー196゜C」 というのを飲んでたんだけど、今回から別のにすることに。
ー196゜Cもおいしいんだけど、アルコールが強いせいか味のせいか分からないけど、飲んだ時にノドが 「かーッ」 となる感じが少しするのです。
それに注文する時間違えて、「ー197゜C」 と言ってしまったことが2回もあって、間違えやすいし。(それは自分が悪いでは ・ ・ ・ )

ちなみにー196゜Cのアルコール度数は7%。
なので、発泡酒と同じ5%のはないかなと思って聞いてみたけど、
「申し訳ありません、いまカタログをお調べしたんですが、チューハイはほとんどが7%のものだけみたいです」
とのこと。
そうなんですか。それじゃ、ええとどうしよう。
確かDewっていうのも結構おいしかったっけと思い出し、
「じゃ、Dew (デュー) を1ケース」
と言うと、
「え、すみません、商品名をもう1度お願いします」
と聞き返されちゃった。
言いにくいぞDew。


ところで、注文した発泡酒はもう1〜2年ずっと同じのですが、少し前まで、バーベキューであまったのをもらった別メーカーのが20本くらいあって、今もまだ数本ある。

飲み比べて、
「やっぱりいつもの方のがおいしいね」
となり、私は日に1本しか飲まないからいつものをいただいちゃうけど、夫は、別メーカーのを積極的に飲んでます。(最初の1本はいつものを飲むけど)

「こっちのを先に片付けちゃいたいんだよね。この気持ち分かる?」
と夫。

うんうん、分かるよ。私もおかずで、好きな物とそうでもい物があったら、そうでもないのを先に食べるもん。
お楽しみは取っといて、後でゆっくり味わうんだよね。

なハズなのに、いつも夏休みの宿題はギリギリまでやらなかったけど。
おかしいなあ。


05/9/2 (金)
 

午前中は、うちの会社の仕事へ。

久し振りな所で荷物を積んでいたら、
「結婚したんだってね。いつの間に」
「うん年末にコソッと」
とオジさんと笑いながらしゃべりながら、伝票に 「高木」 とサインしたら、
「前も高木じゃなかったっけ?」
と言われました。

「仕事では旧姓使ってるから」
「あ、そうなの」
うん。高木って人と結婚したわけじゃないのよ (笑)


現場は山道をバックで上がって行った所で、社長が見てるし、バック緊張する!

1回目はうまくいったけど、2回目にさらに奥にバックした時は、道が思ってた以上に急なカーブだったのでハンドルを切るのが遅れて、
「うわあーすみません!」
と言いながら、いったん前に出てやり直し。

うう、誰も見てなくて落ち着いてやったら、絶対一発で下がれるのに。
プレッシャーに弱すぎ。


それからいつもの工場へ。

事務所や他の運転手さんとは営業無線でやり取りしてるんだけど、事務所から何か無線が入って来ても、返事しない人が多い。
事務員さんも 「返事して」 と何度か注意したことがあったけど、もう諦めて放っといてる感じ。

私は必ず返事するようにしていて、逆にどうして返事せずにいられるのか不思議でならない。
何か言われたら返事するのって、当たり前のことだと思うんだけど。

そして今日、他の人が無線でちょっとしたことを言わなかったばかりに、結果的に私が本来の現場とはまるで別の所に向かうハメになってしまい、途中で発覚してUターンしたんだけど、
「んもう、ちゃんと言わないからだよ!」
とイヤんなっちゃった。
なんでほんの一言が言えないんだろう。


それから別のN工場の仕事へ行って、現場はもちろん始めての所なので、着くまで緊張。

でも、案の定行き過ぎちゃって、
「あれ、道が細くなってきたよ。何か違うのでは?」
と思い、その辺を歩いてたオバアちゃんに道聞いちゃった。

道を聞くのって久し振り。今まで畑仕事してる人や、交番に入って聞いたこともあるのだ。
(県外から来てる長距離トラックなら分かるけど、バリバリ地元のトラックで交番寄るなよ ・ ・ ・ )


N工場ではアスファルトを運ぶので、油を使うので汚れてもいいように紺色の作業服に着替えるんだけど、これが暑い。
紺色ということを別にしても、生地が絶対にぶ厚い。

10年間ずーーっとガマンしてたけど、ええいもう夏服買おう、と突如思い立ちました。もう夏終わるけど、9月っていってもまだまだ暑いのだ

帰りに作業服のお店に寄って、ざっと見てみたけど見当たらなかったので、
「これの夏用のが欲しいんですけど」
と店員さんに聞いてみました。

「寅一の紺色の夏スボンね〜」
と呟きながら、カタログを見てくれて、なかったようで、お店の奥に探しに行きました。

その間カタログを見てみたら、ハワイだかどこだか南の島で撮影されてて、男の人 (しかも外人) が作業服を着てパパイヤの木の下にカッチョ良く座っていたり、ビーチチェアに寝そべっていたり、プールに腰までつかっていたりしている。
なんでこんなサワヤカな写真なんだ! 作業服なんだから工事現場とかに普通にいればいいだろ。南の島でくつろいじゃって。仕事しろ仕事!

と思っていたらお店の人が、
「コレでどうですか?」
と持って来てくれて、生地をさわると、薄くて通気性良さそうで、いかにも涼しそう。
「あ、コレですコレ!」
ともちろん買いました。
夏物だから安くなってたし、嬉しいな。というか、もっと早く買えば良かった。

これを着て私も南の島に行きたいなあ。(行ってどうする)


週間天気予報を観てたら、来週の中ごろ、最高気温予想が35゜Cの日があって、目が釘付けになってしまった。

台風が来るから、フェーン現象かな?

トラックのクーラーのガスは漏れてて、1か月前に1本入れたっきりなんだけど、どうかこの日に切れませんようにと今日から毎日お祈りします。


夜 寝る前、外の洗濯物を中に入れようと 素早く窓の開け閉めしたつもりだったけど、何か入って来た!

うわっ何だ、と思ったら、バッタでした。
ガじゃなくて良かったと思ったものの、バッタのくせにやけにパタタタッと飛んで、キッチンの換気扇の上にとまってしまった。

殺虫剤かけようかとも思ったけど、さすがに可哀想だなと思い、外に出してあげようと袋をかぶせて捕まえようとしたんだけど、ふいにまたパタタッと飛ばれて、
「うぎゃッ!」
と逃げてしまった。
うう情けない。小さい頃はバッタくらい、チョイとつまめたのに。

諦めて夫に取ってもらおうと思ったけど、どこに行ったのか分からなくなっちゃって、
「放っとけばそのうち、どっかからひからびて出て来るよ」
とさっさと2階へ上がって寝ちゃった。

いや、ひからびてからでは遅いんだけど。可哀想じゃんか。
でも見つからないし、仕方ないから私も寝ちゃったけど。

できれば夫のいる時に出て来てね〜。





05/9/3 (土)
 

仕事です。

現場に行ったら、入り口近くに車が停まってて入れなくて、トラックを止めて降りて行ったら、
「あ、動かして」
げー。まあATだし、いいか。( ← それでも運転手か?)

でもサイドブレーキがペダル式で、解除の仕方が分からなくて、
「あれ、あれ?」
とペダルをぐっと踏んでみたり、そこいらのボタンを押してみたりしばらくして、ようやく、
「あ、そうだここだった」
と解除レバーの場所を思い出しました。
それでも以前、キャリアカー (乗用車を運ぶトラック) でいろいろな車に乗ってたのか。情けない。


監督さんが合図してくれて、荷物 (砂利) をザーッと下ろすと、監督さんの足が埋まって、
「ふん、ふんッ!」
と3、4回力を抜いて引っこ抜いていた。

あらごめんなさい。こういうことって時々あるんだけど、私のせいじゃないよね? (笑)


戻る途中の道が工事中で、迂回路になってて、路肩にはカラーコーン (赤い三角帽子みたいなやつ) が並べられてるんだけど、そのうちの1つが倒れて、先端についてる反射灯が踏まれて粉々になってました。

ここ、さっきも通ったけど、私じゃないよね? ( ← 昨日に引き続いて、自信なさすぎ)


今朝も帰ってからも、昨夜のバッタが出て来ないかと軽くドキドキしてたんだけど、姿は見えない。

そしたら、夫が帰って来て、
「あ、そういえば昨日のバッタ、掃除機で吸い込んどいたからね」
とのこと。
掃除機で吸っちゃったの? 逃がしてあげれば良かったのに。可哀想に。

もしかしたら夫も怖かったんじゃないだろうな ・ ・ ・





05/9/4 (日)
 

一昨日、また夫とケンカしました。
ちなみに悪いのは100%夫です。昨日からほとんど口きいてない。

友達の所にグチりに出かけることに。
うんうんと話を聞いてくれるのはもちろんだけど、ただ聞いてくれるだけじゃなく、分析して、対処や解決法をアドバイスしてくれる人がいい。
そういう友達は私には2人いて、A子ちゃんとY美ちゃん。

どちらの家に行こうかなと迷ったけど、ちょうど渡す物もあったので、A子ちゃんに電話。
「いいよ、いつでも来なよ」
と言ってくれたので、お昼過ぎに行きました。
そしたらA子ちゃんも、同じような理由で月曜からダンナさんと大ゲンカして、4日間ほど口もきかないで、お弁当も作らないで、夕飯も干物を焼いて出しただけだったんだって。干物っていうのがナイス! (笑) (でも出してあげるだけ偉いよね)
そうかー。同棲9年、結婚歴7年のベテラン夫婦のA子ちゃん達ですら、まだそんなケンカするんだ。ちょっと心強い。

夕方までさんざん話して、帰り道、やっぱりY美ちゃんとも話したくなってきて、電話してみたら、
「何かあったの? じゃあおいでよ! 夕飯一緒に食べようよ」
と言ってくれた。突然電話したのに、みんな快く迎えてくれて、本当にありがたいっす。

Y美ちゃんの家に行くのは1年近くぶりで、4歳の娘ちゃんがペラペラしゃべるようになってて驚いた。
また、Y美ちゃんのダンナさんも結構夫と似たタイプで、
「ああ、分かるぅ〜」
とめちゃめちゃ共感してくれた。
まあ要するに、お小遣いを一気に使っちゃって、預けてたカードに入ってたお金も使ってしまったということなんだけど。
ちなみにお小遣いは、平均額の2倍くらい。友達に言うと驚かれるくらいだし、十分すぎる金額だと思う。

「一体何に使ったんだろうねえ」
とY美ちゃん。
「さあねえ。もうどうでもいいっていうか、考えるのもウンザリだわ」
「ものすご〜〜くいい方に考えると、貯金してるとか」
「ないない! んなことあるわきゃないじゃん!」
「あと、すご〜〜〜〜く前向きに考えると、株とか」
「絶ッッッ対あるわきゃないじゃん!! ムナしくなるから、お願いだからやめて」
「そうだね (笑) ま、パチンコだろうね」
「やっぱりそうかな。この前にも別の友達 (A子ちゃん) とも会ってたんだけど、そのコもそう言ってたわ」
「うん。競艇とか競輪なら、そこまで使わないと思うし」
「まあどっちにしても、まともな理由ではないよね」
「まあね」
とお互いため息 (笑)

そして 「どうしたらいいか」 を検討してたんだけど、
「でもさ、優希が相談に来たってダメだよね。優希は何にも悪くないんだから、夫が心を入れ替えるしかないんだから」
「そうなんだよねえ」
と言いながら。
11時ごろまで話してて、とりあえずの対処法は決まったし、頑張るぞー。

しかし周りの話を聞いてると、家計についても子育てについても、ダンナさんって 「分かってない」 人ばかりで、全く男の人ってのは、とやれやれという気分になった。
(もちろんキチンと考えてくれて、分かってくれてる人も中にはいるだろうけど)
全くもうー。





05/9/5 (月)
 

昨日会ってた友達のY美ちゃんと、メールしまくってました。朝からお昼過ぎまで。

10回以上のやり取り。
タイトルにこれだけ 「Re:」 がついたの見たの初めてだわ。

電話しろよ、と言われそうだけど、メールだと言いたいことを落ち着いて整理して、端的に伝えられるのがいいのだ。
そういえば私の長電話の最長記録も、Y美ちゃんとだったなあ。夜中から明け方まで6時間ちょいしゃべってたっけ。


仕事が終わってからトラックのオイル交換をして、家に帰っていたら、
「優希ちゃん、聞こえますかー?」
と営業無線が。

「は、はいっ」
「明日、現場の書類で必要だから、認め印を持って来てもらえますか?」
「はい分かりました」

「他の人も誰か聞こえますかー?」
と呼んでたけど返事はナシ。
そりゃ、もう6時前だもん。みんなもう家に着いてますよう。

はっ、それなのに私はなぜまだ乗っているの? 家が遠いからか? 郊外だからか? それで事務員さんも、真っ先に私を呼んだのか?

でっでも、もうすぐ着くとこだったもん! それに今日は、オイル交換してたから遅くなったんだもん! いつもならもう着いてるはずだもん!

と、なにをムキになってるんだか。


先日チューハイを配達してもらうのに、
「アルコール度が5%のやつってないですか?」
「うーん、ないですねえ。チューハイはほとんどが7%になってます」
という会話のもと、じゃあ7%でもいいやと、以前おいしかったような気のする 「Dew」 というチューハイを注文したのでした。

でも今日何気なく缶を見たら、5%って書いてある。
って、これ5%じゃん! あるじゃん! (笑) 

でもまあカタログに載ってなかったのかもしれないし、見落としたのかもしれないし、店員さんだって人間だからね。( ← 対応が丁寧だったので寛大になってる)
結果オーライだから、まあいいのだ。





05/9/6 (火)
 

午後から油を使う仕事になったので、汚れてもいいよう紺色の作業服に着替えるんだけど、先日買った夏用ズボンを初めてはいた。

おおっ、涼し〜い。
いや外は暑いから、涼しいってことはないか。いつもよりは暑くない、ってだけか。

なんかこの言い方だと感動が薄いなあ。
夏用ズボンにちょっと申し訳なくなってしまった。

いや、でも快適でした。


先日、洋服のリフォーム店に、脚を開きすぎてスリットが破れてしまった ( ← バカ ) スカート2枚と、ファスナーが壊れてしまった作業ズボンとを直しに出していたのを取りに行って来た。

当たり前だけど、すごくキレイに直ってる! まるで新品のよう。ってそりゃそうだけど。
私はお裁縫があまり得意じゃなくて、ボタン付けがやっとなので、こんなんできる人は心から尊敬してしまう。

こういう人って自分のお洋服がほつれたりしても、チャッチャと自分で直せちゃうんだよね。当たり前だけど。うううらやましい。
脚開き放題だもんね。いいなあ。 ( ← 違うだろ)


帰ったら、今度の選挙の候補者についてのミニ新聞みたいのが来てました。

公約などが書かれてるんだけど、こんなの見たって分かんないよー。だってみんないいことしか書いてないんだもん。税金を減らすとか少子化対策とか拉致問題解決とか。
何年も前からみんなが言ってるけど、ひとつも良くなる兆候はないし。言うだけじゃダメだってーの。

「人柄や性格は顔に表れるハズだ。顔を見るのだ! 金に汚なそうなヤツはダメだッ」
と顔写真をじっと見て人相で判断しようともしたけど、これもダメ。だって全員、お金に汚そうなんだもん。(オイオイ)

選挙はいつも迷うんだけど。今回もしょせん 「一番マシ」 な人に投票するしかないんだなあ。


数日前から夫とケンカして口をきいてなかったんだけど、今日、夫から謝って来た。
(悪いのは100%夫なので、私からは絶対口をきかなかった)

ようやく話し合いが出来て、ちょっとは反省してくれた、と思う。

でもケンカしてる間は、お弁当も夕飯も手抜きしてやると思ってそうしてたのに、また明日から普通通りにしなきゃいけないんだなあ。あーあ (笑)





05/9/7 (水)
 

大型台風が来てるので、今日はものすごく荒れるだろうと覚悟してたけど、雨はほとんど降らず。
ちょっと拍子抜けでした。

でも風はさすがに強かった。事務所のドアがなかなか閉まらなくて、1人で 「ふん、ふんっ!」 とやってました。


夫が帰って来て、仕事のことで怒ってました。

うちの家を建てたメーカーの現場に行ったらしいんだけど、家の清掃業者に、すんごく偉そうに、
「何やってんだよ○○しろよ!」
と言われたんだって。

「それが、うちの家にも来てた担当のヤツだったんだよ」
「えー」
「オレの顔なんて忘れてるらしくてさ。アイツ、家に来た時はすんげーペコペコしてたくせにッ」
「わはは。その節はどうもお世話になりました、って言ってやりゃ良かったのに」
「そうなんだよ! でもその時は、どこかで見たことある顔だなとしか思わなくて。後から、あ、家に来たヤツだって思い出して。今度会ったら言ってやる!」
「うんうん。きっと青ざめるんじゃない」

そうか、そんなに態度違ってたかー。そういう人ってイヤだなあ。
まあその人も、普段お客にペコペコしてる分ストレスが溜まって、他の人には当たっちゃうのかもしれないけど。

あと夫の同僚の人の話。
大工さんの車をどかしてもらわなきゃいけなかったのでそう言ったら、
「うるせーんだよ、さっさと回収して出てけ!」
と怒鳴られて、
「あ、でも、車があると危ないので ・ ・ ・ 」
と言ったら、
「当てたら弁償してもらうから、いいんだよ」
だって。
いいんだよ、じゃねーだろ。
んもう、地団太踏んで 「キーッ!」 と頭をかきむしりたいくらいムカつくッ。

もちろんそんな人ばかりじゃなくて、親切に誘導してくれたり、ジュースくれたりするお客さんもいるらしいけど。
しかし毎日のようにこんな言われ方するなんて、大変だなあ。
改めて、 「いつもお仕事ご苦労さま」 と思いました。



あと別の現場で、隣りの家に犬がいて、すぐ近くで夫が仕事してるのを、じーッと見てたんだって。
「気にしないで仕事してたんだけど、そしたら飼い主が玄関から出て来たら、いきなり、『うわんわんわんわんッ!』 ってすげー吠え出して」
「あー、いいとこ見せたかったんだねえ、飼い主に」

「そんでガーッと向かって来て、リードしてるから大丈夫だと思ってたんだけど、それが伸びるヤツで!」
ぎゃはははは!

「びよーんと伸びて、おいッどこまで来るんだよとビックリして。もうちょっとで咬まれるとこだったよ! くそーあの犬」
わはは。無事で良かったね。
しかし伸びるリードは反則だ。





05/9/8 (木)
 

仕事です。

12時15分前から工場で止まったので、かなり眠かったので少し寝ることに。
シートを倒して、ハンドルにヒョイッと脚を上げて。

そしたら夢を見ました。
学校で寝てることになってて、いつの間にか授業が始まっていて、中学の時の厳し〜いT田先生だったのに、なぜか怒られない。
ウトウトしてたりボーッとしてる生徒がいたらいつも、
「ウオリャー!」
ってふいに大声を出して、その生徒どころかクラス全員、「ビクゥッ!」 とさせられたもんなのに。
(私はしょっちゅうやられてました。あの時のクラスメートのみんなゴメンなさい)

こんな脚上げて寝てるのに何も言わないなんて、年取って丸くなったのかなあ、T田先生 ・ ・ ・ と夢うつつで思ってました。



仕事の無線が入って来てハッと起きると、なんと1時。
お昼休み終わっちゃったよ。まだお弁当食べてないのに。私のバカバカ。

でも 「お弁当食べなきゃ」 と気にはなっていたようで、そういえばお弁当食べる夢も見てました。

お弁当袋を開けると、なぜか夫のお弁当まで入っていて、朝、間違えて一緒に入れちゃったんだ、夫今頃お弁当食べれなくてお腹空かせてるだろうなあ、ゴメンようと思った。

仕方なく、信号待ちの合間にお弁当食べたけど、これがなかなか恥ずかしいのです。

前にも、お昼休みなしで走らなきゃいけない時があって、この先はカーブが多くて信号がほとんどない道が続くから、まだ11時半だけど今のうちにと国道を走ってる間に食べたんだけど、ハタから見ると、
「おいおいまだ11時半なのに、しかも走りながら食べるなんて、そんなにお腹空いてるの?」
って見えるだろうなと思ってことさら恥ずかしかったなあ。

だけど今日は1時過ぎなので、
「仕事が忙しくてお昼休みもなくてお弁当食べるヒマもなくてこうして走りながらかっ込んでます頑張ってます女だからって腰かけなんかじゃないわよバカにすんじゃないわよッ」
って感じだよね。(どんな感じだ)

真相は、お昼休み寝過ごしただけってのがちょっと情けないけど。( ← ちょっとじゃないだろ)


今日はいつもと違う道から帰ってみた。

いつもの道は街中を通らなきゃいけないので、信号やら他の車で、
「あー、もう!」
と結構ストレスが溜まるのですが、今日通ったのはうって変わって、信号も車通りも格段に少ない道。

少し大回りになるんだけど、でも確実に気楽でした。これからこっちの道で帰ろうかなあ。
途中にガソリンスタンドがないから、給油したい日はダメだけど。


家の横のトラックを停めておくスペースは、前半分がコンクリート、後ろ半分は砂利が敷いてあります。
砂利の下にはシートを敷いてあって、雑草が生えてこないようにしてある。

でも1〜2か月前から、コンクリートとの境の部分から、びよーんと生えて来てるのが1本あるのです。
車庫入れのたびに気になるんだけど、トラックを停めると下に隠れてしまうし、かといって止める前に降りて抜きに行く、というのがなかなか行動に移せない。
面倒くさいというのもあるけど、住宅地なので、早くトラックを車庫入れしちゃわなきゃという焦りもあって。

でも今日、お隣りやお向かいの家はまだ誰も帰ってない。家の前で遊んでる子供もいない。
「むうッ、チャンス!」
と思い、トラックを止めて、サッと降りて抜きに行きました。

夏の間野放しにしてあった雑草はたくましく成長してて、
「ぼこぼこぉッ!」
と砂利を押しのけながら抜けて、なんかまるで、
「あっそんな、今まで放っておいてくれたから、生えてていいのかと思ってたのに〜」
と雑草が言ってる気がして申し訳なかった。

でもスッキリしたー。


おフロに入って少しゆっくりして、そろそろ夕食の支度をしようとキッチンへ行ったら、カウンターの上に夫のバッグが置いてあるのに気付きました。

中には、お弁当や水筒、タオルなどが、今朝夫が自分で入れたままでキチンと入ってる。

忘れてったの? そんなはずないよね。
昼間か、私がおフロ入ってる間にいったん帰って来たとか? まさか。
ひょっとして、朝 私が出てった後に何者かが来て、さらわれたんじゃ ・ ・ ・ と一瞬思ったけど、それこそあるわきゃないか。

持ってみるとズシッと重かったので、やっぱり忘れてったみたい。
普通忘れるかなあ、と思うけど。

ということは、昼間見た夢のように、今日は夫、お昼ゴハンにありつけなかったんだ。うう可哀想に。


夜、夫が帰って来て、やっぱり、
「弁当持ってくの忘れた〜」
とヨヨヨと嘆いてました。

ちなみにカップラーメンを買って食べたそう。


TVで 『いきなり黄金伝説』 を観ていたら、よゐこの濱口さんが青いお豆腐を作っていて、
「青色って、一番食欲がそそらない色なんだって」
と夫。
「あ、私も知ってる。昨日だったか、ラジオで言ってたやつでしょ?」
「うんそう」

私も夫もトラック運転手で、仕事中はラジオをかけているので、こんなふうに話が合うことが時々ある。
日中はお互いどこを走っているのかも分からないし (たまーーにすれ違うけど) 、よほどの用事がなければ電話もしないし、全く接触はないのに、別々の場所でこうして同じ番組を聴いてると思うと、なんか不思議で、ちょっと嬉しい。





05/9/9 (金)
 

国道の信号待ちをしていたら、すぐ横にバイクが並んで止まりました。

停止線は、二輪車用の手前に四輪車用のがあって分けられているんだけど、信号が赤になってからあまり余裕がなかったので、つい二輪車用のに合わせて前の方で止まっちゃってたのでした。
見たら、私の隣りの車線の車もそう。

あー、バイクの人に悪いことしちゃったな。
なので、信号が変わってもすぐに発進せず、バイクを先に行かせました。(隣りの車はすぐに発進してたけど)

そしたらバイクの人は私の前にスッと入って、少しこちらを振り返って、軽く頭を下げた。
たったそれだけのことだったんだけど、譲って良かったなと自然に思えて、すごく気分が良くなりました。

実は今までバイクって結構邪魔だなと思ってたんだけど (車に乗ってる人はみんなそうだと思うけど) 、礼儀正しい人もいるんだなあ。
バイク、好きになっちゃったかも。 ( ← バイクがというより、その人がでは?)


新刊買いました。(内容に触れてます)

「電車男」  原秀則  3巻
1 ・ 2巻と間か空いていて、ようやく出ました完結刊。
2巻で 「電車男の涙の意味は!?」 とか書かれていたので、何か一波乱あるのかとハラハラしてたけど、スンナリ告白OKじゃん! 良かったよぉ。
イギリス旅行帰りのエルメスに対して自信をなくしてたけど、すぐに立ち直ってくれたしね。
ドラマの方は脇役でちゃぐちゃになったり、エルメスが異常なウソ嫌いだったりと余計なエピソードがてんこ盛りでいい加減ウンザリ気味なので、このスッキリした展開がすごく良かった。
しかしエルメスちゃん、
「好きって言ったら、もっと好きになっちゃいました」
だなんて、キャワイすぎる!
マンガ版では、2ちゃんねるの掲示板を見せてもエルメスは怒らないで、逆に感激してたね。
ラストページの卒業証書も良かった。でもなんで字がズレてるんだろう?


「私たちは繁殖している」  内田春菊  6巻
5人目の子供さんが出来たわけではないんだけど、新刊か出て嬉しかった。
今回は夫ユーヤさんのお父さんの話がメインでした。 『ほんとに建つのかな』 で見たエピソードが大半だったなあ。まあいいけど。
しかしユーヤさんのお父さんには驚愕させられます。物事は両者から聞かないと本当のところは分からないといつも思ってはいるけど、やはり変わった方なのだろうなあ。
いったん籍を抜いてユーヤさんに養子に入ってもらうという形では、春菊さんに何かあった場合 今度は春菊さんのお母さんが出てきてややこしい話になるというなら、いっそ籍を入れないで事実婚のみにされたらいいのではと思うのですが、そんなことは春菊さんご自身がとっくに考えてらして、そうしないというのですから、その場合も何か不都合がおありなのでしょう。
しかし大変だなあと思います。改めて、ほとんど干渉してないでいてくれる私と夫の両親に感謝。
しかし息子Aくんのベタ塗りをそのまま本にしてしまうのはどうかなと。さすがにちょっと親バカでは (笑) 


「怒りと共にイキまくれ」  内田春菊
買おうかどうしようか迷いましたが、面白かった。
(春菊さんの本はほとんど持っているのだけど、最近のはたまにハズレもあるので。 『出遭いが足りない私たち』 とか、『最近、蝶々は ・ ・ ・ 』 も1巻でやめて以下は買ってないし)
『最近〜』 のような長編でなく、こういう短編の方が面白いかも。
しかし相変わらず、出て来る男性はダメダメです。こんなダメ男が世の中にいると思うと、ほんっと情けなくなって来る。


キーボードのカバーを新しいのに替えました。

何か月か経つと、体温のせいかぶよんぶよんになってしまうのよね。すごくキーが押しにくかった。
新しいのはピッタリフィットですよ。いいですよ。

でもぶよんぶよんのに指が慣れてしまっているので、フィットしすぎて逆に押しにくかったりして。とほほ。 (すぐ慣れたけど)


新刊買いました。

「電車男」  3巻  原秀則
「私たちは繁殖している」  6巻  内田春菊
「怒りと共にイキまくれ」  内田春菊





05/9/10 (土)
 

最近、夢に芸能人が出て来ます。

今日はデヴィ婦人と田丸麻紀さんが出て来た。
(ちなみにデヴィ夫人は嫌いな女性芸能人ベスト (ワースト?) 3の中に入る。
田丸麻紀さんは好き)

何かをひどく忙しそうにしてる田丸麻紀さんに、デヴィ夫人が、
「ちょっとアナタ、あたくしよく分からないから、なんとかかんとかってメールを代わりに打ってくださらない?」
と自分の携帯電話を差し出したのです。

横で見ていた私はムカッとして、
「田丸さん、こんなに忙しそうにしてるんだから、自分で打ったらどうてすか。本ッ当に自己中心的な人ですねアナタ!」
と思いっきりケンカ売り口調で言ってました。

夢はそこで終わり。 (早!)
起きたらちょっとスッキリしてた (笑) 


今日は私も、夫も珍しく休み。

家の前の道には、トラックがガンガン走っていて、みなさんお疲れさまでっす。

「パパッ!」
とクラクションを鳴らして通り過ぎるトラックがいて、その時は見逃したんだけど、次ににまたクラクションを鳴らして通る時に見たら、夫が、
「オレの会社のトラックじゃん」
と苦笑いしてました。

でお昼過ぎ、夫の携帯が鳴って、
「お疲れさんです。え、うん、あー本当? ありがとう」
と切って、
「洗濯物が落ちかけてるよ、だって」

「え、家の前を通りかかった人?」
「うん」

見たら、洗濯物は落ちかかってるどころか落ちてました。
もう乾いてたし、下は砂利だし、どうせ作業服だからパッパと払ってそのまま取り込んじゃったけど。

会社の人ありがとうー。


日中は暑いので、夕方ごろ出かけて来ました。
行き先は、玄関ドアなども扱っているとあるメーカーのショールーム。

前にも書いたんですが、うちの郵便受けはドアの横についてるんですが、内側に受け箱がないのです。
郵便物が1、2通の時はちゃんと挟まってるからいいんだけど、その後にまた何か届くと、前のが押されて下に落ちて、床に散らばってる状態なのです。

引っ越してすぐ、こりゃいかんと、メーカーのアフターサービスの担当の人に、
「受け箱をつけて欲しいんですが」
と言ったら、てっきりカタログを持ってきてれるのかと思ったら、なんとそこいらのホームセンターで買って来た、自転車のカゴが平らになったような網目のカゴと取り付ける金具を持ってきたのです。
自腹で買って来てくれたのはありがたいけど、これはあまりにダサイでしょ。色も、郵便受けもドアも壁紙も白なのに、黒だし。
「これしかなかったんですぅ」
とのことだったので、一応それはお預かりして、自分でホームセンターなどへ探しに行ったけど、なるほどない。
でもさ、しかるべきメーカーの所に言えばあるんじゃないの? なんでそれをしてくれないの? と思った。

で仕方ないので、自分で、前に住んでいたマンションの不動産に電話して、
「マンションのドアの内側についていた郵便物の受け箱みたいのが欲しいんですけど、ドアのメーカーを教えていただけませんか」
と聞きました。

教えてもらったメーカーの代理店は県内に1軒しかなく、電話すると、夜に郵便受けを見に来てくれて、
「うーん、うちには、シルバーとか黒のしかないんですよね。でももう一度調べて、またご連絡します」
とのことでした。

が、なんとそれっきり連絡なし! 電話番号も家も知ってるのに。
でも聞いた感じでは白いのはなさそうだったので、じゃあいいやと私も放っておいたんだけど。それにしてもいい加減すぎるなあ。



それから数か月、そのままいたんだけど、やっぱり不便。
なので再び、今度は別のメーカーへ行ってみることにしたのでした。

ショールームの店員さんがカタログを探してる間、展示されているキッチンや洗面台やおフロなどを見て回ってました。もう用はないはずなのに、やっぱりショールームって楽しいなあ。

オシャレな洗面台がいくつかあって、わー、ドラマか映画みたいーとうっとりして見てたけど、オシャレなのって収納がないのよね。
なので私は、見た目のオシャレさより収納の方を取って、鏡の裏が全て棚になっている今の洗面台を選んだ (別メーカーのだけど) のでした。うーん、すっごくオシャレなんだけどなあ。生活するんだから仕方ない。

受け箱はカタログでは見つからなくて、
「後日ご連絡させていただきます」
とのことでした。
はー、あるといいなあ。一生 落ちてる郵便物を拾う生活なんて私ゃヤダよ。


帰りに100円ショップへ。

買う物は3点だけのはずだったんだけど、店内をウロウロしてたら、あれもこれもといつの間にか9点も買っちゃってた。

でも100円ショップで買い過ぎって、なんか平和ですね。


TVで明日の天気予報を見てたら、
「雨 時々 止む」
でした。

なんだ、雨 時々 止むって! こんな予報見たの初めてでビックリした。





05/9/11 (日)
 

スーパーへ買い物へ。

レジではカゴにマイバッグをかぶせて、店員さんに袋詰めしてもらうのですが、人によっては考えないでパッパパッパ入れて、商品が寄ったり潰れたりしてしまうので、上手そうな店員さんを選ぶことにします。

ちょうど空いたレジがあったんだけど、レジは見た目ガサツそうなオバさんだったので、やめとこうかとも思ったけど、その隣りはまだお客さんがいたし、えーいもういいやとそこに入りました。

でも、オバさん店員は思いがけず丁寧に きちんと入れてくれて、内心感激。
ありがとうオバさん! 見た目で判断してゴメンね。



帰る時、白線外に停めてある車があって、駐車場の入り口近くだしすごくジャマ。

こういう車を見ると、10円玉でギーーーッとしてやりたくなる。(思うだけでもちろんやらないけど) 
他人の迷惑を考えろっつうの。

カート置き場にいる店員のオジさんも、ボーッとしてないで注意すればいいのに。


帰り途中で雨がものすごく強くなってきて、初めてワイパーを最速のにしました。もちろんライトも点灯。
さすが昨日の天気予報が、「雨 時々 止む」 だっただけあるわ。

でも私の前を走ってた乗用車、ちょっと遅すぎないか? いくらなんでももうちょっと早く走れるでしょ。対向車が来ただけでいちいちブレーキ踏むし。

でもこんな天気では追い越しも出来ないし、やれやれと思いながら大人しく後ろを走ってたけど。


昼間、出かけたついでに、セルフサービスのガソリンスタンドに寄りました。

初めての所だったけど、機械の画面をタッチ操作して、現金で2千円分入れるようセット。

「お金を入れて下さい」
と出たので、千円札を1枚、2枚、 ・ ・ ・ 目を入れようとしたら、入らない。

「現金が不足しています」
だから今、入れようとしてるんだってば。

でもやっぱり入らなくて、
「この料金分でよろしいですか?」

よろしくないってば。キャンセル。

もう1度やってみたけどやっぱりダメで、何なのよこれー。
またキャンセルして、出て来た2枚分の払い戻しレシートを持って、プリプリしながら事務所へ。
実は少し前に頭に来ることがあって、もともと機嫌が良くなかったので、「プリプリプリ」 くらいになってました。

男性の店員さんに、
「これこれこういうわけなんですけどッ」
と無愛想に言うと、
「あ、じゃあ、今教えますから」
って、何よその言い方! まるで人が機械に疎いヤツみたいに! と、さらに 「プリッ」 となっちゃった。

で、店員さんの見てる前でもう1度操作して、また同じ画面になって、やっぱり2枚目の千円札が入らない。
「あ、もう少し待って下さい。 ・ ・ ・ はい、どうぞ」
でもやっぱり入らない。

でも店員さんが代わりに入れてくれたら、入りました。
え、私の入れ方が悪かっただけ!?

うう。本当に、ただの機械に疎い & 愛想の悪い人になっちゃってたなんてー。


夕方、お腹が空いたので近くのスーパーへお弁当を買いに。

証明写真の機械があって、そういえば仕事で使ってる無線の証明書の書き換え (結婚して名字と住所が変わったので) をするのに、写真が必要なんだったと思い出し、撮ることに。

500円入れて、イスの高さを合わせて、パシャッと。
「この写真でいいですか?」 と確認画面が出るけど、いい、いい、何でも。撮り直したってどうせ同じだし。 ( ← 投げやり)

でも改めて出来上がった写真を見てビックリ。私ってこんな顔だっけ?
いつも鏡で見てるのと、髪の分け目などが左右逆だからか、なんかすんごいヘンな顔なんですけど。

もういいや、何でも ・ ・ ・ ( ← すげー投げやり)



お弁当は半額になってて、内心大喜びしつつ、私と夫の分と2つ買いました。

いや、半額でなくてもちゃんと2つ買うけど。


夜、TVは全部選挙の報道番組ばかりだったので、以前録画した映画を観ることに。

でも夫がまだ観てない映画って、そんなにないんだよなあ。
「 『 デイライト 』 は観たっけ? シルベスター ・ スタローンのトンネル事故のやつ」
「ううん、観てない」
「じゃこれにする? トンネル内で事故が起こって、スタローンが助けに行くってのなんだけど」
「うん、それでいいよ」
というわけで一緒に観てました。

自分が観たことある映画の場合って、相手の反応が気になる。
「ここ、このシーンは伏線になってるから、よく覚えといてね」
とか、
「もうすぐいいシーンなんだよー。ほらここ! どう、ジーンと来るっしょ」
とか、
「そうそう、ここは少し笑えるんだよね」
とか。もちろん口には出さず、心の中で思いながら チラッチラッと様子を伺うだけだけど。 

でも 「面白い」 と言ってくれてたので良かった。

この映画はこれまで2〜3回観たけど、今回、ラストの背景の街並みの中のひときわ高いふたつの高層ビルを見て、あれはひょっとしたら世界貿易センタービルではないかと思いました。

そういえば今日でちょうど丸4年だ、とこの時気付いた。





05/9/12 (月)
 

夫は夕飯の後、飲みながらTVを観てるうちに リビングのソファでウトウトしてしまうので、寝る時間 (12時ごろ) になったら、
「ほら、歯みがいて来て。ちゃんと寝るよ」
と起こします。
(なかなか起きない時もあるので、これが結構一苦労だったり)

今日も寝ようと思って、
「夫、ほら起きて」
と肩をポンポンと叩いてたら、ピピッ、ピピッと目覚しの音が。え、目覚し?
なんだ夢か。

寝ぼけて、ちゃんとベッドで寝てる夫を起こそうとしちゃった。夫はまだ4〜50分は寝てられるのに。ごめんねー。
ちょうど目覚しが鳴ってくれて良かった。(ちっとも良くない)

こんなだから、
「別々に寝たい」
って言われちゃうんだな。ガクッ。


朝イチの仕事は、とある現場から土を引き上げて来ることに。
私の他にも3台。

土はいつも、決まった山に持って行くので、この時も何も考えずにそこへ行くと、誰もいない。
あれ、ここじゃないの?

私の前の J さんに電話すると、
「そうなんだよ。これ、○○町に持ってくんだって」
とJさん。
「えーそうなの? 何も言われなかったから、いつも通り山に来ちゃった」

「オレもそうだと思ってたんだよ。でも念のため現場で聞いたら、○○町だって言われて。出て少し行った所で優希ちゃんを待ってたんだけど、みんな知ってるのかな、知らないのオレだけなのかなーと思って、出ちゃったんだよ。待っててあげれば良かったな、ゴメンね」
「ううんそんな、J さんが悪いんじゃないから。でもさ、いつもと違う場所に持ってくんなら、言ってくんなきゃ分かんないよねえ」
「そうなんだよ!」
他の2台は、朝 事務所に行って直接聞いたのか、分かってたみたい。でも営業無線では一言も言ってないんだから、教えてくれればいいのに。
一番悪いのは、配車係の事務員さんだけど。

もう怒る気もしなくて、
「何なのよ、もう」
と思っただけだったけど。(その分、J さんが代わりに怒ってた)


銀行に新しく口座を開くのに、お昼休みに行って来ました。

でも、今ってホント厳しいのね。免許証の住所を見て、
「ご自宅からは遠いですが、お仕事がこの辺なんですか?」
と聞かれたし。
どこで口座作ったていいじゃんよう、とおっかなくて、何も悪いことしてないのにドキドキしちゃった。

無事に口座を作ってもらって、トラックへ戻ってお弁当を食べてたら、銀行から電話がかかって来て、
「申し訳ありません、印かんをいただくのを、1か所忘れてしまいまして」
「あ、じゃあ、今持って行きます」
と、銀行の近くに停めたままだったので、すぐに印かんを持って行きました。

さっきの窓口に行って、
「どうもー」
とニッコリして言うと、
「は?」
という顔をされた。あれ、顔覚えてないのかな?

そしたら奥から、
「どうもすみませえーん」
と出て来た人がいて、あ、この人だ!
なんだ交替したんですか? お昼休みですか?

つか、違う人だって全然気付かなかった ・ ・ ・
いくら人の顔を覚えるのが苦手だからって、つい今まで目を合わせて、「はいはい」 ってしゃべってたのに。私って。


信号待ちで止まったら、突然、
「ぶしゅううー! シュッ、シュッ」
とエアーの音が。

隣りの工事現場の音かなと思ったんたけど、
「ひょっとして私? パンク?」
と心配になって、窓を開けて顔を出してみたら、運転席側の前タイヤから聞こえるような気がする。

信号が変わったのでじんわり動いてみたら、エアーの音も微妙に変化して聞こえて、ああ、やっぱり私だ。引っかけた覚えはないけど、とにかくパンクだ。
信号を左折して、すぐわき道へ入りました。

でもそしたら、パタッと静かになって、あれ? もう1度窓を開けてみても、何も聞こえない。
何だ、やっぱり工事現場の音だったんじゃん! わき道にまで入ったのに〜。

また大通りににゅっと出る時、
「なんでこんな所から?」
という目で ちょうど通りかかった知り合いの運転手さんに見られて、恥ずかしかったっす。もうヤダ。


ゲームセンターの前では、男性の店員さんがずーっとのぼりを振ってて (交替はしてるんだろうけど) 、今日は最高気温33゜Cくらいなのに、大変だなあ。

しかしのぼりを振るのって、効果あるの? パチンコ屋さんでも時々見かけるけど。
私がお客なら、のぼりを振ってたからって、
「じゃあ入ろう」
なんて別に思わないけどな。

って、のぼり振ってる人の存在価値を全否定です。それをやらせてる店長さんよりヒドイです。
き、きっと、「じゃあ入ろう」 と思う人もいるよね、うん。 ( ← フォローのつもり)


夕方ごろ、営業無線で、
「全員最後に、朝行った現場で、自分で土を積んでまた○○町に持っていって」
と言われました。

行ってみたら私が最後で、しかも土は私1台分。
げ。何で 「げ」 なのかというと、どんと山になってるのをザクザク積むのは簡単なんだけど、最後になると、キレイにさらえて取らなきゃいけないのです。
うまい人だと、キレイな真っ平らな更地できるんだけど、私にはとてもムリ。
できるだけ丁寧に一生懸命取ってたけど、やっぱりキレイには出来ないです。ううどないしよー。

でもこの現場、まだ周りの地面もガタガタだし、そんなにキレイにしなくてもいいのかも。
うん、いいよね。誰も私にそこまで期待してないよね。っていうか、やれって言われても出来ないし。

・ ・ ・ 自分で言っててなんか落ち込んできた。


○○町に向かう途中、事務所から営業無線で、
「 J さんに連絡取るんだけど、無線も電話もつながらないのよ。もう帰っちゃったのかしら?」
「えー、まだ帰ってはいないと思いますけど。ちょうど○○町に着いた頃なんじゃないですかね」
(○○町は山あいなので、電波が良くない)

「そうか。じゃ優希ちゃん、向こうに行ったら J さんに、明日M工場に入るよう伝えてくれる?」
「はい分かりました」
「それで、もし J さんが無理だって言ったら、優希ちゃん入って」
「はい分かりましたー ・ ・ ・ 」

ぎょえー。M工場かあ。
というのもM工場の仕事は、いつも結構キビシイのです。
工場はみんないい人ばかりなんだけど、ニッコリ笑いながらこき使うというか (笑) 朝は早いし、お昼休みもいつもないし。

これはぜひとも、J さんと連絡を取らなければ!

でも無線で呼んでも返事はないし、電話も 「電波の届かない所におられるか ・ ・ ・ 」 で、つながらない。
うう、J さん出てくれえー。
ひょっとして、さっきの事務所からの無線が聞こえてて、わざと出ないんじゃないだろうな (笑) 

何度も電話してみたけど、やっぱり出ない。
予断ですが、呼び出し音が鳴ってて出ない場合、何度もかけると不在着信が山のように残ってストーカーちっくでイヤだけど、つながらないとそんな気がねもなくガンガンかけられるからいいですね。

というわけでガンガンかけまくってたんですが、やっぱりつながらない。
このまま連絡が取れなくて、結局私が行くことになりそうだなあ。
どうせそうなら、もう今から行くつもりで心の準備をしておこう。はー、明日は5時起きかあ。

でも家に着いてからもう1度かけてみたら、つながった! そして出た!
「J さん、明日はM工場に入ってほしいそうです」
「分かったよーん。優希ちゃんと一緒だね?」
「いえ、私は違うんですけど。言っておいてくれって頼まれただけで」

と本当のことなのに、なんか後ろめたかったです。
しつこく何度もかけたからなー。
(伝言を頼まれたのは本当だから、それでいいんだけど)


キャベツの千切りをしてたら、かなり久し振りに、包丁で指を切ってしまった。

手が濡れてるから、じわーんと血がにじんで。痛かった。 (当たり前だ)

こうやってケガをすると、包丁とかハサミとか、子供用で危なくないのがありますよね。包丁だと、刃先と刃元が切れなくなってるやつ。ああいうのはダメだなと思う。
包丁もハサミもカッターも、刃物はきちんと気をつけて正しい使い方をしないと 「危ない」 もので、切ると血が出て痛いものだってことを分からせることが大事だなと。

そもそも私は、子供はどんどんケガはした方がいいと思ってるし。
(でも取り返しのつかないことになる場合もあるし、その辺は難しいなあと思うけど)

それとも、私もいざ自分の子供となると、
「こんな小っちゃくてかわいいお手々がケガしちゃうなんて耐えられないッ」
と、安全包丁やらハサミやらを持たせたくなるのかな。





05/9/13 (火)
 

昨夜、食器洗い機を回すのを忘れてて、お弁当箱などを手洗い。

たまにやると面倒くさー。それに、すごく水を使うなあと実感。

もう忘れないようにしなくちゃ。


出勤途中、信号待ちしてた前のバスが、乗客全員が (といっても5人だけど)、左斜め前方をじーッと見てる。運転手さんまで。

え、何があるの? と見たけど、別に何もない、いつもの街並みなだけ。

何だったんだろう。バスガイドが、
「左手をご覧下さい」
と言ったわけじゃあるまいし。(路線バスにいないって)

たまたまみんな同じ方向を向いてボーッとしてたのか、私みたいに、
「前の人何を見てるんだろう」
とつられてただけなのか。


宅配便の運転手さんの名札シリーズ。

名前は普通だったんだけど、名札が手書きでした。
新人さんかな?


今日も晴れて暑くて、道ばたでオバさん達が立ち話してました。

5〜6人いて、全員日傘を差してる。

通り過ぎる時にチラッと見たら、そのうちの1人は、何かの業者っぽいスーツの男性でした。
って、アナタまで日傘差すなあ! (いや別にいいんだけど)


荷物 (砂利) を持って行ってる工場で、
「構内で、なるべく砂利をこぼさないようにしてね」
と言われました。

あ、すみません。
荷台の両端についてる、荷物をこぼれないように上げ下げするシートを、つい荷物を下ろしたのと一緒に下ろしてしまってたのでした。そうするとシートの付根にはさまっていた砂利が外にこぼれてしまうのだ。

でも、
「トラックが古いから仕方ないわよねえ」
と事務員さんに言われて、いえあの、確かに私のトラックは古いですけど、砂利がこぼれるのはシートを下ろしたからなんですけど ・ ・ ・ 荷台に穴でも空いてるって思ってません?
とほほ。


信号待ちしてたら、斜め前の乗用車の屋根にトンボがとまろうとしてて、でもツルツルピカピカにワックスをかけられてるから滑ってなかなかとまれなくて、諦めて飛んで行きました。

オジさんのツルピカ頭に虫がとまろうとしてツルッと滑ってしまう、というマンガを思い出して、なんか笑ってしまった。すみません。( ← 誰に謝ってんだ)





05/9/14 (水)
 

午後から雨らしいので、洗濯物は、屋根のある2階のベランダに干して来ました。

仕事で家の前を通った時、洗濯物が元気に風になびいてるかなーと通りすがりに見たら、あれ、見えない?
帰りにもう1度見たら、やっぱり見えない。というか、物干し竿が片方外れて、落ちちゃってる。
あーあ ・ ・ ・
さっきひと雨あったから、下に落ちてるなら濡れちゃてるだろうな。

竿をかけ直してこようかなとも思ったけど、どのみち洗い直さなきゃいけないだろうから、いいやもう、とそのまま通り過ぎた。
帰ってから洗濯やり直しだと思うと、ゆううつ〜。

1階の物干し竿はこれまで2回外れて落ちてたことがあるから、竿ストッパーを買ってはめてあるんだけど、2階にも買って来なきゃ。
前に住んでたマンションは 上階で風も強かったけど、竿が外れたことなんて1度もないのになあ。


ラジオで、
「21歳の男の人とメル友になって、恋の予感がするってウキウキワクワクしてたのに、その人本当は34歳で、ウソついてたことが分かって、すごく落ち込んでます。どうしたら立ち直れるでしょうか」
というメールが読まれてビックリした。

多分19歳かそこらの女のコだと思うけど、そおおんなことで落ち込んでたら、この先 生きて行けないよ!
つかメル友なんて、そのくらいのウソつくの当たり前だから。
もちろん、真剣に誠実に出会いを求めてる人も中にはいるだろうけど。

でもさー、結婚して子供までいるのに、独身だっつってメールしてる人なんてゴロゴロいますからねえ。メールに限らないけど。

こんなことこれほど傷付いてしまうなんて、このコこの先どうなるんだろう ・ ・ ・ と他人事ながら本気で心配になったんだけど、でも19歳の頃って、みんなそうなのかな? そうなのかも。私もそうだったのかも。そんでこれから何度もだまされたり痛い目に遭ったりして分かっていくのかも。

うわなんか、スレたおばさんみたいになっちゃった。ヤダヤダ。


帰る途中、大きな現場をやってて、毎日何10台ものダンプカーが走りまくってます。

帰り道にそこを通って、前や後ろに現場のトラックがいると、なんか私まで仕事してる気分。
働き者みたーい。 ( ← 気のせいだっつの)

見通しの悪い交差点にはガードマンが立ってるし、便利。
(もちろんちゃっかり誘導してもらう)


前に生協のチラシで、アップルカッターを買おうかどうしようか迷ってて、結局買わなかったんだけど、TVで誰だったか芸能人が、
「一瞬でスパッと切れて、すごい気持ちいいんですよー」
と言ってたのを聞いて、今週のチラシにまた載ってたので買っちゃいました。( ← 影響されやすすぎ)

でも、皮はむかなきゃいけないんだよね。だからやっぱり迷ったんだけど、くし形に切る手間が省けるだけでもいいか。しゃーない、皮くらいむいてあげるよ。(何様?)

あと、熱湯を注ぐだけで温泉玉子が簡単に出来るというのも、買おうかどうか迷ってます。


夜、のんびりパソコンしていたら、目の前の卓上ライトに小さな虫が飛んで来て、急いで殺虫剤をかけようとしたら、デスクの上のグラスを倒して、中のチューハイと氷をほとんどぶちまけちまいました。

メモ用紙やらデジカメの充電器やらビーズクッションやら、床もビショビショ。
「だーーー、もう!」
と慌てて拭いたけど、充電器大丈夫かなあ。
接続してみたら、ちゃんと充電はされてたけど。

くそー、あの虫め! ( ← 本当は自分のせいなんだけど、思い切り逆恨み)

ムカついたのでチューハイもう1本飲んじゃった。


私は化粧水は手作りしてて、精製水とグリセリンを5 : 1で混ぜるだけのやつ。

今日また作ってて、帰って来た夫がグリセリンと書かれた容器を見て、
「危ない物がある〜」
と言ってました。
あのーひょっとして、爆発するニトログリセリンと一緒にしてる?

でも私も人のことは言えない。
中学の頃、ATMを爆発させて銀行強盗しようかと考えてて ( ← 大バカ) 、「シティーハンター」 でニトログリセリンが一滴でもボンッと爆発するのを見て、
「これだ! でもどこで手に入れられるんだろう。そういえばニトロって、心臓病の人が発作の時に飲むって聞いたことあるなあ。よし、じゃあ薬局だ」
と、心臓病の人ってあんな爆発物飲んで大丈夫なんだろうか、スゴイなあと思いつつ ( ← 激バカ) 、薬局に、
「ニトログリセリン下さーい」
と買いに行ったことがあるのです。( ← ・ ・ ・ )

もちろん売ってもらえませんでした。
中学生って普通、もう少し賢いよね ・ ・ ・





05/9/15 (木)
 

天気予報は雨のち晴れだったのに、8時ごろからもうスッキリ晴天に。

こんなことなら洗濯してくれば良かった。


仕事は急きょ、アスファルトを運ぶN工場に入ることになって、ヤバイ、アスファルト用の夏の作業服忘れた!
昨日着て、洗濯して、もう乾いてたのに。

冬用のはあるけど、暑いだろうなあ。せっかく夏用のを買ったとこなのに。私のバカバカ。
ついこの間 夏用のを買うまでは、真夏でも冬用の作業服でやってたんだけど、一度サラサラでウフフな夏服を味わってしまうと、ボタッとした重い冬服なんて耐えられない。

でも外に出てみたら思いがけず涼しくて、これなら冬用のでもなんとかイケるかな。
第一、家に取りに帰る時間もないし。( ← 時間があったら取りに戻ろうかとも考えていた)

で、冬用の作業服でとりあえず荷物を積んでシートをかけたけど、うん、それほど暑くない。



でも現場に行く途中、家の前を通ったので、それならと、やっぱり途中着替えて来ちゃったけど。

昼間ひょっこり家に戻るのってヘンな感じ。なんか違和感があって。
あと 「泥棒いないだろーな」 と少しドキドキするし。(しない?)


アスファルトの仕事は、荷台に油を塗ったりシートをかけたりするので、汚れてもいいよう紺色の作業服に着替えるわけですが。

2回目の荷物を積む時、油を入れるのにコックをひねったら、ぶわッと強い風が吹いて、油が私の方に飛び散って、一瞬で腕やシャツ、ズボンに黒い点々が! どわー !

多分顔にもかかったと思ったけど、早く準備をしなきゃいけないので、腕だけサッと拭いて、とにかく油を塗りました。
車に乗って鏡を見ると、やっぱり顔にも点々が。うう、お肌に絶対良くない。

油は黒いドロッとしたもので (多分廃油だと思う) 、洗っても絶対落ちないので、白いカッターシャツはおじゃんです。
ズボンは紺色なので、目立たないから大丈夫だけど。でもまだ買って3、4回しかはいてないのに〜。


現場は、
「○○交差点を右に曲がった所なんだけど、入り方を聞いてね」
と、前の運転手さんの電話番号を教えてもらった。

聞かなきゃいけないほどややこしいのか、と早くもビビリ気味。
ちゃんと分かるかなあ。何回も聞き返したらバカに思われるだろうか、と不安に思いながら電話すると、
「えーっとね、○○の交差点を右に曲がったら入り口があるから、そこから入って、機械の方へバックね」

・ ・ ・ って、思い切りフツーなんですけど。聞かなくても分かるんですけど。

まあ、ややこしくないのはありがたいけど、何回も聞き返してバカだと思われることもなかったので良かったけど、ちょっと、いやかなり肩すかしでした。


朝、N工場に来るのに積んできた荷物が、指定のものと違っていたことが判明。

普通なら 「まあいいや」 となるけど、その荷物は今使わないらしく、
「悪いけど持って帰ってよ」
と言われてしまった。
多分私が聞き間違えたんだと思う。私のバカバカバカ。
これ、かなり落ち込みました ・ ・ ・

N工場の事務員さんが、
「今日はツイてないわねえ」
と優しく言ってくれて、いえ、ツイてないとかじゃなく、私のミスですからッ。

「明日はツイてるかもしれないからね」
となぐさめてくれて、この事務員さんはかなりキツイ人らしく、同じ工場の運転手 ・ Nちゃんにもキツイ言い方をしてるみたいなんだけど、私にはなぜかすごく優しいのです。

どちらかというと私は人に好かれるタイプではなく、反面Nちゃんは好かれるタイプなので、この事務員さんのような構図になるのはすごく珍しい。でも嬉しい。


仕事用のゴム手袋が破れてきたので、新しいのを買いにワークショップへ。

仕事帰り、スーパーや本屋や電気屋などに立ち寄ることは時々あって、でも作業服だと場違いでちょっと恥ずかしいんだけど、ワークショップでは全く違和感がない。当たり前だけど。

あー落ち着く。
思わず店内を一周して、用のない粉じんマスクまでじっくり見てました。( ← ただの怪しいヤツ)

ゴム手袋と、あと長靴も、まだ何ともないけど一足買っておきました。


読んでくれてる方にはどうでもいいことでごめんなさいですが、今日で夫と付き合って丸4年だなと、そういえばと思い出した。

15日に飲みに行って、付き合おうとなったのは翌日の朝だから本当は16日になるんだろうけど、出会ったのがちょうど半年前の3月15日なので、面倒くさいので15日として覚えてる。( ← こーゆーヤツ)

丸4年かー。
長いようで、半分以上は一緒に暮らしてて密度が濃かったせいか、まだたったの4年? という気もする。

未来はあとどのくらいあるのかな。





05/9/16 (金)
 

トラックのゴミは、仕事先のゴミ焼き場 (ってただのドラム缶だけど) に捨ててるんだけど、見られると恥ずかしい物もあって。

お菓子の空き袋はまだいいとしても (いいのか?) 、恥ずかしいのは、このHPの日記のメモ。
信号待ちや現場待ちの間にちょこちょこ書いてて、お昼休みなどまとまった空き時間にポケットボードに入力して、メモを捨てるんだけど、これ見られたらかなり恥ずかしい。
なので折りたたんで、ぎゅ〜〜〜っとねじって捨ててます。

でもよく考えたら、そこまでするほど恥ずかしいことを、そもそもこんなインターネット上で公開しちゃってるんですけど。どうなってんだ。


とあるコンビニが閉店してて、
「○○店に移転オープン! ぜひお越し下さい!」
と書かれてありました。

○○町までは、ここから車で10〜15分。
美容室やおケーキ屋など、「そのお店じゃなきゃ」 というなら移転しても行くだろうけど、コンビニで15分もかかるなら、どっかその辺の別のコンビニに行くよ。

まあ、「○○町にお越しの際はぜひ」 ってことだろうけど。
それとも、相当自信のあるコンビニなのか。 (何にだ)


午後からの現場は林道らしくて、
「気をつけてね。そこ、前に○○建設のダンプカーが落ちた所だから」
と言われました。
あー、知ってる。もう何年も前だけど。そうか、ここの山かあ。

地図と一緒に、「ここが危ない」 という写真をカラーコピーしたのももらって、こういうことされる方がコワイんですけど (笑) 
それに 「ここが危ない」 っていうの、5か所もあるし。多すぎ。

「ここのカーブのとこ、鉄板がひいてあるんだけど、この下は地面ないからね」
じゃあ鉄板なんてひかない方がいいのでは ・ ・ ・



でも行ってみたら、 「うわ狭!」 と思う所はあったものの、大丈夫でした。

しかし、落ちたという○○建設の人は、一回転して川の中に落ちた (もちろんトラックごと) って聞いたけど、この崖下の川のことだよね。
よく生きてたなあ、と思う高さなんですが。怖えぇ。


すごく久し振りの工場に荷物を取りに行きました。

事務所の男性に、
「高木さん、でしたよね?」
と聞かれて、
「はいそうです」
と答えたんだけど、
「まだ同じ名字? まだ結婚してないわけ?」
って思われてないかなあと、ふと不安になりました。

違うんですよう、昨年末にしたけど、仕事では旧姓使ってるだけなんですよう、と心の中で弁解。
事務所の人は何も思ってないかもしれないのに。つか多分思ってない。


ラジオを聴いてたら、お花屋さんのCMで、
「敬老の日にお花を贈りませんか? おじいちゃんもおばあちゃんも、きっと喜んでくれるかも」
と言ってて、「きっと 〜 かも」 って、ヘンじゃないっすか? どっちなんだよ! って感じ (笑) 

こういう自信なさげというか、語尾を曖昧をする言い方って最近よくするよね。「とか」 を始め、「〜だったりするんだけど」 「かもしれません」 など。
もっと自信持とうよー。


帰りにガソリンスタンドに寄りました。

給油中の車と看板の間がわずかに狭くて通れなかったので、止まって待っていたら、店員の男性が、
「オーライ、オーライ」
と合図する。

え、通れる? 私の感覚がおかしいの?
と身を乗り出してみたけど、やっぱり無理じゃん。運転の腕がどうのというより、間隔的に。

私が動かなかったら、店員さんもようやく、
「あ、無理っすか?」
と笑ってたけど。

無理っすよ! ドキッとさせないでよー (笑) 


夕飯はカレー。
今回は入れるのは具とルーだけにして、他に何も入れずに作ってみた。

今まで、「これを入れるとおいしくなるよ」 と聞いたことのある、しょうゆやソースやケチャップやバターや生クリームやコーヒーやチョコレートやローリエやガラムマサラやはちみつやヨーグルトを少量ずつ入れてたんだけど、
「これは果たして本当においしいのだろうか」
と疑問に思い、前回、夫が入れろと言うしょうゆ、ソース、ケチャップだけ入れたのと、上記のほとんどを加えたものを別のお鍋に取り分けて、夫に食べ比べてもらったら、
「こっちのが断然おいしい!」
と絶賛したのは、いろいろ入ってない方だったの。

なので次回は (というか今後ずっと) 、しょうゆとソースとケチャップだけにしとこうと思ったんだけど、でもこのしょうゆ (以下略) も入れない方がひょっとしたらいいんじゃないの? と思い、今回はルーだけに。

帰って来た夫は、
「おっ、今日のカレー、すんごくおいしそうな匂いがするよ」
って、匂いだけで既に誉めてるよ、この人!

食べ終わった後、
「今回のはルーしか入れなかったんだけど、おいしかったよね」
「うんおいかった」
ということで、もうルーしか入れないでおこうっと。

夫とも話してたんだけど、だって考えてみたら、このカレールーって、そこの食品会社の人がものすごい研究して、試行錯誤して、考えて悩んで、円形ハゲにまでなって (るかどうかは分からないけど) 、味を作ってるんだもんね。おいしいはずだよね。

もちろん味覚は人それぞれだから、
「オレはカレーには砂糖を入れなきゃ気が済まんッ!」
って人も中にはいるだろうけど。いないか。





05/9/17 (土)
 

目覚ましはいつも2つセットしていて、早めに鳴らして 「ああもうすぐ起きなきゃ」 と心の準備をしつつ二度寝する用と、起きる時間に鳴らして 「さあもう起きなきゃ」 という本命用。

今朝、本命用のが鳴らなくて、見たら昨夜の10時で止まっていて、でも心の準備用のが鳴ってくれてたおかげで遅刻はせずにすみました。 (寝坊はしたけど。いつもより40分早く出なきゃならないのに、起きたのはいつもと同じ時間)

やっぱり目覚ましは2つかけとかなきゃダメですね。


今日は山で荷物を積んで、伝票を出すんですが、
「まずスタートを押して、車番を入れて 「確認」 、業者は23番で 「確認」 、 ・ ・ ・ 」
と説明し出すので、
「え、自分で機械を操作するんですか?」
「そうだよー」
ええ!

えーと何だっけ、まずスタート、それから車番、そして確認だっけ?」
と 「確認」 ボタンを押すんだけど画面が変わらなくて、
「あっ間違えた? いいや、荷物積んでくれた人がこっち来るから、教えてもらおう。壊しちゃったらヤダし」
と、まるで新しい電化製品は余計なボタンを押すと爆発すると思ってる年配の方並み。

聞いたら 「確認」 ボタンで正しかったんだけど、接触が悪くて、何回も押さなきゃダメだったのでした。


仕事はあまり通らない街中のコース。

大通りを何本も横切るのですが、通りには車のわだちがついていて、それを横切るとすごい凹凸でトラックが 「ぐおんぐおん」 となって、「うおううおう」 と思ってました。

乗用車では平気なんだけど、トラックでは道の凹凸は、かなり激しく感じるのです。車高が高いからか、 (私のトラックの) クッションが悪いからかは分からないけど。
そんなわけで交差点の真ん中でブレーキ踏まなきゃならなくて、後ろの車の人すみません ・ ・ ・





05/9/18 (日)
 

今日は町内の清掃。結局、清掃だけ出て、バーべキューにはやめとくことにしました。
(私はどっちでも良かったんだけど、夫がヤダって言った。言うと思ったけど)

掃除は私も行くつもりだったし、ちゃんと朝起きたんだけど、昨夜夫と言い合いしてムカついてたので、
「えーい、1人で行け!」
と家にいることにしました。
そもそも一世帯に1人でいいだろうし、それに着て行く服がなくてどうしようかと思ってたし。 (ジャージが一番いいんだろうけど、持ってない。普段着はパジャマだし、ズボンってジーンズしかないし)

でも早く起きたし、洗濯しまくってました。
(夫は掃除から戻って来たら昨夜のことはコロッと忘れていて、フツーにしゃべっていた)


スーパーに買い物に行ったら、レジを後に袋詰めする台の上に前の人のカゴがそのまま置いてあって、一緒に重ねて入れておきました。

駐車場に出ると車イス用の2台分のスペースに強引に3台入れてあって、よく見ると真ん中の軽トラ (紅葉マーク付き) が強引に突っ込んだような形で、両側の車のドアが開けられないくらい。
みんな自分勝手だなあ、とイヤーな気分になった。

私が買い物袋を車に積んでいたら、その両側の車の片方の子連れ家族が戻って来て、案の定、
「何よ〜この軽トラ。全くもう」
とか何とか、夫婦がブツブツ言ってるのが聞こえてきた。
でもそう言ってるアナタ達も、車イスじゃないし。そこ停めちゃダメだし。

そしてその家族は、押して来たカートをそこ (軽トラのちょうど後ろ) にそのまま置いて行ってしまった。
もしかしたら軽トラに制裁を加えたつもりかもしれないけど。でもこんな駐車の仕方するくらいだから この軽トラの持ち主も、脇へどけるだけで絶対戻しになんか行かないと思うけど。

なんなんだこの世の中、どうなってんだ ・ ・ ・
外に出ると心がすさむような気がする ・ ・ ・ (私もそんな立派な人間じゃないけどさー)


今のDVDデッキはスゴイ、と電気店で思って1か月近く。

HDDの録画時間が何百時間とか、倍速ダビングとか、予約録画は番組表のように表示されてそれを選ぶだけとか、野球延長や最終回拡大されたドラマなど 自動的に時間変更してくれるとか、夢のような機能が頭から離れません。欲しいです。

とりあえずもっと詳しく聞いて来ようと、電気店へ行って来ました。 (行くんかい!)

一番気になる機能は倍速ダビングなので、一体何倍速で出来るのかな、この前チラッと見たのは100倍とあったけど、といろいろ見てみたら、主に64倍速。
64倍速って、何倍? (だから64倍だって)
何台ものデッキと 「これでもかーッ」 というたくさんの文字に目がチカチカして、頭はボーッとして何も考えられなくて、どのみち今日は買うつもりはなかったし、お店を出て来ました。

でも駐車場へ向かう途中、64倍速ったら、1分がおよそ1秒ってことだよねと思い (ようやく少し頭が働いて来た) 、ということは2時間番組は120秒、2分でダビングできるんだ! うひゃー! と1人興奮してました。 ( ← 遅すぎ)

うわあスゴイ。そりゃ便利だ。よーし、明日また行こう。


久し振りのアルバイトです。秋のブライダルシーズンで忙しくなってきたみたい。

サブのデジカメは首にかけてるんですが、久し振りなので、30分くらいかけてたら首が痛くなってきた ・ ・ ・ 大丈夫なのか、私。



今回はチャペル式からの撮影で、神父さんによっては厳しい人もいるので、
「どの程度まで前に出てってもいいですか?」
と確認してみると、
「あ、もううるさいことは言わないので、どんどん出て来て写して下さい」
「じゃあ、階段の上くらいまでいいですか?」
「ええ、どうぞどうぞ」
良かった。今日は大らかな方だわ。

と安心して、階段の一番上の段まで上がって数枚撮ったら、この後集合写真を撮るために待機していた社員のKさんがササッと来て、
「さっき祭壇上がった?」
と耳元で。
「え、はあ、階段の上まで ・ ・ ・ 」
「絶対祭壇には上がらないでね!」
「あ、は、はい」
はー、何よ、もう。
ちゃんと神父さんには了承取ったんだけどな。
かと思えば、別の式場では祭壇に上がりまくりで神父さんの後ろを横切ったりしてもいい、というかしろとまで言われたこともあるし。どうせいっちゅうの。

というか、別に祭壇に上がったっていいじゃんかとも思う。神聖なキリスト教の式を軽んじるつもりはないけど、でも新郎新婦さんともキリスト教じゃない (場合がほとんどな) んだし、中途半端な信仰心を出して祭壇に上がらないでおくよりも、前に回って顔の写ってた写真をたくさん撮った方が絶対喜ばれると思うし。

と、なんだかものすごく不満だった。まあ私はアルバイトの身だし、言われた通りにしますけどさ。



披露宴の前に新郎新婦さんと少しお話をしたら、
「ポーズを作ってるより、自然な写真がたくさん欲しいです」
とのこと。
「カメラ目線じゃない方がいいんですね。じゃあ、隠し撮りみたいにしていっぱい撮りますから」
「そうそう、隠し撮りでお願いします (笑) 」
オッケー分かりました! 実は私も、カメラ目線じゃない写真を撮る方が好きなのです。いつも何も言われなくてもそうしてるんだけど、今回はそういう写真のがいいとハッキリ言われたし、燃えるー。

宴は、会社関係の人はいなくて、親族とご友人のみ。
最初のあいさつは新郎さんのお父さま、乾杯は新婦さんのお父さまでした。おおっ、こういうの初めて。でもすごく良かったです。

あと最後のご両親への花束贈呈の曲がB ’z の 「OCEAN」 でした。
その時の流行りの、あるいは新曲を取り入れるのってすごくいいと思う。今回はビデオ撮影しなかったけど、でもお友達が撮影してたから多分それはもらうんだろうし、何年も経ってから観た時、
「この曲が流行ってた頃だったんだー」
と懐かしく振り返ることができるだろうから。少し前に 『プライド』 って木村拓哉さん主演のドラマをやってた頃、主題歌のQUEENの 「 I WAS BORN TO LOVE YOU」 が最後の退場の時に流れたことが数回あったんだけど、曲自体もすごく合ってたし、この曲がリバイバルヒットした頃だったって懐かしく思い出せるよね、いいなと思ったのでした。

あと数年前にいとこの結婚式に行った時、神前式の真っ最中、叔母さんの携帯の着メロが 「チロリロリ〜」 と鳴って、
「ちょっとちょっと!」
と焦ったけど、それが 『千と千尋の神隠し』 の主題歌だったので、
「でも後から、 『千と千尋〜』 が公開された年だったねって思い出せるから、いいかも」
と密かに考えてたのでした。 (私の式じゃないけど)

あと親戚や友達の子でも誰でもいいから、小さい子供と一緒に写真やビデオに納まっておくのもおススメ。
「○○ちゃんがこんなに小さい時だったんだー」
って数年後思えるだろうから。



宴終了後、新郎さんから、
「これ、気持ちですけど」
とお礼金を渡されました。
「いえそんな、お気遣いなく」
と一旦は断ったんだけど、
「いえいえ、受け取って下さい。いい写真をたくさんどうもありがとうございました」
と言われて、それじゃあどうもありがとうございますと受け取って、ひええ、これで写真が失敗してたらお返ししなきゃと考えてました。(バカ)

写真室へ戻って、現像依頼書を書いていたら、責任担当者だった男性がバンッと入って来て、
「はいはい、もらった物を出しなさい」
と手を出して来た。
一瞬何のことか分からなかったけど、ああお礼かと気付いて渡すと、
「さすがに目の前で渡されてたから、見て見ぬフリは出来ないからね〜。これは会社のだからねッ」
と立ち去って行きました。
くうッ、ガメようとしたのがバレてしまった。(おいおい)

このバイトを始めて少しした時、こんなふうにお礼をいただいて、
「これどうしましょう」
と戻ってから主任に言ったら、
「あー ・ ・ ・ 」
と主任も迷ってる感じで、他の社員のMさんが、
「でも半分は高木さんのものでしょ?」
と言ってくれて、でも、
「預かっておくわ」
と主任にそのまま取られちゃったのでした。
社員のN嶋さんとMさんが、
「でも正直に言うだけエライよねー」
と話していて、え、ひょっとして言わなくても良かったの? 私バカ見た? と思い、その後はもらっても言わないでおいたのでした。(といっても2回くらいだけど)

でも今の担当の人、私がまだ持ってるって知ってるような口ぶりだったなー。上にいる主任に、
「あのカメラマンのコから、お礼預かりました?」
と確認したんじゃないかなあ。くうっ、主任にもガメようとしてたことがバレてしまったわ (笑) 
まあ本当のことだから仕方ないけど。


夕方からのお式だったので、式場を出たのは9時。

スーパーでお弁当を買って帰ったら、50%オフになってて嬉しかった。こんな時間ですもんね。遅くに終わるのもいいもんだなあ。

でも久し振りだったので脚が疲れたー。





05/9/19 (月)  敬老の日
 

午後からデパートに行って来ました。

晴天だし連休最終日だし、混んでるだろうなーとは思ってたけど、やっぱりすごく混んでた。

駐車場に停めるのが大変で、空いてる所を探してウロウロ。
私の他にも探してる車はたくさんいて、どこかがひとつ空くと、我先に停めようとみんながピリピリしてるのが分かって、なんかヤですね ・ ・ ・ (遠慮してたらいつまでも停められないんだけどさ)

ちょうど通りかかった所で、車に乗り込んだ人がいて、周囲には他の車はいなかったし、ハザードをつけて待ってて、スッと停めることができました。ホッ。

でも車を降りてお店まで歩いてく途中、ハザードをつけたまま駐車してる車を2台も見かけて、あー、私みたいにハザードつけて空くのを待ってて、それで切るのを忘れて行っちゃったんだ。バッテリー上がらないといいけど。
ナンバーを控えて店内放送してもらおうかなとも思ったけど、デパート以外に敷地内には本屋やレストランなどもあって どこに行ったか分からないし。


私もまず本屋さんに行ったんだけど、店内は外の喧騒 (というのはオーバーかな) がウソのように静かでゆったりした時間が流れてて、落ち着くなー。
駐車場が空くのを待ってる人達のために、ちゃっちゃと買い物を済ませて帰るようにしないと、のんびりウインドウショッピングしてたら悪いみたい。(でもするけど)


デパートでは、メモしといた物が全部買えて、満足。
といっても、枕のカバーパッドとか、お箸とか、修正ペンとか、相変わらず日用品ばっかなんだけど (笑)

あとバイト用の時計をひとつ。
前にも買ったんだけど、電池が切れてしまい、交換して来なきゃと思ってつけないでいるうちに、どっか行っちゃったのでした。千円くらいだったけど。
やっぱりないと不便なので買うことにしたけど、前のはチェーンの腕時計だったので、今度はキーホルダータイプのにしました。これだと海外旅行の時も使えるし。
(って、まるでしょっちゅう旅行してるみたいな言い方だなあ)

ナース用の、文字盤が逆のやつがあって、あ、これだ、と思った。
看護婦 (士) さんは胸元に時計をつけるらしいんだけど、ぶら下げってる時計が自分から見えやすいように、文字盤が逆になってるのです。
私もウエストポーチにぶら下げて使うつもりだから、理屈は同じてこっちのが見やすい。値段も2千円と安いし、これにしよう。

店員さんに 「これ下さい」 と外してもらう時、
「わー、なんか私、ナースみたい?」
とちょっと嬉しかった。( ← バカ)


あとDVDデッキですが、結論から言うと、買い替えるのはやめました。

再び電気屋さんに行って、ビクターとSONY (スゴ録) とを比べていたら、私の希望を聞いた店員さんが、
「それでしたら、SONYより東芝 (W録) の方がおススメです」
と教えてくれました。
ケーブルの番組表まだ表示されるのは、東芝だけだかららしいです。

でも、逆のぼり録画機能がなくて、これがあるのはビクターだけとのこと。
(ちなみに私が今使っているのはビクター)

逆のぼり録画というのは、番組を観てて、最初から録画したいと思ったらグイーンと巻き戻して、好きな所から録画できるというもの。DVDデッキの電源が入っていて、チャンネルが合っていることが条件ですが。これで何度か録画したこともあり、なかなか便利なのです。
どうしても欲しい機能かと聞かれればよく分からないけど、今、当たり前に使っているこの機能がなくなったら、ひょっとしたら不便に感じるかもしれない。

じゃあビクターにしようかと思ったけど、HDDで2つの番組を録画できる機能がついてないらしい。
「HDDとDVDとでは同時にできますよね」
と確認すると、
「いえ出来ません」
「え、今うちにあるのは出来るんですけど」
「あ、そうなんですか。これはもう、チューナーがひとつしかないから無理なんですよ。だから値段が下がったというのもあるんですけど」
「はー、そうなんですか」
ひとつしか録画できないんじゃダメだわ。あとビクターは、ケーブルの番組表が表示されないっていうのもあるし。
どちらにしても、欲しい機能がひとつずつ欠けてる。

あと決定的だったのは、魅力だった64倍速ダビングは、一番画質を落とした上でのスピードなんだって。私はいつもLP (ビデオでいう3倍) で録画してるんだけど、それだと4倍速でしか出来ないそう。
4倍速でも 倍速なしの今よりはもちろん早いけど、64倍が標準と思い込んでたので、不満が残る。
うーん ・ ・ ・ なんかイマイチだなあ。
番組の時間がズレても対応して録画してくれるというのはすごく魅力だけど、それだけで買い替えるというのは、さすがにもったいなすぎる。

というわけで、今回は見送ることにしました。
もう少ししたら、もっとダビングも高速になって、ケーブルの時刻表もついて、HDDで2番組同時録画できて、っていうのが出て来るよね。それまでガマンだ。

出費がなくなった安心感と、でもすっかり新しくて便利なDVDデッキになるつもりでいたので、そのガックリ感で、何となく落ち込んでしまった。


夕飯はマクドナルド。

ドライブスルーで、「トマトチキンフィレオ」 の 「フィレオ」 が言えなかったのがちょっと情けなかったです。






05/9/20 (火)
 

止まっていた時計の電池を入れ替えておいたんですが、今朝、それより早くセットしておいたもうひとつのよりも先に鳴り出して、
「あれ?」
と思いながら止めて、窓の外を見るとまだ薄暗い。
曇ってるからかなとも思ったけど、それにしたって暗い。

時計を見ると、1時間ほどまだ早かった。
どーなってんの ・ ・ ・ (もちろんまた寝た)

私が合わせ間違えたのかもしれないけど、この寝室の目覚し時計は、なんだか知らないけどよく狂うのです。
引っ越してすぐ買った時計は、最初から時間が狂いまくってて、寝る前にキッチリ合わせても朝になると20分ほど遅れてるという具合。電池を替えてもダメで、ほどなくして本当に壊れてしまった。(落としたりぶつけたりは一切してない)

次に買って来たのも、最初に2日連続、また朝になったら遅れてて鳴らなくて、でもそれからはちゃんと動いてくれてて、今も使ってる。
今日狂ってたのは前のマンションの時から使ってるやつだけど、何なんだろう。

この部屋には時計を狂わせる何かがあるんじゃないか、と半ば本気で思う。
お願いだから、2つとも一度には狂わないで欲しい。
もう1つセットしといた方がいいかなあ ・ ・ ・


午後の仕事が始まった頃から、なんだかお腹がズーンという感じで痛くなってきた。
トイレに行きたいという痛さじゃない。重くて鈍い痛み。

息を吐くと余計痛いんだけど、吸ってばかりいるわけにもいかないので、イテテテと思いながら少しずつ吐いてました。

何なんだろう、これ。
ひょっとして食中毒? とも思ったけど、お弁当のおかずを思い返してみても、あやしい物は何ひとつない。ご飯も今朝炊いたのだし。
うーむ何なのだコレはッ。

1、2時間したら治まってきたけど。
腎不全でかかってるかかりつけの病院が現場のすぐ近くだったので、いざとなったらすぐ行けるという安心感があったのが良かったのかも (笑) 


夜、DVDの編集をしていたら、去年の春にできちゃった結婚した いとこのDくん (当時20歳) の結婚式のビデオが出て来たので、つい観入ってしまいました。

これで3回目だけど、何度観てもいいっス。感動するっス。
Dくん立派になって ・ ・ ・ うう、幸せになってね。(結婚したの1年半前だっつーの)

小さい頃のDくんしか知らないので、この結婚式のビデオを初めて観た時は、本当に衝撃的でした。
それに、両親である叔父さんと叔母さんの両方それぞれに似てて、正に 「ミックス一丁上がりィ!」 という感じ。
子供っておもしろくて、不思議で、神秘的だなあと思う。

あんなに小さかったDくんが、こんな立派になって、自分も子供作っちゃったりして (ってのは余計か (笑) ) 、結婚式で晴れ姿を披露してるのを見ると、子供を産んでもいいかなと思う。(もちろん産めるならだけど)

子供は好きじゃないんだけど、自分の子なら可愛いと思えるんじゃないかと思うし、何より、私と夫の子供がどんな顔なのか見てみたい。
でも産むとしても1人でいいけど。

あ、でもDくんの弟ののKくんは、甘い感じの、Dくんとはまた違ったタイプのいい男なんだわ。
むーん、やっぱり2人目も産んだ方がいいかな。(おいおい)





05/9/21 (水)
 

仕事先の工場に行ったら、また犬がウロウロしてました。

近くに山があるので、そこで捨てられた犬が 時々ここへ居付くのです。誰かが食べ物あげるんだろうな。
居付くのは別にいいんだけど、工場の前はダンプカーや乗用車の通りがかなり激しくて、またこの犬があまり車を怖がらずにのんびり道を横切るので、見てるこっちはハラハラ。
お願いだから轢かれないでね。

あと痩せているので、この間観た 『火垂るの墓』 のセッちゃんを思い出す ・ ・ ・ うう。


初めての場所へ荷物を持って行くことになって、行ってみたら誰もいなくて、
「手前に鉄板が敷いてあるから、その横に下ろしておいて」
とのことだけど、鉄板は2か所ある。
どっちだろー?

私1人では分からなかったので、後ろの運転手さんが来るのを待ってました。
ベテランの人の意見を聞いた方がいいし、それに責任を二分化できるし。 ( ← おいおい)

でも結局分からなくて、業者の電話番号を聞いて、問い合わせたんですが。
(そしたら 「こっちかなあ」 と言い合ってたのと違う方で、聞いて良かったー)


途中のガソリンスタンドに、
「ガソリン上昇」
という貼り紙がしてあって、何が言いたいんだろう?

「ガソリン上昇してますがすみません」
なのか、
「ガソリン上昇してて大変ですね」
なのか、
「ガソリン上昇してるぜ、へっへっへ」
なのか。

何だったんだろう ・ ・ ・


この時期、田んぼのあちこちでもみ殻を燃やしていて、見かけるたびについ、
「焼き芋焼いてるのかなー」
とチラチラ見てしまいます。

私の小学校では芋畑があって、みんなで苗を植えて、夏休みも水やり当番を決めて世話して、秋になったら掘り起こして、火をつけたもみ殻の中にアルミホイルにくるんで入れて、焼き芋にして食べていたのです。
(しかもなぜかマラソン大会の後に。ぐったりバテてる時に焼き芋って。いやおいしいんだけど)

焼き芋って、ものすごーく好きなわけじゃないんだけど、なんとなく顔がほころんでしまう食べ物です。不思議だな。
『ドラえもん』 のしずかちゃんも焼き芋が大好きで、でも恥ずかしくてそれを隠しているんだけど、女心の分からないのび太が山ほど焼き芋をプレゼントして怒られる、という話もあったっけ。どうでもいいか。


それとこの時期、トンボが2匹くっついて飛んでるのをよく見かける、というかほとんどがくっついて飛んでるけど、あれって交尾してるんですよね?

今日、なんか長いぞと思ってよく見たら、3匹くっついて飛んでるのがいました。
トンボも3Pするんだー。 ← これが言いたかっただけ。
(実際は、オスがメスの取り合いをしているそう)


ラジオショッピングではアクセサリーを紹介してて、よく聴いてなかったんだけど、最後に、
「今注文すれば、クリスマスにもバッチリ!」
と言ってて、ええ、もうクリスマス!? プレゼントって、もう今から買うもんなの?

私があまりクリスマスにこだわらないのもあって、余計ビックリした。

でもいくらなんでも早くないっすか? まだ9月だよ。あと3か月もあるんだよ。
こんな早くからプレゼント買って、クリスマスまでに別れちゃったらどうするのよ。 ( ← 大きなお世話)


夕飯は秋らしくサンマにしたんだけど、夫はあまり魚が好きではないらしく、魚を出すといつも、
「魚かあ。少しでいいからお肉も食べたいな〜」
と言います。
私もそんなに魚好きではないけど、サンマ、サバ、かれい、むつ、はたはた、ししゃもは結構好きで、週に1度はお魚を食べたくなる、というか食べた方がいいと思って献立に取り入れてるのにー。

なのでいつももう一品は、お肉を入れるようにしてます。
今日のもう一品は、白菜とコンビーフのあっさり炒め。 (本を見た)
コンビーフが入ってるんだから文句はないでしょ。ビーフだよビーフ!

と思ってたんだけど、コンビーフを加えたら、なんかネコ缶みたい ・ ・ ・
自分で食べててもネコ缶みたい。
帰って来た夫に、温め直して 「はい」 と出してもネコ缶みたい。

味もそこそこだったし ( ← それは私の腕のせいか) 、多分もう2度と作らないと思います ・ ・ ・





05/9/22 (木)
 

先日買い替えたFAX、ちゃんと1回で送信できるし、便利です。 ( ← それが普通)
番号も短縮登録できてラクだし。 ( ← 今どき普通)

でも今朝、送信しようとしてもできなくて、もう1度やってみてもダメ。
ど、どうしたFAX!?

と思ったら、電話線をパソコンと差し替えるのを忘れてたんでした。あービックリした。
いくら新しいFAXでも、電話線繋がってなきゃ送信できるわけないよね。


仕事は、山道をずーーっと上がって行った所。

「前に○○林道行ったでしょ。あの続きだって」
はーい。 ・ ・ ・ ても確か、かなり急な所だったよね。

最初の上り坂は結構急だけど、えーと2速で行けるんだっけ?
勢いをつけて2速でガーッと行ったけど、もう少しで上がり切るという所で排気量がぐぐッと落ちて、ああダメだ!
やっぱり1速でなきゃ無理だったか。私のバカ ・ ・ ・
ゆっくり下までバックするのはかなり情けなかった。誰も見てなかった (と思う) から良かったけど。

それからもどんどん山の中へ。
ここって前に、ニホンカモシカが目の前に飛び出して来たんだっけ。
一応道はついてるとはいえ、右も左も木がぎっしりだし、どう考えても自然界の中に人間がお邪魔してるという感じで、これじゃあ何が出て来てもおかしくないけど。

荷物を下ろして、下りは上りよりラクだと思ってたけど、どっこい大変だった。来た時には当たらなかった枝か当たってミラーかあっち向いちゃったり、道の悪い所で車かバウンドしたり。帰りは荷物かない分車が軽くて バウンドしやすいのは仕方ないんだけど。
なので、上りよりゆっくり行かなくちゃでした。

景色も上って来たのとは違ってて、来る時には手前から見えてた小さな滝が、下りではすぐ横に来るまて見えなくて、急に 「ザーッ」 と音がしたのでビックリしたり。 ( ← 小心者すき)

あと来る時には気付かなかったけど、小ぶりのハンモックくらいのクモの巣があったり。
うわー、と思ってよく見たら、虫がすんごくいっぱいかかってて、うえーとなったり。よく見るんじゃなかった ・ ・ ・

暑かったので窓を開けてたんだけと、二の腕が急にこそばくなって、何か虫がいる!
「うわわわわわ!」
と腕をブンブン振り回したら、バッタでした。
足元にポトッと落ちて、どどどどこに行った? と探してたら、あやうく道を踏み外して崖から落ちるとこでした。
たかがバッタで崖から落ちたなんて、うちの社長じゃなくても怒るよね。危なかった。

そして、もうそろそろ山道も終わるかなと思った頃、前から4 t 車が!
ひええ。すれ違いなんて出来ないのに、どうしよう?
4 t 車のオジさんは、めいっぱい山側に寄ってくれたんだけど、いやムリですって。
「どっかすれ違える所ないかなあ?」
と、暗に私にバックしろと言って来たけど、ここまで20分は下りて来たんだから、さすがにムリです。
「いや、ずーーーっとないですよ」
と言うと、
「こっちもずーーーっとないんだよなあ」
「だいぶ上がって来ました?」
「うん、だいぶ上がって来た」
「うーん」

もう少し後ろに、ほんの少し道幅が広くなってる所があったけど、あそこで出来るかなあ。つか、そこでなんとかしないとどうしようもない。
少し下がって、一旦トラックを降りて、地盤が大丈夫か見てみました。
下にも地面があるし、柔らかくもないし、大丈夫、だと思うけど。私が寄らなきゃいけないんだよね。ううイヤだなあ。
おそるおそる寄ってもなんともなくて、無事にすれ違いは出来ました。良かった〜。

でも少し下りたら、すぐにわき道があって、何よ、それほど上がって来てないじゃん! (笑) 
まあ数百メートルでも、バックするとなると大変だけどさ。


それから国道を走ってて、隣りの車線にいたトラックを何気なく見たら、運転手さん (男性) がハダカですよ。
な、何だ!?

暑いからなのか、荷物の積み下ろしかなんかしてて汗びっしょりになったからなのか分からないけど、とにかく上半身ハダカでした。

下半身は着てました。何だ ・ ・ ・ じゃなくて、良かった。





05/9/23 (金)   秋分の日
 

今日はゆっくり寝ようと思ってたけど、9時ごろ目が覚めて、トイレに行きたかったし起きました。

簡単に朝食を食べて、それからまたベッドへ。
外の車の音がうるさくて眠れないな〜と思ってたけど、いつの間にか寝てたらしく、夫が起きたのも全然気付かなかった。

でも二度寝したらヘンな夢見た。
ゲイの男の人が、 ・ ・ ・ あー何してたんだっけ、かなりヘンなことだったんだけど。
起きてしばらくは覚えてたんだけど、忘れちゃった。メモしとけば良かった。


午後からはアルバイトへ。

お客様の中で、熱心に写真を撮られる方がいて、その方のジャマをしないようにしつつ私もしっかり撮らなくちゃ。これがなかなか難しいんですが。

あとお友達のカメラで、
「撮ってもらえますか?」
と頼まれることもあって (というか、こちらから 「お撮りしましょうか?」 と声をかける) 、ほとんどがデジカメか使い捨てカメラなんだけど、問題はデジカメ。モノによって、しっかり長く押さなきゃシャッターが切れないものや、ワンテンポ遅れてフラッシュが光るものなどいろいろあって、 「あれ撮れないぞ?」 と思ってカメラを動かしたらフラッシュが光る、ということも。
カメラを手渡されて、いざ撮る時になったら節約モードで液晶が暗くなっていて、その時はシャッターを半押しにする、というのはもう慣れたけど。

あと、親戚の方から一眼レフを手渡され、しかもMF。げげっ、自分でピント合わせなきゃいけないの?
慣れてないカメラと緊張と焦りとで、果たしてピント合ってたかどうか自信がありません。 ( ← それでもプロか? つか私ってプロなのか? お金もらってる以上はプロか ・ ・ ・ )

それにしても今日のデザートはおいしそうでした。食べたかったー。



バイト後、先週に撮った写真を見たけど、もっとああすれば良かった、こうすれば良かったと反省することばかり。
全て満足することは多分一生無理だと思うけど、1枚でも多く 「よし!」 と思える写真を撮れるようにしたいなあ。


帰ってお風呂に入ったら10時で、夕飯を作ろうと思ってたけど、こんな時間なのでそうめんだけで軽く済ませることに。

夫がゆでてくれてたんだけど、それと自分で小麦粉をこねて、フライパンでお好み焼きもどきも作ってるようでした。
絶対おいしくないよねと思って (だっていつも 「失敗したー」 と顔をしかめながら食べてるんだもん) 、先にそうめんを食べてたんだけど、出来上がったのを少しもらったら、おいしい!
なんだかんだいって結構食べちゃった。やばい。





05/9/24 (土)
 

私は休みで、夫は仕事。

ふと目が覚めて時計を見ると、夫の起きる時間にセットした目覚ましが鳴る2分前で、おお私ってスゴイ。
でも私には関係ないので、また寝たけど。


朝一番でスーパーへ行く途中、どこでもいいからコインランドリーに寄ろうと思い、最初にあった所に入りました。

でも、そこはスリッパに履き替えて入らなきゃいけなくて、げげッ。
スリッパって、靴下はいてたら別にいいけど、ストッキングとか素足の時ってなんかヤダ。もし前に水虫の人がはいてたらどうしようって思う。

でも履かないわけにいかないし、靴のまま上がるなんてもってのほかだし、仕方なく履いたけど。どきどき。


午後から美容室へ。

2か月前、20年ぶりくらいにショートカットにしたんだけど、これがラクでラクで!
もう伸ばせないかもしれない ・ ・ ・

前髪とサイドだけ 伸びた分たけ切って、あとは量だけ減らしてもらいました。



それはそうと行ったら、
「早いですねえ! この間短くしたから、もう当分はいらっしゃらないだろうなーって覚悟してたんですよ」
と言われたけど、前に来てから2か月経ってるんですけど。

でも今まで、半年に1度くらいしか行かなかったっけ。そりゃ早いって言われても仕方ないか。


友達のY美ちゃんの家へ遊びに。

私が家へ上がってしばらくして、窓から外を見たY美ちゃんのダンナさんが驚いた様子で、
「優希ちゃん、車の窓開いてるよ!」
と言って来た。
「え? うん」
「カギもつけっ放しだよ、カバンも中にあるよ!」
「うんそうだよー」
「じゃなくって、危ないって!」
え、そう?

「でも家の前だし、ここ一番突き当たりだし、誰も来ないでしょ」
「いやいや、ヤバイよ。持ってきた方がいいよ」
とダンナさんとY美ちゃんちゃん2人して言うので、
「はーい ・ ・ ・ 」
とバックを持って、キーも抜いてきたけど。(でも窓は開けっ放し)

うーん、危ないっすか。そうっすか。



2時間くらいで帰るつもりだったけど、あっという間に3時間以上経って、さすがに帰って来ました。

「夕飯カレーだよ」
と、食べてかない? という風に言われたけど、かろうじて (笑) 


うちではいつも発泡酒だったけど、少しでも安い方がいいからと、第3のビールといわれるお酒 (正式には何ていうんだろう。雑酒って書いてあるけど、雑酒でいいの?) にしようかと、全種類買って来て、夫と飲み比べ。

全部飲むつもりだったけど、お腹いっぱいになったのと酔っ払ったので、2本残してギブアップ。
残りは明日にしよう。ゲフ。





05/9/25 (日)
 

アルバイトです。

撮影したスナップ写真は新郎新婦さんに渡すのはもちろん、その写真を元にアルバムを作成します。
アルバムのタイプがいろいろあって、タテの写真が多めのものとか、横が多めとか、その時によっていろいろ (というほどでもないか) 。

そして今回は、小物 (の写真) がたくさん必要らしい。
小物というのは、指輪とかブーケとかウエディングケーキとかお花とかウエルカムボードとか。
これらは普段でも撮ってるから、それ以上に撮らなきゃいけないと言われても、何を撮ればいいんだろう!?
乾杯のシャンパングラスとか、ケーキ入刀やキャンドルサービスの時の重ねた手のアップとか 片っ端から。んもうただの卓上花まで撮りましたよ。これでどうだ! ( ← 誰に言ってんだ)


お風呂上りがそろそろ寒くなってきたので、脱衣所 (洗面所) に置く用の暖房器具を、電気店で見てきました。

家を建てる時、洗面所にもルームヒーターをつけるはずだったんですが、ギリギリでやめたのでした。でもつけときゃあ良かった。

店員さんに、
「空気が汚れなくて、暖まるのが早いのがいいです」
と言うと、
「じゃあ電気ファンヒーターですね」
とのことなので、小型の電気ファンヒーターにしました。

でも在庫がなくて、
「お急ぎでしたら、展示品をお包みして、5%引きにさせていただきますが」
とのことで、別に急ぎじゃないんだけど 5%引きに惹かれたのでそうしてもらいました。
箱がないけど、どのみち箱から出してもらう (ゴミに出すのが大変だから) つもりだったから、ちょうどいいし。

シーズンごとに出し入れする手間はあるけど (といってもそれくらい大したことないけど) 、ルームヒーターつけるより安上がりになったかな。だといいけど。
あとどのくらい暖まるのかちょっと不安。私、寒がりなんだからね。頼むよ。 ( ← だから誰に言ってんだっつの)


レンタルしてきたDVDを観ました。

『いま、会いにゆきます』
『ウインブルドン』




05/9/26 (月)
 

連休空けの月曜はツラい。

目覚しが鳴っても、
「こんなに眠いのに起きなきゃなんないの!?」
と本気で信じられなかったし、ああ、これから1週間か、長いなあ。

仕事が好きでもこんなふうに思うんだから、仕事キライな人って本当に大変だと思う。夫なんだけど。


仕事です。

座席から後ろのベッドスペースに移動する時、天井についてる電気のプラスチックカバーに背中をガリガリッとこすりつけてしまい、痛かった ・ ・ ・
お風呂で浴槽につかる時、水道の蛇口で背中をガリガリッとやってしまったことを思い出して下さい。あんな感じ。

服の上からだし、お風呂の蛇口ほどではないけど、それでも痛い。何回も繰り返してしまう自分も痛い。


現場での待ち時間、他の運転手数人とおしゃべり。

「外にいても気持ちいい季節になったよなー」
「もう夜は寒いよな」
「オレ、2、3日前に夏布団片付けたよ」

「私も昨日、冬布団出したよ」
と私が言うと、
「何でだよ、新婚なのに!」
「ダンナとくっついて寝りゃいいじゃんー」
と口々に言われました。
し、新婚はやめて下さい。新婚だけど。

「だってダンナさん暑がりだから、くっつくとイヤがられるんだもん」
と言っておきました。本当だけど。

「一緒に寝てるんだろ?」
「うん」
「かー、いいなあ」
「いいなあ、新婚は」
と、みんな異様にうらやましがってたけど、うらやましがられるようなことは全然ないんですが ・ ・ ・ 黙ってたけど。


荷物を下ろした後、シートをたたむのに、ちょうど3階建ての建物で日陰ができていたので、その前にトラックを停めてシートをたたんでました。(もちろんエンジンは切って)

建物は看板屋さんで、前に停めて悪かったかな。シャッターは閉まってるんだけど。
まあいいや、手早くたたんで早く行こう。

でもしばらくしたら、そこのご主人らしき人が帰って来て、ジロリと見られたりは全然しなかったけど、
「すみません。すぐどかしますから」
と声をかけると、こちらを見ないまま、
「いいよー。ゆっくりして来なよ」
と言われました。
ナハハ。ちょうどお昼だし、ゆっくりしてきたいのは山々ですが、工場まで行っちゃわなきゃいけないので。
でもありがとうございます。怒られなくて良かった。


帰りに、腎臓の定期検診で病院へ。

ずっと腎不全だと思ってたけど、私の勘違いで、腎炎らしいです。(過去の日記は直しておきました)
そうだったのかー。といっても、いまだに腎不全と腎炎の違いがよく分ってないんだけど。腎炎は腎不全より軽いらしいです。
まあ、腎臓がうまく機能してない初期症状だという自分の認識は変わらないんですが。

2種類飲んでる薬のうち1種類を、前回 (1か月前) から変えてみた けど、結果は同じだそう。
まだしばらく続けて、何回か検査してみなきゃ正確には分からないけど。

でももし結果が同じなら、最初に飲んでた薬の方がいいな。
前のは飲む時にサラサラと出て来るんだけど、今飲んでるのは袋にくっつく感じで、わしゃわしゃっと袋を指でこすり合わせなきゃいけなくて、薬が飛び散って 口の回りが粉っぽくなったりするのです。そんなことでかい、と言われそうだけど、毎回のことだからこれが結構大変なのです。

同じような効能の薬は他に5種類あるそうだから、全部試すことになると思うけど。
もし結果が同じだったら、値段の安いのにしよう。


先々週、郵便受けの受け箱をつけようと、メーカーのショールームに行って、
「調べてお電話しますねー」
とのことだったんですが。

2週間近く経っても連絡がないので、先週の木曜日に、
「あのー、まだですか?」
と電話すると、
「あ、まだ連絡ないですか? 申し訳ありません、調べて折り返しかけさせていただきますので」
「はあ、お願いします」

でもまだかかって来なくて、日曜日、
「どうなってるんですか?」
と再びかけると、
「まだ連絡いってませんか? お電話いただいて、代理店には催促しておいたんですが」
「あ、代理店なんですか」
「そうなんです」
「とにかく1度電話するように、もう1度伝えておいていただけますか」
「分かりました。今日は休みですので、明日また伝えておきますので」

で、今日。夕方4時になってもかかって来ない。
またかけて、
「代理店の電話番号教えて下さい。直接かけます」
と聞いて、代理店にかけました。

電話に出た女性によると、メーカーからの連絡を受けたのは営業の人間で、いま外出しているとのことなので、
「とにかく何がなんでも、今日中に1度連絡くれるように伝えて下さい」
「はい、分かりました」

そしてようやく6時過ぎ、電話かかって来ました。少し年配らしい男性で、
「どうも、○○の者ですー。郵便受け箱ですよね。1度現物を見せてもらって、サイズなど測らせてほしいんですけどー」
と普通に話し出すので、おいおいちょっと待てと思い、
「それはいいですけど、私、3回催促の電話してるんですけど、連絡は3回ともおたくが受けたんですか?」

「ええと、最初のは知らないんですが、この前のはそうです」
「この前っていつ。4日前のですか」
「そうですね」

「それでなんで電話して来ないんですか。忘れてたんですか」
「いえ、忘れてたわけではないですよ」

「じゃあ何なんですか」
「ええと、ですから、○○メーカーさんのサッシはうちでは卸してないので、現物を見せていただかないと分からなくて ・ ・ ・ 」

「それは分かったっての。だからそれを何で連絡して来ないんですか」
「それは、 ・ ・ ・ 連絡遅れたのは申し訳ないと思ってます」

「本当に思ってるんですか。まだ1度も 『すみません』 って言葉を聞いてないけど」
「だから、申し訳ないと思ってますって言ってるじゃないですか」

なんで 「すみません」 の一言が言えないんだコイツ。自分の非は認めるなと会社から言われてるのか、ただ謝りたくないだけなのか。

「言ってるじゃないですか、じゃないでしょうが」
「そんなボンボン言わないで下さいよー」

これでもうムッカーー! ときて、
「あぁ!? 言わせてるのは誰だよ! アンタの誠意のない態度がそうさせてるんだろうが!」
と怒鳴っちゃいました。
余談ですが 「誠意」 って言葉は、『北の国から』 で純くんが恋人を妊娠させてしまい、お父さんがカボチャなどを持って相手の親に土下座した時、
「誠意って何かね」
と相手の父親が渋く言うシーンで、私自身も 「誠意って何なんだろう」 と分からなかったので、なんだか口にするのをちゅうちょしてしまうのですが。どうでもいいか。

「じゃあ僕はどうすればいいんですか」
「どうすればいいんですか、じゃないだろ!」
何なんだコイツは。

こんな人とウダウダ話してるのも時間のムダなので、とりあえず仕事が早く終わった時に、1度来てもらうことにしてさっさと電話を切りました。

はー、もうヤダ。女だからって絶対ナメられてるよね。
夫が言ってくれれば一番いいんだけど、本気で怒らないと、他人にキツイことは言わない人だからなあ。
くそー言えよ、と思うけど。ケンカの時、私には言うくせに (笑) 


帰って、新しい掃除機を使ってみました。

昨日電気店に行った時、掃除機も買ったのだ。
ずっと欲しいと思ってた、ナショナルの拭き掃除機。(今までのは2階用にした)

ヘッドがすごく軽くてビックリ。ヘッドなんて普通でも十分軽いじゃんかと思ってたけど、やっぱり軽いのはいいです。
あと本体も軽くて、ちょっと引くとすぐにコロコロッと転がって来て、何度も足を轢かれました。 (それっていいのか?)

冷蔵庫の上や食器棚、パソコンデスクやTV、DVDプレイヤーの上など、うっすらホコリのたまってる所を全て掃除。
おお、ホコリが全てキレイに!
床もスースーして気持ちいいし、使い勝手は大満足です。

問題は夫にまだ言ってないということ。いつバレるのかハラハラです。ウフフ。
私のお金で買ったんだからいいじゃんよう。 ( ← 小声)


今朝すごく眠くて、ラジオで、
「10時間寝ないと調子悪くって」
というメールが紹介されてて、
「そうだ、早く寝ればいいんだ」
と思いました。 ( ← 当たり前のことを何を今さら)

10時間も寝るというと、朝6時前に起きるから、夜7時には寝なきゃいけないことになるからさすがに無理だけど、休みの日に目覚ましをかけないで寝ても朝9時には目が覚めるから、9時間でいいかな。
それでも9時には寝なきゃいけないことになるから、無理だろうけど。

これまで夫に合わせて、夜12時くらいまで一緒に起きてたけど、先に寝ることにしてみよう。

でも夕飯の後、洗濯したりHPの更新したりしていたら、あっという間に11時。それでもいつもよりは1時間早いし、よーし、もう寝よう。
年齢がいくと睡眠時間短くなるっていうけど、長くしてどうする、私。





05/9/27 (火)
 

「秋なすは嫁に食わすな」 ということわざについて、ラジオのパーソナリティーの方が話してました。

「 『おいしい秋なすを嫁なんかに食べさせるものか』 っていう、嫁姑の確執が表れてますね〜」
と言った後、
「でももうひとつ解釈があって、『秋なすはおいしいけど、食べすぎて体を冷やすと子供ができにくくなるといけないから』 という姑の思いやりで、これだと正反対ですよね。まあ共通しているのは、秋なすはおいしいってことですね」
とまとめてたけど。

確かに 「子供ができにくくなといけないから」 という後者は、姑さんの思いやりかもしれないけど、
「嫁は子供を産むのが何より大事」
と言われてるようで、なんかヤダな。

私も夫も子供キライだし、将来産むかどうかもまだ未定なので。
子供を持たない夫婦って、そんなにおかしいのかなー。

私はなすびが苦手で、夏だろうと秋だろうと食べないからいいけど。( ← そういう問題じゃない)


仕事はずっと同じ現場。

途中、伝票をまとめて現場の人に渡そうとしたら、
「何台来た?」
と聞かれて、伝票を数えたら6枚だったので、
「6台ですね」
「そう。じゃあ10台まで持って来て」
「はい分かりました」

事務所に報告する前に、念のために控えの伝票も数えてみたら、7枚ある。
あれ? ともう1度数えてみても、やっぱり7枚。
さっきは確かに6枚だと思ってたのに ・ ・ ・ 数も満足に数えられないのか私は。どこまでうっかり屋なんだ。とちょっぴりショックを受けました。

でもそういえば、1番初の伝票は、その時に渡したんだった。
じゃあ渡した方のは、6枚で間違いなかったんだ。なんだ良かったー。

でも最初の1枚目を渡したってことは、うっかり忘れてたんだけど。やっぱりトホホ。


昨日 ようやく連絡が取れた郵便受けのことですが、今日は遅くならずに済みそうなので、来てもらうことに。

でも昨日電話で話した人が来るのかな。イヤだなー。
仕方ないかと言い聞かせたけと、やっぱりどうしてもイヤ。なんでお金払って不愉快な思いしなきゃならんのじゃとも思うし。

なので会社に電話して、
「あのー、昨日電話した者ですけど、これこれこういうわけで、担当変えてもらえません?」
と言ってみた。
電話に出た昨日と同じ女性の人は、
「んまあ! (とは言わなかったけど、そんな感じで) それは申し訳ありませんでしたッ!」
ときちんと謝ってくれて、好感が持てました。

「伺うのは現場の者になると思うんですが」
「あ、昨日の人とは別の人ってことですか? それならいいんです」
なんだそうか。良かった。

折り返し、現場の人から電話がかかって来て、家の場所の説明をしてたけど、こちらの方も丁寧なきちんとした人でした。良かった良かった。



夕方、現場の人が持ってきたたカタログを見せてもらったら、受け箱の種類は2つだけで、しかも色が黒と赤みがかったベージュみたいなヘンな色。
「白はないんですね。これじゃあちょっと合わないなー」
と私。
「そうですねえ。それに、この郵便受けは△△社さんのなんですよ。だからうちのと受け口のサイズが合うかどうかも分かりませんし」
「あ、そうなんですか」

「あと、僕も去年家を建てて、ちょうどこれと同じような郵便受けなんですが、僕んちは小さなカウンターというか、台をつけたんです」
「ああ、なるほど。そういうテもあるんですね」

って、この会話は、I 藤さん (家のアフターサービス担当の人) としなきゃいけないことだよねと思った。
なんであの人は、いろんなメーカーに問い合わせたり、カタログを持って来てくれたりしなかったんだろう。

業者の人が帰った後、I 藤さんでなく、現場監督だったS井さんに電話。
「今、○○社さんに来ていただいてたんですけど」
「ええ、連絡ありました。郵便受けは△△社のなのに、なんで○○社に行かれたんだろうって思ってたんですが」
「はあ」
そういうことは I 藤さんに言ってよ。
「だって I 藤さんに言ったら、ホームセンターでヘンなカゴを買って来たんですもん。だから自分でタウンページで ドアを扱ってる業者を調べたら、知ってるのが○○社さんだけだったから仕方なくそこへ行ったんです」
と言っておいたけど。

S井さんによると、カウンター式のがオーダーメイドできるとのことなので、それにしようかと検討中。
最初からそれを提案してくれればいいのに ・ ・ ・ I 藤さんの対応には前々から不満があったけど、担当変えてもらうまではちょっとな、と思ってたんだけど、本当に変えてもらおうかなあ。


夕飯は酢豚にするつもりで、材料を切って、さあ酢豚の素 (レトルト) を、と思ったら、あると思い込んでたストックがない。

もうお腹は酢豚モードだし、材料切っちゃったし、それと合わせるサラダも作っちゃったし ・ ・ ・ ちなみにポテトサラダなんだけど、じゃが芋をつぶすのに、先月買った 芋つぶし (っていうのか何なのか知らないけど) を使いました。すっごく使いやすい! 芋潰れまくり! (そりゃ1260円もしたんだし、これで潰れなかったら 「キーッ!」 となっちゃうけど。あと100円ショップでこれと同じのを見かけないかハラハラするけど)
高かったけど、買って良かった。

とにかく酢豚の素がないので、仕方ない、買いに行かなくちゃ。
近くにコンビニはあるけど売ってるかどうか微妙だし (多分ない) 、一番近いスーパーは、車で10分ほど。夕方だしレジも混んでるだろうな。ああ、すっごい面倒くさい。

ふと、
「自分で作ったらどうだ?」
と思った。
もちろん作り方なんて知らないので、本を見てみると、材料は酢としょうゆとウスターソースとケチャップなどで、家にあるものばかり。
ようし、作ってみるか!

計量スプーンなんてないから、いつも分量は適当なんだけど、さすがに普通のスプーンを使ってきっちり計りました。味をみて、ケチャップは少し足したけど。

作ってみたら、なかなかおいしかったです。これなら、もう酢豚の素買わなくてもいいかも!

でも夫にはいまいち不評でした。えー、おいしいと思うけどなあ。
お肉が冷凍 (前の時、多めに作って半分冷凍しておいた) ものだったから、ということにしときたいんですが、どうでしょう。 (誰に聞いてんだ)





05/9/28 (水)
 

仕事です。

初めて行った現場で、どこに荷物を下ろせばいいのか分からなかったので、その辺を歩いてた男の人に、
「おはようございまーす」
と声をかけたら、振り返ったその人は、なんと知り合いのSくん。
夫の友達で、最後に会ったのはえーと、年末にみんなで私達の結婚をお祝いしてくれた飲み会だっけ。

「あらっ!」
「おー!」
とお互い言い合って、
「久し振りだね。元気だった?」
「うんうん。岡 (夫) も元気?」
「うんまあ、相変わらずだよ」

Sくんには、何年も付き合ってる彼女 ・ Mちゃんがいるんだけど、聞いてもいいのかな。別れちゃってないよね?
ええいSくんを信じる、と小声 ( ← でも少し弱気) で、
「Mちゃんも元気?」
と聞いてみたら、
「うん」
とニッコリ笑ってたので、良かったー。

「今度2人で家に遊びに来てよ」
「あ、もう引っ越したんだ」
「うん。○○町にいるよー」
とちょこちょこしゃべって、荷物を下ろして帰って来ました。

Sくんはマジメだし性格も良さそうだし、彼女のMちゃんも1度会ったことがあるけど、すごくいいコそうだったのです。
社交辞令じゃなく本当に遊びに来て欲しいな。


3時半ごろ、土場 (会社の土地) にも荷物を持って行ったんだけど、私の前に来た人が何台もそのまま下ろして行って、すごい山になってる。機械でかき上げなきゃ。

置いてあった重機機械に乗り込んでエンジンをかけたら、ワイパーがわっしゃわっしゃと動き出して、止めようと思っても、スイッチがどこにも見当たらない。
仕方ないのでそのまま乗ってたけど、機械のワイパーは上からぶら下がるように付いてるから、目の前を振り子のように行ったり来たりしてるのを見てたら、なんか催眠術をかけられた気分っす。(何のだ)

ようやくなんとかかき上げて、トラックに乗り変えたら、なんだこのアクセルの軽さは! ハンドルの大きさは! 車体の軽さは! (重量はトラックの方が重いだろうけど、加速の違いでそう感じる)
なんかすごくヘンな感じ。
って、ほんの15分ほど乗ってただけで、影響されすぎ。ひょっとしてこれが催眠術か? ( ← 違う)
すぐ感覚は戻ったけど。


帰りにガソリンスタンドに寄って、割り引き券を出しました。
券の期限は今月までだから、5円、7円10円があるけど、10から使おう。

でも店員さんに、
「これ、もう使ってありますよ」
と言われて、
「あれ、そうですか? えーと」
まだ2枚あるけど、あら、こっちも使ってある。

「じゃあ7円で」
と渡そうとすると、
「いいよ、10円でやったげる」
とニッと笑ってくれて、えっ、ありがとうございますー。

「誰か友達紹介してくれない?」
とか言われるんじゃないかと思ったけど、何も言われませんでした。( ← 人の親切を素直に受け取りましょう)


帰ったらちょうど宅配便が届いて、先日注文しておいた通販の品物でした。

わーい。と早速開けてみると、思ってたのと全然違う ・ ・ ・
安い物なら 「まあいいか」 となるんだけど、1万5千円もしたのに。

お気に召さない場合は14日以内なら返品できますとあったので、早速書いてある番号に電話して、
「返品したいんですけど〜」
と言うと、
「かしこまりました。お気に召さない商品で、申し訳ありません」
と丁寧に謝られて、
いっいえ、こちらこそ、返品できるのをいいことに 図々しく利用しちゃってすみませんッと恐縮して、なんか異様に愛想良くしちゃった ・ ・ ・


早く寝るのをまだ実行してるわけですが、昨日はなんやかやで11時半になっちゃったけど、今日は夕飯、洗濯、HPの更新が終わったらまだ8時。

おお、もう寝よう! ( ← 本気か?)
夫が帰って来て、夕飯を温め直してたら9時過ぎになっちゃったけど、それでも早いよね。さっ、寝よう寝よう。

いつも寝てた時間に比べると、寝付くのに時間はかかるんだけど、それでも10時には眠れてたと思う。
つか、この年で急にいい子になってどうする、私。





05/9/29 (木)   榎本加奈子ちゃんの誕生日
 

夫が私のパソコンで ネットオークションで買い物しまくってて、ちょうど画面に映ってた品物の値段を見たら、2万4千円!

「ちょっと! こんな調子で買い物してるの!? 冗談じゃないわよそんなお金どこにあんのよッ!」
と怒ろうとしたんだけど、
「待てよ。パソコンの電源の入れ方すら知らない夫が、ネットに接続して、オークションサイトの会員になって、品物を検索して入札するなんてできるわきゃないよね。うん、絶対ムリだわ。これは夢だ!」
と気付いて、そのまま静かに寝てました。

また、横でスヤスヤ寝てる夫を寝言で怒鳴りつけるとこだったわ。危ない危ない。


昨日、役所の税務課から 「家屋の評価」 というハガキが届いて、ちょっとビビッてます。やましいことは何もないんだけど。

指定の日時が平日の午前中で、
「誰がその時間家にいるって言った? 勝手に決めるなッ!」
と思った。そんな当たり前に、平日ヒマしてるって思われてもなあ。(専業主婦の方がヒマだと言ってるわけじゃありません念のため)

うちの県は共働き率が上位だってのに。
まあ、とりあえず日時を決めなきゃ話が進まないからだろうけど。

「ご都合が悪い方はご連絡ください」 とあったので、もちろん電話。
平日の夜か日祝日しかダメですと言えば、お役所だから諦めるかなと思ったんだけど、平日の夜にされました。
やっぱり来るのか。(そりゃそうか)


仕事の現場は、新築マンションの駐車場。
いいなー、とベランダの窓から部屋をのぞいてました。

家を建てた今となっては、さすがにもう住みたいとは思わないと思ってたけど、家具も何もないまっさらな新しい部屋は、やっぱりワクワクした。

どんな人がこの部屋に住むのかなー。
そう考えると、マンションやアパートって夢があるなあ。夢を提供する建物っていったらオーバーかもしれないけど、そんな感じ。お金があったら建ててみたいな。( ← どんだけお金があったらだよ)

でも、幸せな新婚屋さんや、キレイなお姉さんや、前途揚々の若者ばかりじゃなく、変態兄ちゃんや、床が見えないほどゴミを散らかす掃除嫌いの不潔な人かもしれないし、 ・ ・ ・ やっぱ建てるのやめよう。 ( ← もともと無理だっつの)


真鍋かをりさんのHPで、
「同級生や知り合いの名前を片っ端から検索すると面白い」
とあって、数か月前、初恋の人の名前を検索したら、とある掲示板に、同県で同じ名前の人のバカっぽい書き込みがあって、しかも結婚して子供もいるとあってWでショックで、
「これは同姓同名の別人に違いない。そういうことにしよう」
と思い込み、
「やっぱり、初恋の人は思い出のままだから美しいんだなあ。もう探すのはやめよう。同窓会にも行かないでおこう ( ← そこまで?) 」
と思ったんだけど、このたび、夫の名前を検索してみたら、50件くらいヒット。

最初のをいくつか見たら、

映画監督
石油学会会員
某消防団員
早稲田大学ラグビー部員
日本機械学会論文を書いた人
フェムト秒分光による固体表面吸着分子およびナノ微粒子系における光誘起電子移動反応ダイナミクスの研究をしてる人

などなど。もちろん全員同姓同名の別の人。

ヘタに全部見て夫の過去が明らかになるとイヤなので、そこでやめときました。


ラジオで、
「今日って、何の日かを決めるとすれば 『苦肉の日』 ?」
と朝と夕方の全然別の番組で言っていて、
「そんなわざわざ作らなくっても、今日は榎本加奈子ちゃんの誕生日じゃん!」
と思いました。
ファンでなきゃ知らないか。

少し話題になった結婚で世間からいろいろ言われたようだけど (それは以前からか (笑)) 、私はこれまでの榎本っちゃんの発言、態度が大好きなので、世間の評価は全然関係ないっす。
25歳のお誕生日おめでとう!





05/9/30 (金)
 

秋の雲といえばいわし雲ですが、今朝、細長くて模様のある雲が浮かんでて、
「サンマみたいだなー」
と思いました。サンマ雲。
ちょうど、焼いて皮を取って、身をむき出しにした感じ。 ( ← 細かい)
うー、おいしそう。

でも私って、何を見ても (というわけじゃないと思うけど、そう言われたことがある) 食べ物に連想してしまうらしいので、他の人から見たら、たたの細長い雲だったかも。

真昼の月ですら、
「かじったらパキッと割れそうで、おいしそうだなー」
って小さい頃は見上げてたし。
味の予想は、おせんべいとラムネ菓子を足したような感じ。 ( ← しかも味、微妙だし)


仕事で何回か行き来していたのは、結婚前、夫の家に行くのにいつも通ってた道。懐かしいなあ。

途中、山沿いを通るんだけど、ここには当時、
「犬猫の焼却 反対」
という看板が立っていて、
「げげっ、いらなく (飼えなく) なった犬や猫を、燃やすヤツがいるわけ? それは確かに反対だ、反対反対!」
と戦慄を覚えていたのだけど、しばらくしたら動物葬祭場が建ち、なんだ焼却 「場」 のことだったのか、と胸を撫で下ろしたのでした。(反対してた方々には申し訳ないけど)


現場で渡す伝票は、荷物を積んでくれた所の人が代わりに書いてくれたのてすが、これがまた字がヘタ。 (すみません)
しかも現場名、ひらがなで書いてあるし。

これを渡したら、きっと私が書いたみたいに思われるよね。
「なんだあのネエちゃん、きったねー字だなあ。しかも漢字分かんねーのか?」
と思われてしまうかも。

全部二本線でシャッシャと消して書き直しとこうかとも思ったけど、それはそれで 「何だ?」 と思われるだろうし、 ・ ・ ・ もういいや。このままで。うう。


次の現場はコンビニの駐車場。

細い道を挟んで隣りには、数軒の家が建ってて、この家の人は、コンビニが建つことどう思ってるんだろう。
確かに便利にはなるだろうけど、しょっちゅう知らない車は出入りするし、エンジンの音やら話し声やらがしてうるさいだろうし、私ならイヤだなー。
でもだからって、反対したって建っちゃうんだろうな。家を建てた時は、まさかコンビニが出来るなんて思いもしなかったろうし、悔しいよなあ ・ ・ ・ といろいろ考えちゃった。

って、ここん家の人はみんな喜んでたりして。それならそれでいいんだけと。


1か月くらい前、リビングの壁掛け時計が突然落下しました。
ポルターガイストでも何でもなく、くっつけてあったシールの壁掛けフックがはがれてしまったのです。時計はすごく軽いから、これでも持つと思ったんだけどなあ。

「ピンで留めてもいい?」
と夫に聞いても、
「絶対ダメ。壁に穴あけたくない」
と反対されます。
「時計はずっとここに掛けておくんだから、いいじゃんよう」
と言ってもダメ。

なので今は、お皿を立てておくプラスチックの台を100円ショップで買って来て、それに時計を載せてTVの上に置いてます。
掃除する時ジャマだから、やっぱり壁に掛けたいなあ。

そして今日ふと気付くと、冷蔵庫が壁に近付けてある。
壁紙か黒くなってしまうから、離してあったのにー。
もちろん犯人は夫で、
「冷蔵庫なんて、ずっとここに置いて動かさないんだからいいじゃん」
といつも言ってるんだけど、そんなの分かんないじゃん! 左右にある棚や冷蔵庫をいつか買い替えた時に、位置替えするかもしれないじゃん!
んもう、と思いながら、またズリズリと前に出しておきました。

それなら、壁掛け時計の穴あけたっていいじゃんー。






8月  9月の日記   10月